「ポートレート スタジオ ファイン」 =「ファイン メディア コンテンツ ジャパン」

美しい日本の自然、繊細で優雅な日本文化、匠の技の日本製品、綺麗で魅力的な日本女性。日本文化・日本文明・日本政治経済の情報発信です。写真・映像・映画の企画・撮影・編集・公開。ポートレート・ファッション・グラビア。マルチメディア・デジタル・コンテンツの創造。

モデル・アイドル・女優が写真・映像に美しく魅力的に写る・映る秘訣、

カメラマンが写真・映像で女性を美しく魅力的に演出して撮影する秘訣、

「フォトジェニック」な「ポートレート撮影」がメインテーマのブログとして開始しました。


ネットの技術の進歩、カメラの動画撮影機能の充実により、次第に、映像や映画にもテーマが拡大しました。


総合リンク集であり、私の全コンテンツのポータルであるインターネット情報源ガイド から全体像をご覧ください。

カテゴリごとの分類なので、キーワード検索では得られない、総合的な情報が得られます。


「世界はひとつ」 (グローバリズムではなく諸文明の相互交流)「和と洋の発展的融合」が基本的な考え方です。

写真・映像は世界の共通語、「クール・ジャパン」の情報発信です。


若い女性が「和の世界」を再認識し、浴衣ブーム・きものブームに私の写真は貢献したと思います。


美しい日本の自然、伝統的な日本の景観、日本家屋や日本庭園を背景として、

着物や浴衣を着た綺麗で優しい日本女性を撮影した、写真と映像を創作中です。


現在は、文章、写真、映像を、マルチメディア・デジタル・コンテンツとし創造し、

モデル・俳優・女優・ダンサー・舞踊家などさまざまな芸術家・クリエーターと交流して、

企画して、撮影して、公開するようになりつつあります。


「ライター」兼「写真家」兼「映像作家(監督・ディレクター)」です。

埼玉県奥武蔵の、小さな出版社兼放送局です。

ネットだけでなく、他のメディアにもコンテンツを提供します。


このブログは大人の読者(18歳以上)を対象にしています。

中学生以下(子役)の購読はご遠慮ください。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


私が作成・運営しているグルっぽ

女性ポートレートモデル=女優(ファッション・グラビアを含む)写真と映像

ポートレート写真・映像撮影カメラマン(女性モデル中心)(東京・埼玉など関東)

映像製作・自主映画仲間(俳優・女優など)


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


「ファイン メディア コンテンツ 奥武蔵アトリエ」


写真・映像の撮影スタジオ((白バック・和室)とデジタル創作室を埼玉県飯能市に開設しています。

周囲は狭山茶畑でしたが、最近は予想以上に開けすぎて・・・住みやすくはなりました。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


東京都 新宿 四谷 信濃町

明治神宮外苑 国立競技場


本業を中心とする仕事の拠点は、東京都 新宿区 四谷(よつや)です。

故郷です。現在は仕事が東京、住居が埼玉です。








NEW !
テーマ:
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2016年版です。女優向きの記事を追加しています。
このほかに2015年に発売された映画DVDの追加と、
作品解説の記事がある版があります。



映画製作(企画、脚本、監督、撮影、編集など)関係とその志望者、
俳優・女優・アイドル・グラビアアイドルなど出演者とその志望者、
を対象とする「日本映画名作ガイド」です。

もちろん、一般の映画好きも大歓迎女優の濡れ場ガイド」がおまけにあります。

サイトの内容は現在は映画ファンに向けの記事ですが、
このたびは演じる側の女優・俳優向きの文章も少し追加、
さらに今後は監督や撮影監督向けの文章を追加します。


DVDを購入して、繰り返して観て、
標とする有名女優の演技を学び、
自分でも鏡の前でまねてやってみて、
自分ならこうすると練習することが、上達の早道です。
ゆくゆくは名作映画作品をさらに絞り、
作品ごとの解説もできればやりたいと思っています。
日本映画の復興を願っています。
詳細はリンクしてあるサイトを御覧ください。


