「ポートレート スタジオ ファイン」 =「ファイン メディア コンテンツ ジャパン」

美しい日本の自然、繊細で優雅な日本文化、匠の技の日本製品、綺麗で魅力的な日本女性。日本文化・日本文明・日本政治経済の情報発信です。写真・映像・映画の企画・撮影・編集・公開。ポートレート・ファッション・グラビア。マルチメディア・デジタル・コンテンツの創造。

モデル・アイドル・女優が写真・映像に美しく魅力的に写る・映る秘訣、

カメラマンが写真・映像で女性を美しく魅力的に演出して撮影する秘訣、

「フォトジェニック」な「ポートレート撮影」がメインテーマのブログとして開始しました。


ネットの技術の進歩、カメラの動画撮影機能の充実により、次第に、映像や映画にもテーマが拡大しました。


総合リンク集であり、私の全コンテンツのポータルであるインターネット情報源ガイド から全体像をご覧ください。

カテゴリごとの分類なので、キーワード検索では得られない、総合的な情報が得られます。


「世界はひとつ」 (グローバリズムではなく諸文明の相互交流)「和と洋の発展的融合」が基本的な考え方です。

写真・映像は世界の共通語、「クール・ジャパン」の情報発信です。


若い女性が「和の世界」を再認識し、浴衣ブーム・きものブームに私の写真は貢献したと思います。


美しい日本の自然、伝統的な日本の景観、日本家屋や日本庭園を背景として、

着物や浴衣を着た綺麗で優しい日本女性を撮影した、写真と映像を創作中です。


現在は、文章、写真、映像を、マルチメディア・デジタル・コンテンツとし創造し、

モデル・俳優・女優・ダンサー・舞踊家などさまざまな芸術家・クリエーターと交流して、

企画して、撮影して、公開するようになりつつあります。


「ライター」兼「写真家」兼「映像作家(監督・ディレクター)」です。

埼玉県奥武蔵の、小さな出版社兼放送局です。

ネットだけでなく、他のメディアにもコンテンツを提供します。


このブログは大人の読者(18歳以上)を対象にしています。

中学生以下(子役)の購読はご遠慮ください。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


私が作成・運営しているグルっぽ

女性ポートレートモデル=女優(ファッション・グラビアを含む)写真と映像

ポートレート写真・映像撮影カメラマン(女性モデル中心)(東京・埼玉など関東)

映像製作・自主映画仲間(俳優・女優など)


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


「ファイン メディア コンテンツ 奥武蔵アトリエ」


写真・映像の撮影スタジオ((白バック・和室)とデジタル創作室を埼玉県飯能市に開設しています。

周囲は狭山茶畑でしたが、最近は予想以上に開けすぎて・・・住みやすくはなりました。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


東京都 新宿 四谷 信濃町

明治神宮外苑 国立競技場


本業を中心とする仕事の拠点は、東京都 新宿区 四谷(よつや)です。

故郷です。現在は仕事が東京、住居が埼玉です。








NEW !
テーマ:
私の着物撮影、浴衣撮影の基本は
「凛とした美しさ」
「ジャパニーズ・ビューティ」
日本の伝統的な化粧法です。


日本舞踊の流派の違いはよくわかりませんが、
京舞の井上流は能を元にした
凛とした美しさ」を表現しているようです。


私が自己流に解釈すれば、
内面から出てくる気品」であると思います。
言い換えれば「人間として、女性としての品格」です。


女性の魅力として、色気は必要ですが、
色気を前面に出し過ぎるのではなく、
上村松園の美人画のようにように、
まず美しさ、綺麗さ、可愛さがあるべきだと思います。
それに色気を加える事により、色気が生きてきます。


