トドお父さん通信

高BMI中年北部九州サーフィンと家庭菜園と子育てグルメ

NEW !
テーマ:

 

今晩は、トドお父さんです。

 

すっかり更新が遅れました、すみません。

前回 部品を買ったり、ARDUINOのIR REMOTEの環境の準備まででしたね。

 

今回は、いよいよブレッドボードで動作を確認した後に、リモコンを作りますよ。

まずはブレッドボードでリモコンのプログラム(スケッチ)の作成と動作確認を行います。

 

まずはArduino IDE開発環境にて、前回 ダウンロードしたIR REMOTEのライブラリから、Exampleを開きます。

IR-REMOTE LIBRARY:

Arduino-IRremote-master

 

この中から、IR_RECEIVEのスケッチをARDUINOに書き込みます。

もちろん、その前にブレッドボードに赤外センサーを取り付けて、ARDUINOに接続します。

 

 

このスケッチを書き込んだら、ツール ⇒ シリアルモニタ でシリアルを表示します。

 

ブレッドボードの赤外線センサにリモコンを押して信号を入れます。

今回購入したキットの赤外線センサーは信号が入ると、ボード上のLEDが光るので便利です。

センサーの出力が分かりました。

これをメモしておきます。

 

次にリモコンの信号を受信して、ACに接続したリレーを動作させる検討に移ります。

 

今度は、先ほどのExampleから、IR_Relayのスケッチを読んできます。

 

 

これは、赤外センサーから信号が入ったら、リレーをON/OFFするデモのプログラムですね。

赤外線のコードが何であれ、判別する手段が入っていません。

ここをポチっと改造しましょう。

次のプログラム、IR_Relay2 が、望みの赤外コードのみを受け付けて、その信号が入ったら

電源をオン/オフする仕様です。

 

今回、2つのリモコンでON/OFF信号を制御したい、一つは中華製リモコン KEYES、

もうひとつは現在 Apple TVで使っているKENWOODのオーディオ用のリモコンです。

KEYESによるON/OFFはApple TVの制御と関係のない#キーを選びます。

このコードは、0xFF52ADh とのことです。

Arduino-info Wiki さんより

 

もうひとつのKENWOODのオーディオ用のリモコンの電源ON/OFFのコードは

先ほどのIR_RECEIVEの実験結果より、

0x1D00B946h です。

 

この2つで、リレーをON/OFFするようにスケッチを修正すればいいわけです。

下記のようなプログラムになりましたよ。

このプログラムをARDUINOに書き込んで、ブレッドボードでテスト。

赤外センサーは先ほどと同じ、11ピン、リレーの切り換え出力は4ピンです。

実験的には、4ピンにLEDを接続して、ブレッドボードで動作を確認します。

 

KEYESのリモコンを赤外センサーにポチっとします。

おっ、LEDがON/OFFしました!

次に、KENWOOD。これも電源ボタンを押すと、LEDがON/OFFしますた!

これで、プログラム(スケッチ)は完成です!

 

ARDUINOの赤外線リモコンの制御、すでにライブラリーが充実しているので簡単

にできますね。

 

さて、次回 最終回はこれをケースに組み込んで、実用化しますよ。

それでは、お楽しみに。

 

おやすみなさい。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 ブレッドボードでテスト中!

 

さしぶりの電子工作ネタです。

 

最近、オモシロくないのでTVをみることは少なくなったのですが、

それでも、Huluの有料放送を契約しているので、連続ドラマなんかを大人見するのが

たまの楽しみになっています。

 

Huluを最初はHDDレコーダで見ていたのですが、カクカクするようになったので

Apple TV (当時¥8800)を買ったのが数年前。

 

デジタルアンプや、ウーハ―なども付けて、音も迫力があるようにシステムを組みました。

そうなると、それぞれの電源を切るのが大変。

ナショナルの「まごのてフットスイッチ」ってのを使って、一斉に切るようにしました。  WH2711KWP ¥1600

しばらくこれで満足していましたが、TVのそばまで行ってスイッチを押すのが面倒。

(どれだけ、ものぐさなんじゃい!)

