本 2016/Jul. 068

テーマ:
{8FB424F7-EA4E-4CE2-BE8F-2797630753BF}

宇宙の根っこにつながる瞑想法
天外 伺朗
2001

印象に残った文章

瞑想によって人生が劇的に変わることはありませんが、瞑想を続けていると、次々ともちあがるややこしい人生のゴタゴタにいちいち動じることが少なくなります。

かといって、奮闘を重ねて競争社会の勝者になっても、幸福が約束されるわけではないのです。お金が儲かろうと、地位が高くなろうと、名誉を得ようと、それらは幸福の十分条件でなければ必要条件でもなく、かえって苦しみを増しかねません。

現代人は、目的に向かって努力することが絶対的に正しいという常識を疑ってもみません。ですから、「エゴの目的意識を手放すことによって人は幸福になれる」という指摘は、世界観を根底からひっくり返してしまいます。

「人はなぜ生まれてきたか」という問いに、理性で答えることはできません。それでもあえて答えを探すなら、「私たちはこの世に遊びに来ている」のではないかな、と思っています。時間や空間を体験するため、個を体験するため、つまり分離そのものを体験したいがために、私たちは肉代をまとって生まれてきたのではないでしょうか。

瞑想のポイントは、調身・調息・調心といわれています。つまり、全身をリラックスさせ(調身)、ゆったり呼吸をすることによって(調息)、自然に心が調っていく(調心)プロセスが、瞑想なのです。

真言密教では、イメージを意密、マントラを口密、印を身密と呼び、これら三つを同時に用いて瞑想することを三密加持といって、これを実践することが悟りへの早道だと説いています。


備忘録欄

法界定印(ほうかいじょういん)
来迎引摂印(らいごういんじょういん)
小周天を活性化する印

アチューンメント(波長を整える)
全員が輪になって手をつなぎ、目を閉じてお互いのエネルギーを感じながら、数分間のチンもぬの時間を持つ。瞑想を終えるときは、代表の人が左右の人の手をギュッと握り、握られた人は反対側の人の手を同じようにギュッと握ってから手を離して、静かに目を開けます。


AD

本 2016/Jul. 067

テーマ:
{74AF3F47-98E4-41F0-9734-CCB0F13E67F2}

すりへった心を満たして「最高の人間関係」でいられる本
井上 裕之
2013

印象に残った文章

ただし悩みには前向きな悩みと後ろ向きな悩みがあると私は思います。前向きな悩みは行動とセットになっていますが、後ろ向きな悩みには行動が伴わない。

多くの人が人間関係は自分と他者との問題であると考えていますが、それは間違い。すべては自分の問題です。人間関係をよくするのも自分なら、悪くするのも自分。そこでまず、人間関係の悩みからは脱出できるか否かは自分次第であるということを強く心に刻んでください。

潜在意識には善と悪の区別はなく、とにかく感情をそのまま受け止めるというのが特徴。ですから大切なのは、潜在意識にポジティブな発想で働きかけること。

明確な目的 + 行動力 + 潜在意識 = 人間関係の好転 = 幸せ

潜在意識を活用して人間関係の悩みから脱出するために重要なスリーステップがあります。
STEP1 思い込みを手放す
STEP2 自分の軸を持つ
STEP3 相手を受け入れる

人と比べるのは、自分が自信を失っていることの表れ。自信があれば、「自分は自分、人は人」と割り切ることができます。

軸を持つというのは、目的や目標を定めること。ミッション(使命)を持つと言い換えることもできますが、いずれにしても軸を持つことで原動力が決まる。つまり自分がどうすべきなのかが明確になる。

何かを捨てれば、それに代わる何かが入ってくる。これを「代償の法則」と言いますが、何かを捨てなければ、新しい自分になることはできないと言い換えることもできるのです。代償とは自分の目的のために感情を抑えたり、何かを手放すことであって、犠牲になることではありません。

自分の価値観を手放さなければ、あなたは変わることができず、人を受け入れるためのスペースも生まれません。

両校な人間関係を築いている人たちは皆、自分の価値観と相手の価値観の中間で微妙なバランスを保っているのです。


備忘録欄

マザー・テレサの言葉
思考に気をつけなさい
それはいつか言葉になるから
言葉に気をつけなさい
それはいつか行動になるから
行動に気をつけなさい
それはいつか習慣になるから
習慣に気をつけなさい
それはいつか性格になるから
性格に気をつけなさい
それはいつか運命になるから

物理学者アルベルト・アインシュタインの言葉
人生には二通りの生き方しかない。
ひとつは奇跡など何も起こらないと思って生きること。
もうひとつは、あらゆることが奇跡だと思って生きること。

