• 13 Mar
    • 自立した女性のリレーションシップ

      栗原弘美です。 パートナーが欲しいけど、なかなかパートナーが出来ない、という女性が多いようです。 仕事が充実して忙しい、家族を助けることで忙しいなど、いろんな理由で恋愛や結婚から遠ざかってしまいます。 そして、どんどん「自立」してしまうのです。 超自立の女性のパターンとして、自分よりももっと自立した男性を好きになります。 そうすると、一体どうなるでしょうか? 超自立の女性が、超依存的になってしまいます。 すると自立した姿―パワフルでのびのびした勝手な女性―に恋をした男性は、 支えきれなくなってしまうのです。 これを抜けるには、普段の生活の超自立を癒すことですね。 自立とは、マイウェイのこと。 何事も一人では決めないこと、いつも神様と一緒に決めるという選択が大切です。 私たちは、相互依存に到達したとしても、ワンネスに至るまで、自立を手放していく必要があるのです。 あなたの強さが天の弱さになります。 あなたが強くなりすぎると、恩恵の力を弱めてしまうのです。 絶望した時や弱くなった時に、恩恵の力が働きます。 リレーションシップに関して、教育を受けていない、何も知らない、ということを認めましょう! 「自分はうぶなんだ。本当に何も分ってない。」と認めた時に、初めてガイドが入ってきます。 そして、あなたと同様に分かっていない人に聞くのではなく、うまくいっている人のアドバイスを聞きましょう! 何もしなければうまくいくのに、余計なことをして台無しにしてしまう部分も癒しましょう。 この部分があると、努力してもうまくいかない、長続きしない、蓄積できないという問題を作ります。 成し遂げること、収穫を妨げてしまいます。 ビジネスにおいても同じです。 1つのビジョン、プロジェクトを成し遂げましょう。 収穫を受け取りましょう。 真実のパートナーに心を開きましょう。 パートナーが出来るのに、時間はかからないのですよ。 ガイドを受け取り、愛される許可を自分に出しましょう!

      テーマ:
  • 03 Mar
    • マスターとして生きるには

      栗原弘美です。 2014年、あなたはマスターという領域に入っていきます。 あなたは今、パワー全開になっていますか? 何かを手放す必要があるのに、完全に手放せていないと、パワー全開にはなりません。 何か未完了なものが残っています。 あなたが手放したと思っていたことは、本当に完了したのでしょうか?  どんなつらいことがあって、どんなことを学んだのでしょうか?  学ぶ必要があったことは学んでいても、何かを失ったという喪失感は終わっているのでしょうか? 過去の何かを手放せていない時、あなたはフルで活動できていません。 怒り・喪失感・失望感だけではなくて、大好きな誰かが亡くなった時のように、良い思い出もあなたを引き留め、引きずって生きることになります。 たとえば、マンションから見えた景色がすばらしかったーでもそれを手放すと、もっと良いものが入るのです。あるいは好きだった人の持っていた特徴を手放せないと、その次の人にはその良かった部分の特徴がそっくり欠けてしまいます。 「あんな素敵なマンションの景色はもう見られない」「もう、あんないい男はいない」。あの思い出、関係、素敵な人、そういったものを心から感謝して手放してください。 手放すとは、手紙を書かないとか、縁を切るとか、そういうことではなくて、しがみつかない、こだわらないということです。ネガティブなことも手放し、良いこと、自分が頑張ったことも手放します。 金メダルを取った選手は、普通の生活に戻るのがむずかしいことがあるといいます。しがみついている過去の栄光が私たちを殺すのです。 あなたが人生でつくった業績、与えたこと、受け取ったこと、それもすべて手放しましょう。 あなたがそこにいるだけで平和になる、スムーズにいく、そんな存在がマスター(熟練した)です。 私たちの人生には、失敗というものはありません。ただ、経験があるだけです。愛と許しをもって手放し続けていくと、マスターのギフトが花開いていきます。

