見抜く者たち

テーマ:

近所のレンタルでは事故巻になっていた為に

大幅にシーズンを飛ばすことになっていた

「クリミナル・マインド」も配信の恩恵を受け

シーズンを通して流れも補完された有難さです。

 

少しスローペースで観ていて

現在は波乱万丈のシーズン5も終盤。

ここから先はそれぞれの道を選ぶメンバーも

出てくるのですが、このシリーズのメンバーが

やはり一番しっくりくると再認識。

 

ロッシもBAU創設の1人だか伝説のプロファイラーだか

何だか知らないが鼻もちならない親爺がやってきたなと

最初は思っていましたが、シリーズが進むにつれて

違って見えるようになりました(笑)

 

ひとりひとりの魅力が放つ素敵さに

チームは家族同然の間柄がうかがえる

このメンバーでのシーズンをもう少し楽しみところです。

AD

ビバ・アミノ酸

テーマ:

昆布と厚削り鰹節を丸大豆醤油ともに瓶にいれておくだけで

数日で味わいのある醤油になる驚きに味をしめ

継ぎ足しという方法はまだ試していないながら

無くなっては瓶を一度洗ってクリアにしてから作る

その時に昆布と鰹節の比率を変えてみたりしながら

無勝手流に作りながら楽しむところもあります。

 

里の作り方を教わりながら自身で編み出したいと

無謀ながらも新たな組み合わせは模索中で

するめいかや木野子はどうかなど思案しています。

 

一瓶で試して失敗したら悲しみも募るので

ここはもう一瓶買ってきて普段使いと試作用で

分けるべきなのかもしれないと膨らむ出汁醤油の夢なのでした。

AD

掌パワー

テーマ:

首・肩・左の肩甲骨周りだけでなく

右の肩甲骨周りにも鈍痛が走るともに

ついに深めに息を吸ったりしても痛みが

走るようになったので、さすがにこれはいかぬと

我慢も限界に達して按摩を求めて飛び出しました。

 

気になっていたところに飛び込むと

幸いにもすぐ取り掛かれるということだったので

症状を伝えて、迷わず60分一本勝負でお願いしました。

 

按摩の人も出身がいろいろあるようで

担当してくれた方はもともと整体・治療の系統から

やってきたということでリラクゼーション的ではないから

結構ハードだと思うよと先に前置きされたいたので

しっかりと覚悟を決めて台の上に転がります。

 

体に触れるなり、“うわぁ・・・・相当ガチガチだぁ”や“これは・・・・”などと呟かれ

いざ開始となるとまさに!!!!!!

 

確かに今までにない感じの按摩、ハードですが

肩甲骨や肩周りのそこだ!というところもほぐしてくれたり

至る所がパワフルに刺激されて活性するようです。

 

首の骨のずれを直してみると初めて受ける整体で

按摩一本勝負は無事に終了。

だいぶ体が軽くなったことが実感されます。

 

とにかく腰がかなりガチガチでそこから派生して

肩首、肩甲骨が連動してガチガチになり結構

全体的に重症だったようです。

 

ハードながら今まで受けた按摩の中では最もしっくりくる按摩に

定期的に通おうか考える次第です。

 

 

 

 

AD

エスニカン・ランチ

テーマ:

久しぶりのインドカレーを食べたことで香辛料で

胃腸が刺激されることもでてきたことから

店のバリエーションを増やして腹の虫に

香辛料を再び慣れさせる作戦をとることにしました。

 

ブランクがあったこともあるでしょうが

ひょっととしたら味付けが香辛料の調合具合も

影響しているのかもしれないと考えて

駅前のインドレストラン“15”へ向かいました。

 

以前訪ねた時はどうしてもほうれん草のカレーは

外せなくてだいぶ悩んだものですが

今回は迷いを捨てて日替わりの茄子とチキンのカレーに

これは外せないとお決まりのダルカレーのセットを頼みました。

 

日替わりセットはチキンティッカはない代わりに

ドリンクが選べるのでここはマンゴーラッシーを注文です。

 