私はモデルに合わせてさまざまな写真を撮影しています。
女性の撮り方、魅力の表現の仕方はひとつではありません。
あえて私のもっとも好きなモデルのタイプをそっと打ち明けると、
「お嬢様だけれども、写真・映像のためには、ちょっと大胆」
というタイプでしょうか・・・・
でも、私は還暦過ぎた男ですから、セクシー戦略突き進むというタイプでも、躊躇なく撮影します。



資生堂は、これからの日本女性のメーク方法について、
「日本古来の化粧法を基にして、現代的にアレンジしたもの」を提唱しているようです。





 


舞妓・京都中村楼 


 


神山(元全東京) 



水原(元全東京) 


獅子丸(元浅草振袖) 獅子丸 



内海紅美(元全東京) 


内海紅美(元全東京) 

内海紅美(元全東京) 
 


内海紅美(元全東京) 


 
 

 
 

 
 
神山(元全東京) 


 


 
照(浅草・振袖) 
浅草振袖さん

照(浅草・振袖) 

 

 

 
 
浅草振袖さん

 


間嶋杏璃(全東京) 


 


野元美沙17  野元美沙16 

野元美沙11 野元美沙10 

 野元美沙9 野元美沙7 
 
 上半身1 上半身2 
 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 
 
 

上村 松園(うえむら しょうえん)

1875年(明治8年)4月23日 - 1949年(昭和24年)8月27日)は、日本画家。
本名は上村 津禰(うえむら つね、「禰」は「示」ヘンに「爾」)、常子(つねこ)と名乗っていたこともある。
明治の京都下京に生まれ育ち、女性の目を通して「美人画」を描いた。
1948年(昭和23年)女性として初めて文化勲章を受賞。
子の上村松篁、孫の上村淳之と三代続く日本画家である。

 
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E6%9D%91%E6%9D%BE%E5%9C%92
 
 
 




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

「女子カメラ」 「ポートレート モデル」
きもの(浴衣)撮影の基礎
撮影者・著述者 ポートレート スタジオ ファイン


撮影会モデル向けの写真・解説ですが、
一般女性でもポーズをつけるとより美人に写ります。


和服や浴衣のポーズは洋服のポーズとまるっきり違います。

プロのモデルでも和服や浴衣のポーズは知らない人が多いようです。

ちょっとポーズを工夫することで、大和撫子に大変身します。


 

両手を前で組んだり、
両手をそのままだらりと下げたり、
両手を水平にあげたりする
写真が多いように思います。
それらは、着物の基礎的なポーズであり、
それを否定しているわけではありません。



 


和服(振袖・浴衣など)ポーズを工夫しますと
見違えるように美人に見えます。



モデルではない一般の女性であっても、
きもの(振袖でなく浴衣であっても)は
ちょっとポーズを工夫するだけで、美人に変身できます。




きものは成人式・卒業式・結婚式など
人生の門出で着ることが多く、

ただ前向きに正面から撮影するのではなく、

ポーズをしっかり決めて

一生に思い出の写真を撮影しましょう。



和服は体の線は出ませんので、誰が着てもそれほど差がなく、

着物そのものの色柄も魅力的です。

とくに中高年の女性は、洋服よりも和服を着ると気品があります。


できるポーズは限られますが、きものそのものの色や柄によってモデルが引き立ち、

かなり魅力的に写真には写ります。




和服の場合は、立つにせよ、座るにせよ、洋服以上に姿勢が重要です。 

体を曲げるときも背筋を伸ばして、腰のところで曲げましょう。


本格的にきもののモデルをするためには、日本舞踊や茶道・華道を習うといいでしょう。



モデルは容姿だけでなく、知識・教養も必要です。


正面から前向きに写すと、洋服以上に太って見えてしまいます。


和服や浴衣も洋服と同じくモデルの斜め前の方向から撮影します。




見返り美人といいますが、

和服の帯を見せながら、横向きか、後ろ向きで、

背中をそるように(お尻は出さない)弓形に見返るといいでしょう。

日本的なしぐさを表現するために、手や指の位置や格好が重要です。

軽く手を胸元につけるポーズはよくします。

全部の指を伸ばしたり、軽く握ったり、自然な仕草をしましょう。

体全体での大胆なポーズはやりにくく、
胸や尻をだす西洋的なポーズは避けましょう。
 

着物ショーでは、モデルは従来からのポーズだけでなく、
かなり動き回っている場合もあります。

着物の静的ないくつから定番ポーズをマスターしたうえで、
ある程度は動きのある自然なポーズをやってみるのもいいでしょう。


背筋を伸ばし、日本的な立ち振る舞いをしましょう。 

猫背になってはいけません。


 



