本 2017/Jan. 003

テーマ:
{80E0FB41-FFE2-4DCB-8A16-E1AD2FFB1055}

時間に支配されない人生
ジョン・キム
2013/4/10

印象に残った文章

今の環境を離れ、別の環境に行くことは簡単だ。だが、自分の取り組み方を変えることで、今の環境自体を自分の成長の場に変えていくこともできるのだ。

習慣には、意識的につくりあげた習慣と、無意識のうちに生まれてしまった習慣がある。一般的に、意識的につくりあげた習慣は良い習慣、無意識のうちに生まれた習慣は悪い習慣であることが多い。

そのためにはまず、自分のなかにあるたくさんの悪い習慣に気づかなくてはならない。これは未熟な自分に向き合うことと言ってもよい。
未熟な自分と向き合うのは、苦しい、孤独な作業である。

省察によって見えるマイナス面を怖がらず、それを翌日からの自分の行動や時間配分にフィードバックさせることで、自分の人生は必ず成長に向かっていく。

挑戦することで、脳はその状態に適応していく。挑戦すること自体が自分を成長させることだと気づく。そのとき、人間にとって挑戦は怖いものではなくなる。

大きな目標を実現するには、努力の加速度を上げることが大切だ。人生にも「ムーアの法則」を適用しよう。
ムーアの法則とは、コンピュータの集積回路の性能は一八カ月で二倍になるという法則である。これを内面の四つの力(思考、感情、言葉、行動)にも適用し、一定期間ごとに自分の許容量が二倍になるようにする。

前に進んで変化をもたらすものは、自分の決断と行動しかない。

幸福は、目標達成を目指して努力する今日にある。

八割は聞くことに徹し、残りの二割を話すことにあてる。自分が話すことも、二度考えていたうちの一度話すくらいの感覚でいいだろう。

相手が感情的になれば、こちらも感情に支配されるのは、人間として自然な反応である。そこで、怒りや不安が生まれるのは、相手を受け入れる器が小さいからだと考えてみる。どんなときでも相手に揺さぶられない穏やかさを維持しようと考える。そのような意思の力によって、相手が何を言ってきても動じない習慣をつくるのである。

私は基本的に他人を非難しない。
人間関係でぶつかったならば、自分に包容力が足りないのだと反省する。怒りを覚えたら、相手のせいではなく、自分の責任だと考える。

他者の意見はうのみにしないという決意を備えていないと、人は簡単に洗脳やマインドコントロールをされてしまう。対話の相手がどれほどすばらしい人であっても、その決意を変えてはならない。自分の選択や決断をゆだねるに値する意見は、世の中には存在しないのだ。

著者の視点と自分の思索をまぜ、統合されたものを新しい視点として手に入れる。それを自分のことばとして語る。そうなったときに初めて、その本は自分の糧、血肉になったといえる。

自分のなかに白と黒の二色しかなければ、あらゆる物事は白か黒によってしか分類できない。しかし、もしニ00種類の色をそろえられれば、繊細なグラデーションで世の中を把握できるようになる。
それを可能にするのが読書である。読書によって、視点を分類する際の精度と繊細度は格段に高められるのだ。

大切なのは、とどまるか変えるかではなく、それを自分の意思で選択すること、変えたいときに変えられる実力を身につけることなのである。

そして、選んだ直後からは、自分の選択を正解にしていくという決意を持つ。

すなわち相談とは、解答を得るためではなく、迷いを客観化し、より明確な視点を得るために行うのである。

こころの穏やかさとは、自分を取り巻く社会・環境の変化やその変化を受け入れる心があるということだ。それを可能にするのは、自分が人生で最善を尽くしているという自信や自負である。

相手を心の底から理解してしようと努めること。他者の自由意思を認めることこそが、自身がおだやかでいるための基本である。

自分を統制できない人間は、他者を統制することはできない。逆に、自分の内面をコントロールできる人間は、内面の器が大きくなり、人間としての魅力が格段に高まる。それにより他者によい影響を与えることができる。
他者を変えようとするならば、自分が変わることが最も近道なのだ。

