トドお父さん通信

高BMI中年北部九州サーフィンと家庭菜園と子育てグルメ


テーマ:

3年ぶりに再会したのはいいものの、結構苦戦しているこのプロジェクト

冬休みに宿題として取り組みましたが、なかなか完成せず。

 

1月も終わりに近くなりまして、ようやく完成しましたので続きを告しますね。備忘録を兼ねていること、内容が結構複雑ですので、またまた内容が固くなっていることはご容赦くださいねー。

 

前回、手書きの回路図で進めようとしましたが、Trでブーストしていること、電流制限回路が

うまく動作するか、その辺がちょっと不安になりました。

 

電流制限ICがLT6106ってLinier Technorogyのデバイスを使っている関係で、今回はLTSpiceでシミュレーションしてみることにしました。

 

いままで、真空管シミュレーションとかを通じて、TIのTinaTIってアナログシミュレータに慣れているのですが、今回は違うシミュレータということでドキ胸胸で回路図を入力します。

 

 

最初はカットアンドトライしましたが、だいぶ最終の回路図に近くなっています。

回路図を説明すると、左端は24V2Aのトランスです。

トランスがないので、電圧源でモデルを作ります。

トランスの定格の24Vは実効値なので、P-Pではルート2倍、1.4倍の36Vになります。

60Hzで、内部抵抗は適当に5Ωにしています。(2A流れると10V低下する塩梅です)

 

ここまでを練習でシミュレーションしてみましょう。

 

電圧源の交流電圧 約34Vとダイオードブリッジで全波整流し、C1の4700uFに現れる

電圧です。 約33Vで落ち着いていますね。

回路の拡大です。(Q2は実際は入ってません。将来のサーマルシャットダウン回路用です)

 

次にLM317の動作シミュレーションです。

R1の両端が1.25Vになるようにフィードバックがかかります。

R1:R2=1.25V:1.25V x R2/R1 という電圧がVoutに出力されるわけです。

 

今回の回路は、R1=220Ωですから、R2=2.2KΩで12.5Vが出力されます。

5KΩでは約26Vになりますよね。 でもトランスの内部抵抗があるので、負荷がかかった

ときは出力電圧が低下して26Vまで出力できるかは分かりません。

これは、最初に定義した内部抵抗5Ωが実際はどうか、ってことですよね。

 

一応、R2をステップシミュレーションで可変させて、負荷が1KΩ (24Vで24mA)の軽負荷で確認してみましょう。


 

 R2をRfってラベルで、5K、2.2k 1.1k、550Ω、220Ω、110Ω、10Ωって

抵抗を連続で変えてシミュレーションします。

 

最大の5KΩで設計通り、約26V2.2Kで12.5V、最小の10Ωで0Vになっているのが

分かります。

(ブーストしているトランジスタのVbeとベースに直列のダイオードで1V位低くなります)

ダイオードとトランジスタの電圧低下の効果で、LM317Tのみで1.25V-28Vが

0V~26Vにできることが分かります。

 

これで、設計の負荷 2Aのときはどうなるでしょうか?

また、電流検出ICLT6106を使った電流制限回路の動作は?

 

この辺は、また次回ですね。

ヨッパで真面目な記事を書いているので、頭がクラクラしてきましたw

それでは、おやすみなさい

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2017年 あけましておめでとうございます。

本年も、よろしくお願いします。

 

さて、本日 近くの神社に3社参りいってきましたので、その報告から。

まず、秋月の八幡宮。

秋月城址に隣接した、垂裕神社 (すいようじんじゃ)より、山道を300mくらい

上がったところにある古い神社です。

 

わびさびですね。

 

カミサンのも、一枚

夫婦仲良く参拝です。

今年は、下の子が受験なので、かわりに祈願です

秋月八幡宮については、ひもろぎ逍遥さん のブログに詳しく出ています。

http://lunabura.exblog.jp/17205467/

やっぱり雰囲気通り、鎌倉時代からの建立。由緒正しいのですね。

 

参道(山道w)を下ると、秋月の桜で有名な杉の馬場と秋月城址に出ます。

 

