農林水産省は2010年度から、地域ぐるみで名物料理を開発し、地域団体商標などの知的財産権を取得する取り組みを支援する。商標登録する場合に補助するなどの内容で、「ご当地グルメ」をブランド化し、地域活性化に役立ててもらう狙い。地域に古くから根付く料理を掘り起こし、名物に仕立てる活動も対象とする。地元食材を使うことが条件で、地産地消にもつなげる考えだ。
 特産品に地名を付けて「地域ブランド」をつくる取り組みは全国的に盛ん。地名を冠した商品の商標登録を容易にした地域団体商標制度が、06年度から始まったことも追い風になっている。ただ、果物や魚介類といった特産品に比べ、料理を商標登録しているケースは少ないという。
 静岡県の「富士宮やきそば」や栃木県の「宇都宮餃子」のように、「ご当地グルメ」のブランド化に成功した場合、観光集客にも役立つなど地域活性化効果は大きい。このため同省は、地域色豊かな「ご当地グルメ」を創作し、商標登録などを通じてブランド化する地域の活動を後押しすることにした。 

【関連ニュース】
日本郵政、業務自由化を要望=かんぽの宿、一部を介護施設に
一般歳出は0.2%増=10年度地方財政計画案
施政方針演説全文
「iPad」、米で03年に商標申請=アップルと争う可能性も
地域活性化へ「緑の分権改革」=クリーンエネルギーや農産物活用

<岡田外相>ボスワース米特別代表と会談(毎日新聞)
10年度予算案、3月2日に衆院通過=採決で合意-民、自、公3党(時事通信)
“お迎えの死に神”に抵抗 元NHKアナウンサー 鈴木健二さん(産経新聞)
<春一番>関東、西日本などで観測 全国で5月並みの陽気(毎日新聞)
公判中の男2人に逮捕状=神戸の貴金属強盗-大阪府警など(時事通信)
AD