Porte Bonheur ~しあわせの扉~

プラウトをめざして…☆彡
http://instagram.com/portebonheur.siawasenotobira

『準備は出来ていますか?食糧の備蓄をくれぐれも怠らないようにして下さい。今後、どのくらいの時間をかけて金融システムが崩壊するのかは定かではありませんが、世界全体を巨大な経済の津波が襲います。(竹下雅敏氏)』https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=104580

※更新遅れがちで、ゴメンナサイネ(´;ω;`)

===============================
☆タカキウチュウノヒカリノミコト様からのメッセージ
  → http://ameblo.jp/porte-bonherur/entry-12024235843.html
☆スミワタルタカキホシノヒメミコ様からのメッセージ
  → http://ameblo.jp/porte-bonherur/entry-12060624324.html
☆ガヤトリー・マントラ
  → http://shanti-phula.net/ja/resources/gayatri-mantra/
☆愛のマントラ
  → https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=88738
☆愛のマントラ(バージョンアップ版)
  → https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=97156
===============================

テーマ:


“以前、女神として紹介した7歳の少女が、今、10歳になっているようです。
 彼女の姿、そして声を聞いてください。
 同時に、自分自身の体表のチャクラを感じ取ります。
 彼女の姿を見たり、声を聞くと、
 体表のいずれのチャクラも開くことがわかるでしょう。”


“すなわち、彼女の進化段階は、
 少なくとも5.0以上ということです。”



おぉっっ!!えっキラキラ


“彼女は本物の女神であって、人間ではありません。
 彼女の途方もない勇気は、この歳にしてすでに悟りを得ており、
 死を全く恐れない処から来るものです。”

“彼女は姿の見えない仲間の神々から守護されており、
 地球の人々は、彼女と共に成長して行くことだろうと思います。”





現代のジャンヌ・ダルクか、
はたまた自由の女神か!?流れ星キラキラ



以下、シャンティフーラの時事ブログより転載
==========================
[Sputnik]10歳少女、パレスチナ人の権利のために戦う(動画) 
~死を全く恐れない本物の女神~

2016/07/04 10:00 PM
竹下雅敏氏からの情報です。

以前、女神として紹介した7歳の少女が、
今、10歳になっているようです。

彼女の姿、そして声を聞いてください。
同時に、自分自身の体表のチャクラを感じ取ります。

彼女の姿を見たり、声を聞くと、
体表のいずれのチャクラも開くことがわかるでしょう。
すなわち、彼女の進化段階は、少なくとも5.0以上ということです。

それだけなら、神智学で言う覚者ということになりますが、
覚者たちは人間です。
また、インドでは大変有名なラーマクリシュナ、
ラマナ・マハリシという聖者は、アヴァター(神の化身)
と呼ばれますが、実際には悟りを得た人間に過ぎません。

彼らとこの少女は、まったく違います。
彼女は本物の女神であって、人間ではありません。

彼女の途方もない勇気は、この歳にしてすでに悟りを得ており、
死を全く恐れない処から来るものです。

彼女は姿の見えない仲間の神々から守護されており、
地球の人々は、彼女と共に成長して行くことだろうと思います。

(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
10歳少女、パレスチナ人の権利のために戦う(動画)
転載元) Sputnik 16/7/4

パレスチナ出身のジャンナ・アヤドちゃん(10)が
自分の国の将来のために大人と並んで戦っている。
テレビ「ロシア・トゥデイ(RT)」が報じた。

彼女が選んだのは非暴力抗議。抗議行動に参加し、
自国民に対する残虐行為をカメラでとらえ
より多くの人々にヨルダン川の西岸で
何が起こっているか知ってもらえるように、
現場からの報告を行う。





(転載おわりヒヨコ)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



“アメリカ政府が、9.11テロの文書を公開したようです。
  これで、この事件にサウジアラビアの王族が
  関わっていたことがはっきりとしました。”


“9.11がアメリカ政府の
  自作自演であることは、明白です。”


“文書の公開は、いずれイスラエルに対する責任問題となり、
  最終的には、アメリカの当時の
  ブッシュ政権の閣僚たちへと及ぶでしょう。”

“悪が滅びて行く様を、私たちは目撃しているところです。”




あぁ…。


本当にこんな日が
やって来ようとは!!泣く





以下、シャンティフーラの時事ブログより転載
=======================
名称未設定
画像の出典: 転載元
[ParsToday]アメリカ同時多発テロに
  サウジアラビアの外交官が関与 
  ~私たちが目撃しているのは悪が滅びて行く様~

2016/07/04 9:00 PM
竹下雅敏氏からの情報です。
アメリカ政府が、9.11テロの文書を公開したようです。
これで、この事件にサウジアラビアの王族が
関わっていたことがはっきりとしました。

そして、アメリカ政府はそれを知りながら、
事実を隠蔽し続けたことがはっきりとしたわけです。
この事件の結果、アメリカ、サウジアラビアが育てた
アルカイダというテロ組織と戦うと言う名目で、
アフガニスタン、イラクをアメリカは侵略し、
その後、リビアを侵略、ダーイシュ(IS)に
名を変えたテロ組織との戦いという名目で、
シリアを侵略しようとしましたが、
ロシアに阻まれて現在に至っています。

こうした経緯から、9.11がアメリカ政府の
自作自演であることは、明白です。

彼らの野望は、アメリカの意向に逆らう国を、
テロ支援国家として、テロとの戦いと言う名目において
叩き潰すことであったわけです。

この戦いは最終的にはイランとの戦いになり、
そうなると、第三次大戦に至るのは明白でした。
しかし、今や、そのようなことは
起こらないというのが、わかると思います。

文書の公開は、いずれイスラエルに対する責任問題となり、
最終的には、アメリカの当時のブッシュ政権の
閣僚たちへと及ぶでしょう。

悪が滅びて行く様を、
私たちは目撃しているところです。

(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
アメリカ同時多発テロにサウジアラビアの外交官が関与
転載元)
 

4bk7d1752e56059nj4_800C450

アメリカ政府が、サウジアラビアの王族など、2001年の同時多発テロに関与した人物30人以上の名前が記された文書を公開しました。

AP通信によりますと、アメリカ政府は2日土曜、ファイル17と名づけられた文書を公開しました。この文書には、サウジアラビアの王族が2001年のアメリカ同時多発テロに関与したことが示されています。

ファハド・アルスマイリ、オマル・アルバヨウミ、オサマ・バスナンといったサウジの外交機関の関係者の名前が、このファイル17の中に見られます。

ファハド・アルスマイリは1996年から2003年の期間、アメリカ・ロサンゼルスのサウジアラビア領事館で勤務しており、ロサンゼルスにハイジャック犯が到着した後、彼らの滞在やそのほかの事柄について支援を行っていたとされています。

オマル・アルバヨウミはカリフォルニア州のサウジアラビアの反体制派に監視されており、この人物も、ハイジャック犯とレストランで会っています。

オサマ・バスナンはアメリカ・ワシントンのサウジアラビア教育団体に勤務していましたが、当時のアメリカ駐在のバンダルビンスルタン・サウジ大使の妻、ハイファ・ファイサル王女から莫大な資金援助をを受けており、またハイジャック犯と同じ通りに住んでいたとされています。

