「ポートレート スタジオ ファイン」 =「ファイン メディア コンテンツ ジャパン」

美しい日本の自然、繊細で優雅な日本文化、匠の技の日本製品、綺麗で魅力的な日本女性。日本文化・日本文明・日本政治経済の情報発信です。写真・映像・映画の企画・撮影・編集・公開。ポートレート・ファッション・グラビア。マルチメディア・デジタル・コンテンツの創造。

モデル・アイドル・女優が写真・映像に美しく魅力的に写る・映る秘訣、

カメラマンが写真・映像で女性を美しく魅力的に演出して撮影する秘訣、

「フォトジェニック」な「ポートレート撮影」がメインテーマのブログとして開始しました。


ネットの技術の進歩、カメラの動画撮影機能の充実により、次第に、映像や映画にもテーマが拡大しました。


総合リンク集であり、私の全コンテンツのポータルであるインターネット情報源ガイド から全体像をご覧ください。

カテゴリごとの分類なので、キーワード検索では得られない、総合的な情報が得られます。


「世界はひとつ」 (グローバリズムではなく諸文明の相互交流)「和と洋の発展的融合」が基本的な考え方です。

写真・映像は世界の共通語、「クール・ジャパン」の情報発信です。


若い女性が「和の世界」を再認識し、浴衣ブーム・きものブームに私の写真は貢献したと思います。


美しい日本の自然、伝統的な日本の景観、日本家屋や日本庭園を背景として、

着物や浴衣を着た綺麗で優しい日本女性を撮影した、写真と映像を創作中です。


現在は、文章、写真、映像を、マルチメディア・デジタル・コンテンツとし創造し、

モデル・俳優・女優・ダンサー・舞踊家などさまざまな芸術家・クリエーターと交流して、

企画して、撮影して、公開するようになりつつあります。


「ライター」兼「写真家」兼「映像作家(監督・ディレクター)」です。

埼玉県奥武蔵の、小さな出版社兼放送局です。

ネットだけでなく、他のメディアにもコンテンツを提供します。


このブログは大人の読者(18歳以上)を対象にしています。

中学生以下(子役)の購読はご遠慮ください。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


私が作成・運営しているグルっぽ

女性ポートレートモデル=女優(ファッション・グラビアを含む)写真と映像

ポートレート写真・映像撮影カメラマン(女性モデル中心)(東京・埼玉など関東)

映像製作・自主映画仲間(俳優・女優など)


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


「ファイン メディア コンテンツ 奥武蔵アトリエ」


写真・映像の撮影スタジオ((白バック・和室)とデジタル創作室を埼玉県飯能市に開設しています。

周囲は狭山茶畑でしたが、最近は予想以上に開けすぎて・・・住みやすくはなりました。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


東京都 新宿 四谷 信濃町

明治神宮外苑 国立競技場


本業を中心とする仕事の拠点は、東京都 新宿区 四谷(よつや)です。

故郷です。現在は仕事が東京、住居が埼玉です。









テーマ:

「おいらん道中」再現 フォトアルバム 

東映太秦映画村 松島紫代 まつしましよ

 

 

GOOブログには、フォトチャンネル機能があります。

 

「おいらん道中」のスライドショーをお楽しみください。

 

http://blog.goo.ne.jp/photo/394125/sl

 

 

アメーバブログにも写真集機能があり、

AmebaVisionという動画機能もありましたが、

ともに廃止になりました。

 

サイバーエージェントの経営判断が吉と出るか、凶とでるか、

微妙なところで、正直言って心配しています。

 

現在では、写真のネット拡散については、GOOブログです。

 

http://blog.goo.ne.jp/photo/394125/sl

 

 

 

 

東映女優 松島紫代  Shiyo Matsushima (画像の松島のローマ字は誤り)さんが、おいらん道中で紫太夫を演じました。

 「東映太秦(うずまさ)映画村」は、日本における時代劇撮影の中心地である東映京都撮影所の半分ぐらいをテーマパークとして公開しています。
太秦は日本映画の発祥地で、東映に限らず、各社の撮影所があり、日本映画の名作が製作されました。

 日本にはかつて、京都の島原、江戸(東京)の吉原など、遊郭(ゆうかく)がありました。
「太夫」または「花魁おいらん)と呼ばれた最高位の遊女は、大名や豪商のお相手をして、肉体的な魅力だけでなく、知識と教養もありました。
お座敷では大名や豪商などのお客さんより、太夫・花魁は上座に座り、お相手をするしないの選択権があったそうです。

 遊郭があり、買春をやっていたことは事実ですが、日本では客は高額の金を払わなければなリませんでした。
遊女には一般的職業よりも高額の賃金が払われ、親の借金を返すまで働かなければいけない仕組みです。
 遊女の中でピンからキリまでいたのですが、美貌と、性交の巧さと、知識や教養、おもてなしの心などで、人気を得て、最高位をめざす事もできたらしいのです。
実力主義の世界のようでした。

 松島さんは東映京都の養成所を卒業して、東映女優に採用されました。
 時代劇が中心の東映京都では、映画やテレビの時代劇はほとんど製作されなくなり、テレビの端役ぐらいの実績しかありません。
 松島さんは、大学を卒業してフランス語が話せます。おそらく何らかの仕事をしてから女優を志したのでしょう。
 女優になる前にパリの「ジャパンウィーク」に出場したことがあるようで、パリのシャンゼリゼで「おいらん道中」をやるのが夢だそうです。
 演技力がどれほどあるのか、花魁を映画で演じるためには脱がなければなりませんが、脱ぐ度胸があるのかはわかりません。
フランス語ができるということは、初歩の英語もできるはずで、日本の遊郭や花街についても、フランス語や英語で外国人に説明できるでしょう。

 「クールジャパン」が賞賛されて、「ジャパニーズコンテンツ」が世界に発信されています。
時代劇の復興、俳優のいっそうの奮闘を期待します。

 

http://blog.goo.ne.jp/photo/394125/sl

 

 

 

東映太秦映画村のおいらん道中は、東映時代劇のためのオープンセットなので背景の雰囲気が出ます。

江戸時代の芝居小屋や廓(くるわ)が、太秦映画村として公開されています。

 

写真撮影は許可されており、ネットにも写真や映像があります。

 

おいらんを演じるのは、東映京都撮影所所属の女優なので容姿が綺麗、写真や映像で有名になりたいと思っているはずで、きれいに撮影する限り応援になります。

 

おいらんを演じている女優は、複数いるようですが、松島さんとご縁があったのでしょう。

 

ヘアメークや衣装は、時代劇の専門スタッフなので、時代考証が信頼できます。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。