成田市公津の杜・ワインも美味しいイタリアン・ポルチェリーノのブログ

成田市公津の杜のイタリアンレストラン“ポルチェリーノ”の日常を綴っております

2007年3月より営業している、イタリアンレストランです。
シェフの父が作る無農薬の有機野菜をふんだんに使います。

シェフタツの料理に対する思いやポルチェリーノでのできごとやお客様のことおすすめの食材やポルチェリーノファームの様子など・・・

私共の日常のお話にもお付き合いください。


ポルチェリーノのホームページはこちら
成田市公津の杜・ワインも美味しいイタリアン・ポルチェリーノのブログ



公津の杜ワインコミュニティのホームページはこちら
成田市公津の杜・ワインも美味しいイタリアン・ポルチェリーノのブログ

テーマ:
先週末は土曜日だというのにお店をお休みして
広島・とびしま海道へ1泊2日の弾丸ツアーに行ってまいりました!!
 
とびしま海道ってどこはてななんでそこの行くのはてな
 
実は私共もとびしま海道について、何も知りませんでした
 
成田空港から広島空港までの直行便が1日2便飛んでいることはご存知でしょうか
とってもお得に1泊2日の成田⇔広島フライトを楽しめるんですおんぷ
詳細はスプリング・ジャパン様のHPをご覧ください!!http://jp.ch.com/
 
スプリング・ジャパン様、ポルチェリーノ大切なお客様でございまして
ご縁あってスプリング・ジャパン様の機内誌で当店を紹介してくださるとのこと!!
『広島・とびしま海道の食材を使ったメニューをお店でご提供してくださいませんか』
ということで、とびしま海道について初めて知ることになるのです好
 
後日、とびしま海道観光協会の担当の方が当店にご来店され、お話を聞くことになります
※とびしま海道観光協会のHPもご覧くださいhttp://kabachitare-tobishima.blue/
 
瀬戸内といえばしまなみ海道が有名ですが、その先に『とびしま海道』はあります
7つの島が橋で結ばれていて、広島空港から約30分で
!!秘境の地へ行くことができるとのこと…
国産のレモンや大長みかん、鉄鍋でゆでたひじき…
いろいろなお話を聞いているうちに、「とびしま海道に行ってみたいな」
その一言からこの弾丸ツアーが実現することになりましたキャー
 
もちろん、スプリング・ジャパン様の飛行機でGOおんぷ
7:00AM成田発→8:40広島着
{A0050DAA-7D92-4318-B684-56ECD358B0FE}

 空港ではとびしま観光協会の会長・脇坂氏と

東京担当のエイミーさんが出迎えてくださいましたWハート

 会長の車で広島空港~とびしま海道へ

楽しみ~~~わくわく

 

本島からとびしま海道をつなぐ、ひとつめの橋です

{9A32D65A-B6A0-41C4-848E-BBBEAB6DACCD}

 

 

まずは下蒲刈島、街並みに松の木をたくさん植えているそうです

{09F3884F-0792-4515-8CD2-E89CB07C6A2A}

 歩いていると採れたてのみかんやグリーンレモンがこんな感じで売っています

お金は箱の中に入れるスタイル、治安が良いのですね好

 10月頃からグリーンレモンが採れはじめて、12月頃から黄色く熟してきます

みかんも今の時期は“極早生みかん”といって早い時期のみかんです

 年中黄色いレモンが流通しているのは、ある意味不自然なことなんですね

{3BAFEA87-CC30-425D-ADE1-0F09E1649987}

見覚えありますかはてな

オランジーナのCMにこの橋がでているんでニコ

橋を赤い色に加工しているのでわかりづらいですが汗

http://orangina.jp/ad/

{49B6027A-F3D9-4900-A41C-F7884D6ADE2B}

 その後はひじきの生産者のもとへ

鉄分豊富なイメージのひじき、最近栄養素が見直されたそうですね

昔ながらの鉄鍋で茹でたひじき以外には、鉄分が含まれていないそう・・・

ショックですね…でもこの島のひじきは鉄鍋茹でているので鉄分豊富!!