また、マフダル・アブドッラーという人物も、2人のハイジャック犯の通訳として活動し、銀行口座の開設やパイロット訓練所への連絡を手助けしていました。

また、この文書では、アブドッラーが2003年にカリフォルニアの刑務所で、自分と同様に収監されている囚人に対して、ニューヨークの世界貿易センタービルの攻撃計画を周知していたことを語った、とされています。
(転載おわり)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


“彼らのこうした野望が実現することはありません。
  ギリシャのツィプラス首相は、現在、死んだふりをしていますが、
  時が来れば何時でも立ち上がる準備が出来ているはずです。
  彼の眼は死んでいません。”

“私たちが見ているのは、「国際貴族による国際独裁制の夢」が
  滅び去って行く、まさにその始まりを見ているのです。”





チプラスさん、個人的に
そんなに嫌いじゃなかったので
なんかちょっとうれしいw


がんばって欲しい。



以下、シャンティフーラの時事ブログより転載
=========================
名称未設定
画像の出典: pixabay.com
[創造デザイン学会]Brexit の 2 度目の投票が
  あるかもしれない、その理由 ~国際企業
  独裁体制の野望が実現することはない~

2016/07/04 7:41 PM
竹下雅敏氏からの情報です。
著者は、今回のEU離脱を支持した国民投票の結果
にも関わらず、最終的にはイギリスはEUへの
残留となる可能性が高いと考えているようです。
国民投票の結果は最終的なものではなく、
あくまで参考にする類のものなので、ギリシャと同様に、
国民投票の結果とはまったく異なった事態に
落ち着く可能性が高いとしています。

今回の国民投票の本質は、イギリス市民がEUという
“ヨーロッパの貴族階級支配を拒否した”ということです。
しかし、彼らはこうした市民の反乱を最終的には抑え込み、
“どんな手段を使ってでも”、彼らが目標とする
国際企業独裁体制を実現するだろうとしています。
何故ならそれが、ビルダーバーグ会議、日米欧三極委員会、
ダボス会議の夢だからだとしています。

著者は、今世界で起こっていることを
大変よく理解していると思います。
しかし、結論はまったく逆だと断言します。

彼らのこうした野望が実現することはありません。
ギリシャのツィプラス首相は、
現在、死んだふりをしていますが、時が来れば
何時でも立ち上がる準備が出来ているはずです。
彼の眼は死んでいません。

私たちが見ているのは、“国際貴族による国際独裁制の夢”
が滅び去って行く、まさにその始まりを見ているのです。

(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
Brexit の 2 度目の投票があるかもしれない、その理由
転載元)
 
(前略) 

Eric Zuesse
Global Research, July 1, 2016

はじめに

Brexit(EU からのイギリスの離脱)は、国際的な貴族階級にとっては、恐ろしいボディ・ ブローになるだろう。それは、国際企業の株の支配権をもち、あらゆる国(ロシアと多分、 中国を除く)の政治家を支配し、特に、EU(欧州連合)の執行部、すなわち EC(欧州委員 会)のような、国際委員会をコントロールするような人々(とその代理人)にとっては、そうなるだろう。EC、すなわち EU 内部の執行権力は、任命された団体であって、選挙によるものでなく、その構成員の一人ひとりは、EC の議長によって自由に解雇でき、この EC 議長が真の EU 大統領であり、彼自身、EU 参加国のそれぞれから選ばれた、政治家の間の 取引によって選ばれた被指名者間の話し合いの結果、指名された者である。

(中略) 

EU において“公的な仕事”につくということは、本質的には、ヨーロッパの貴 族階級に奉仕することであって、民衆に奉仕することではない。 

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex%3A12012E%2FTXT

(中略) 

EC(欧州委員会)の議長は、ヨーロッパに対して絶大な権力をもっている。彼は EU 独裁 制の内部のすべての法律を起草し、EC のゴム印すべてをもっている。

(中略) 

イギリスが EU から離脱するということは、したがって、このシステム全体の公的な拒否と、当該国家の民主主義の復活を、民衆が望んでいることを意味する。すなわちそれは、民衆が、ヨーロッパの貴族階級による支配を拒否していることになるだろう。

(中略) 

イギリスの立場 

イギリスは成文化された憲法をもたない。だからイギリス政府は、(Brexit のような)国民 投票の票決が、本当に最終的なものかどうかを決めるような問題は、“その場で決める”。

(中略) 

イギリスは、EU への残留の可能性がきわめて高く、その時を期して、おそらく民 主主義はイギリスでは、回復不能の状態に死に絶えるであろう。そして国際企業の大株主た ちが、この国を厳しく支配するであろう。

(中略) 

成文憲法をもつ、英以外の EU 諸国に関するかぎり、それらの憲法は、EU の国際企業独裁制がますます強力になり、“ヨーロッパ合衆国”が実現するにつれて、時間と共に少しずつ効力を失っていくだろう。それは「ビルダーバーグ会議」の夢であり、 「日米欧三極委員会」(Trilateral Commission)の夢、「ダボス会議」の夢、国際貴族による国際独裁制の夢である。

こうした言葉は表面的には、心地よく響くかもしれない。しかし、その展望は地獄である。そしてここに、その地獄とは何かが、太平洋諸国のために米大統領 バラク・オバマが提唱した、TPP 条約について説明されている。これは、彼の提案したTTIP でも、大西洋諸国(ヨーロッパを含む)のための TISA 条約でも同じである。――環境、労働者の権利、それに製品の安全性に関する規制は、国際企業の思い通りに任せられるだろう。 民主主義と人民の主権は終わるだろう。 

http://rinf.com/alt-news/breaking-news/the-most-criminal-treaty-in-history-is-now-presented-for-signing/

» 続きはこちらから
(転載おわり)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



“フランスでは、国中で暴動が起きているようです。
  確かに「フランスは革命に向かっている」と思います。”

今度は陰謀による革命じゃなくて、
民衆の怒りが支配層に向けられた
本物の革命だと思うな。


“おそらくEUは崩壊することになり、各国が自国通貨を
  再び持つようになるのだろうと思います。”


本来の国のあるべき姿へと
向って行くのですね…


“文末、やはり、日本の支配層はマイケル・グリーンと
  リチャード・アーミテージを排除するようです。
  何とかギリギリで、日本は最悪の状態を免れたようです。”



おぉ~~

日本は最悪の事態(状態?)を免れた!!shokoponshokopon


バイバイ、ハンドラーズ!



以下、シャンティフーラの時事ブログより転載
=========================
名称未設定
画像の出典: pixabay.com
[GFLサービス]ベンジャミンフルフォード
  ニュース(2016年6月27日):
  英国はEUの崩壊の最初のドミノ ~革命に向かって
  いるフランス  / 最悪の状態を免れた日本~

2016/06/30 9:30 PM
竹下雅敏氏からの情報です。
フランスでは、国中で暴動が起きているようです。
確かに“フランスは革命に向かっている”と思います。
おそらくEUは崩壊することになり、
各国が自国通貨を再び持つようになるのだろうと思います。

文末、やはり、日本の支配層はマイケル・グリーンと
リチャード・アーミテージを排除するようです。
何とかギリギリで、日本は最悪の状態を免れたようです。

(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
ベンジャミンフルフォードニュース 2016年6月27日
転載元)
 
http://www.ascensionwithearth.com/2016/06/benjamin-fulford-update-june-27-2016.html#more 

(前略) 

私たちは英国がEUの崩壊の最初のドミノであるとの予言をすることができる。

(中略) 