和服の場合は、扇子や和傘など、和装小物を撮影時に使用します。 


和装小物については、きものにあったものがいいでしょう。

和傘は着物の色との色合いを考え、
和服が目立つように反対色にするといいでしょう。


和服の撮影を都会でする場合に、電線やビルなどが写らないように、晴れてても和傘を使用する場合があります。 



失礼ながら、スタイルに自信がない女性のお見合い写真は、和服がいいと思います。 



浴衣については、最近は夏祭りや花火大会で着ている女性も多く、着物に比べればかなり自由にポージングができます。






サイト「ポートレート スタジオ ファイン」の方には、


きもの・浴衣を着たモデルのたくさんの写真があります。


モデルのやり方について解説した写真集のあります。


ぜひご覧ください。





ポートレート スタジオ ファイン きもの・浴衣 



卒業式でも撮影可能な一般的ポーズ。



卒業式・成人式・撮影会

水原みう(全東京写真連盟)
卒業式・成人式・撮影会

撮影会 浅草振袖さん 照



撮影会 浅草振袖さん 照 (現役の振袖さん)
背中を大きく開けた着付けは、舞妓・芸妓向き。
良家の子女の着付けではない。
グラビアモデルの撮影会では、
このような着付けをして色気を表現してかまわない。



顔の方向、目線はカメラ、笑顔
一般的な顔アップの写真。


新宿中央公園
わざとビルを背景にした


撮影会向きに考えた新しい動きのある和服のポーズ。
伝統的な和服のポーズではない。


逆光でフラッシュを使い撮影。
レフ板の方が綺麗だが、
撮影会で大きなレフ板は無理。

杏凜=あんり=間嶋杏凜
 

大宮第二公園


大宮第二公園

吉野まみ
東京写真連盟 川口グリーンセンター
和服では足はつま先側を揃えるのが原則。

ファンファン(元全東京)
府中市 郷土の森 中国人モデル

東日本大震災の前、2011年1月撮影。
現在では京都などの観光地で、
中国人が着物を借りて着て、旅行を楽しんでいます。

ファンファン(元全東京)
モデルは中国人 

目線が完全にこちらを向いていないのは、
他のカメラマンと同時撮影したため。

ファンファン(元全東京)

手を上げたとき、反対側の手で袖をおさえる

右手の手のひらは見せすぎか・・・
一般的には手のひらよりも手の甲を見せた方がいい。

水原みう(全東京写真連盟)
葛飾・水元公園

傘はこのように同系色の場合もあるが、
反対色でモデルをはっきりと浮かび上がらせることもある。

和傘は重いが、握りしめてはいけない。
担いでもいけない、肩に添えている。

野崎瞳(東京写真連盟)
東京写真連盟 2005年
茨城県 NHK撮影所

野崎瞳(東京写真連盟)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
日米関係、日米同盟は日本の基軸です。

日本とアメリカとの関係、日本と中国との関係ばかりが強調されて、日露の関係が進展しません。


日本人はシベリアに抑留されたとか、
日本が降伏したあとで攻めてきたとか、
ソビエトについてあまりいいイメージはありません。

日本の最大の資源は日本人そのもの。
技術力もあれば、資金力もある。


日本にとって、もっともないのは資源。

シベリアの開発を行うことは、ロシアにとっても、日本にとっても、相互の利益になります。

アメリカと中国の関係、アメリカとロシアの関係、どちらもよくわかりませんが、
アメリカの了解をとりながらシベリア開発は可能でしょう。
従来は反対してきて、ロシアと友好親善を日本の政治家が図ろうとすると、その政治家は潰されました。
しかし、この期に及んではアメリカは、日本のロシアとの関係改善、シベリアの開発を認めるのではないでしょうか。