日本映画名作ガイド「インターネット名画座」

http://21-civilization.com/eiga/nihon/nihoneiga.html




日本映画名作選考基準


 1.巨匠が制作して、名優が演技している、定評がある作品。映画祭の受賞作品。

 2.日本の歴史や文化や歴史上の人物を描いている映画作品。その映画を見ることにより、勉強になる映画。

 3.有名な小説家の文学作品を映像化した映画作品。

 4.娯楽作品でも多くの人に受け入れられ、見られている作品。何らかの話題を提供した作品。シリーズものは原則として第1作を紹介。

 5.見せ場を撮影するために、女優がヌードで「濡れ場」を演技したり、俳優が危険なアクションシーンをするなど、俳優や女優の勇気と努力が認められる映画作品。




日本映画名作「女優の濡れ場・ヌードシーンガイド」

女優別の「濡れ場ガイド」、「ヌードシーンガイド」はネットにたくさんありますが、
どの女優が、脱いだとか、ヌードになったとか、濡れ場を演じたとか、
そのようなことのみが述べられています。
私のガイドはそのような趣旨ではありません。

「日本映画名作ガイド」では、映画作品の紹介をしています。

物語の展開の中で、物語の内容の中で、
女優が脱いだり、濡れ場を演じたりしていることを紹介しています。


有名女優が、内容があり、女優としてしっかり演じている映画です。

複数の女優が脱ぎまくったり、濡れ場を演じたり、全裸アクションシーンがあったりする映画が、以前はかなりありました。



女優志願者や新人女優はDVDを購入して、
憧れの女優の演技を大きな鏡の前で真似してみましょう。

ひとまとめに女優と言っても、舞台と、映画では、演じ方がまったく違います。


映像・テレビ・映画の女優になるためには、
まず写真モデルになり、ポーズや表情作りと、カメラ写りを練習して、
それから女優として演技して、映像に映る練習をしましょう。


映像では舞台と違い、細切れで、物語の順序と関係なく撮影します。
笑い話ではないのですが、先に殺されるシーンを撮影し、後から幸せに生きているシーンの撮影をすることもあるのです。


細切れに撮影するので、そのときに監督・助監督に言われるとおりに演技すれば良いというのは、よほど多忙な有名人のことです。
一般的な俳優・女優は、そのシーンを、何通りかに演じ分けて、監督に見せるぐらいでなければダメです。
撮影を始めますと、時間に追われて、出演者の演技の調整ぐらいしかできません。
基本的な演技は、俳優なら、女優なら、まず自分で演じてみてほしいのです。




映画作品の観客を動員したり、DVDやブルーレーで数多く販売したりするためには、若手女優の濡れ場やヌードシーンがあったほうが良いのです。
写真家や女性有名監督で、初めのうちは、セルフヌードを撮影していた有名人がいます。脱がし上手な映画監督、顧客サービスに徹する映画監督もいます。


新人女優として、演技もできず、多くのファンがいない場合、
体を見せて演技をするのが、女優として認められ、ファンを獲得する早道です。

主要キャストであれば、演技力が認められて、次第にさまざまな役を獲得する可能性があります。端役の場合は、脱ぎ専門女優になってしまうこともあります。

女優とか、モデルとか、ダンサーとか、歌手とか、
さらには女性アスリートであっても、
せっかく綺麗な容姿であれば、
それぞれの職業としての能力はもちろんですが、
綺麗な体を、隠すところは隠しても、見せるところは見せたほうが得です。

容姿・肉体美により、ファンを魅了することになり、
ライバルに勝って、人気を獲得できます。

男優にとっても、肉体美により、女性のファンを獲得できます。



映画作品は莫大な資金が必要で、
それを映画館とDVD販売などで回収しなければならず、
新人女優としても、自分がどのように作品作りに貢献できるかを考えましょう。

体操選手やバレリーナの場合はアクションで貢献することもできます。
映画・映像には、見せ場が必要です。
お客様は非日常的な世界を疑似体験するために、映画をみるのです。



役柄になりきる演技(セリフ、ポーズやアクション、魅力の表現方法、カメラ映り)に加えて、セクシーとか色気とか、体の露出度とか、ファンに自分を見たいと思えわせることが、女優としての人気を獲得して、次の作品に出演し、女優として成長していく秘訣です。



宝塚歌劇団は、舞台中心ですが、映像や写真も撮影しています。
団員は、ミュージカルにしても、ショーにしても、観客だけでなく、カメラの位置や方向も意識して、演技をしていると思います。
宝塚歌劇団が女性にとって大人気なのは、きらびやかな夢の世界で、理想的な男性に愛されることを疑似体験できるからだと思います。







日本映画名作ガイド「インターネット名画座」


日本映画名作ガイド「インターネット名画座」

http://21-civilization.com/eiga/nihon/nihoneiga.html



テレビを見てもつまらない「大人のための日本映画ガイド」です。
女優の濡れ場・ヌードシーンのガイドも、付録としてついています。
昔はどの街にも、封切り館とは別に、古い名作を上映する「名画座」がありました。
レンタルビデオの普及とともに「名画座」は無くなりました。