フランスの状況はすでに非常に混沌としているの で、フランス警察が言うには、国中で起きている毎日のような暴力的なデモの取締りに疲れ果てている、とのことである。国民の支持率が11%でしかない、フ ランスのフランソワ・オランド大統領はデモの禁止をしようとしているが、誰がデモを中止させられるのかは困難なことである。別の言い方をすれば、フランス は革命に向かっているのだ。

(中略) 

ロスチャイルドが言うには、彼らは金曜日一日の株式市場の相場下落で2.5兆ドルを儲けたと言っている。 

(中略) 

実に血が流れ始める可能性がある。CIAの最高の専門家が公に言うには、ヨーロッパと米国では革命が差し迫っているとのことである。
http://thespiritscience.net/2016/06/26/ex-cia-spy-a-global-open-source-revolution-is-about-to-begin/ 

(中略) 

グノーシス派と白竜会のソースが言うには、もし も事態が適切に処理されたら、やがて起きることは、ヨーロッパ諸国がより大きく、より緩やかな、より自由なロシアを含む連合体を形成することだろう、との ことである。このシナリオでは、英国はヨーロッパと自由貿易でつながるスイスに似た中立国になるとのことである。

ロスチャイルド銀行帝国のメンバーによると、EUの破産はヨーロッパ最大の銀行であるドイツ銀行の破産がきっかけになった、とのことである。もしも中国がドイツ銀行救済に介入しなかったら、その崩壊は全ヨーロッパ、その後西側の銀行システムを混乱に陥れたことだろう、と複数のソースが異口同音に言っている。

(中略) 

ロスチャイルドファミリーのソースが言うには、 カザリアンマフィアのトップレベルで、次に何をすべきかについて深刻な争いが起きている、とのことである。

(中略) 

彼らはカザリアンマフィアが新しい、公正な、より地球に優しい金融システムを作り上 げる機会を得る最終期限として7月10日という日を提示した。

(中略) 

ペンタゴンの諜報機関はかつてはジョージ・ブッ シュ・シニアに率いられていたカザリアンマフィアの分派が以前のブッシュ系トップギャングだった、ドナルド・トランプからの保護を求めるドナルド・ラムズ フェルドとディック・チェニー派と、ヒラリー・クリントンからの保護を求めるハンク・ポールソンとリチャード・アーミテージュ派に分裂したことを確認して いる。

(中略) 

FBIの中のソースは一方で、ヒラリー・クリントンの候補選択にとって必要なら、バラク・オバマと司法長官のロッテリア・リンチを引きおろすと一言っている。

(中略) 

多くの国が世界の権力構造のトップで変化が起きているという事実に明らかに気がつきつつある。
一つのしるしは、例えば、イスラエル、エジプト、およびシリアが上海企業組織への参加申請をしたことだ。これは、イスラエルが、最大の敵であるイランも加盟している軍事連合への加入を申請したという意味でもある。それはまた、米国とNATO連合およびその保護国に理論的には長期的に反対する組織でもある。
http://www.fort-russ.com/2016/06/syria-egypt-israel-apply-to-join-sco.html 

ポーランドなどの東ヨーロッパ諸国もロシアを通過し、中国に通じる大輸送ルートの構築を意味する、中国の新”ベルト-道路戦略”に加わるとの合意をしたので、事態が今までとは異なっていることを理解したことを示している。
http://news.xinhuanet.com/english/2016-06/21/c_135454841.htm 

(中略) 

ペンタゴンのソースが一致して言うには、”中国元が金本位になり、新米ドルが印刷を終えて世界通貨改革時の公共告知を待って、盗取された資金の中から数百兆ドルを放出するので、ユーロは各国通貨に置き換えられるかも知れない、”とのことである。

(中略) 

終わりに、日本の地価組織はメッセージを受け取 り、政権交代に向けて真剣な準備を進めている。日本銀行の黒田東彦総裁でさえ、アベノミクスは失敗に終わり、日本は新たな路線をとる必要がある、と言って いる。ロスチャイルドファミリーのソースは日本を操る者である、マイケル・クリーンバーグに何が起きるのか教えてほしいと言われたが、”彼は収監され る、”といわれたとのことである。リチャード・アーミテージュは米国で彼の幽霊に襲われるかもしれないが、ケネス・コーティスはおそらく放置されるだろ う。
サウンドテラピー
(転載おわり)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


“チャネリング系では、地球での長い間の奴隷支配から
  解放される時も近いという話になっていますが、
  現代の奴隷は、9時-5時で縛り付けられている
  人たちのことを言うみたいです。”

“しかし、この表現は便宜上のもので、実際にはまったく働かなくても
  遊んで暮らせる貴族のような人たち以外は、
  地球人は全員が奴隷だと考えて良いでしょう。


あぁ、わたしたちは
奴隷なのよ、奴隷~~~~わーい!うず


“ポイントは睡眠のようで、現代人は精神的・肉体的に
  十分な睡眠量が取れていないようです。”

“その睡眠の質をさらに落とすのが、LED照明だということです。
  LEDの中に含まれる青色のスペクトルがいけないらしい。
  疲労感を高め、労働効率に害を与えるとあります。”


“我が家では、LEDの光を「地獄の光」と呼んでいます。”




“地獄の光”を開発した人たちいたけど、
あの方々の運命は…!?とか、
色々考えてしまいますがw、


この地上は“地獄の光”に
満たされてきたのですね…。死神ー


あぁ、ほんともうヤダwwwうず





以下、シャンティフーラの時事ブログより転載
===================
名称未設定
画像の出典: 写真AC
9時-5時で縛り付けられている現代の奴隷/
疲労感を高め、労働効率に害を与えるLED照明 

2016/06/30 6:35 PM
竹下雅敏氏からの情報です。
チャネリング系では、地球での長い間の奴隷支配から
解放される時も近いという話になっていますが、
現代の奴隷は、9時-5時で縛り付けられている
人たちのことを言うみたいです。

しかし、この表現は便宜上のもので、
実際にはまったく働かなくても遊んで暮らせる
貴族のような人たち以外は、地球人は全員が
奴隷だと考えて良いでしょう。

その奴隷ですが、今でも一杯いっぱいなのに、
“民間企業でも「朝方勤務」を導入するところも出て来た”
ということで、夜型傾向の人は“心身の不調を
引き起こしかねない”とあります。
どうやら、体質的に朝方勤務に
適応しにくいタイプが居るようです。

ポイントは睡眠のようで、現代人は精神的・肉体的に
十分な睡眠量が取れていないようです。

その睡眠の質をさらに落とすのが、
LED照明だということです。
LEDの中に含まれる青色のスペクトルがいけないらしい。
疲労感を高め、労働効率に害を与えるとあります。

パソコンの仕事をしていて感じるのは、
とても目が疲れるということです。
うちでは、パソコン画面上に
ブルーライトカットフィルムを貼りつけ、さらに
ブルーライトカットメガネをかけて、作業しています。
加えてインテルグラフィックメディアコントロールパネル:ブルーライトを削減する設定で、「青の明るさの値」を
下限に設定しています。
これでずいぶん楽になりました。
もちろん、設定は妻が行いました。

カエルアンコウはアンコウの仲間であり、
オスのアンコウはメスに合体してこそ、
安定した生涯を送れるのです。
アンコウの生態をよく知らない人には、
何を言っているのかよくわからないと思いますが、
おいおい、わかってくると思います。