正真正銘のひじきなんです

{AB240A60-686F-457C-A745-5704FBCD4C9F}

 仕込みは終わっていたので茹でているところの写真はないのですが

この入れ物の中の鉄鍋で茹でるそうです(しかも薪で!!

ひじきをもどすときは長い間水に漬けすぎないほうが良いそうです

大切な鉄分が水に流れ出てしまうそうですよ

{7C72C6FD-D73F-4C49-96FF-70F1C6B8B3AC}

 

この日は天気が良かったので気持ちよく作業していましたが

本格的な旬はもう少し後…この天日干しの作業がとっても寒くて大変だそうです

こうして手作業でつくられる、とびしま産のひじきは全国でひっぱりだこ!!

生産が追い付かないときもあるんだとか…

今回のテーマのひとつ“とびしまのひじき”

シェフタツはどんなメニューを思いつくのでしょうかはてな

お楽しみにしていてくださいWハート

{09DE45AC-F9DD-4CB2-88AE-45D65ECC0058}

 瀬戸内の絶景!!

{D66A2EF0-E77D-44C6-9EC0-4D4B2EC1D2A7}

 みかんもすずなり!!

まだ完熟ではないですが、とっても美味しい極早生みかんうまうま

{8A290878-1848-4647-A6DF-5AEC017B1AF6}

 寄り道してビーチへ好

砂が白くて海は穏やか…天気も味方してくれて、とっても癒されました

{BBE47EA3-B820-4A2D-9E5B-E8B401BD801F}

 とびしま海道をなんとか盛り上げたい会長と話すシェフタツ

{990C6A45-19A0-4F60-95C4-4CFD06359C4D}

 会長は御手洗(みたらい)地区にお住まいで船も持っていますにこ

乗せてくださるというので、お言葉に甘えて瀬戸内クルージング!!

{3C48CF6C-B267-4243-AAE8-FBD6FC1ABE40}

 会長、元は海運のお仕事をされていたそうで、船の運転はお手の物!!

とっても気持ちよくて最高の時間でしたキラキラ

このクルージング、観光で行かれれば体験できますよ~(有料)おんぷ

{50B3F387-1EB8-48CE-B00C-E5C8764035AE}

 それから御手洗のまちを散策しました

御手洗は街並み保存地区に指定されている貴重なまちです

もオレンジーナのCMで使われた水色の床屋さん

http://orangina.jp/ad/

{CA6F0FCE-9336-4368-A682-84B85FCCF27B}

 日本一古い時計店

image

 大長みかんの博物館『みかんメッセージ館』へ

その昔この島のほとんどの土地にみかんが植えられ栽培されていたそうです

現在では1/4ほどに減少し、人口の減少と共に深刻な問題となっています

image

 この地域の志高い生産者を取りまとめて、安心安全なレモンを生産している方

レモンの葉は摘むとレモンの香りがすっごいんです!!

葉がこんなにも香りが良いなんて、知らなかった

今回のテーマのふたつめ“とびしまのレモン”

シェフタツはどんな料理に使うのかなはてな

image

 レモンはこのような急斜面で栽培しているため、収穫したレモンを運ぶのが大変汗

そのため、いたるところにレールが引かれ、下まで運べる仕組みになっていました

image

 右端に写っている荷台にレモンを乗せて下まで運びます

もちろん人も一緒に乗ります

「乗ってみた~いにこ」「12月に来れば好きなだけ乗れるよ」

楽しそうですよね、レモンの収穫

12月は無理だけど1月なら行けるかも…

なんて密かに思いつつ…

image

 こちらも瀬戸内の絶景!!

image

 今回はひじきとレモンについて学ばせていただき、皆様にご提供する

最高のメニューを考えます好

とびしまの食材を使ったメニューのご提供時期が決まりましたら改めてご案内致します

 

10月23日(日)ボンベルタ成田の『まちでみつけた美味しいものフェア』に出店させて頂きます

その際に定番のラザニアに加えまして

とびしまの極早生みかんと皮まで食べられるグリーンレモンを数量限定で販売します!!