日本にとって、北方領土の返還は悲願ですが、
シベリアの開発をしながら、返却を求めましょう。

日本人は感情を抑えて、シベリア全体の資源を、
ロシアと日本の相互の利益を考えて、
お互いによく相談しながら有効活用するほうが得策です。


シベリアは日本にとって、すぐ近くの手付かずの資源、
それを有効活用すれば、日本とロシアの双方にとって利益になります。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
日本と中国と戦争させて、両国を行きづまらせようという勢力があるような・・・

日本と中国は、有史以来、長い交流を図り、平和の時代の方がはるかに長いのです。




欧米のアジアの植民地化に対して、
日本はアジアの独立を図り、日本を守るために、戦争をしました。


アジアの中心国である中国が、欧米列強から侵略されたから、
日本は鎖国をやめたのです。
欧米列強のアジアの植民地化にたいして、アジア諸国を守るのは、
日本ではなく、中国がやるべきことだったのですが・・・




明治維新、文明開化、殖産興業、富国強兵、人種平等、満蒙の開拓、大東亜共栄圏など、
日本を守り、アジアを解放することに日本人は努力しました。


その時の戦略として、
日本の周辺諸国の近代化について、
日本は努力をしました。


日本はやむをえず戦争をしましたので、周辺諸国にご迷惑をかけた部分はあります。


孫文は日本に亡命していた時期があり、日本に妻子がいました。
結果的に生き別れ、子供は妻である日本女性がひとりで育てています。
日本は表向きには中国政府との関係がありますので孫文を支援できませんが、
内々に頭山満など日本の在野勢力がかかくまって支援し、
辛亥革命を資金的に支援したのは日本です。
インド独立の闘志も支援しています。

日本はアジア諸国独立のための「梁山泊」(水滸伝)だったのです。


日本は中国だけでなく、アジアの独立に貢献しています。


日本と中国は二千年以上の友好親善の歴史があり
中国の古典文化は日本で現在に至るまで継承されています。

現在の日本人のうち、3割から4割ぐらいの先祖は中国です。
もともとの日本人は縄文人、大陸から日本に移り住んだのが弥生人、
古代イスラエルの10支族が日本に渡来しています。


日本と台湾、日本と華僑、日本と客家は現在でも友好的です。

中国が共産主義となり、軍備を拡張、
民主化をせずに国内を弾圧したり、周辺諸国を支配しよとしています。


中国を援助してきた日本に対してまで、侵略しようとしているのは、極めて遺憾です。

中国人は共産主義、唯物論ですから、宗教、とくに神霊について理解がありません。
靖国神社は戦争神社ではなく、戦争でななくなられた方を神道により慰霊する神社です。
御魂の安かれと祈り、世界が平和になるよう祈っています。


日本は、天皇陛下、皇室を中心とする民族であり、
神と仏を信じて、世界の繁栄と平和を願う民族です。
伝統的な日本の家には、神棚と仏壇があります。
日本各地に、神社や仏閣があり、国民は神道と仏教を信じています。

問題は宗教の違い、
マスコミの翻訳の誤りで、
マスコミはわざと日中の対立をあおっています。


日本人の大部分は神道であり、仏教ですから、
霊魂の存在、死後の世界を信じますから、
不要な殺生ができるはずがなく、虐殺は日本ではありえません。


中国人は日本観光にきてみて、
自分の目で日本をみて、
自分で日本文化を体験してみてください。


日本文化は中国、インド、さらにはシルクロードをへて西域の文化を受け継いでいます。
中国の古典の精神や文化は、共産主義化した現代中国よりも、現代日本の方が受け継いでいます。
奈良や京都に来れば、そのことは理解できるでしょう。
日本には新しい文化も日々創造されています。
それは東京です。
秋葉原、原宿、青山、渋谷・・・
日本は欧米の文化も受けついでいます。