ところで、うちでは照明は白熱電球です。
LEDはセンサーライトの類以外は用いていません。
以前にコメントしましたが、LED照明を付けると
体が緊張し呼吸が浅くなるので、こうした研究結果が
出る前からLED照明を避けていました。
我が家では、LEDの光を“地獄の光”と呼んでいます。

(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
学者、街灯が健康にどんな害をもたらすか語る
転載元)
 
米国医師会(AMA)は、LED街路灯が人体の健康に与える影響を分析した報告書を出した。 

緑と青色のスペクトルの放射光は危険だと協会のサイトに掲載された報告書にある。さらに、青色の光は人の目にしばしば白色だと受容される。

青色のスペクトルを多く含む照明は、夜間に通り過ぎる運転手の視力を下げる可能性がある。さらに、同様の街灯はホルモン「メラトニン」の生産を妨げ、人間の疲労感を高め、労働効率に害を与える可能性がある。

同様の恐れはLED照明のある部屋でも存在する。
学者はこう書いている。

「深夜の住居での明るい照明は睡眠時間の短縮と睡眠の質への不満、極度の眠気、昼間の身体機能の乱れ、肥満を引き起こす

LED照明の否定的な影響を避けるための注意事項として、ランプや電球の光度を下げ、青色スペクトル光を発しないタイプの照明を使用することが推奨されている。

————————————————————————
朝型勤務 夜型人間の心身不調を引き起こしかねない
 今年も霞ヶ関の官庁で日本版サマータイム制度ともいえる「朝型勤務」が来月から始まる。(中略)民間企業でも「朝型勤務」を導入するところも出てきた。だが問題はないのだろうか。

(中略) 

朝型勤務の問題点は4つに集約される。

1:睡眠時間を前倒し(朝型)にするのは体内時計のメカニズムからハードルが高い。

2:結果的に現状でも限界に近い睡眠不足をさらに悪化させる可能性がある。

3:朝型勤務に適応しにくい労働者が少なからず存在する

4:特に体質的に夜型傾向の強い人では適応しきれず心身の不調を引き起こしかねない。

(以下略、続きは引用元でご覧下さい) 

(転載おわり)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



“以前の記事で、イスラエルとサウジアラビアが
  ロシアに庇護を求めたというのがありましたが、
  これにトルコも加わったことになり、事実上、
  中東はロシアの支配下になったと言えるでしょう。”




プーチンワールド!バニーガール

これからも道を誤ることなく、
世界を正しい方向へ導いて欲しいものです。


“2つ目の記事は、エルドアンの裏切りに対する
  報復ではないかと考えられます。”


なるほど。

先日のテロもそうだったのではないかと
思ってしまいますねー


“これら一連の記事は、エルドアンがいかに追い詰められているか、
  そして彼の未来がいかに厳しいものであるかを伝えてくれます。”



アメリカにも、自国民にも狙われる運命とは、
ポロシェンコ風になってきてますねぇ。お茶ー


我が国のなんちゃって首相も
同じようにならなければよいですがねぇw。顔21




以下、シャンティフーラの時事ブログより転載
=======================
名称未設定
画像の出典: thepeninsulaqatar.com
プーチン大統領に庇護を求めたエルドアン大統領:
ロシアとトルコは“パートナー関係の
正常化プロセス開始”を決定

2016/06/30 8:30 PM
竹下雅敏氏からの情報です。
一連の記事を見ると、どうもトルコのエルドアン大統領は、
プーチン大統領に庇護を求めたようです。
エルドアンが、ロシアのスホーイを撃墜した事件の
謝罪と賠償を申し出たことで、ロシアとトルコは
“パートナー関係の正常化プロセス開始”
を決定したということです。

以前の記事で、イスラエルとサウジアラビアが
ロシアに庇護を求めたというのがありましたが、
これにトルコも加わったことになり、事実上、
中東はロシアの支配下になったと言えるでしょう。

プーチン大統領は今回の謝罪でエルドアンを
許す形になりましたが、おそらくこの事件の背後には
アメリカが居て、エルドアンは命令を実行した
ということではないでしょうか。
ウクライナのことも考え合わせると、
バイデン副大統領の命令にエルドアンは
従ったと考えるのが自然だと思います。

2つ目の記事は、エルドアンの裏切りに対する
報復ではないかと考えられます。
これら一連の記事は、エルドアンが
いかに追い詰められているか、そして
彼の未来がいかに厳しいものであるかを伝えてくれます。

(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
ロシアはトルコへの観光制限を解除する-プーチン大統領
転載元)
 

© Sputnik/ Sergey Guneev



プーチン大統領は政府に対し、トルコのエルドアン大統領との電話会談を総括し、対トルコ関係の正常化プロセスの開始を伝えた。 

プーチン大統領は政府閣僚との会議の冒頭、「トルコ大統領がわれわれに宛てた書簡のあと、トルコとのパートナー関係の正常化プロセス開始の決定が採られた」と述べ、「もちろん、会談ではまず私はトルコ大統領、トルコの全国民に対してイスタンブールでのテロ事件に関して哀悼の意を表した」と語っている。

プーチン大統領は「我々の二国間関係に関しては、観光問題から開始したいと思う。とはいえテロが活発化しているなか、これはどうかとも思うが、いずれにせよこの分野の行政上の制限措置は取り払う」と語り、「ロシア連邦政府にはトルコとの貿易経済関係全体の正常化プロセスを開始するようお願いしたい」と付け加えた。

――――――――――――――――――――――――
ドイツの政治家 トルコ大統領を戦争犯罪で訴える
転載元)
 
ドイツの著名な政治家や活動家らが、ドイツ最高検察庁に提出する告発状を作成した。告訴状では、トルコのエルドアン大統領やその他の同国の政治家らが、戦争犯罪で訴えられている。テレビ局ARDが伝えた。 

ARDによると、エルドアン大統領の他に、ダウトオール前首相やアラ内相などのトルコの一連の政治家たちが非難されている。トルコの政治家たちは、トルコ領内のクルド人地区、特にシュルナク県ジズレでの犯罪に関与したとされている。

主な非難項目の一つは、トルコの大砲や戦車などから地下室に逃れて生きたまま焼き殺された178人の死。そのうちの多くは一般市民だった。

――――――――――――――――――――――――
トルコ 爆撃機撃墜に対する賠償金をロシアに支払う用意
転載元)
 
トルコのユルドゥルム首相は「ロシアの爆撃機スホイ24型機撃墜に対する補償を、トルコ政府はロシアに対し行う用意がある」と述べた。 

先にロシアのペスコフ大統領報道官は「トルコのエルドアン大統領は、プーチン大統領にあてた書簡の中で、爆撃機撃墜について謝罪し、パイロットが亡くなったことに関連して哀悼の念を表した。また『トルコは、自らの戦略的パートナーであるロシアとの関係を損ないたくない』と述べた」と伝えた。

ロシアとトルコの関係は、昨年11月、トルコ軍機F-16が、ロシアの爆撃機スホイ24型機を撃墜し、さらにパラシュートで脱出したオレグ・ペシコフ飛行士を地上から銃撃し殺害した後、急激に悪化した。

――――――――――――――――――――――――
トルコ大統領 スホイ24撃墜についてプーチン大統領に謝罪
転載元)
 
トルコのエルドアン大統領がロシアのプーチン大統領に書簡を送り、ロシアのスホイ24型機がトルコによって撃墜された事件について、死亡したパイロットの家族に哀悼の意を表し、「申し訳なかった」と述べた。ロシアのペスコフ大統領報道官が伝えた。 

