May 08, 2005

PeteRock&C.L.Smooth

テーマ:Rip&Bop ~ seiji

まずはざっくり紹介します

 

デビューのきっかけはピートロックがMarley marlのラジオ番組に呼ばれて

トラックを流してもらい それが評判になったかららしい。

ピートロックってHeavy Dと従兄弟なんだよね、確か。

違ってたらすみません。

 

デビューは1991年のミニアルバム

All Souled Out

そして1stのフルアルバム

Mecca and the Soul Brother (1992)

そして 2ndでラストになった

The Main Ingredient (1994)

そのあともピートロックはProducer.Remixerとして活躍、

C.Lはちょこちょこ客演とかしていた。

ピートは98年にはラウドと契約して「Soul Survivor」を発表。

とにかく僕は誰がなんと言おうとピートロック好きで、

DJをはじめたきっかけが、

パトリックと言うDJ(ハウスで有名なあの人ではない)

のミックステープに入っていた

2nd収録の「Take You There」を聴いた事(つなぎもやばかった)

なのは5人ぐらいに有名な話。

 

ピートロックサウンドの特徴と言えば

ソウルフルでジャジーでメローなネタ使いと

「E-MU SP1200」と言うサンプラーを使った

ザラついたビート&太くて もこもこしたベース、

そして独特のホーンのサンプリング処理でしょう。

後期になると、そういった特徴はなりをひそめるが、

ソウルフルなのは変わりない。

それとこの人のRemixのセンスはただ事ではないです。

いま巷に溢れている やっつけの曲数稼ぎのものとは次元が違います。

控えめに言って、外仕事でも手抜きが少なくて一定のクオリティを保ってる人。

なので今回は彼の手掛けた曲の中で、

あえてアルバム以外のものの中からいくつかお薦めを紹介します。

 

1 「HIGH SCHOOL HIGH」収録

ラージプロフェッサーとの共作
「The Rap World」

High School High: The Soundtrack

おすすめ度 ★★★★

ラージのRAPとピートロックのトラックの相性は最高

My Best サントラです。 R&B好きにもお薦め

 

2 A.D.O.Rの「Let IT ALL HANG OUT」

Shock Frequency

おすすめ度 ★★★★★

92年頃の曲、かっこよすぎでピートロックの外仕事といえば

この曲っていう人も多いと思うが、

A.D.O.R自体が結構マニアックなので、

アナログは高い。再発も昔したが音質が悪かった。

 

3 DAS EFXの「Real Hip Hop」のRemix

The Very Best of Das EFX

おすすめ度 ★★★★

DAS EFX物では他に「Microphone Master」や

「Jussummen」のRemixなどがあり、どっちもかっこよし。

「Real Hip Hop」はDJプレミアのRemixもあって、

当時どっちが好きかでDJ達の間で論争が巻き起こった記憶がある。

その時の自分の答えは

「2枚使いの時はプレミアだけど、普通にクラブでかけるならピートロックでしょ」

ってなんか書いてて 懐かしくて甘酸っぱい気持ちになってきた。

ピートロックありがとう

 

4 NASの「The World Is Yours」

Illmatic

おすすめ度 ★★★★

この曲が入ってるアルバム「Illmatic」は本当にとんでもないアルバム。

最初は「One Love」とか「Half Time」が好きだったっけど、

2年ぐらいしたら この曲が大好きになっていた。

クレジットみて「あれ?これピートロックのだったんだ」ってなったのは更に1年後。

ピートロックごめんなさい。

それにしても「イル」って最近のBの人達は使わないね。

 

5 RAHZELの「All I Know」

All I Know

おすすめ度 ★★★★

この曲でのRAHZELの、くちスクラッチは素晴らしい。

この人はROOTSの一員です。

もちろんトラックも良いです。あんまりピートロックっぽくはないが、

こういうのが一番作るのが難しいんだと思う。



< PETE ROCK JAPAN TOUR 2005 >

4月28日 東京 VUENOS & asia P


5月7日 東京 日比谷野外大音楽堂 
“URBAN GROOVE”
出演:PETE ROCK、JOHN LEGEND、AI、nobodyknows+


残念ながら行けませんでした;


Seiji



AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
April 27, 2005

A TRIBE CALLED QUEST

テーマ:Rip&Bop ~ seiji

とりあえずベタですが、トライブです。

 

Q Tip,Ali Shaheed Muhammad,Phifeの3人組で

マンハッタンの高校時代に結成された。

デビュー曲「Description of a fool」(89年)

アルバムを5枚リリースし98年(だったはず)解散。

96年頃からはJay deeとQ TipでUmmahとしても活動。

(これが解散の一因でもあると思う) 

とりあえず箇条書きっぽく簡単に書いたけど、なにせ書くことが多すぎる。

それぞれのソロ活動やUmmahの事を細かく書いたら

電話帳ぐらいの文字数になりそうなので

今回はアルバムレビューのみにします。



1: People`s Instinctive Travels and the Paths of Rhythm

4/17/1990 Released


おすすめ度 ★★★☆☆

僕は2ndと3rdのあとからこれを聞いたから正直、

感動はしなかったけど 今思うとすごいと思う。

逆算するとこの当時Q Tipは17才ぐらいだったことになる。

絶対にすごすぎる。音も今聞いてもそんなに古く感じない。

「Footprints」や「Can i kick it」、「Bonita applebum」等名曲も多いが

今なら民族チックな「I left my wallet ~」が気分。



2: The Low End Theory

9/24/1991 Released


おすすめ度  ★★★★

個人的にはこの2ndが最高だけど、初心者向けではないので。

「Verses from~」なんてロン・カーターがウッドベース弾いてるし、

所謂ジャズラップ(当時の言い方)なんだけど、

そんなんじゃ片付けられない素晴らしさがある。

「Excursions」、「Show business」、「Check the rhime」、「Jazz」等、

捨て曲無し。



3: Midnight Marauders

11/9/1993 Released


おすすめ度 ★★★★★

サンプリングのかぶせ方、グルーブ、ポップさ、すべて良いです。

2ndほどジャジーではないけど十分に土くさい。

ヒットした「Award tour」なんてweldon irvineの「we gettin down」

をはじめとしてネタを何種類使ってるかわからない。

でもちゃんと絡んでる。脱帽です。本気で全部最高。

トライブ万歳!!!



4: Beats Rhymes & Life

7/30/1996 Released


おすすめ度 ★★★☆☆

どんなアーティストでも問題作と言われる作品があるけど、

トライブの場合、まさにこれです。

当時は賛否両論(やや否が多かったかも)だったけど、

その理由はJay dee(Ummah)のこの時は

あまりにも新しすぎた音にあると思う。

でもFaith evans がフィーチャーされたりしていて

聞きやすい曲も多いので聞いてみてください。



5: The Love Movement

9/29/1998 Released


おすすめ度★★★☆☆

基本的には前回の進化版。でも相当進化してます。

さらにUmmahな音になったけど、

このころになるとHIPHOPの音の流れが前作に追いついてきたので、

これが出たときは それほど賛否両論にはならなかった。

というより、あまり話題にならなかった記憶がある。

今聞き返してみると、相当音にこだわっていたのがわかります。

すごい好き。だけど感動はなし。

車内で聞くとやられますよ。


Seiji


( HPリニューアルに伴い、前コラムの中から抜粋してブログに記載していきます )


祝’ 「SUMMER SONIC'05」 Q-tip 参加決定!


AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。