大きな盆にナンとカレー2種、ご飯が乘ってやってきました。

ナンのもちもちさではスパイシー・ワールドに軍配が上がりますが

ソフトながらもボリュームのあるナンです。

 

味付けはホットで頼みましたが食後の腹具合変調はなく

やはり久しぶりのスパイスだったからと結論付けつつ

フィッシュカレーやほうれん草カレー3種など

ディナーだけのメニューにも興味津々なのでした。

テーマ:

やや長丁場でもあったので、これは一本勝負と参じるシネマもあるものです。

 

「沈黙」

 

かの島原の乱の後、苛烈な弾圧を受けることになった切支丹。

日ノ本に渡って布教活動をしていたお師匠が信仰を棄てたということが

どうしても信じられなくて危険を冒しても渡ってきたフロムポルトガルな

宣教師2人組のロドリゴさんとガルペさん。

 

辿り着いた地は予想以上の逆風が吹き荒れていて

まさに信仰を試される日々となったのでした。

 

原作は未読でありますが、拠り所とは何かという考えみたりしつつ

顛末を見届けてきた次第です。

 

 

味の地平線

テーマ:

林檎とチーズの相性がよいと聞き、普通のプロセスチーズがあったので

早速薄めのくし形に切った林檎と合わせて食べてみました。

 

!!

 

林檎の甘さと汁気とチーズのまろやかさと塩気

味の化学反応が炸裂です。

 

これは元気出る水なしではいられないと

赤ワインの栓を抜くとともに、ここに食感をさらにプラスだと

アーモンドも加えてみたら、それはそれでまた香ばしい風合いに。

 

百聞は一見如かず、実際に試してみてこその

味との出会いありけりなのでした。

 

節穴

テーマ:

確かにかったはずであるバジルの小瓶がみつからず

自宅で袋から出したところまでは覚えているけれど

そこからどこに置いたのか思い出せない完全な置き忘れです。

 

日頃の行動からここに置きそうだというところも

探してみるも全く見つからず、これはまた買い直しかと

テーブルの上をみると普通にあるではありませんか・・・・・・

 

目の前にあるのに無辺世界を探していた間抜けさに

我ながら呆れつつ、見つかったことを素直に喜ぶのでした。

キャット・ミーティング

テーマ:

朝出勤する時に通った路地にて朝一番に

遭遇するには初めてな毛むくじゃらたちの寄り合いありけり。

 

何を話しているのか分かりませんが

ぶち、とら、しろくろの3匹がひとつの空間に集まっていました。

 

こちらの姿を目にするなり解散!でもいうように

素早く建物の隙間に消えていった“とら”と“しろくろ”。

去るタイミングを逸して困惑しているのか

朝が苦手なのか何だか眩しいような表情を

浮かべながら洟を垂れ気味なぶち。

 

仕事前に寄り合いに出くわすとはなかなか稀なことだと

少し得したような心持ちになった次第です。

米菓旋風

テーマ:

米菓店なのだからそうだろうと言われると

身も蓋もないながら試しにと買ってきたおかきは

海苔はもちろんのこと、チーズも思いのほかライトな

味わいのおかきに、他の種類への期待も否応なしに高まります。

 

劇場へと少し遠回りになるけれどついで

行けないこともない好立地。

シネマから繋がる新たな寄り道ルートが

確立されそうな塩梅です。

探訪

テーマ:

名前とだいたいの場所は知っていながら

辿り着くことが出来ないでいた店へ

思い立って再度探してみたらすんなり見つかりましたが

まさかの臨時休業......。

 

営業していないけれど場所が分かっただけでもよしとして

いつもとは違う方面で気になる店を探してみようと

気になっていた米菓店へ向かいました。

 

様々なおかきが並ぶ店にわくわくしながら

さすがに全種類は買えない(笑)と

小袋タイプの海苔おかきとチーズおかきを購入。

次来るときに別のものも買ってみようと

身近にあって知らないままであった店を探索する

細やかな楽しみにほくほくした次第です。