ペスコフ大統領報道官は、「トルコ大統領は書簡で死亡したロシア人パイロットの家族に同情と深い哀悼の意を表し、『申し訳なかった』と述べた」と伝えた。

昨年11月、トルコの戦闘機がシリア領内でロシアのスホイ24型機を撃墜し、パイロットのオレグ・ペシコフ氏が死亡した。

ロシアとトルコの関係は、トルコのF‐16戦闘機がシリアでロシアのスホイ24爆撃機を撃墜し、緊急脱出したパイロットのオレグ・ペシコフ氏が地上から銃撃されて死亡した昨年11月に著しく悪化した。プーチン大統領はこれをテロリストの共犯者らによる「背信行為」だとし、トルコに対して一連の制裁を発動した。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



“今後、様々な情報が開示されて行くにつれて、
  これまでの世界観が崩れて行く可能性が高くなります。”

“思い違いや間違いは誰にでもあることなので、
  自分の信念に固執することを止め、開示された事実を
  ありのままに見るようにしてください。”




ありのままに…


ありのままに…




以下、シャンティフーラの時事ブログより転載
=========================
名称未設定
画像の出典: wikimedia/ EdalAntonLefterov & AngMoKio

[GFLサービス]ヨ セフニュース 
  2016年6月26日
  ~自分の信念に固執することを止め、開示された
  事実をありのままに見るようにしてください~
2016/06/29 7:00 PM
竹下雅敏氏からの情報です。
この情報は、本当です。
文中、“より良くなってきているというよりはむしろ、
改善がとどまるところを知らず、ますます良くなり…
境を越えて拡張していっている”とあります。

これはこの通りだと思います。
ネガティブな状況が出来るだけ少なくなるように、
多くの人たちが努力をしている結果が、
このような形で結実していると思います。

今後、様々な情報が開示されて行くにつれて、
これまでの世界観が崩れて行く可能性が高くなります。
思い違いや間違いは誰にでもあることなので、
自分の信念に固執することを止め、開示された事実を
ありのままに見るようにしてください。

例えば、シャンティ・フーラで開示している情報は、
伝統的な宗教観に囚われている人には受け入れ難いものです。

キリスト教徒はイエスを神だと信じており、
ヒンドゥー教徒はクリシュナを神だと信じています。
私は彼らの正体を暴露しているわけですが、
それが彼らの信念を傷つけることになるらしいのです。

もしも私の言っていることが正しければ、
彼らは一体何に傷ついているのでしょう。

私が不思議なのは、会ったことも見たこともない、
当時彼らがどんな姿で何を話していたのかを
全く知らない人たちが、自分が信じていることと
違う説を唱えられた時に、一体、
何が傷つけられているのでしょう。

彼らが本当に神を信じて生きているというのなら、
どうして今のような不誠実な生き方が出来るのでしょう。

私が不誠実だと言うのは、例えば自らをキリスト教徒とし、
“右の頬を打たれたら左の頬を差し出せ”と教えた
イエスを神だと信じていると言いながら、
9.11が起こるとアフガニスタンに報復することを
当然と考える人たちについて言っているのです。

これが不誠実でなくて何なのでしょうか。
宗教を持っていないという方が、
まだずっと誠実だと思います。

こういう本当にふざけた人たちが、宗教を問わず、
地球上に跋扈しているのが現実なのです。

ひょっとしたら、まったく信じてもいない神と、
信仰に対する偽善が、真実の開示によって
露わになることに傷ついているのではないでしょうか。

もしもそうであれば、自らを偽る生き方を
改めるのが先ではないかと思います。

(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
ヨセフニュース 2016年6月26日
転載元)
 
http://www.ascensionwithearth.com/2016/06/yosef-update-aloha-ke-akua-june-26-2016.html 
Sunday, June 26, 2016Yosef Update - Aloha Ke Akua - June 26, 2016 

偉大な日だ、みんな。
こんな遅い時間でも非常に良い情報がある。土曜日遅くから日曜日の朝にかけてソファで楽にして花火が打ちあがるのを見るのが最善だ。人間が歴史を作る確信が持てている。
ファ ミリーとして、私たちは実に12000年にも亘って気がつかないうちに奴隷化され、暴力的に抑圧されてきた。そう、この闇の現実は幾世代にも亘って暴虐を 極めていた。しかし、それも今終わって、新しい集合的な、より軽い、変わらない流れと愛の波が私たちに押し寄せてきている。
今晩、人間は今、一緒 に、最も慈悲深く、最高の可能性を持ったバージョンの自己へと、”大砲から打ち出だされた”。現在のイベントによって、より良くなってきているというより はむしろ、改善がとどまるところを知らず、ますます良くなり、ほかのすべての種族、惑星、銀河、宇宙、超宇宙の中での私たちの種族と惑星が次元上昇のため の遷移の時代へと境を越えて拡張していっているのだ。
それゆえに、すべてのものの創造主に対して真剣な賞賛と感謝の念を送ることが必要だ。神、父、ヤハウエ、アクアなどの愛の手によってのみ、私たちはこの暗闇から解放され、新しく、すばらしい、無限の可能性と祝福の現実を楽しめるのだ。
だから、ありがとう。一つのものとして私たちは呼吸ができること、命をあたえられていることに永遠に感謝している。そして私たちは私たちの手、声、歌、笑顔によって愛を示し、前進する。
神が最近15年間で、私たちに行ってきたことは以下のとおりだ。
中央銀行システムを悪意から善意の意図とリーダーシップへと変換した。
すべての腐敗した政府の形と専制主義に関して、世界の隅々まで改革し、置換した。
全ての不換オイルマネーを金本位のディジタル信用に置換した。
資金担保としての有毒の石油を排除し、地球の地中にある具体的で天然の資産に置換した。
全ての銀行口座と独立国家の中央銀行資産を世界中で技術的に保全した。
協力的な悪のエネルギーである、NATO/ISIS/ISIL/DAASH/ブラックウオーター/ペンタゴン内のブラックハット/ハリバートンを軍事的に打ち負かした。
209カ国の創造、支配、および配布機構を統一し、改革した。これには以下の機構が含まれる。:世界銀行、国際決済銀行、国連、連邦準備銀行
償還請求をしない、世界全体の人間性向上のための善意の資金源(すなわち、アジアインフラストラクチャー投資銀行:AIIB)の設立
アフリカそのほかの諸国の尊厳ある人々の財政的な適性と主権の回復
自分たち以外の人種を永久に奴隷化し、破壊しようとしたアングロサクソン人種を罰するのではなく、西側世界を慈悲深く許し、新金融システムに参加させた。
私たちの惑星(の大気、水、および海洋)の、人間の絶滅にまで導きかねない不可逆の破壊からの物理的救済。
財政的、肉体的、振動上の束縛からの人間の、非可逆的、集合的な解放
人間への目逸らしとパニック体験をさせるイベントを変化させ、静かにさせ続ける支援としての、銀河からの善意の支援
地球表面の全ての核兵器の永遠の不能化およびまたは除去
そしてそう、地球上での天国という無限の可能性と豊かさが全ての個々のソウルと家庭に与えられる。
上 に述べたことの多くは今この時点ではあなた方にとっては信じがたいものだ
ということが私には理解できる。また上に述べた多くのことはあなた方の日常の現実 のことにはならないかも知れないことも理解できる。しかし、どうかわかってほしい。あなた方は十分に愛されているので、あなた方に与えられていることにつ いて真実が伝えられるのだということを。
そしてまもなく、このひどい外貨を取得する(技術的には単に歴史的な資産を取り戻す、と考えられている)時、おそらくは、上記のリストを心を開いてみて、このイベントを天の恩寵を与えられる移行的なものと見る宇宙的な理解にいたるだろう。
最 近長い間メール、ニュース、考察、現状報告などの形でお伝えしたことを私からの心からのメッセージとして受け取ってほしい。神はあなた方を深く愛してお り、RVに先立ってあなた方の暮らしに何が起ころうとも、神の愛は不変で定常的であり、ぶれることがなく、無条件で、自分と他者に対して感情的、スピリ チュアルな許しをする者全てにいつでもその愛が及んでくる。
あらゆる怒り、憎しみ、恐れを解放してほしい。そして残りの日々において、神の愛であなた方のハート、マインド、魂を満たしてほしい。神の愛が全てなのですから、神の愛で全てのことが可能になるのだ。
神は愛である(アロハ・ケ・アクア)
ヨセフより
(転載おわり)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:




