平野博文官房長官は27日午前の記者会見で、社民党が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設に関する日米共同声明から、移設先の地名である「名護市辺野古」の文言を削除するよう求めていることについて「考えづらい」と表明し、社民党の重野安正幹事長に「難しい」と伝えたことを明らかにした。
 共同声明を受けた政府の対処方針の決め方に関しては、閣僚の署名が不要な「首相発言」とすることも「一つの方法だ」と指摘した。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~鳩山首相、「県外」守れず陳謝~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~

江戸川区の祭りが一堂に(産経新聞)
中山元外相参院選出馬へ きょう自民離党(産経新聞)
サッカー日本代表、活躍を期待する選手は誰?(Business Media 誠)
ネット流通の児童ポルノ、即時遮断 警察庁など関係省庁合意(産経新聞)
首相と小沢幹事長、27日夜に会談していた(読売新聞)
AD