Stone & A Pig Place

ストーンズのちギターときどきブルースところにより一時ジーンズ


テーマ:
先日のライブ以来、アンプ派からペダル派への切り替えを妄想中です。

とはいえ、妄想ばかりしていても仕方ないので、
まずは手持ちの歪みを全部並べてみました。

全部と言ってもたったの3個ですがw


catalinbreadのSFT(初期デザイン)
IbanezのTS9(現行品)
同じくIbanezのTS5(ガンダンク)
です。

深夜の自宅では、たいした音量も出せず、
しっかり音の比較もできないのですが、
SFTとTSでは明らかに低音の出方が違うし、
TS5だけボリューム0にしても音が出る、
なんて発見もあったり。


ところでCatalinbreadはアメリカオレゴン州の
ペダルメーカーで、個性的なペダルをたくさん出しています。

SFTはストーンズの60年代のライブ盤「ゲット・ヤー・ヤ・ヤズ・アウト」で聞かれるAmpegのサウンドを目指して作られたペダルです。


そういえば、Catalinbreadのペダルは
基盤に歌詞なんかがプリントされているとのこと。

アインシュタインの格言や、



the whoの歌詞など




ちなみに現行のSFTは。。。


昔の女優さんの言葉?のようです。




で、私のも開けてみました。


Motivation will almost always beat mere talent.

元ボーイングのCEO、Norman R Augustin氏の言葉のようです。

モチベーションはたいていいつも僅かな才能にまさる

といった意味でしょうか。
勇気づけられる言葉です。


ところでこの、motivation。。。

思いっきりかき消されてますw

もしかしてミスプリ?
なんとなくmoavationに見えなくもないような。。。




最後に。

この記事を書いていて、
Catalinbreadの創業オーナー、
Nicholas Harris 氏が今年3月に事故で
亡くなっていたことを知りました。

会社の営業は続くようで、
今後も頑張ってほしいです。

ご冥福をお祈りします。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
土曜日のライブ、無事終わりました。



色々思うところがあり、
つらつらと書いてみます。


1.本番の難しさ

今回のテーマに挙げていた「走らずタメる」、
これは割りとうまくいきました。
走り屋の私にしてはかなり良かった方と自画自賛w

でも一方で、
練習で出来ていることが本番になると出来ない、
ということに今更ながら気づきかされました。

もはやアラフォー。
ライブの場数もそれなりに踏んでるつもり。

でも、ソロが全然弾けない。

練習でギリギリ四苦八苦してなんとか弾いていたソロはまぁ仕方ないとして、
普段難なく弾けてるソロも指がビビッて動かなくなる。。。

なんとなくの傾向として、
ピッキングが力む傾向にあるとは思っていたのですが、
今回、実は左手こそ動いてないことに気づきました。

緊張してないつもりでも緊張してるのか、
単なる練習不足か。。。
細かいフィンガリングを丁寧にすることができなくって、
適当なチョーキング中心の力技か、
おっかなびっくりのペケペケフレーズしか、
弾けなくなる。

本番でいかに練習でてきていることを出し切るか、
これが課題ですね。


2.Pro Juniorのこと

今回初めてライブハウスに持ち込んだPro Junior。
出力15w、スピーカー10インチの小さなチューブアンプですが、
スタジオの練習では十分な音量でした。

さて、ライブハウスではどうだったか?
PAさんがマイクあててくれるから、
中音さえいければ外音は大丈夫だろうと
踏んでいました。



結果は。。。

ちょっときびしかったかな。。。


メンバー構成はKey 1, Gt 1だったのですが、
リハよりも中音のキーボードが大きくて、
自分の音が聞こえづらかった。

そして外音。
忘れてましたが、マイクで拾う音は耳で聞くよりもハイがきつくなります。
つまり生音の弱さをPAに頼るとハイのきつい軽めの音になる。
ライブでの音の厚さというか、
音圧的な部分はPAがあるとはいえ、
生音でカバーしなきゃいけないんだなと
実感しました。

音量的にはギター1本ならなんとかなるかもしれませんが、
キーボードやもう1本ギターがいると厳しい気がします。

さて、次のライブはどうしましょ。。。
やっぱりべダルの旅に出るべきか。。。


3.ギタリストからのフィードバック

自分的には不満のあった音でしたが、
ライブ終了後、前のバンドのギタリストが、
「TS以外のペダルは何使ってるんですか?
 いい音してました」
と声をかけてくれました。

ギターの腕を褒めてもらおうなんてこれっぽっちも思ってませんが、
音を褒めてもらえるのは素直にうれしかったです。

べダルについて一通り答えてその場は終わってしまいましたが、
彼自身は結構大きなペダルボードを組んでいて、
ジャズコを使っており、
私の(今回の)音作りの基本はギターとアンプだよ、
と教えてあげればよかったかな。。。


つらつらと書きましまが、
なんだかんだ楽しかったわけで。

やっぱり音楽の基本はライブ!ですね。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
当日練からの、


景気づけ。






なくしたと思ったクリップチューナーが出てきて、
万全の2個体制w



そして、リハ完了。





すっかりできあがりましたw

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
いよいよ今日は新宿でライブです。

マーロン君(ノーキャスター)のストラップは
フェンダーのTweed風ストラップでいきます。



ほんとは去年ロンドンで買ったこいつでいきたかったけど。

裏面のスウェードの滑りが悪くて、ちょっと弾きにくい。。。

今回難し目の曲もあるので、
留守番してもらうことにしました。


さて、直前練習と待ち時間で飲んだくれにならないように気をつけます。

15WのPro Jrが果たしてライブハウスで使い物になるか。。。

そして、今日のテーマは、
走らずタメる。

気合入れていこ~!
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
来週末のライブに向けて、最終リハして来ました。
(慌ただしくて、写真なしw)

懲りずにギター2本にアンプを持って電車移動。。。
ライブ当日もきっと車は出さずに電車移動かな。

ライブはベースさんの会社の人が企画してくれたイベントで、
なんと年長者の功?で、トリの出演らしい。

結局、今日のリハだけでは積み残しもあり、
当日13時-14時に再度最終リハをやることに。。。

というわけで、当日は、

13-14時 最終リハ
14-16時 空き時間で昼飯+アルコール
16時   集合→逆リハならトップバッター
17-18時 隙間時間 直前ミーティングという名のアルコール補給
18時          ライブスタート→適宜アルコール補給
20時半頃 出番

こんなスケジュールになりそう。

当日リハで満足して飲み過ぎ→本番メタメタというパターンが目に浮かびそうですw


車出して、禁酒モードにした方がよかったりしてw
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。