“要するに、日本はギリギリで25日の
  土曜日の午前中に滑り込んだわけです。”

“このことは、26日に紹介した「鳩山元首相がAIIB顧問」という記事の中で、
  「鳩山由紀夫元首相が、中国主導で設立された
  アジアインフラ投資銀行(AIIB)の顧問となる「国際諮問委員会」の
  委員に就任することが、25日分かった」というところからわかります。”

“まさに、日本は金を裏付けとした新金融システムに
  滑り込んだと言える状況で、救われたと言ってよいでしょう。”

“今後、通貨の調整が入るはずですが、
  円が暴落するということは無さそうです。


ぬおぉぉぉぉ~~~っっっ!!!



まさに神懸り的展開!!!




“「世界市場で更なる下げ…個人資産を失うとしても、
  パニックには陥らないように」とあります。”

“何故なら、犯罪歴の無い人たちは、
  新金融システムで最終的に恩恵を受けることになるからです。”

“全ては旨くいっている”のです。


最後の“全ては旨くいっている”は
意味として深いですからねw。


各個人のレベルで
起こることは起こるというのが定説かと…。




でも、たとえ一文無しになっても、
勢い余って死んじゃだめ(笑)!


束の間、耐えて生き延びれば
きっと見たことのない、すばらしい展開が待っている!
そう信じて…。




以下、シャンティフーラの時事ブログより転載
======================
名称未設定
画像の出典: 写真AC

[GFLサービ ス]ダウの未来/RVの開始 
  ~“全ては旨くいっている”新金融システムへの移行~

2016/06/28 10:00 PM
竹下雅敏氏からの情報です。
非常に興味深い情報が出て来ました。
26日の記事のコメントで、“金を裏付けとする
新金融システムは、まさに動き出した”と述べたのですが、
この記事の冒頭の赤字部分によると、
どうやら“中国/BRICSは、26日(日)午前12時01分に
公式にRV開始のボタンを押した”ということのようです。

私の感覚はピッタリだったらしい。
おそらく、24日に決まった
イギリスのEU離脱の国民投票の結果
を受けてのことだと思います。

その下に“203以上の国が土曜日の午前11時30分に
最終の清算に駆け込んだ”とあります。

要するに、日本はギリギリで25日の土曜日の
午前中に滑り込んだわけです。

このことは、26日に紹介した“鳩山元首相がAIIB顧問”
という
記事の中で、“鳩山由紀夫元首相が、
中国主導で設立されたアジアインフラ投資銀行(AIIB)
の顧問となる「国際諮問委員会」の委員に就任することが、
25日分かった”というところからわかります。

まさに、日本は金を裏付けとした新金融システムに
滑り込んだと言える状況で、
救われたと言ってよいでしょう。

今後、通貨の調整が入るはずですが、
円が暴落するということは無さそうです。

記事の最後の部分ですが、
“世界市場で更なる下げ…個人資産を失うとしても、
パニックには陥らないように”とあります。

何故なら、犯罪歴の無い人たちは、
新金融システムで最終的に
恩恵を受けることになるからです。

“全ては旨くいっている”のです。

(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
ダウの未来/RVの 開始 2016年6月27日
配信元)
 
http://www.ascensionwithearth.com/2016/06/rvgcr-intel-report-dow-futures-monday.html 
Dow Futures - Monday - June 27, 2016

ダウ -718 / -4.00%
株価 17,251ドル
(6月24日のデータ)

このネガティブな市場開場前の売り注文の数値は米国の株式が明日朝には記録的な売り浴びせに襲われるということを意味する。

米国の株式市場は現在東部標準時刻午前9時の開場ベルと同時に700ポイント以上の下げで始まるように設定されているが、ロンドン、ドイツ、フランス、スペインの市場の米国東部標準時刻の午前3時の値次第ではもっと下がる可能性もある。

このネガティブな傾向は制御不能のスパイラルに落ち込む可能性があり、7%の下げで市場を自動閉鎖するという自動遮断を引き起こすかも知れない。

しかし、市場がどのように推移しようとも、悪意の西側市場支配者には、東側の市場支配者たちが鋭く、公然と世界経済を引っ張っていることが良くわかっている。中国/BRICSは昨晩午前12時01分に公式にRV開始のボタンを押した。

これは月曜日の朝には、新たな、善意の、ディジ タルで、透明な、金本位の金融システムが銀行/ビジネスの一日の機能を開始することを意味する。この新システムのリーダーたちは、旧システムと関連する、 過去のカバール銀行、通貨、あるいは金融ツールの存在さえ認識していない。

RVの ボタンが押される前には、あらゆる資産もしくは口座は支払い停止になってきていたが、今では単純に存在価値を失っている。つまり、203以上の国が土曜日 の午前11時30分に最終の清算に駆け込んだ、ということだ。これには新システム上で残留している、もしくは残存するあらゆる国家債務と最終的な通貨交換 レートが含まれている。

これは別の言い方では、世界は、公平でバランスが取れた全ての金融資産と将来の交易手順の仲裁方法を受け入れ、財政的な等価性を得たということである。

直接の結果としては、まだ旧システムに属してい るあらゆる影の政府の政治家あるいは銀行家は、まさにこの瞬間にイデオロギー的な敗北を喫して現在の権力の座から追われることになる。諸国は市場における さらなる落ち込みを避けるために右往左往している。しかし、悲しむべきことに、ヨーロッパはカバールの勢力圏にあるので、これらの国家は急速な行動をする にはあまりにも旧システムにはまり込みすぎている。

同様な、BREXIT(英国のEUからの離脱)が、一つの国家のカバールと意図的に創造されたEUの支配からの分離のための唯一の手段であることがわかるだろう。

皮肉にも、米国であろうと、ヨーロッパであろうと、世界中のどの国も更なる恐ろしい金融危機の日々が英国をEUの支配下にとどめるために積極的にデーヴィッド・キャメロンを応援しているヒラリー・クリントンとバラク・オバマ/ジョー・バイデン両方に対する権力の座の確保からの強烈な辞退圧力をかけている。

