米軍普天間飛行場の移設問題を抱える沖縄県では、「最低でも県外」など首相の発言に揺れ続けた県民から厳しい声が相次いだ。
 首相が移設先として表明した名護市辺野古地区。基地移設に反対し、座り込み反対行動を続ける市民団体代表の安次富浩さん(63)は「首相の『最低でも県外』や『腹案がある』などの言葉に県民は期待したが、無責任な人だ。(県外移設を願う)沖縄県民の思いを受けて米国としっかりと交渉してほしかった」と嘆いた。
 同じく移設に反対する女性(84)は「やると言ったことをやらなかった。(辞任は)仕方ないのでは」と言葉少な。
 移設容認派の島袋初枝さん(82)も「普天間問題はどうなるの」と驚いた様子。「また名護や辺野古が二分されたりしないか心配」とあきれ顔。女性(33)は「県外移設に向けて仕切り直せるから辞任は良かったという声も聞くが、『誰が首相になっても結局、辺野古になるのでは』と感じる人の方が多いのでは」と指摘した。
 名護市の稲嶺進市長は、訪問先の札幌市で「政権交代で沖縄の立場は変わるとみんな思った。いったい政権交代は何だったんだ」と怒りをあらわにした。
 那覇市の公務員の女性(39)は「鳩山さんには期待していたのにがっかり」と話した。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~社民、連立政権を離脱~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
鳩山首相が漏らしていた「辞意」

生活困窮者を先手“囲い込み”大阪の4市「囲い屋」撃退へホテルと提携(産経新聞)
雑記帳 鍋やおたまとファッションが融合(毎日新聞)
<菅首相>閣僚人事、綱引き続く 側近と調整(毎日新聞)
<パラグライダー墜落>60歳代の男性死亡 利根川河川敷(毎日新聞)
自民、首相問責決議案提出へ…社民にも呼びかけ(読売新聞)
AD