世田谷区高校生食育プロジェクト第2弾

下北沢でカフェを運営して、高校生のための栄養バランスメニューを開発しよう!

詳細ちらし(pdf)


●こんなことが体験できます。

吉祥寺と笹塚でカフェを経営するプロから、カフェ企画・運営のノウハウを学び、実際にカフェメニューの開発と、カフェのコンセプトづくりや運営を行います。 また、高校生にとって必要な栄養や栄養バランスについて学び、同年代の高校生に向けて、食の大切さを伝える存在にもなっていただきます。

●こんな高校生を求めています。

カフェに興味がある。カフェ運営を体験してみたい。食べることが好き!料理をすることが好き!楽しいことが好き!下北沢が好き!いろいろアイデアを考えることが好き。他の高校の生徒とも知り合いになりたい。とにかく何かに挑戦してみたい。 1つでも当てはまれば、是非ご参加ください!

●スケジュール(あくまで予定。細かい日程は参加してくれる高校生と調整します)

5月~6月上旬

カフェメニューの開発と試作・試食、カフェのコンセプトづくり、運営戦略、広報活動

6月中旬

高校生カフェオープン (下北沢を予定)

7月中旬

カフェの事前準備や当日の様子などをまとめた高校生食育新聞「come+camu(カム+カム)」の発行(夏休み前に区内高校で配布予定)

 

参加してみたい、興味はあるがまずは話を聞いてみたいという人は、世田谷高校生カフェ・プロジェクト説明会にご参加ください。

 

日時 4月27日(日)13時~14時30分

場所 北沢タウンホール9階企画室(下北沢駅から徒歩2分)

資格・定員 世田谷区在住・通学高校生15名(事前予約制)

申し込み先

《電話》03-5432-2440【世田谷保健所健康推進課】(平日の8時半から5時まで)

《メール》info@4connection.org 【NPO法人フォーコネクション】

※メールの場合は、件名を「カフェ・プロジェクト申込」とし、氏名・学年・学校名・電話番号を明記してください。

 

《主催》世田谷区世田谷保健所健康推進課

問い合わせ 03-5432-2440


《企画・運営》 NPO法人4connection(フォーコネクション)

電 話 070-5559-0361

メール info@4connection.org

AD



 

とうとう完成いたしました!

 

世田谷保健所とフォーコネクションが協働して行われた、

世田谷高校生食育プロジェクトによる、食育新聞【come-camu】

 

カムカムとは、

「おいで」のcome、と「噛む」のcamuという意味です。

 

また、『高校生から高校生へ食の大切さを伝える』という想いが

込められています。

 

先日3月1日、読売新聞都内版でも紹介されました。

記事はこちらからどうぞ。→読売新聞都内版3月1日

 

 

次回は、4月末から6月の期間で、

 

『カフェを運営して高校生のための栄養バランスメニューを開発せよ!』

 

というテーマで行います。

 

世田谷区在住、または通学の高校生のご参加をお待ちしております!

 

お問い合わせは

世田谷区世田谷保健所健康推進課

03-5432-2440

まで

 


AD

今年1月から始まった、

世田谷保健所とフォーコネクションとの協働プログラム

【世田谷高校生食育プロジェクト】。

 

これは、食や健康について、『高校生から高校生へ』伝えることを基本とした、体験プログラムです。

 

第一回のテーマは、“朝食”でした。

 

朝食を摂ることの意味や大切さについて、

実際に朝食チェックシートを3週間つけてみたり、

専門家の方々のお話を聞いてアドバイスを受けたりしながら学び、

それを同年代である「高校生」に「新聞」という形で伝えて行こう!

というものです。

 

新聞の記事作成、編集、すべて高校生が行いました。

もちろん、大人も関わりますが、あくまでもサポートです。

 

最初は(どこまでできるかなぁ)と不安もありましたが、

始まってみて驚かされました。

 

参加した高校生8名のパワーがすごいことすごいこと!!!

 

感動しました。

 

 

今日は、編集最終日で、ミーティング終了までに、

なんと8時間もかかりましたが、無事終了。

 

実際に新聞は3月上旬には世田谷区の全ての高校に配られます。

 

世田谷区内の方は、見かけたらどうぞ手にお取りください!

 

完成して、フォーコネクションにも届いたら、またご連絡しますね!!

 


AD