だから、もしも私たちが今晩も明日も世界市場で 更なる下げの日を見るとしても、および/またはあなた方が個人資産を失うとしてもパニックには陥らないようにしてほしい。犯罪歴がなく、利用できる現金を 持っている人達は、中国時間月曜日の午前8時(米国東部標準時間午後8時)に稼動する新金融システムで恩恵を受けるという楽しみを持てる。

カバールは敗北した。稼動しつつあるプロセスは公衆の前に姿を現し始めた。人間は自由だ。全ては旨くいっている。
(転載おわり)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:




“神々は、法に基づいて悪を成す者たちを裁いているだけなのですが、
  関係者の中には、反省するどころか処罰に対して怒りを感じ、
  その余波が何故か私への攻撃となって表れる者まで居ます。”

“今日の午前4時50分頃、頭の中で爆発がありました。
  かなりの数の宇宙人が、肉体ごと滅ぼされてしまいました。”



しゅ、粛々と…


“同様に、宇宙人と協力して地球を開放しようとしている
  いわゆる光の戦士、ライトワーカーという人たちが、
  どのくらい生き残れるのかも定かではありません。
  彼らはかなりのレベルで勘違いしていて、
  神が何を求めているのかを理解していないようなのです。”



どこまでの無知が許されるのかもわからないのですから、
恐ろしい世界です…。

ヘタなものには係わらないのが懸命か。


気を付けたいものですね…。

【推奨】
ガヤトリー・マントラ
  
→ http://shanti-phula.net/ja/resources/gayatri-mantra/
愛のマントラ
 
 → https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=88738
愛のマントラ(バージョンアップ版)





以下、シャンティフーラの時事ブログより転載
========================
名称未設定
画像の出典: 写真AC

[NowCreation]ディスクロージャーに関する
  座談会(後半) ~地球人の奴隷貿易に
  関わっていた宇宙人や、不正な遺伝子操作に
  関わっていた宇宙人が、厳正に処罰されている~

2016/06/28 10:29 PM
竹下雅敏氏からの情報です。
昨日、私にちょっかいを出さないように
という警告をしていたわけですが、
やはり警告は無駄でした。
今日起こったことを書いておきましょう。

現在、見えないレベルで起こっていることは、
地球人の奴隷貿易に関わっていた宇宙人や、
不正な遺伝子操作に関わっていた宇宙人が、
厳正に処罰されているということです。

時事ブログを見ている者たちの中には、
神々を含め、多くの宇宙人たちも居ます。
その中には、自分の親族がこうした犯罪に
関わっていた者も居ます。

神々は、法に基づいて悪を成す者たちを
裁いているだけなのですが、関係者の中には、
反省するどころか処罰に対して怒りを感じ、
その余波が何故か私への攻撃となって表れる者まで居ます。

今日の午前4時50分頃、頭の中で爆発がありました。
かなりの数の宇宙人が、肉体ごと滅ぼされてしまいました。

最近はバカバカしくなって、
死んだ人数を調べることもしなくなりました。
地球に関与している宇宙人のうち、
何割の者が生き残れるのか定かではありません。

同様に、宇宙人と協力して地球を開放しようとしている
いわゆる光の戦士、ライトワーカーという人たちが、
どのくらい生き残れるのかも定かではありません。
彼らはかなりのレベルで勘違いしていて、
神が何を求めているのかを理解していないようなのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
ディスクロージャーに関する座談会(後半)
転載元)
 
5月27日

1467034934
The GoldFish Report No. 53: ExoPolitics RoundTable Part 2 

(中略) 

〇サイオニクス  

 (psionics:psyche+ electronics。エレクトロニクスの応用に関連した超常現象の研究。超能力の意味でも使われているようです)。

ルイザ:サイオニクス、瞑想、音楽などは私たちの周波数を上げたり、能力を上げたりすることに関係していると思います。それについて話してくれますか?

ランディ:1960年代半ば、小規模の秘密の宇宙プログラムがたくさんあり、そこでは長期的に何に投資すべきか考えられていました。(中略)…そしてサイオニックの開発に長期的な投資を行うことに賭けたのです。その結果、米海兵隊特殊部門の誰もがサイオニックな訓練を受け、条件付けられました。サイオニックの能力が遺伝子的に高められ、インプラントされてサイオニックのコンピューターに繋がれています。そのコンピューターは本質的にみんなに一斉に(信号を?)送り、人工的な集団意識を持たせるようになっています。そのようにして私たちは皆実際に、諜報活動にあたります。(中略)… 

ですから私たちは、メンタルな進化とサイオニックの発達は、絶対に重要だと理解しています。しかし私たちはまた、それを本当に発達させるのは、安定した社会においてのみだとも、理解しています。(中略)… 

スティーブ:ランディ、宇宙ではあらゆるものが諸刃の剣です。このテクノロジーのポジティブなところと危険なところについて、あなたの意見を聞かせてください。

ランディ:ポジティブな面は、人々があるレベルまでサイオニックを発達させると、突然、誰も嘘をつけない世界になります。嘘をついているのか、本当のことを言っているのか分かるからです。(中略)… 

危険に思うのは、非常に力の強い人がこの能力を持ち、しかも責任ある行動を取らない場合です。そのときには別の強い人たちに制してもらわねばなりません。ノーを突きつけ、そういうことをするな、とね。

スティーブ:マインドコントロールにも利用できるのではありませんか?

ランディ:サイオニックが発達するにつれ、マインドコントロールされにくくなります。(中略)…「おい、お前、今俺をマインドコントロールしようとしたろう」。それが最初に知覚できるようになることの一つです。

〇自然な精神性の発達とスカラー・テクノロジー  

ロブ私が問題に感じているのは、地球外種族同士が戦っていた歴史があったことです。そして地球人はモラルや宇宙の法を理解しないままテクノロジーを欲していました。(中略)…人に恐怖を植え付けたり、混乱させたりするような様々なテクノロジーがあります。しかし、将来はその技術を用いて癒やすこともできます。(中略)… 

コブラ自然な内なる力が働いているからスピリチュアルな発達があるのです。その力は、惑星地球も含め宇宙にいるすべての、感覚を持つ存在が持っているものです。そしてこの衝動、スピリチュアルな発達への自然な欲求は、ネガティブ・ミリタリーのスカラー・テクノロジーによって人工的に抑圧されてきました。(中略)…人間社会があまりにも不安定である唯一の理由は、人間のスピリチュアルな発達を抑えるために、こんなにも大きな力が、エネルギーが、注がれているからです。(中略)…この抑圧する力が取り除かれたとき、人間は本質的に自然に安定を求めます。そして宇宙の自然な法則と調和します。

スティーブ:そのスカラー・テクノロジーについてですが、世界中の大都市で新しいアンテナが建てられています。それらは別種のテクノロジーのようなのですが、コメントをお願いします。

コブラ:スカラー・テクノロジーにはいろいろなバージョンがあるし、何層にもなっています。しかし、そのテクノロジーの目的は同じです。プラズマにスカラー定在波を生じさせて、人間の意識を抑圧することです。そして、これはますます難しくなってきています。というのも、私が先ほど述べた自然な進化が起きているため、同じ効果を得るためには、もっとパワーが要るようになったからです。(中略)…ある時点で、それらのプラズマ場は分解されるでしょう。ブレイクスルーの瞬間が近づいたときに。

(中略) 

〇波動の上昇と頭痛、知覚の変化  

ルイザ自分の波動が上がると、頭痛を覚える人がいます。ランディ、波動を上げるのにどんなテクノロジーを使っているのですか。どうして頭痛がするのですか?