      2
      テーマ:
    • ビジョン心理学ナイトライト・ニュースレター 2014年3月号

      3月は2月のテーマがいくつかつづき、ここで感情の成熟を学ぶことが鍵です。感情の成熟とは自分の感情はすべて自分から出てくるもので、愛や幸せ以外の感情が上がってくるとき、自分が感じていることの責任は自分にあるという認識です。我々は感情を癒しや人助けのためではなく、「自分の事だけしか考えない」エゴの計略のために利用します。我々は自分の人生の目的を隠して、逃げるために感情を利用します。我々は自分の間違いの責任を人に投影して罪悪感を隠し、自分の正しさを示すために感情を利用します。感情は、攻撃と自己攻撃によって自己強化しようとするエゴの欲望に我々が陥落したことを明白に示しています。感情の引き金が引かれるのは現在でも、じっさいは感情は過去から来ています。感情は我々の間違いを示しています。感情的に誰かを脅迫して相手が変わったとしても、自分の中に葛藤は残り、コントロールや投影、操作など思い通りにしようとするエゴの試みによって、この痛みや葛藤から遠ざかろうとするのです。すべての感情は、癒される必要があるのはなにかを示す指標です。他人の感情的な未熟さに対し反応してしまうこともありえますが、自分の心の内に隠してきたことを人が反映しているのであり、そこで反応するとそれを癒す機会が失われます。感情とは他人が自分のやり方でやってくれると期待していたことを表します。彼らはこちらのルールを破り、我々のシナリオ通りにやってくれなかったのです。でも、これは我々が彼らに与えたもうひとつのシナリオ通りです。このシナリオのことは自分自身にさえ隠して否認しています。彼らはこの隠れたシナリオ通りにやったのです。そうすることで、我々が必要としていた、分離して自立し、自分のやりたいやり方でやる口実が得られたのです。我々は、他者が必要としていた助けを与えて、約束通り人生の目的を果たすことよりも、こちらを選んだのです。自分以外の誰かが幸せにしてくれるとか、救ってくれると期待すると、「しあわせは自分の外からやってくる」という最古の罠にひっかかってしまいます。これがあると、幸せの本当の源である天国や神聖な愛を否定し、世界が偶像(アイドル)を崇拝する場になるのです。これが我々をエゴの世界のエゴのゴールに縛り付けます。本当のゴールは平和であり、それをする手段は癒しであることを見逃してしまうのです。健康も幸せも豊かさも喜びも、天国の門も、すべては平和からやってくるのです。あなたが与えることと真の助けは、自分を死んだような役割と犠牲に閉じ込めるつづけるエゴのあらゆる補償行為を越えて、元気づけ楽しさをもたらします。3月中に無意識的な、または魂の問題が、癒されるために続々と上がってきます。このレベルで私たちが変容させる問題点は、自らの太古からの、または先祖代々の過去であり、人類の集合的な意識と結びついています。ですから、我々が与え、ゆるし、手放すことを通じて癒す時、しばしばすべての人類の助けになっているのです。我々が対処せねばならないもう一つの側面は、アストラルあるいは闇からの攻撃です。ある神秘主義者が適切に言ったように、「だれかが光をもたらすほど、かれらは闇から攻撃されます。」しかしこの攻撃も、やはり愛を求める叫びであり、神聖なる存在はつねに我々と共にあり、求めさせすれば助けはすぐ近くにあると思い出すためにそこにあるのです。3月には、豊かさは自己価値の感覚から来るという学びがつづきます。自分には価値がないという信念はどれも間違いです! 3月、4月は、過去の孤独なトラウマの時にエゴと契約、デビルと取引して、自分の不十分さや弱さや孤独感を乗り越えようとした時のことを発見できます。そこで「真実の剣」を使って闇との契約を解消できるとともに、神聖な存在を呼んで、大昔のエゴの一面を光に戻すことができます。このような闇との契約を見つけることができたら、それを癒す簡単な方法はこれです。こういう契約のために光に背を向けることになったのです。こういう契約は、普通は隠れていて、よく補償されており、典型的に我々が苦しんだところの下に隠れています。それらが、何度戻っても十分に癒されない毒のある傷を設定することがあります。3月の癒しのもう一つの大きな面は、自分が昔の自分のシャドウになったところです。それらは典型的にとても大きなトラウマや、敗北であり、自分の足場や、ギフトや自己愛や成功も失ってしまったのです。そのときに縮みこんだところが、ことに3月、4月に癒されるために浮上してきます。あなたのお父さんはだれ?これからの2か月間、何がそして誰が本当に自分を支えているのかを学びます。自分を支えるのはアイドルではなく、自分の中にあるものです。我々が神のマインドの中にあるとともに、神が我々のハートの中にあるのです。スピリチュアルな人生の必要条件は、自分の不十分さです。なぜなら自分が不十分だと感じた時こそ、そこでエゴに頼るより天の方を向くからです。エゴは自信ではなくコントロールを強化し、われわれが必要としている時には役立たずです。イエズスが言われたように、神の王国に入るには幼な子のようにならなければなりません。恩恵に任せ、我々のために、我々を通して恩恵にすべてをやってもらうことができるのです。その時は自分自身を肉体やエゴと同一視せず、神の愛と同一視するので。我々はそのように創造されたのです。3月4月は統合を通して多くの癒しがあり、ひとつになったエネルギーを通して新しい完全さがやって来るにつれ、偽りが落ちて、ポジティブなものが強化増幅されます。3月は、自分を開いているなら溢れる楽しさがあり、美しい詩的な体験もあるでしょう。その経験は、創造的にも、ロマンチックにも、神秘的な性質にもなります。最も物質的なものからも、最高にスピリチュアルなことからも、楽しみが起こりえます。エゴだけが永久的に「放蕩息子」の立場をとろうとしているのを捨てると、楽しさはすべて我々を喜ばせるためにあり、ホームに帰る途中に小休止を与えてくれます。驚くべき一か月をお過ごしください! 今月は天国に続く梯子があって、あなたが登ることができます。これはつまり、内面に向ってすべての存在を照らす光へつながることです。平和と豊かさの大きな祝福があなたを満たしてくれますように。美しいひと月をお過ごしください。 チャック・スペザーノナイトライト・ニュースレター2014年3月ドイツ、フランクフルトにて

      1
      テーマ:

プロフィール

ビジョン心理学ジャパン

自己紹介:
ブログをご覧いただきありがとうございます。 ビジョン心理学ジャパンはチャック・スペザーノ博士の...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

旧ランキング

このブログはジャンルランキングに参加していません。

ランキングトップへ

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。