 小雨が降ってきました

 

黒門を上がると、垂裕神社なんですが、石段がキツイので今回はパス

左手の秋月城址は、現在は珍しい木造の中学校になっています。

 垂裕神社に続く黒門

 

 風情のある秋月中学

杉の馬場沿いに、いろいろお店があるのですが、正月なので閉まってます。

おかげで人が少なく、のんびりとした雰囲気です。

 

 侘びさびですね。

 

 こちらも川の流れがいい雰囲気

 

次は地元 小郡に戻って、日吉神社に向かいます。

 日吉神社 本殿です

 

 由緒が書いています

猿にゆかりのある神社みたいで、猿の形をしたご神体が飾られています。

(写真を失念しました) ブログをお借りします。

下町日吉神社

 

三社目は、小郡 大保の御勢大霊石(みせたいれいせき)神社です。

  

狛犬が迎えてくれます。

 

この辺では、一番古くて由緒正しい神社です。

 いわれが書いてます

なにしろ、神功皇后が仲哀(ちゅうあい)天皇のご崩御の後、天皇がわりに石を運んで三韓征伐に出かけたと伝説が残る石が置いてある神社です。

 

 遠くから本殿を望みます

 

本殿は奥にあります。(撮り忘れましたw 前の記事を見てくださいね)

小郡近辺の古代史関連 神社を見て回り

 

パワースポットといわれる、ご神木の前で写真を撮ります。

 カミサンのパワーが増す?

 

北側にもっと大きな木があります。1000年以上は経っていそうです。

 神木前であたりのシェー

御勢大霊石神社の駐車場は狭いのですが、隣りに小郡イオンができて止めさせて

もらえるので便利になりました。

 

これで、三社めぐりは終了です。

皆さんに今年も、いいことがありますように!!

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 前回 ココまででした

前回 4年半ぶりに実験用 可変安定化DC電源プロジェクトの再起動を宣言してはや2週間。

結構、電源の自作に苦労しております。

 

今回、その途中経過を報告します。

備忘録を兼ねていますので、文章が少々固いのはご容赦くださいね。

 

【回路図】

電圧制御に、LM317っていう定番のICを使います。

このICは1.25V~35V までの制御に使うことができます。

 

電流は、放熱器を使えば1Aくらいまで流せるのですが、今回は0~32V 2.5Aまで

流せる仕様にしようと思います。

この1.25Vをキャンセルするには、マイナス電源を作って-1.25Vを基準にすることを

最初に考えたのですが、いろいろググるとダイオードで下駄をはかせるアイデアが

ありました。

これを拝借します。

2.5Aまで流すには、トランジスタで電流をブーストするのですが、PNPタイプと

NPNタイプの回路があり、今回 手持ちの関係でNPN回路を採用します。

 

電流制限ですが、0~2.5Aまで、ボリュームで制限電流コントロールしたいと思います。

これは、電流検出抵抗0.1オームの両端にLinear Technologyの電流検出IC LT6106を

採用します。

0.1Ωなら、1Vあたり1Vの出力が出ます。

 

これをコンパレータで制御して、電流ブーストのトランジスタのベースーエミッタ間を

ON-OFFする回路を考えました。

 

以上の内容は、手書きの回路図にまとめます。

 汚い字ですね

アナログ回路なので、アナログちっくに手書きでつね。

 

【組み立て】

回路が決まったので、基板に回路を組み立てます。

入出力端子は秋月で買った端子を使います。

 戦闘開始

LM317にも、放熱器を付けます。

LM317の入力端子と、ADJ端子と、出力端子の部品を付けていきます。

 

 イイ感じ

最後に出力の電界コンデンサ470uF 35Vと2.5Aのポリスイッチ(事故復帰型

ヒューズ)を取り付けます。

まだ、LT6106の保護回路とコンパレータ、5Vの電源回路が下の基板に組んでません。

 珈琲飲みながら

 

今日は、この辺でカンベンしてやろう!(ほんとうはカンベンしてね)

晩酌がしたいですからね。

 

今度は最終回、組み立て・動作確認になる予定です。

それでは、おやすみなさい

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。