内側にあるものを全部出しきっている人間には何も残らず、余裕が生まれない。

 不安を抱きながら、何も行動を起こさないとき、不安は心配に転じる。

他方、不安を次の行動への起点にするとき、不安はポジティブな意味を持つものになる。不安を感じるからこそ、人は計画を立て、努力し、少しでも不安を解消しようとする。それにより新たな局面が訪れれば、また新たな不安が生じる。そうしたら、さらに次の行動をおこせばよい。

発想は表出すると枯渇してしまうものではない。表ですればするほど、新たな発想が生まれやすくなる。

複雑な現象からシンプルな命題を導き出せる人こそ、本質を見極められる人である。

(書評)
一ページでも一〇〇字でも構わないので、本を読んだ直後に、①著者は何が言いたいのか、②それに対して自分はどう思っているのか、③さらなる考察のポイントは何か、を記してみる。
続いて、次の三セットに取り組む。①一冊の内容を三〇〇字程度にまとめる、②著者の言いたいことに対する意見を持つ、③それをもとにゼミでどんな議論がしたいのかを考える。この二段階の作業を通して、内容の理解を深めてもらうのである。

内省は瞑想ではない。

外部から情報を入力し、それに対する反応を観察することも内省し一つである。たとえば読書は、書き手の魂との対話であり、他者とかかわりながら内なる声を引き出す、よい呼び水となる。また日々の営みにおいて、自分は本当にこれが食べたいのか、ここに行きたいのか、この人のことを好きなのかといった、自分の思考を客観化に評価する瞬間も内省の時間になる。

幸福や成功について語った本はたくさんある。だが、自分にとっての幸福や成功を定義しないかぎり、それらをいくら読んでも無意味である。

内面が豊かな人は、世の中のすべてのものから美しさを見出せる。言い換えれば、いかに世の中から美しさを見出せるかで、その人の幸福の大きさが決まる。

他者に対して、許す、与えるなど、つねにポジティブに反応することで、内面の豊かさが増していく。それによって、この世界に美しいものがどんどん増えていく。

私にとって、自分を強くするための一番有効な方法は、アウェイに飛び込むこのである。境界を越える。群れから離れる。環境を変える。枠からはみ出す。方法はいろいろある。とにかく、いまいる環境の外側にでてみるのである。

逆境には三つのとらえ方がある。
ある人は、逆境が訪れたら不安になり、落ち込んだり、泣いたりしてしまう。
ある人は、逆境が訪れたら感謝し、成長のチャンスだと思って頑張る。
ある人は、自分の人生の目的は成長することであり、そのためには逆境を乗り越えることが不可欠な要素だと思っている。厳しい逆境であればあるほど成長の度合いが大きいと知っているため、自ら逆境を選択する。

物事の結果は、自分の思考と行動をの到達点として、成否が決まるだけである。




AD

本 2017/Jan. 002

テーマ:
{31D98EE3-EFF8-4DEA-BFD8-C3AA6F112DEC}

最強英語脳を作る
茂木 健一郎
2016/07/20

印象に残った文章

ですから、僕の経験から言うと、日本の英語教育でもっとも必要なのは、ドラマ・エデュケーションではないかと思います。英語で何かの役割りを演じる、あるいは、英語でスピーチをする教育、そういうことが非常に大事だと思いますが、自分自身なかなかそういう機会には恵まれてこなかった。中学・高校の英語教育でそういう時間帯は一切なかったと言っても過言ではありません。

「コミュニカティブ・アプローチ」と呼ばれる、説明もすべて当該の言語で行うという教授法に、有効性はないと思います。

みなさん、いろいろなテーマでしゃべっていますが、訛りなんか全然気にしないで、伝えたいことを伝えるという姿勢で話していました。
それが日本人はなかなかできない。それはやはり「人前で間違えることを恥じる」という、非常に根深い文化的原因に起因していると思うのです。これは言語習得だけではありません。実にありとあらゆる場面で、人前で恥をかくのを非常に怖がる文化がこの国には存在します。それが必然的に外国語習得の邪魔にもなっていまっていると思います。

