~ギター初心者が90日間でプロ並みに弾ける練習法~

  ギター初心者にとってつまづきやすいポイントを、分かりやすく解説し、あなたのギター上達の手助けを行います。

来ていただいてありがとうございます~!


初心者がつまずきやすいポイントに絞って、わかりやすく
解説 しています!


⇒初めての方はこちらからどうぞ!



【練習方法の目次】
※順番に読んでいくと、ギターが必ず上手くなります^^

【1.まずはここから!ギター、ピックなどの機材選び】
【2.ギターの基礎中の基礎!チューニングの方法】
【3.これが最初の難関!セーハとバレーコード攻略法!】

【4.ロックギターには必須!パワーコードを攻略しよう!】
【5.切れが重要!カッティングの攻略法】
【6.エレキギターを極めよ!ギターソロテクニック】
【7.ロックギターの王道!ブリッジミュートを極めよう!】
【8.必須!メトロノームを使ったトレーニング】

●おすすめリンク



※アラフォー以上のかたは必見です!
大人の皆さん専用のギターブログを開講しました~^^
   ↓    ↓    ↓
「アラフォーギタリストがプロ並みに弾けるようになる100の練習法」





読者様の質問コーナー⇒ 
こちらからどうぞ!

 
読者登録はこちらからお願いします^^  
 

  読者になる


テーマ:
今日もありがとうございます!なおです^^

読者様よりご質問(ご相談)がございましたので、今日は

ご紹介しますね^^

「Cがなかなか押さえられないです」

とのご相談です。


「押さえられない」という状況はいろいろありますので、

それぞれの状況をいくつか想定して、それぞれの練習法

を紹介します^^


まずは状況をふたつ想定します。

ひとつは「時間をかければ押さえる事ができる」場合と

「そもそも全く押さえられない」場合。

まずは「時間をかければ押さえることができる」場合は、

安心してください!そのまま練習をしていれば、指が

勝手にコードの形を覚えてくれますので、そのまま

練習を続けましょう^^


さて、「そもそも全く弾けない場合」ですが、これは

いくつか原因が考えられます。


・指が広がらない。

・爪が伸びている。

・指が寝すぎている。

・ギターフォームが間違っている。


などなど^^





これが一般的な押さえ方です。

指の広がりは、繰り返し練習することで、ギタリスト

の指になってくると自然に広がってきますので、さほど

心配はいりません。

しいて言うなら、手のひらを真上ではなく、やや

内側にしぼった位置で押さえる
と、指が開きやすくなり

ますよ^^


爪は必ず切りましょう~^^

爪が伸びすぎていると、爪が指板にあたって、弦を

フレットに押さえることができなくなります。



指が寝すぎ、というのは、適度に指を立てていないと、

ほかの弦に指が当たってしまいますので、ほかの弦に

指が当たらない程度にたてましょう^^



ギターフォームが間違ってる、というのは、ギターを

抱えたときに無理な姿勢で抱えていると、左手が非常

に押さえづらくなります。

自然に構えることが一番です。

無理に体と平行にしたり、ヘッドを上げたり下げたり

しないで、ギターを抱えましょう^^
AD
いいね!(12)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。