2014年12月10日(水) 10時58分57秒

インディアンとインディアンジュエリー その④

テーマ:ブログ

POWWOW




今月は前回までに触れられなかった補足的なお話をしてまいります。


おさらい↓

第一回 http://ameblo.jp/powwow-staff/entry-11916473734.html

第二回 http://ameblo.jp/powwow-staff/entry-11931848224.html

第三回 http://ameblo.jp/powwow-staff/entry-11945893342.html



 




●厳しい南西部の自然


アメリカのニューメキシコ州、アリゾナ州

POWWOWの買付でもお馴染みのエリアです

ナバホ、ホピ、ズニ、サントドミンゴが生活しています


南西部の気候を一言で表すのは非常に難しいのですが

砂漠気候高原気候が入り混じった、人には決して優しくない土地です

エレベーション(土地の高度)の変化が激しいニューメキシコでは

高山病の症状に注意を呼び掛けられるエリアもあります

アリゾナは年間を通しての平均気温は同じ州でも差があります


↓アコマ・プエブロの集落


どちらの州も共通していえる事は

年間を通じ振りそそぐ強烈な日差しと夏の高い気温です

日本より乾燥しているので過ごしやすいという意見もありますが

それは動き回らなければの話で

日中屋外での長時間の運動は正直日本の夏よりも厳しいです


真夏の炎天下この砂漠で一人置き去りになったら・・・

命の危険を考えてしまいます


↓アリゾナの雪景色


冬も地域によって温度差があります

ニューメキシコの冬は殆どの場所が雪景色となります

アリゾナも同じく 冬でも過ごしやすいエリアはありますが

ホピ族の住むメサは 雪が停電を起こすほど厳しい環境です


雪深く人気のないリザベーションやキャンプが出来るような無人の公園で

毎年準備不足のノンネイティブが亡くなっています




●インディアンは怠け者?


日本のビジネスパーソンの常識から考えると

信じられない程のんびりで大味な 愛すべきPOWWOWの取引相手


先にお話しました、このかなり厄介な自然との付き合いが

今の彼らの精神生活にも根付いている気がします

大昔から 日本人は穏かな恵みの太陽と共に

勤勉に働ける気候のなかで文明を築いてきました


↓太陽が近く感じます!!

同じ事を日中アメリカ南西部でやったら たぶん数時間で倒れてしまうと思うのです

その土地、自然との無理のない関係性が

ネイティブ達のDNAにいまでも深く書き込まれているのでは?と思います


↓もちろん水辺や緑豊かな森もありますよ!!

 



●インディアンウソつかない?


昔のCMのおかげで無意識にこのフレーズがすり込まれてる日本人は多いはず!!


でもそう信じてる人、結構いませんか 

あれ いないか?古いのか?


↓ちびっこダンサーがキュートです



また世に出回っている多くのインディアンの精神世界を描いた書籍を読んで

インディアンとは本の中の様な仙人集団なんだと

行き過ぎた憧れをもってしまったり・・・


やっぱり 特定の国、地域、人種だけが聖人であるなんて

ありえない話ですよね シクシク

みんな我々と大きくは変わらない人間

だからと言ってネイティブアメリカンの魅力は少しも衰えたりしないのです!



●ところで、初めてジュエリー制作を始めたのって誰!!??


物の本には ナバホ族のアツィディ・サニである、と書いてあるのを良く見ます

有名なので皆様もどこかで聞いたことがあるかもしれません

確かにナバホ初彫金師はこの偉大なるファーストマンなんです


で、でも・・・それよりも先にズニの方が早く彫金を始めていた、と言う説もあったり


地理的にもコンディション的にもプエブロの方が先であったハズ、という説も有力だったり


↓ズニのトウモロコシ畑

実際のところはあまり良くわかっていないのです

しかしながら結果としてインディアンジュエリーの発展に

ナバホの存在は欠くことが出来ません!


●シルバーサプライ


現代のインディアンジュエリー・アーティストにとっては

大事な存在です


シルバーサプライとは

彫金用工具や様々な素材を取り扱っているお店です

ここでターコイズもインレイに使うようなシェルも銀も一通りが揃ってしまいます


↓アルバカーキにあるシルバーサプライ

インディアンジュエリーが好きな方には是非行ってみて欲しい場所です

日本には無いツールも沢山ありますよ!!


だいたいどのお店も

その日の金や銀の値段をオンス/ドルで出していて

作家は日々金属の価格の変動をチェックしているわけです


なかを見て回るだけでもとっても興味深い所です~!