でも、実際には、英語は生き物で、常に変わっているし、新語も出てくる。ネイティブだって知らない単語はたくさんあるのです。とにかく、自分がわからない単語が適当に混ざっている会話を、例えば、3割しかわからなかったら3割なりに、5割しかわからなければ5割なりに聞くということが、実は言語習得においては非常に大事なことです。日本人の完壁主義の精神性ゆえにそれができなくなっている。そこが、非常に大きなネックになっていると思います。

そんな僕の体験から、また、脳科学の視点から、日本人の英語習得に欠かせないのが「無茶ぶり」です。
「そんなことはできない」「絶対に無理」ということを、自分に課すことがいかに大切か。ハードルを乗り越えることで、脳がグンと成長する。

ひょっとしたら、日本人の英語ができない大きな要因の一つがこれかもしれません。つまり、普段から即興劇の訓練が欠如しているからかもしれません。演劇はすごく感情を揺さぶられるので、そこをうまく使うと、もっとうまくできるのかもしれない。英語劇をやることがもっと広がれば、感情と記憶の関係という意味では、英語がさらに定着する可能性が高いということだと思います。

英語を学ぶというのは、英語の考え方(マインド・セット)を学ぶことなのです。

例えば、阿吽の呼吸というのは英語圏でもあって、よく日本人が言う間違いで、「外国人は謝らない」というのがありますが、あれは絶対ウソです。映画を見ていればわかりますが、すぐ「アイムソーリー」と言っています。責任を認めるとか、そういうこととは別に、感情で「申し訳なかった」ということを表現するのは普通にやっています。

何らかの方法で英語の力が証明できれば、要らないわけです。(TOEFLとか言語テスト)

日本企業がTOEFLとか、特にTOEICのスコアを社員に聞くのは、自分たちで英語の能力を測る方法がないからです。

日本語については自分たちで、この人の能力はどれくらいかということがわかるという、生活の直感をもっているのに、なぜか英語については試験任せにしてしまっている。ここにも、日本人の英語が伸びない根本的な理由があると思います。

要するに、英語のマインド・セットはグローバルなスタンダードをつくっていて、よく言われるようにグローバル化というのは結局アングロ・サクソン化のことです。

そうではなくて、ある種の、社会の組織の中のされ方、人と人とのコミュニケーションのとり方、ジャッジメントの仕方、そういうものが英語という言語の中でダイナミックに動いているので、そこの現場にいないと、そもそも現代の人類文明の一番トップのところにいられない。

日本語の情報空間と英語の情報空間はぜんぜん違っていて、英語の情報空間に行かないと、最先端で一番良い情報には、どの分野でも接することができない。

英語で直接発想し、やりとりを重ね、自分の意見を表明する。グローバル化した世界において不可欠なそんな言語能力が、日本の教育システムにおいて培われない。その結果、日本に拠点を置きながら、英語で世界に広く思想を問うタイプの学者がほとんど見られないということが起きています。

もはや、日本はその教育課程における「言語政策」を根本的に見直す時期に来ていると言えます。翻訳を前提にした外国語習得ではなく、その言語で直接やりとりする、現場能力を身につけること。特に、世界の「リンガ・フランカ」(共通語)である英語については、「言挙げ」ができる程度の能力を身につけることを、国家としての目標とすべきです。

つまり、大量の英文を読んで、大量の英語を聞いて、大量に話して、書いて、それのどこが悪かったかを修正して、会話であれば通じたか、通じなかったとか、ウケたか、ウケなかったかとか、そういうことがフィードバックされ、それによって自分の言うことが少しずつ変わってくる。

バイリンガルの人の脳は認知症になりにくいというデータがあるので、そうなると、バイリンガルにしておいて脳のメンテナンスをしておいたほうが、クオリティ・オブ・ライフが高くなる。そう判断を下して、それなりに努力をする。その脳はすぐには手に入らないけれども、その努力をしようという考え方は常に必要になるだろうと思います。