日本は世界のあらゆる文明を受け入れた文明の坩堝(るつぼ)です。
日本は有史以来の伝統文化を受け継ぎ、日々甦らせています。
世界から受け入れた文化や文明は、そのままのコピーではなく、
日本の伝統文化、近代文明により、日本的なものに再形成されます。
世界の文明の坩堝(るつぼ)である日本こそ、21世紀地球人類文明の発進基地になります。


日中対立よりも、日中友好の方が、
日中の双方にとって、はるかに利益になります。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
2014年9月の記事の再掲載です。
内容は変更していません。
私の韓国・北朝鮮に関わらないほうが良いという考え方は、永久不変です。



韓国人は日本人による被害者を装っていますが、
大局的に世界史を分析すれば、日本のほうが被害者です。
現在日本に残っている韓国人は、強制連行ではなく、
日本に稼ぎに来たか、
日本の敗戦から朝鮮戦争までの混乱期において密入国した人々です。
最近は、韓国・在日による事実無根のでっち上げで、日本は貶められています。

日本だけが一方的に悪く言われるのは、
世界史を大局的に分析した場合、おかしいと思います。


世界史の大局的な視野では、
日本は西洋列強のアジア・アフリカ、有色人種に対する植民地化を食い止めて、独立を維持し、さらに各国の独立運動を支援しました。

日本は敗戦して焼け野原になりましたが、
一部の大日本帝国の軍人たちは日本に帰還せず、
各国の独立戦争を支援して、独立を達成し、
世界から、植民地をなくし、人種差別もなくなりました。

このような歴史的事実は、世界中で認められています。


日本は世界の歴史において、大国の侵略をさけて、独立を維持し、
西洋列強の植民地にならないように、積極的に対策を講じました。
日清戦争、日露戦争、太平洋戦争は、防衛戦争です。
国民一人一人も、民族の生き残りにために、多大な犠牲をはらってきました。

日本人の宗教である神道により「靖国神社」に祀り、
犠牲者の先祖に感謝の祈りをささげ、
慰霊をともらうことは、子孫として当然のことです。



朝鮮、韓国は、歴史的に中国の属国ですが、まとまりがまったくなく、
朝鮮半島内部で常に争っていました。


日本は島国であり、海から攻められる、空から攻められることは、
第二次世界大戦まではありませんでした。
朝鮮では、中国についたり、ロシアについたり、日本についたり、全く安定していません。
日本の安全保障のためには、朝鮮半島の安定化が絶対に必要だったのです。


日本と友好的な、政治的にも、経済的にも、安定した国ができることが、
朝鮮にとっても、日本にとっても、望ましいのです。

伊藤博文は朝鮮を日本に併合するために中国経由で朝鮮に行こうとしたのではなく、
日本内部の朝鮮併合論を抑えて、朝鮮の国づくりをしようとしたのです。

伊藤博文は朝鮮併合に反対をしていました。


私は朝鮮併合をするべきではなかったと考えています。失敗でした。
日本の中に、日本人と考え方や生き方がちがう反日の人々が入ってきたのは、失敗でした。
通称を使ったり、帰化されたら、元からの日本人と見分けが付きません。
朝鮮を併合したことにより、日本は中国やロシアと直接的に接することになり、
日本は中国の内戦に、奥深くまで巻き込まれて、その後泥沼化してしまったのです。