現在日本映画がまた数多く製作されるようになりましたが、戦後の日本の映画には若い世代が知らないいい映画がたくさんあります。
映画なんだから、ヌードシーン、アクションシーン、暴力シーンがあったっていいじゃないですか。なきゃつまらないですよ。


テレビがデジタル化して、薄型大画面となりました。
放送は地上波・BS・CS・一部地域はケーブルテレビと多チャンネル化しました。
しかし、子供も含めて不特定多数が鑑賞するので、放送局の番組制作上の制約も多く、多チャンネル化したわリには、面白い番組は少ないように思います。


ビデオデッキが2012年5月の時点では発売されなくなり、家庭ではVHSのビデオが鑑賞できなくなりつつあります。
(知られていない中小の1メーカーのみ生産を続けているようです。)
映画の世界でも、急速にデジタル化・ハイビジョン以上の画質で撮影されるようになりました。



古い映画はフイルムですが、映画のフィルムは巨大で重く、廃棄されようとしているようです。
フィルム映画の鑑賞が街の映画館や公共施設での自主上映もできなくなります。

古い映画で、DVD化されていない作品の鑑賞が、映画館でも、自宅でも、できなくなるのは、時間の問題なのです。
DVD化されていても、在庫がなくなれば、販売終了のものが多いでしょう。
ここで紹介しているのは すべて「旧作」です。



映画会社は基本的に、「新作」を企画・撮影・編集・興行しています。

テレビが大画面化して、DVDの低価格化が進み、今では自宅で映画を楽しむ時代になりました。
テレビ放送ではまだ少ないのですが、5・1サラウンドで臨場感あふれる音響を楽しむこともできるようになりました。
 映像は3Dで撮影されたものが広く普及しはじめつつあり、以前に撮影した映画は擬似的に3D化された作品もあります。


ここに収録してある作品は、旧作中心ですので、3Dでも、5・1サラウンドでもなく、ハイビジョンでもないものが、ほとんどです。

いい映画、好きな俳優・女優が出演している映画は、レンタルするのではなく、DVD・ブルーレイを購入したいものです。
最近ではインターネット経由でダウンロードをする方法も普及しつつあります。



好きな映画のDVDやブルーレイを購入して、「映像コレクション」としましょう。
 「3D(立体映像)の映像」と「5・1サラウンドの音響で、まさにそこにいるような臨場感で、「ホームシアター」を鑑賞できるようになりつつあります。

 

私は映画好きではありますが、映画評論家ではありません。
映画製作には理論と技術が必要ですが、鑑賞するのは楽しければいいのです。
私の独断と偏見により1960年代から2000年ごろまでを中心に選別し、娯楽映画も含まれています。



よく読みますと主要女優の濡れ場はほぼ網羅されていることがわかると思います。
 購入についてはご自分の判断でお願いします。



「大人が楽しめる映画」を選んでいますが、
若い世代で俳優、女優、映画監督、シナリオライターなどを志す人の参考になると思います。









AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
かなり以前に、他の文章の後半として公開した文章です。
高アクセスなので、前半の文章を分離して公開しました。
その後も継続的に高アクセスなので、何回目かの公開になります。



昭和の女優、女優は皆、写真集や映画でヌードになりました。
現役の女優は、今でも綺麗だなと思います。




旧作の女優たちのその後の状況を確認するために、
WIKIPEDIAで調べて、女優名で画像を検索しました。


私と同世代か、やや若い、つまり昭和の女優は、おおむね元気ですね。

それより後の若い世代の方が、元気がないみたい。




昭和の女優は、ほとんどが水着だけでなく、
写真集や映画でヌードになっています。
女優の写真集は、ヌードが含まれているのが、当たり前だったのです。


ネットに画像が氾濫していない時代でしたので、
数十万部、中には100万部以上売れた女優の写真集もありました。



現在、ネットで氾濫している女優のたくさんある写真・画像の中には、
かわいいしぐさ、凛として美しい姿、色気やセクシーなど、
女優としてのさまざまな魅力が演技されています。