サイレント・ピリオド(沈黙の期間)のときに学習者が何をしているかというのを研究している論文がいくつかあって、自分で自分に話しているということが見られるそうです。

聴くことと読むことは関係すると言われますが、モータースセオリーという理論があります。人間が何かを認識するときには、実は、自分がどうそれを、身体を使って表現するかをシュミレーションして認識しているという考え方がです。

言語習得はオープンエンド
オープンエンドというのは、脳科学の非常に大事な概念で、簡単に言うと、100点満点がないということです。

逆に言うと、終わりがないということは、どこから始めても良いということです。

それは、日本人だからわからないというよりも、ネイティブでもわからないことがよくあるらしいんです。そもそも言葉というのはそういうものだと思うと、気楽に始められると言えます。

ですから、バイリンガルをめざそうとしたら、尾状核を切り替えるというのが非常に良いのですが、どうしたら鍛えられるかというと、英語モードのときは徹底して英語モードにする。日本語モードのときは徹底して日本語モードにするということを、一日のうち、それこそ1分でも10分でもよいから繰り返すことが大事だと思います。

ある研究によると、何歳から始めても、練習すれば上手く切り替えられるようになるというデータもあるので、諦めずにやることが大事ではないかと思います。

日本人は、逆に、英語習得はすごく価値があるものだと思い過ぎているのかもしれませんね。

困難があると、それが脳の成長のきっかけになるというのが、いま非常に注目されている理論なのです。

日本人は常に漢字を学び続けなければなりません。いまだにみんな、小学校6年間、中学校3年間、高校3年間と、ずっと新しい漢字を覚え続けなければいけない。その学習負担は、英語圏ではありえないことです。

相手の心を読み取るということが言葉の本質の一つだとすると、この能力は人間にのみ特徴的なものだと言うことができると思います。面白いことに、子供に読み聞かせをすると非常に有効だということがわかっていますが、そのときに、登場人物の心情を聞きながら読み聞かせをすると特に有効なことがわかっています。

心の理論には、二つの要素があります。一つは、相手に共感すること。相手が悲しんでいたら自分も悲しいと共感する。
もう一つが、共感はできないけれども、相手の心を推定するというやり方です。

言語を習得するというのは、スポーツや、音楽を演奏するのに近い。

ですから、有り体に言うと、しゃべったり書いたりしないと習得はできない。アウトプットをしないと習得できない。これが先に言った道具的学習です。自分の身体を道具として使わないと学習できないということが、一般に言えると思います。

「下手くそ」には可能性がある場合があるのです。

とにかく、肝心なことは、自分で自分の脳に負荷をかけて、退屈しない工夫をすることです。

リーダーを丸暗記する、声に出して読むことは、一種の運動と関係します。脳の側頭連合野に、声を出すことで運動の出力も入るし、目で見ることで視野も入るし、耳で聞くことで聴覚も入るので、記憶としてより定着しやすい。しかも、それがシンクロして入るわけで、いわゆる三本の矢の譬えではないけれども、単独で記憶するよりは、声に出しながら、あるいは手で書きながら読むと、さらに、四つのモダリティが加わるので非常に有効だと言えますね。

備忘録
ゲーデ「外国語を知らない者は、自国の言語について何一つ知らない」

AD

本 2017/Jan. 001

テーマ:
{0D1B8311-B555-4270-ACE0-6C56AB7D9061}

私の幸福論 「しあわせ」を感じる生き方
日野原 重明
2005/11/05

印象に残った文章

早く治って元気になりたいと望むことを含めて、痛みや治療に耐えたり、明日に希望をもちつづけたりといった、病む人の前向きな行動や気持ちが、病からくる不安をなだめ、病いそのものを癒す力を強くしているのです。

自分に耐えられないほどの試練が与えられることはない、だから、目の前のこの試練も乗り越えられる日がきっと来るだろうと、信じることができる人とそうでない人とでは、試練の過程もその意味もちがったものになるでしょう。

喜びやしあわせというものは、それをこの手に直接つかもうとしても、なかなか思うようにはつかめません。おそらく空をつかむばかりでしょう。喜びはすでに自分の手のなかにあるからです。それに気がつかないのでは、喜びがないのとなんら変わりがありません。