 

そうだ!リモコンを作ろう、と思い立ちました。

リモコンをネットで調べてみるとArduinoを使った赤外線リモコンがいろいろとでてきます。

 

Ebayで検索し、中華製のこちらの部品をを採用。 リモコン本体とIR(赤外線)センサのセット。

たった¥130です。

1Pc New Infrared IR Wireless Remote Control Module Kits for Arduino

 

設計はこちらのHPを参考にします。

さきほどの赤外線センサのつかい方が書いてあります。

Arduino-info Wiki!

 

ライブラリーもダウンロードしておきましょう。

IR-REMOTE LIBRARY:

このリンク先のGITHUBですが、右中央の 緑色のClone or Download をポチっとして

でてくタブの右下、Download ZIP でファイルをダウンロードして下さいね。

 

PCの:\Program Files (x86)\Arduino\libraries に解凍したら、Arduino IDEを立ち上げます。

(Arduino-IRremote-master 長いのでIRremoteとかにリネームした方がいいかも?

 

これで準備は整いました。

部品がくればブレッドボードでテストができます。

 

会社の帰りに、カホパーツによってケース用の部品も買ってきました。

プラスチックの小型のケースとアルミのケースの2種類。

できれば、小型のケースに収めたいですね。

 

 やっぱカホパーツ便利です

 

中華圏より部品がまちくるのが、待ちどおしいですね。

壊れた時のために、センサ単体も2個注文しました。

 

2個で¥230、こちらの方が高いんですね?

 

それでは、この先は2回目に続きます

 

こうご期待!

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先々週に発注した白ロムのガラケー、頼んだ3日後には届きました。

 

 

こーんな箱に入って、新品同様のP-01Gくん。 昨年モデルなので、ちょっと

箱にヘタレ感はあります(笑)

 

開けてみますた。

 

ビニールにくるまれて、ほぼ新品の模様です。

 

 

スタンドもついております(いりませんが)。

 

電源を入れて見ました。

FOMAカードを入れて下さいと、警告が出ます。

 

ふたを開けて電池を取ってみます。

旧のガラケー、P-03CのSIMカード、大きいですね。

これでは、新しいケイタイには入りませんね。

 

 

やっぱ、新しいほうはマイクロSDサイズのようです、SIMカード。

こないだ、買い換えたカミサンのSIMカードを参考に改造です。

 

こうしてみると、ずいぶん大きさは違いますが、接点の部分は変わらないようです。

 

切りました。

やすりで仕上げです。

 

 

差しこんで起動しましたよ。

無事動きました!!

失敗したらドコモショップに行って、事務手数料¥2160払って新しいSIMを

もらえばいいだけですから、気楽です。

 

あとは、ドコモのホームページ行って、機種を切り替えるための手順を確認します。

古いケイタイの外付けSDカードにアドレス帳やメールや写真などをバックアップして、

新しい機種に同じSDカードを取り付けて、解凍してコピーする手順が書いてあります。

ものの30分もかからずに、データがコピーできました。

 

ガラケー(フューチャーフォン)の新機種の開発は終わったようですので、大事に使わ

ないといけないですね。

 

新しいので、電池の持ちもよさそうです。

安くで(¥9999)買いなおせたので十分満足です。

(本当は¥3000くらいで欲しかった)

 

ぜいたく言ったらイケませんね。 ショップだと3万円もしましたし。

 

1万7千円のiphone5S中古も同時に届きました。

Cランクでしたが、そんなに悪くなさそうですね。画面に傷一つありません。

 

こちらは、IIJMIOのミニマムプラン ¥980(税抜き)の2枚目SIM +¥400

のプランで活用する予定です。

こちらの話はまた後日。

 

それでは、おやすみなさい。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。