テーマ:
ビジネスコミュニケーションは心理学でどんなことでも解決できます!!
ギンギラギンの大人になる!!
ジプシートレーナーまんです!!
今日は、初体験をしてきました・・・・・

みなさんは、PET検査というのを知っていますか??

簡単に言うと、がん細胞を発見する機械です・・・・・

以下に本日、検査していただきました愛媛県立中央病院さんのHPから抜粋した説明文を載せておきます・・・・・



「陽電子放射断層撮影」という意味で、ポジトロン・エミッション・トモグラフィー(Positron Emission Tomography)の略です。

 PET検査は、がん細胞が正常細胞に比べて3~8倍のブドウ糖を取り込む、という性質を利用します。ブドウ糖に似た物質に目印をつけて(FDG)体内に注射し、しばらくしてから全身をPETで撮影します。するとFDGが多く集まるところがわかり、がんを発見する手がかりとなります。従来のレントゲン(X 線)やCT、MRIなどの検査は形からがんを見つけますが、PETはこのように細胞の性質を調べてがんを探しだします。

 最新の医療技術でがんを見つけるPET検査ですが、より正確に、より早期にがんをみつけるため、日々新しい技術が導入されています。PETとCTの画像を同時に撮影することができる機器で、PET/CTなどと表記されます。基本のPET検査としくみや流れは同じですが、より精度の高い検査が可能になっています。 PETの性質上、PET単独の結果のみでがんの有無や場所を断定することは難しいのですが、体内の細部まで写し取るCT画像と同時に撮影することで、疑わしい部位の形や場所などをよりはっきり把握することが可能になります。細胞の機能画像(PET)と形態画像(CT)をあわせることで、欠点をカバーしあいます。PETとCTの画像を重ね合わせることで、より信頼性の高い検査を行うことができます。当センターには、このPET/CT装置が整備されています。

愛媛県立中央病院さんのHPから抜粋


本日、これの検査に行ってきました!!

費用はそこそこ必要なのですが、話のネタにもなりますし、何よりがんは早期発見さえすれば何も怖くないことも知っていますのでとりあえず行ってみたれ的な感じで受けてきました!!

検査の流れは、最初に注射でブドウ糖の一種である液体を血液に投入してそれから全身に行き渡るまで90分ぐらいはリラックスな状態で待機します。
そしていよいよ下記のような機械に入って撮影をするのですが、撮影時間は約20分ぐらい!!



今日の検査で一番長かったのは、待機している時間でした!!


どんな結果が出るのか、今からドキドキしてます!!

何をするにも、身体は健康な方がいいですもんね!!

年に一度ぐらいは、じっくりと自分の身体と向き合う時間を作りケアをされることをお勧めしますと言いたい!!


読者登録してねペタしてね



現在、満田が携わっているビジネスです。
少しだけ満田を喜ばせてやろうという方がいらっしゃいましたら、こちらに訪問してくださると大変嬉しいです!!


株式会社ぽると 公式サイト

NLP心理学セミナー公式サイト

NTTiF partner agent えらべる保険 公式サイト

100%純米のお米屋 ひめや公式サイト













いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)