たとえ苦しみのさなかにあっても、心を自分のことだけに占有されずに、ほんの少しでもほかの人のことを思いやる余裕をもつことができれば、不思議なことですが、喜びを感じとる感度は高まって、生きていることへの感謝を実感することができます。

私たちは、「自分を大切にする」ということを、自分を傷つけないように引き出しの奥に大事にしまっておくことだと勘ちがいをしているのかもしれません。「自分を大切にする」とは、もてるものをあますことなく最大限につかいこなすことをいうのです。

健診で異常を指摘されたことはないとたかをくくって、いまの生活を無自覚に続けていれば、誰しもじきじきに健康を損ないかねません。
健診のたびにそれまでの生活を見直し、心身をよりよい方向へもっていくための第一歩を実際に踏み出せなければ、せっかくの健診の意味はないも同然です。

つまり、健康な状態とは、病気がないとか、からだに支障がないということではないのです。また、「正常」とら呼ばれるかたちや規範があるわけでもありません。自分をとりまく内外の環境の変動に対して、そのつど自分の心とからだを順応させ、新しい環境に自分なりのバランスをとれる状態が「健康」だというわけです。いわゆる適応力(adaptation)です。

どんなにひどい災難も、それが不幸のきっかけになることはあったとしても、必ずしも不幸に直結するわけではありません。
生きていく意味や可能性を見失ったときこそ、人は不幸に陥るのです。無限の可能性をもつ明日であるはずなのに、そこにたったひとつの可能性も見つけられない、その状態が不幸なのです。

配慮するとは、ただ他人のことを想うだけにとどまるのではなく、その想いの深さが突き動かした具体的な行動をもってはじめて成立するものであることを、若い彼らに理解してもらうためです。

しかし、それらは「治らない病気」なのではなく、治す方向への正しいはたらきかけがなされていないために悪い状態のまま停滞している---。少なくとも、そうとらえるべきではないかと私は思います。

風邪などはかかっては治るということを何度も繰り返しますが、これも風邪を治す薬のおかげで治るわけではないのです。放っておけば自然に治っていく過程を少しでも楽に過ごせるよう、熱や頭痛などの症状を緩和する薬を処方しているにすぎません。

老化と老いは別ものです。
老化はたしかに避けることはできません。たとえば老眼や、血糖値の上昇や、年齢並の動脈硬化や、軽い難聴は老化という生理的現象です。それらについては、当たり前のこととして素直に受け止めればよいのです。悲しんだり惜しんだりしたところで時間を逆戻りさせることはできないのですから、必要以上にこだわらないことです。
手放したものをいつまでも未練がましく思うよりも、まだ手のなかにあるもののほうに目を向けることです。

その逆に笑顔を浮かべる習慣のある人は美しい笑顔がたえず自然にこぼれ、年をとって顔のしわが深くなっても、それは美しいしわとなります。

美しい笑顔を絶やさなかった人は、その死に顔までもが美しいのです。

「老化」とは、避けられぬひとつの生理現象です。しかし、「老い」は、当人が老化を受けとめる心構えをいうのです。ですから、「老い」は人それぞれに異なるものであり、その人の心のもち方のあらわれといえましょう。

英国の詩人ワーズワース
Plain living and the high thinking
「生活はつましく簡素に、思いは高く」(「低処高思」ていしょこうし)

死を感じ、翻って生をたしかに実感することが、生を充実させ、同時に死に大きな実りをもたらすのだということに、どうか気をつけてほしいのです。

極論すれば、他者への思いやりや、他人の痛みを自分のもののように感じる感性も、死への意識がその根底を支えているように思います。
「お互いさま」と声をかけあいながら人が生きていくには、死を意識のなかに置くことが欠かせないと思うのです。

家であろうと、病院であろうと、最後の場所の選択に私はこだわりをもちません。愛する人たちに「ありがとう」を伝えて旅立てるならば、それ以上に望むことはありません。

AD