お時間ありましたらお立ち寄りください

 

長文のブログを最後までお読みいただき、心より感謝いたします

今後もとびしま海道のことを多くの皆様に知っていただけるよう

少しづつではありますが、ご協力していきたいと思います

とびしま海道に行ってみたい!!と思ってくださった方がいらっしゃいましたら

是非、足を運んでみてください好

まだまだ観光地としては足りない部分もあるかとは思いますが

(例えばクレジットカード不可、コンビニはありません、など)

それもとびしまの良さのひとつとして、めぐってみてはいかがですかはてな

成田にいるならLCCを利用しないなんてもったいない!!

まだ知らない日本を体験しに、とびしま海道へ…

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

大変お久しぶりのブログ更新となります。。


ご無沙汰しております。ポルチェリーノですおんぷ


来たる10月19日(水)にイタリアのワイン生産者がポルチェリーノにやってきます!!


フリウリ=ヴェネツィア・ジューリア州の『リス・ネリス』社のフェデリカ女史キラキラ





イタリアのワイン生産者の来日イベントを当店で開催するのは初めて!!


いつもお世話になっているインポーターのフードライナーさんがご紹介してくださいました好


今からとても楽しみですキラキラ



リス・ネリスは白ワインを得意とする生産者のため今回は6種類の白ワインと


ワインに合わせたシェフタツのコース料理をお楽しみ頂きますうまうま


フェデリカ女史がワインについて詳しく説明してくださるので


どんどん質問してくださいね(もちろん通訳さんがいます汗キャー



白ワインだけか~なんて言わないで、是非ご参加ください白ワイン


白ワインの魅力を再発見するチャンスですよおんぷ



☆ リス・ネリス×ポルチェリーノ

      ワインメーカーズディナー ☆


2016年10月19日(水) 18:30~21:00


リス・ネリスのワイン6種類とワインに合わせたディナーコース

生産者来日のため楽しいワインのお話し放題!


会費:お一人様14,000円(税別)  会員:お一人様12,000円(税別)

※公津の杜ワインコミュニティ入会金2,000円(ご入会されますと次回より会員価格にてご案内致します)


定員:12名様(定員になり次第締め切らせて頂きます)



☆フードライナーHPより☆


 現オーナーのアルヴァーロ・ペコラーリ氏の四代前の祖先が、北はスロヴェニアとの国境に接し南にはイソンツォ川の川岸が広がるサン・ロレンツィオ・イソンティーノに居を構えワイン造りを始めたのは19世紀終盤でした。
 1990年代に入り畑・醸造・熟成の全過程において大きな改革を行い現在のリス・ネリス社のワインのスタイルを築き上げました。
リス・ネリス社はグリス、ピコル、ユローサ、ネリスと呼ばれる4つのブドウ畑を所有しています。
全ての畑で苗木はこの地方らしく非常に密植で植えられています。
 ブドウ一粒一粒に更なる力を与えるために大胆な剪定(間引き)が施され、ヘクタール当たりの収穫量は非常に低く押さえられています。
 カンティーナには最新の設備を導入し、最適な環境下で完熟した葡萄はエレガントで洗練されたワインへと生まれ変わります。
 近年アルヴァーロ氏は樽でのアルコール発酵の重要性を確信し、特に優れた畑のブドウから徐々に試み始めています。
 その成果は彼のワインを飲んだ時はっきりと感じられることでしょう。

http://www.lisneris.it





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今年も残すところ2ヵ月を切りました・・・

ハロウィンが終わり、いよいよクリスマスシーズンの到来ですおんぷ

毎年恒例のポルチェリーノ渾身のクリスマスディナー!!

メニューが決まりましたのでご案内致します好


12月21日(月)~25日(金)
5日間のディナータイム限定!!

今年も定番の料理に合わせたグラスワインセットもご用意しております赤ワイン

①1杯60mlの5杯セット(総量300ml)  ¥3,500(税込\4,104)
②1杯120mlの5杯セット(総量600ml)  ¥5,500(税込\5,940)

お早目のご予約をお勧めしております


{14889FDD-4058-499B-8E08-F8415823873C:01}







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。