映画「誰も守ってくれない」

テーマ:

08年12月11日(木)


映画「誰も守ってくれない」マスコミ試写へ。


これまで描かれることのなかった

<容疑者家族の保護>をテーマにした

社会派ヒューマンエンターテイメント。


「踊る大捜査線」などの脚本家としても有名な

君塚良一さんが監督も務めています。


君塚さんが「踊る~」のテレビシリーズを書く際、

取材で、元刑事の方から聞いた、

犯人側の家族を守るという仕事に興味を抱き、

いつかきっちり描かなければと、

約10年間構想を温めていた企画だそうです。


素晴らしかった!


佐藤浩市さん演じる勝浦刑事が、

志田未来さん演じる容疑者の妹、

沙織を守るというストーリーを軸に、

2人を糾弾するマスコミ、

暴走するインターネットの掲示板など、

現代社会が抱える問題を浮き彫りにしつつ、

映画としてのエンターテイメント性もあり、

オープニングからエンディングまで、

文句無しの作品でした。


ペンションを経営する夫婦役の

柳葉敏郎さんと石田ゆり子さんや、

同僚の刑事役の松田龍平さん、

新聞記者役の佐々木蔵之介さんなどが

しっかりと脇を固めております。


映画「誰も守ってくれない」は、

1月24日から公開。

「踊る~」とは全く違うテイストの

刑事ドラマの傑作です。

AD