August 24, 2005

BAOBAB

テーマ:potomac

久しぶりの更新です。

もうすぐ、イベント「BAOBAB」が開催されます。

詳細は左のプロフからどうぞ・・・

という流れで、自己紹介させて下さい。


rocka2

Rockaです。何やってるんでしょう?

こっち向けっての・・・

potomac1

Vo,聡子そして、DJ,誠治

marz

聡子、そして、Gibson&Rocka


9月からまたどしどし更新しますね。

新加入のBass Naotoの写真も含め、イベント報告お楽しみに!

とりあえず、今は音楽バカです。



Rocka



AD
いいね!した人  |  コメント(31)  |  リブログ(0)
July 26, 2005

縄文vs弥生 with potomac

テーマ:potomac

縄文 vs 弥生

2005年7月16日(土)~8月31日(水)
国立科学博物館

今、注目の対戦です。

考古学と人類学の勝者は?

この辺りの時代に生まれたなら、もしくは、

前世がこの時代ならば、

どんな人生であったのだろうか・・・

祖先達に聞きたいんだ。

僕等の未来を。



スタンリー・キューブリックの言葉

「人間の本能の99%は闘争本能である。」

が、ふと浮かぶ。


そして

この戦いのテーマソング

potomac

Title : There is no place to go

行き場のなくなっていた実験トラック。

rockaのソロ色が強く、

エスニックで夏っぽい。

Check it out !



君の行き場は

∞最前線通信

で見つけてほしい



Rocka



AD
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)
June 03, 2005

moog

テーマ:potomac

Moog / (Full Dol)

1954年にロバート・A・モーグ博士によって設立された

MOOG社は、研究用であった機材から

シンセサイザー(合成する)という概念を基にした

音楽家達の為の製品開発を始め、

1964年に発表した、「MOOG Synthesizer」

1967年に発表の、「MOOG Ⅲ」で、

シンセサイザーという存在を世界中に広める事に成功します。

その"革命家"モーグ博士の半生とシンセサイザーの発展を描いた

ドキュメンタリー映画のDVDが出ました。

ビートルズ、スティービーワンダー、富田勲、EL&P、YMO、

アース、ステレオラブ等、あげ始めたらキリがなく・・

その世界に魅了されるアーチストは現在でも絶える事はない。

ビートルズの「Because」、

YMOの「Behind The Mask」

といえば判り易いかもしれない。

実際、僕も最近「Moog Modular V2」をPCで使い始めたのだが、

これは、宇宙と交信している気にさえなるとんでもないシロモノ。

シンセ使いでない僕でもトリップできる。

この映画は"モーグ博士を愛した女達"みたいなノリはないが、

博士のチャーミングな魅力が描かれていて面白い。

最近まで公開していた映画を見られた方も多いでしょう。


「百文は一聴にしかず」ということで、

僕等の未完成曲の中で一番"moog"らしき作品を紹介します。


「I had to be you」

potomac



後は好きな、

Coldcut

Title : Boot the System/Atomic Moog 2000 EP


Rocka

AD
いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)
April 18, 2005

@原宿SOY

テーマ:potomac

416soy

友人のソウルバンド「subways」 の誘いで、原宿の「SOY」 というバーでライブ。

店はアジアンテイストで雰囲気もよく、

スタッフも気さくな方達ばかりというGooDなスペースでしたぞ。

お客さんも友人が多く、いつもと勝手が違い少し緊張したよ。

演奏は最近の曲達をこなし、無事終了。

ここのところライブではカバーを一曲やっているのだけど、

前回のStevie Wonder「isn't she love」に続き今回は、

Carole King「You've got a friend」。

subwaysの演奏中におじゃまして

聡子、U-shi(subways)、Rockaの三人ボーカルでセッション。

リハでは、7分咲きの匂いがしていたけれども、本番はOK!Happyな夜でした。

朝まで飲んでホームにエフェクターボックスを忘れてしまい「サヨナラ」。

また一つの別れです。

写真(by shimo)は右からもとい、

左からpotomacディレクターのYorozu、聡子、酔ってるRocka

来てくれた皆様ありがとうございました。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
March 26, 2005

歌の "Power"

テーマ:potomac

根本的に歌が好きです。
演奏する時、聴く時、感情とリンクするには、
声に勝るものはないと考えます。
音楽が感情とリンクする時、
そこには必ずパワーが生まれ
僕の場合はそれを生きていく源としているかな。

時々思うのは、演奏者が演奏する時に、
「何を考えどう音楽と向き合っているか」
によって、ジャンルまでも変わってしまうんだなぁと。

Acoustic Soulと謳いながら(僕は"魂に響く"と解釈している)
サンプリングトラックを使っている"potomac"のライブ時において、
練習不足や、ステージ上でモニターが聞こえづらい時、
メンバーと喧嘩中・・・の時などは、
デジタルトラックに支配され(トラックに負けてしまう)、
単なる"karaokeユニット"にすぐ変わってしまうんだ。
ドラムスが居るのと同じように、トラックを流すという事には
神経を使わないと痛い目に逢うんだ。
反対にトラックを支配できている時の演奏は、
生ドラムだろうが、トラックだろうが関係なく、それは
Acoustic Soulな音だと僕は確信している。

24日のライブは写真の"渋谷PLUG "
ソウル、R&B、ボサジャズ、などを主流としたライブハウスで、
渋谷では他にこういったスタイルの所はないんじゃないかな。
ブッキングの人は
「個性ある、向上心のあるミュージシャンを応援したいんです。」
と言ってました。

今回のライブから、ヘッドフォンにモニターの音をもらって、
首に掛けながら演奏したんだ。
(テンポやリズムを聞くのではなく、グルーヴを感じ続ける為)
これが僕にとっては大成功で、
非常に集中して演奏できた。


さて、肝心の音源いわゆる"曲"だけど、
今、ハードディスクレコーダー「Roland1880」から
「Cubase SX2.2」へのファイルの移行を地味ぃーにやっておりまして、
いったいいつ終わるんだろう?という作業だけど、頑張ろ。

データバックアップには気をつけて・・・

さて、Fukushiをそろそろ起こすかな。


Rocka

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
March 20, 2005

POTOLOG 開始。

テーマ:potomac
彼は僕の同居人で、名前は"Fukushi"
去年の夏、部屋で「Gibson」を弾いていた時に
ふと彼と目が合いました。

「アンプに繋がないで、エレキ弾くってどうよ?」(Fuku-shi)

なるほど・・・
それもそうだな。


それから僕は長年こだわり続けた「Gibson」レスポールから、
友人から安く譲ってもらった
「K・YAIRI」のアコースティックギター に持ち替え、
potomacのサウンドをも変えていく事になりました。

指の皮が何回かむけて(成人。)生楽器使用の指に変わった頃、
とっておきの「U2」の曲を引き語ってやりました。
どや、泣けるだろ? どや?

「この黒いメタルボックスは何なのよ?」(Fuku-shi)

そいつは「ENSONIQ」の「ASR」といってな、
「Masters at work」監修のオールインワン型グルーヴマシンで、
あの細野正臣も購入していた名器だぞ。
サンプリングレートが何故か「40082」で
サウンドファイル形式が「AIFF」って憎いね。
サポートセンターに電話しても現在使われてないからヨロシク!
って歌聞いてたのかよ? 

最近のFukushiはデジタル機材に夢中です。

potolog開始
皆さんヨロシクです。

Rocka


いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。