洋服(ドレス・ミニスカート)、着物、水着、ヌードなど、さまざまな写真があります。

齢は重ねていますが、若い時代と違って、
容姿だけでない魅力がでてきたと感じます。




昭和時代の芸能人、今では還暦ぐらい、つまり50歳から70歳ぐらいか。

芸能人の場合、人気がづっと続くとは限りません。
人生いろいろあり、さまざまな写真や映像を撮影されたのでしょう。

女優の場合は、容姿では若い人の方が有利です。

最近の写真を見れば、若い時の方が綺麗ですが、
一般女性が老け込むのと違い、
女優はいつまでもきれいだと感じました。




私たちの時代の若い女性たちは、一般女性でも、
ミニスカートで、さっそうと歩いていました。

嘘だと思ったら、お母さんに聞いてみてください。
六本木のディスコのお立ち台で、サタデーナイトフィーバーしていたという、武勇伝を聞かされるかも・・


グラビアと言えば、水着ではなく、ヌードが当たりまえでした。

脱がされたというよりも、自分から脱いで、
社会に注目されようとしていたのではないでしょうか。


失礼ながら、余り脱ぐことを期待されていない女性まで、脱いだことがありました。


人気が落ちてきてから脱いだ女優もありますが、
いきなりヌードでデビューした時代です。
もっとも、2作目以降はヌードを拒否して、人気が続かない女優もありました。



日活のロマンポルノ、
東映の女番長・大奥・芸者シリーズ、
ATG(アートシアターズギルド)など、
日本映画が停滞と言われていたわりには面白かったし、
娯楽映画はもちろんのこと、内容がある映画でも、
女優の濡れ場はありました。


ヌードになった女優は都内有名進学校出身、大学卒業者もいて、
現在よりも高学歴ではないでしょうか。


引退した女優が多いのですが、
目立ちませんが、現在でも活躍している女優や歌手もいます。




歌手については、ベテランがいまだに活躍しています。
カラオケでかなり前の歌を歌っても、
流行遅れと思われないから助かります。




最近は脱がない女優と、脱ぐAV女優と二分されてしまった感じ。
ピンク映画までは女優ですが、AV出演者を女優と呼べるのか。
私は法律に触れるような、あまりにも露骨な画像や映像は大嫌いです。

芸術的なきれいな画像や映像がいいですね。
明るく楽しいお色気、男を誘惑して楽しむセクシー、
男女が愛すれば体に感じる、演じているよりもごく自然に・・・

そのような綺麗なものでなければ、女性としての魅力を感じません。


ばらしちゃっても怒られないと思いますが、
世界的に有名な女性映画監督も、
写真家としても、映画監督としても有名な女性も、
若いころにセルフヌードを撮っています。


今の若い女優でも、女優として大活躍している女優は、
脱ぐべき場面は、しっかり脱いで、観客にきれいな体を見せていますね。

鑑賞者の年齢制限は必要ですが、一般映画にも、
セクシー場面やお色気場面はあった方が楽しめると思います。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

東京オートサロン2017

 

出展会社は全国から集まります。

大企業だけでなく、中小企業も多いと思います。

会場に行くことができましたか、会場から帰れましたか、

全国的な大雪の影響を心配していました。

 

 

モデルやコンパニオンの皆様、寒かったでしょう。

幕張メッセの暖房は、入場者数にもよりますが、あまり効かないのですね。

 

 

天気予報が雪、気温が氷点下。 行くのをやめました。

奥武蔵の平野部では、気温は下がったものの、雪はふりませんでした。

 

 

何年か前にCP+の3日目、大雪のために中止になりました。

 

横浜でなんとかホテルを見つけて宿泊、積もった雪をかき分けて会場へ。

開催中止の張り紙がしてあるだけでした。

 

 

4日目は開催、電車は動いていて、駅まで戻リました。

ところがけっこう積もっていて、家に入れそうもなく、

地元の駅の近くのビジネスホテルに宿泊。

 

翌日は快晴。気温も上昇。

ホームセンターでは、スコップ、雪かきは売り切れ。

100円ショップで園芸用の小さなシャベルがあり、

それを購入して、玄関前の雪かきをして、やっと家に入りました。

 

東京と違って、奥武蔵では、駅から家までが問題。

大雪のなか電車が動き、最寄り駅に帰っても、バスは終了。

動いていても、バス停からわずかの距離ですが、雪が積もっていると歩けない。

自動車がスリップして、ぶつけられても、ばかばかしい。

タクシーは大雪だと運行を休んでしまう。

雪、強風、大雨、ものすごく寒い日・・・・

家の中でじっとしているのが安全なのです。

 

家で暖房、布団の中で、じっとしている軟弱な私。

1月16日は早朝から東京で仕事。

東京の行きつけのホテルで、行きつけの部屋で、宿泊しました。

 

葛飾北斎は、こたつに布団をかけて横になり、寝っ転がって絵を書いたそうです。

私も寝っ転がって、本を読んだり、ノートパソコンやスマートフォンを操作しています。

還暦を過ぎていますので、臨機応変に仕事をして、無理はしません。

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。