ランディ実際に、頭痛がプロセスの一部である場合がありますね。(中略)…脳が新しい神経と新しい神経経路を作って、より高いレベルの脳機能を維持できるようにしているのです。(中略)…それは頭痛を引き起こすかもしれません。また、周りの電磁場にも敏感になります。(中略)…そしてもの凄く感受性が鋭くなります。(中略)…身の周りにネガティブなものがあることに、気づけるようになります。(中略)…私たちは電磁波の汚染に晒されています。電磁波を発する一つ一つのものが汚染源だし、携帯電話や緊急通信は高周波を発しています。(中略)…そうしたものを、テクノロジーを用いて解消する計画があります。私たちも他の存在も、それを無効にするテクノロジーをもっています。

» 続きはこちらから
竹下雅敏氏の著書(こじかBooks)
(転載おわり)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


久しぶりの更新!と。


世の中、日々ものすごいことが起こっていますが
みなさま心穏やかにお過ごしでしょうか?aya


さて。目

この記事の竹下氏の解説は
非常に納得できるものがあります。


目的意識』 … か。


たしかにそうだな。

どんな関係においても
共通の目的がある所に人は群れるのかも。


“人生において何が大切なのかを深く考えさせられます。
  困難な状況の中で、そこから逃避しようとせず、
  きちんと向き合うことによって解決の道筋が見えてくることがあります。”


“全ての人が、このような体験を経なければ、
  人間としての本来の関係を結べないのだとしたら、
  この世に希望はほとんどありません。
  特に男性に言えることですが、目的意識が強すぎるように思います。”


“地球人の場合、共通の目的を追いかけている
  者同士の仲間という関係は、よく見受けられますが、
  私から見れば、それは真の関係ではありません。”

“わかりやすく言うと、共通の目的のために協力し合っている夫婦は、
  仲間か友人なのであって、夫婦ではないのです。
  親子関係も同様です。”

“真の意味での夫婦関係、親子関係というのは、
  何ら目的意識の無いところで成立しているものなのです。”

“心を見つめるとすぐに答えが見つかるでしょう。
 あなたにとって、人間としての真の関係を結ぶことよりも、
 仕事などの目的を達成する事の方が、優先順位が高いのです。”

“私から見れば、とても不思議なことをしているように見えます。
  人に認められることを優先して、幸せになることを放棄しているからです。”


“私たちは物によって幸せになるのではないということを、
 もう一度きちんと理解する必要があります。
  その意味で、この物語は何が本当に
  大切なのかを私たちに教えてくれます。”








深い…。




地球人である私たちは
人生のあまりにも多くの時間を
ムダにやり過ごしているのかもしれないね。


自分をよく省みて
進んでいかなきゃだな。





以下、シャンティフーラの時事ブログより転載
========================
160605-2
画像の出典: PhotoAC

真の意味での人間関係は目的意識の無いところで成立する(記事:記憶を失った妻との物語)

2016/06/05 8:50 PM
竹下雅敏氏からの情報です。
 たまたま見つけた、ある男性の記憶を失った妻との物語です。非常に印象的で、深いものを感じました。記事は少々長めですが、平易な言葉で書かれており、5分ほどでざっと目を通すことが出来ると思います。是非、引用元で全文をご覧下さい。

 男性の妻は、子育てのストレスから全ての記憶を失ってしまいます。パニックのようになって家を飛び出した後、警察に保護されたようです。夫が彼女を引き取ろうとした時にはすでに記憶が消えていたらしい。男性には、心理学を専門としている知り合いが居て“治るのは、早くても1年…発症となった場所から離れた方がいい”と言われ、男性は頭が真っ白になったようです。それでもネット上の「3日で治った」という情報だけを信じ込み、懸命に一週間で治ると信じ切って、仕事を休んで妻に向き合います。その時の彼の困惑と心境の変化が、文章からしっかりと感じ取れます。最悪と思われる状況においてプラスに考えられるようになった時に、変化が起こります。

 この話は実際の物語ですが、人生において何が大切なのかを深く考えさせられます。困難な状況の中で、そこから逃避しようとせず、きちんと向き合うことによって解決の道筋が見えてくることがあります。この男性の場合、この体験は夫婦の関係という意味で、何物にも代えがたい貴重なものになったと言えるでしょう。

 全ての人が、このような体験を経なければ、人間としての本来の関係を結べないのだとしたら、この世に希望はほとんどありません。特に男性に言えることですが、目的意識が強すぎるように思います。地球人の場合、共通の目的を追いかけている者同士の仲間という関係は、よく見受けられますが、私から見れば、それは真の関係ではありません。

わかりやすく言うと、共通の目的のために協力し合っている夫婦は、仲間か友人なのであって、夫婦ではないのです。親子関係も同様です。

真の意味での夫婦関係、親子関係というのは、何ら目的意識の無いところで成立しているものなのです。もし、あなたが伴侶に対して、あるいは子供に対して不平不満があり、“あなたのこの部分が私は気に入らない。この部分をこのように変えなさい”という意識を持ち続けて相手に接するならば、関係は保てないでしょう。

 ペットに対して常に、“お前のここが気に入らない。なるべく早く私が言った通りに出来るようにせよ”という態度で接するならば、ペットとのまともな関係は築けないでしょう。愛情深く世話をしている人は、ペットが居てくれるだけで幸せなのです。

伴侶に対しても、子供に対しても、そして友人に対しても、どうしてこのように接することが出来ないのでしょうか。心を見つめるとすぐに答えが見つかるでしょう。あなたにとって、人間としての真の関係を結ぶことよりも、仕事などの目的を達成する事の方が、優先順位が高いのです。

 私から見れば、とても不思議なことをしているように見えます。人に認められることを優先して、幸せになることを放棄しているからです。

私たちは物によって幸せになるのではないということを、もう一度きちんと理解する必要があります。その意味で、この物語は何が本当に大切なのかを私たちに教えてくれます。

(竹下雅敏)

注)以下、引用文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
僕の名前も忘れ、100万人に1人の難病を患った妻と僕の物語
引用元)
 
「全生活史健忘(解離性症候群)」
これが妻に告げられた病名
である。
(中略)... 
日本で発症例は70数件。
1億の人口がいる日本で、まだ解決事例も数件しかない。
突然、
旦那である僕が誰なのかもわからない。
そして、自分の名前もわからない。
もちろん、自分の親の名前、自分の生まれた場所、
あげくには、毎日のように可愛がっていた自分の子供の名前もわからない。
この症状になった時、僕は
「もしかしたら僕に相手してほしいだけで、わざとしているのかも。」と思った。
しかしその予想はすぐに消し去られる。
(中略)... 
原因は、過度のストレスによるもの。
ストレスを溜めこみ過ぎて、身に危険を及ぼす状態にまでなると
本能的に記憶をなくして、身を守るための行動をするらしい。
(中略)... 
警察の方から、
「交番の前で倒れていて、通りすがりの人が交番につれて気てくれました。
 自分の名前がわからないみたいです。」と衝撃の事実を聞く。
(中略)... 
とりあえず身分証明書を提示したりして、
妻を連れてマンションへ帰ることができたが、
(中略)... 
「僕と君は結婚していて」と伝えると、
「子供はいるんですか?」と妻が言う。
あれだけ毎日可愛がっていた子供も忘れている。
(以下略、続きは引用元でご覧下さい) 
(転載おわり)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。