AD

本 2016/Jul. 066

テーマ:
{2E9B8625-1B0F-40FD-ABD1-55E179551409}

直感力が高まる生き方
ウィリアム・レーネン
2011

印象に残った文章

人生にやってくる経験と出来事は、それがどんなものであれ、あなたのたましいにバランスと成長をもたらすために必要だから、やってきます。すべては偶然ではなく、ハイヤーセルフからの、「経験」という贈り物なのです。

真の成功とは、あなたが「本当の自分を100%生きている」ということです。

私たちが生まれてきた目的は、ただひとつです。
親や社会の期待に応えるためでも、誰かの犠牲になるためでもありません。
過去世からのカルマのバランスを取り、成長するためです。

多くの人が、自分の直感や五感でキャッチしたことを無視しています。

あなた自身がそうした自分の課題に向き合い、前向きに取り組む行動を起こすまで、人生には何度でも同じような経験と出来事がやってきます。

「直感力」と「感じる力」をベースに行動していくことが鍵を握る時代なのです。

ただひとつ確実に言えるのは、あなたがポジティブであるかぎり、必ず幸せに向かっていくということです。

そもそも、宇宙があなたにもたらす経験・出来事に、よいも悪いもないのです。
経験は、幸せを実現するためだけ、必要があって起こります。そのことにあなたがどう対処するか、それが結果を決めるだけのことです。

ハイヤーセルフが、あなたに乗り越えられない課題(レッスン)を設定することはありません。あなたに対処できることだけを与えるのです。

まず、あらゆることについて、「自分はどう感じるか」を意識することを実践しましょう。これが自分を知る第一歩です。

考えすぎは心配につながります。心配はネガティブなエネルギーであり、あなたの役には立たないことを忘れないでください。

夢を見るのは、あなたがそれに値するからです。

大切なのは、私たちが自分を愛し、受け入れ、自分自身と平和で心地よい関係を築くこと、自分の親友になることです。
そのとき、自然と世界に平和が実現されていきます。

大切なのは、「どういう結果がもたらされるか」などと考えずに、とにかく行動を起こすことです。そのエネルギーが宇宙を刺激し、新しい可能性への扉を開いてくれます。

ドリームタイムに入り、その中にい続け、アクティブに行動するために最も重要なのは、自分・人・出来事・行動・自分の興味に正直であることです。

子どもは、私たち大人を助けてくれる多くの情報を与えてくれます。

一緒に過ごす時間を取り、「子どもが何を言っているか」をきちんと聞くように変わりましょう。

子どもの自由を尊重し、本人に感がえさせ、意見を言わせるのです。そこから大人も、多くのことを学べます。思考が自由になり、自分の中にある偏見に気づくこともあります。脳をオープンにする貴重なチャンスが得られるのです。

「経験は宇宙からのプレゼント。何があっても対処する」、そう覚悟するところからすべては始まります。

客観的とは、誰のことも何事も「いい・悪い」と裁かず、そのままであることをゆるし、受け入れる「あり方」です。
人に対しては、すべての人を平等に扱える意識の状態です。

人がどんなに大変な経験に直面していても、「それはただのひとつの経験です」と言って見守ることができれば、客観的です。これは、思いやりを持たないこととは違います。

意見を持つことは重要です。なぜなら、「どんな意見を持つか」は、「あなたがどう感じるか」ということであり、それがベースとなって、あなたに必要な経験を引き寄せ、人生がより豊かに、満足できるものになっていくからです。

人の痛みや恐怖を、エネルギーとして自分の中で経験し、悩み苦しみ、自分のエネルギーをもらす(消耗させる)こと。これが感情移入です。

「本人が意識していようといまいと、人はそれぞれに、そのときに必要な経験をしている」と理解すれば、感情移入することなく、客観的な思いやりをもつことができます。

義務で何かをしてあげようと思うのは、新しいカルマを創造することになります。

見返りや期待なしに人のためにすることは、自分のためにもなるのです。


人生の目的は、自分を尊ぶことです。

家族の中で何が起きているのか、子どもには正直に話さない大人がいます。離婚問題や金銭問題などは、「若すぎて理解できない」と思っているのです。
しかし、理解できるかどうかは問題ではありません。誰もが「何が起きているか」を知る必要があり、それぞれに対処できるのです。

「正直に生きる」とは、「自分がどう感じるか」-心地よいのか・悪いのか、わくわくするのか・どんよりするのか- をベースに決断することです。

誰と付き合うにしても、まずは完全に正直であることです。何の秘密も持たないこと、自分の境界線を示してください。
正直に話さない人は、いずれ未来に問題を招きます。

「捨てる」と決め、行動を起こしましょう。あなたの人生に必要ないものを捨てれば、新しいものが入ってきます。

最も重要なのは、どんな問題があったとしても、人生は複雑ではないということです。ただ選択をすればいいだけなのですから。

人生に失敗はありません。正しい選択も間違った選択もないのです。Aを選択しようがBを選択しようが、そこにはただ経験がまっているだけです。そして、どんなこともバランスの実現と成長のためにあるだけです。

AD