「ポートレート スタジオ ファイン」 =「ファイン メディア コンテンツ ジャパン」

美しい日本の自然、繊細で優雅な日本文化、匠の技の日本製品、綺麗で魅力的な日本女性。日本文化・日本文明・日本政治経済の情報発信です。写真・映像・映画の企画・撮影・編集・公開。ポートレート・ファッション・グラビア。マルチメディア・デジタル・コンテンツの創造。

NEW !
テーマ:

 

舞妓・芸妓写真 (本物)京都 

祗園甲部歌舞会 

祇園・花の宴2017

撮影 ポートレート スタジオ ファイン

 

祇園小唄を踊る芸妓・舞妓の写真です。

井上流 井上八千代師(人間国宝)が振り付けた、

「祇園小唄」を踊る舞妓・芸妓の写真です。

 
首の後ろを大きく開けて着付けするのは、
芸妓、舞妓、芸者むきの着付けです。
結婚式、成人式、卒業式、新年会、観劇などで、
良家の子女、学生、OLなど一般女性用の着付けではありません。
 
女優が芸者を演じたり、グラビアアイドルが意味をわかった上で、
舞妓、芸妓、芸者のように着付けてもかまいません。
 
 
 
 

 

 

舞妓・芸妓写真 (本物)京都 祗園甲部歌舞会 

祇園・花の宴2017

撮影 ポートレート スタジオ ファイン

 

舞妓・芸妓写真 (本物)京都 祗園甲部歌舞会 

祇園・花の宴2017

撮影 ポートレート スタジオ ファイン

 

舞妓・芸妓写真 (本物)京都 祗園甲部歌舞会 

祇園・花の宴2017

撮影 ポートレート スタジオ ファイン

 

舞妓・芸妓写真 (本物)京都 祗園甲部歌舞会 

祇園・花の宴2017

撮影 ポートレート スタジオ ファイン

 

舞妓・芸妓写真 (本物)京都 祗園甲部歌舞会 

祇園・花の宴2017

撮影 ポートレート スタジオ ファイン

 

舞妓・芸妓写真 (本物)京都 祗園甲部歌舞会 

祇園・花の宴2017

撮影 ポートレート スタジオ ファイン

 

舞妓・芸妓写真 (本物)京都 祗園甲部歌舞会 

祇園・花の宴2017

撮影 ポートレート スタジオ ファイン

 

舞妓・芸妓写真 (本物)京都 祗園甲部歌舞会 

祇園・花の宴2017

撮影 ポートレート スタジオ ファイン

 

舞妓・芸妓写真 (本物)京都 祗園甲部歌舞会 

祇園・花の宴2017

撮影 ポートレート スタジオ ファイン

 

舞妓・芸妓写真 (本物)京都 祗園甲部歌舞会 

祇園・花の宴2017

撮影 ポートレート スタジオ ファイン

 

舞妓・芸妓写真 (本物)京都 祗園甲部歌舞会 

祇園・花の宴2017

撮影 ポートレート スタジオ ファイン

 

舞妓・芸妓写真 (本物)京都 祗園甲部歌舞会 

祇園・花の宴2017

撮影 ポートレート スタジオ ファイン

 

 

舞妓・芸妓写真 (本物)京都 祗園甲部歌舞会 

祇園・花の宴2017

撮影 ポートレート スタジオ ファイン

 

舞妓・芸妓写真 (本物)京都 祗園甲部歌舞会 

祇園・花の宴2017

撮影 ポートレート スタジオ ファイン

 

舞妓・芸妓写真 (本物)京都 祗園甲部歌舞会 

祇園・花の宴2017

撮影 ポートレート スタジオ ファイン

 

舞妓・芸妓写真 (本物)京都 祗園甲部歌舞会 

祇園・花の宴2017

撮影 ポートレート スタジオ ファイン

 

舞妓・芸妓写真 (本物)京都 祗園甲部歌舞会 

祇園・花の宴2017

撮影 ポートレート スタジオ ファイン

 

舞妓・芸妓写真 (本物)京都 祗園甲部歌舞会 

祇園・花の宴2017

撮影 ポートレート スタジオ ファイン

 

舞妓・芸妓写真 (本物)京都 祗園甲部歌舞会 

祇園・花の宴2017

撮影 ポートレート スタジオ ファイン

 

 

舞妓・芸妓写真 (本物)京都 祗園甲部歌舞会 

祇園・花の宴2017 舞妓・芸妓のおどり 「祇園小唄」

撮影 ポートレート スタジオ ファイン

 

 

ネットで公開されている舞妓・芸妓のほとんどは、

舞妓体験・舞妓変身の一般女性の写真です。

 

ほとんどの京都に来る観光客は、舞妓に会えませんし、写真撮影ができません。

 

京都には、祇園甲部、上七軒、宮川町、先斗町、祇園東の五花街があります。舞妓・芸妓、立方・地方をあわせても、正確な人数はわかりませんが、現在ではおそらく200~300人以下、宝塚歌劇団の生徒数より少ないことは間違いありません。

 

京都出身者は都道府県別では多いものの、1割弱と聞いています。

 

花街関係者がまったく情報発信を一時期しませんでした。

やっと情報発信するように方針を大転換しました。

2015年6月、東京・六本木ヒルズに、京都市長をはじめとして、舞妓・芸妓あわせて40名が来て踊り、特産物の紹介、高島屋・千總の京友禅きものショー、十二単の着付けショーを行い、観光PRをしました。

 

お茶屋の利用者、高級旅館・一流ホテル利用者、一般観光客などさまざまですが、花街の「をどり」を観るために京都に行っても撮影禁止で、舞妓・芸妓にはなかなか会えない、東京の観光客の京都の評判は・・・・?

 

舞妓変身・舞妓体験・きものレンタルが急速に伸びています。

 

東京や近郊には一部ですが富裕層がいまして、また企業の広告費や接待費は高額なので、花街もうまく都内近郊と交流していったほうがいいと、私は思います。

 

高島屋・大丸だけでなく、三越伊勢丹とも交流したほうが・・・

今や京都駅前は、伊勢丹、ヨドバシカメラ、ビックカメラ・・・

失礼ですが東京・新宿に近いですね。

京都と大阪よりも、京都と東京のほうが、意識的には近い感じです。

東京の人間も、京都には敬意を払っていますよ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。