販売のスペシャリストが呟くホントは言いたくない販売の極意

ビジネスに心理学を#ギンギラギンの大人#まんトレ語録#ジプシートレーナー#NLP#LABプロファイル#心理学#営業心理学#コーチング#経営者#人材育成#コミュニケーションセミナー#保険ショップ経営


テーマ:
ビジネスコミュニケーションは心理学でどんなことでも解決できます!!
ギンギラギンの大人になる!!
ジプシートレーナーまんです!!
本日も、昨日に引き続き2日目の人間ドックでした!!

3年前からこの病院の職員さま向けに、コミュニケーションセミナーを開催しておりますので受講生さんのお顔もちらほらと・・・・・・

中には、「今日は、先生、私たちを偵察に来られたのですか??」なんて聞かれたりして・・・・・

なんだかうれしくなっちゃいましたねヾ(@^(∞)^@)ノ

そして、ある職員から言われた言葉・・・・

「今でも使っていますよYESBUT式ではなくてYESAND式を!!」

これまたうれしいお言葉でしたね!!

セミナーをしていて一番うれしく思うのは、その後に活かせてくれてるとき!!

おかげさまで一気に血圧が上がりました
(少し高血圧になってました・・・・・ちょっとびっくりの数値でした。。。。気を付けよう!!)

YESBUTとは、私が新人のころ主流であったお客様とのコミュニケーション方式でいわゆる「反論」です。

相手との会話中に、最初はそうですと返すものの、その後「ではなくて」などの言葉で相手の意見とは違う意見を出す方法です。
最近で言うと「てゆうか」などを使う人も多いでしょうか!!

この方式は相手を説得するために使われるものです!!

現代では、YESAND方式を使う人の方がコミュニケーション力があるといえます。

YESAND式とは、相手の話にうなづいた上にさらに「それってどういうこと?」という風に話しを膨らませようとするやり方です!!

これをすることにより、相手の話を遮ること無く、さらに話を聞いてあげることができます。

その結果、相手のとの距離が縮まりコミュニケーションが円滑になるということです。

セミナーの中でも、特に経営者さまや、営業をされているかた、さらには販売をされてる方には絶対に知っててほしいことですと伝えるぐらいです。

多くの会社で、営業教育の際に、今でもYESBUT式を教えてるところお見受けしますが、はっきり言ってこのやり方はもう古いといえるでしょう!!

理由は、いろいろありますが一番は情報があふれているので説得するのが難しくなってきてることでしょうね!!

本日お伝えしたいことは、

相手の話を膨らませてあげることが、自分の話を聞いてくれることにつながりますと言いたい!!



読者登録してねペタしてね



現在、満田が携わっているビジネスです。
是非、こちらに訪問してくださると大変嬉しいです!!


株式会社ぽると 公式サイト

NLP心理学セミナー公式サイト

NTTiF partner agent えらべる保険 公式サイト

100%純米のお米屋 ひめや公式サイト







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)