日本は朝鮮の文明化、近代化、民主化を図りました。
日本は朝鮮を援助したのであって、植民地統治をしたのではありません。

西欧の植民地とは、現地民の民を奴隷にように使い、人身を売買して、富を収奪して、本国に持ち帰るものです。

日本人女性たちは、正確な数はわかりませんが、約30万人が娼婦として、東南アジアから中東、アフリカにまで売られています。
(参考映画 「サンダカン八番館 望郷」、「女衒」(ぜげん)だと思います。)
(参考歌謡曲 「カスバの女」 (昭和30年頃の創作であり、事実ではないが、人身売買はあったようです)
日露戦争で日本は、ロシアのバルチック艦隊の航路や居場所が一時わからず困っていましたが、アフリカから、東南アジアから、娼婦たちがお国の一大事ということで、本国に貴重な情報を伝えてきています。


日本の台湾の統治、朝鮮の統治、
「八紘一宇」、「五族協和」の満蒙開拓は、
日本人の税金によるものであり、資金的には日本の一方的な持ち出しです。

日本は、台湾からは感謝され、朝鮮からは事実に基づかない歴史認識のために、植民地と非難されています。
韓国の歴史教育・マスコミは、何が何でも反日ですから・・・・


東南アジア=アセアン、インド、トルコ、中東諸国、皆親日国です。
中国でも客家と華僑と共産党の一部が親日、共産党の一部が反日です。
北朝鮮は韓国よりはマシ。パチンコ資金を見て見ぬふりをすることには賛成です。



これからまた朝鮮半島が有事になりそうです。
日本は韓国がどうなろうと、巻き込まれるべきではありません。


朝鮮半島のことは、韓国人や朝鮮人だけでやるべきです。
日本の在日については、日本への帰化を認めず、通称を廃止し、
大好きな祖国の統一と新しい国造りのために、
朝鮮半島への帰還を促すべきです。


関わりあいになれば、世界中で日本の悪口を言いふらすような韓国人です。
日本国内で犯罪を防止し、日本が乗っ取られるのを防ぎましょう。
日本を貶めて、日本人から金をせしめようとしてきた韓国人。
我々の世代で、そのような悪循環は断ち切りたい。


中国が反日デモが暴徒化したことから、世界中がだめだ撤退と判断しました。

韓国については、おとなりの国であり、
なんとか友好親善を図りたいと思っていました。
日本は前向きに友好親善をしようと思っても、
事実無根の主張を押し付けてきます。



韓国での修学旅行生が乗船した船の沈没事故で、
問題が多く無責任な船会社の経営者・船長、
反日修学旅行を計画した学校、
陸から近くで浮いている船の乗客も救えない救難当局、
ニセの被害者の会の交渉、
人命が失われようとしているのに議員の政治活動、
ニセの船内からの救出要請電話・・・・・・

どれもこれも極めて悪質。こりゃ駄目だと感じました。

当事者が責任をとるべきで、大統領や内閣は間接的には責任があるものの、
韓国で交通事故、建設物の崩壊は頻繁に起きており、
民間企業が違法なことをやったことまで、
大統領や政府が国民から非難され、
謝らなければならないのはおかしいと思います。


韓国は国際資本に支配されており、共産中国に急接近していますが、
日本以上に激怒しているのは、アメリカや多国籍企業です。

北朝鮮の方がしたたかで、詳細には書けませんが、現状では優勢です。



日本としては、反日の韓国に介入して、
中華人民共和国や北朝鮮と戦争になるのは、
絶対に避けなければなりません。




日本および日本人は関わらない方がいい、
日本企業・日本人は韓国から撤退し、
在日は母国にお帰りいただくのが、
もっともよいと思うようになりました。


韓国が頼んできたから、日本がよかれと協力してあげたことに対して、
感謝をされず、文句を言われ、
それがだんだんエスカレートして、永遠に続くのだから、
日本・日本人としてはたまったもんじゃありません。



日本はもっと大きな世界文明を構築するという役割があります。

世界の中の日本として、
日本を守る、地球を救う、
高尚な使命が日本にはあります。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。