●ズニの伝統的カラー


よく見る ズニ族の美しいインレイカラー

実は意味があるのだそうで ズニの知人に教えてもらいました


ドンデワリング、バーバラデワリング共にPOWWOW


北 イエロー

東 ホワイト

西 ブルー

南 レッド

下 ブラック

上 マルチカラー


を意味するそうです


宗教グループ、もしくは宗教的なミーティングをする場を

【キヴァ】と呼びます


ズニのこのカラーはキヴァにとっても重要な意味を持っています

例えばこの事を教えてくれた知人の属するキヴァはマルチカラー


↓ズニのチャンターのみなさんです

紅組白組といってしまうと怒られそうです・・・が

ズニの人々が所属する様々な宗教的寄合には 

各々象徴するカラーがあるんですね



●沢山のシークレット



どの部族もそれぞれ沢山のシークレットをもっています

部族以外に秘密を漏らした者は

部族会議にかけられ、ペナルティーを負わされる事もあります


シークレットとは例えば・・・


★メディスンマンと呼ばれるシャーマン

かなりオープンで正体を教えてくれる人もいますが

基本部外者には教えてくれません


↓セレモニオのクライマックスです


★セレモニー

広く一般に公開されている有名なものもありますがほんの一握り

儀式を執り行うリーダーの許可が無ければみせて貰えないものが沢山あります

また参加を許されても 写真撮影などは一切禁止だったり

いろいろと制約があります


↓沢山の部族のダンサーたち



★自然のこと動物たちの事

それぞれがどんな知恵を持ち どんな事を教えてくれ

どんな役割をしているか・・・

個人差がありますが これもあまり深くは教えてくれません

先程お話したキヴァの中で 代々教えられるのだそうです


↓聖地セドナの美しい自然


★カチナ

親密になればその限りではありませんが

保守的なネイティブは

誰がどのカチナに扮してダンスをするかも教えてくれません


↓ホピダンサーによるデモンストレーション

作家も(特にホピ)宗教的な縛りを気にして

作品の題材をどこまでだったら描いてOKか

頭を悩ませることもあるんですよ!

 

そんな複雑さが 私達にはとってもミステリアスで引きつけられてしまうのかも知れません



●アルコール


屋内で吸える場所は殆どなく、レストランなどに行っても

わざわざ人気のない駐車場まで出て 一服しなくてはいけないのですが





その際 結構の確率で

ネイティブのアルコール中毒者に出くわします

そしてお金くれとかタバコ分けてとか話しかけて来ます・・・

(ちょっと注意が必要な人たちです)



車社会のアメリカならでは?

駐車場では時々そんな彼らの姿を目にします

行きかう人からお金やタバコ、酒、ドラッグを手に入れようとする事もしばしば

お酒の問題で苦しむ人は実際とても多いんです


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


さてさて!!本日は

POWWOWがお付き合いしているネイティブの事を少しお話しました

ちょっと身近に感じて頂けたでしょうか



↓こちらは聖地セドナ!

次回は最終回です!!

第二次大戦→戦後→そして現在へ!!

世界的に見ても大きな歴史の転換期に

どの様にインディアンジュエリーが進化したかをお話いたします~!!



↓ギャラップのシルバーサプライ
 






インディアンジュエリー他 に関してはこちら↓↓

インディアンジュエリーのオンライン専門店(小売・卸し)POWWOW



POWWOWがFacebookを始めました↓↓↓

http://www.facebook.com/POWWOW2002/

アカウントをお持ちの方は、「いいね!」をお願い致します

厳選したターコイズが集う
POWWOW NUGGETS店OPENしました矢印/下矢印/下矢印/下
http://www.powwow-japan.com/html/page1.html#shop






















AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

POWWOW STAFFさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

4 ■Re:無題

>コヨーテ親父ゴンさん
こんにちは。
そうですね~ホピ・ズニ・サントドミンゴは日本並みに(それ以上かも?)年中行事がありますね。お祭りだらけで羨ましい!

3 ■Re:おっ!

>Eagle・Dancerさん
いつも有難うございます。励みになります!
あっという間でしたが、ワタクシのお話も次回で最終回です。
どうぞ最後までお付き合いください!

2 ■おっ!

おはる姉さん
お疲れ様です(^-^ゞ

月一企画 その4ご苦労様でした!
毎回その1から、通して拝見してます(^^)v
とても勉強成りますよ!
次回が、最終回ですか?残念です。

このブロク、きっと沢山のファン居ますよ♪

1 ■無題

そうなんですよね。
インディアンの方々意外と伝統文化のイベントで忙しいのですよね。
そして、
お酒は間違いなく高山病緩和の薬として活用してたみたいですね。
今はただの酔っぱらいさんも多いみたいだけど・・・
(^_^;)。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。