サークル活動のお子様のお友達にプレゼントということで 

 

I ・ M 様は、小一のお嬢様とお二人で

 

こんなにたくさんのお茶碗をお作りになりました。

 

女の子さん用には、赤ずきんちゃんの転写紙で

 

 

男の子さん用には空飛ぶ仲間で・・・・

 

なんと合計15個。

 

しかもお母さんも「一度、体験したことがある」 程度とか。

 

 

お母さんとお嬢様、お二人で頑張ってお作りになりました。

 

みんなきれいにできあがっていますね。

 

内側は、すべてお友達の名入りになっています。

 

きっと皆さんお喜びになることでしょうね。

 

ところで

 

最近、ポーセラーツ界でもかなりメジャーになってきた

 

単色転写紙などを機械で繊細にカットしての文字やロゴ入れ


又、それを可能にするのは

 

その名も カッティングマシン 「ステカ」  と

 

 そのカットデータを作るソフト 「カットスタジオ」

     

 

 

15年前、このステカの発売を知り

 

サロン入口のドアガラスに看板文字を切って貼るために購入し

 

このマシンを使って、単色転写紙をカットできることを確認。

 

いち早く、ポーセラーツに取り入れました。

 

およそ一年後、

 

技法は私一人で独占すべきではない!

 

これは、ポーセラーツ界にきっとお役に立つと確信。

 

その存在をホームページで公開したんです。

 

 

 

最近、噂を聞いてマシンを購入してはみたものの

 

なかなか思うように使いこなせてない方が多いように聞きます。

 

 

はみんぐでは、ステカのレッスンも、超良心的に行っています。

 

 

興味のある方は、お電話かメールで、お問い合わせ下さいね。

 

 

インスタ    こちら

ミンネ     こちら

はみんぐのホームページ  こちら

 ポーセラーツをより詳しくはこちら

 

 

卒業制作作品

テーマ:

先日卒業されたばかりのK.K様ぽってりフラワー

 

最初はお楽しみコースでいらしていたのですが、

 

やっぱり電気炉も欲しいし、一から十まで習いたいとのことで

 

インストラクターコースに切り替えなさったんです。キラキラ

 

山あり 谷ありでしたが、先日無事に卒業されました。

 

 

まだ登録申請したばかりですが、

 

最近は、審査が厳しくなってるので

 

果たして無事に登録完了となるか・・・ ちょっぴり心配。おねがい

 

卒業作品はこれ ダウン

 

ぽってりフラワーぽってりフラワーぽってりフラワーぽってりフラワーぽってりフラワーぽってりフラワーぽってりフラワーぽってりフラワーぽってりフラワーぽってりフラワーぽってりフラワーぽってりフラワーぽってりフラワーぽってりフラワーぽってりフラワーぽってりフラワーぽってりフラワーぽってりフラワー

黒の転写紙を使用する方が多い中

 

 K 様もご多分に漏れず G338 レース003を使用されました。

 

どちらかといえば、おおらかな性格なのですが口笛

 

この作品には本腰を入れての取り組みようで

 

作品はかなりのきめ細かさえー?

 

「盛り」のピッチも、しっかり測って、大きさも粒揃いでバッチリ

 

とてもいい雰囲気に仕上がっています。

 

すんなり合格となればいいですね。

 

 

インスタ  こちら

ミンネ     こちら

はみんぐのホームページは こちら

ポーセラーツについて詳しくは こちら

お皿にふぐ

テーマ:

大皿1枚に対して5枚の取り皿がセットになった魚型の白磁。

 

そのまんまお皿の形が「おさかな」なんですアセアセ

 

どんな絵柄にするかが意外にむずかしいんです。

 

いろいろ悩んだあげく、フグに決定笑い泣きデス。

 

結局お魚そのままの絵になってしまいましたが

 

こんなかわいいお皿になりました。

 

子供たちは、ペパーミント ベビーピンク  パステルイエロー 

パステルブルー そしてシャンパンシルバーの5色です。

 

 

こんなデザインのセットも制作しました。

 

どちらもとってもかわいくて、食事も楽しくなること請け合いです。

 

「 こんな楽しい食器を作りた~い」って方は

 

是非はみんぐまでお問い合わせ下さい。

 

きっと楽しくなりますよ。

 

インスタグラム  こちら     

ミンネ       こちら

ホームページ  こちら

 

 

テーマ:

3月のお雛様が終わって今度は端午の節句

 

工房では端午の節句にちなんだ作品がちらほら。ニコニコ

 

早くしないと、間に合わなくなっちゃうよ うずまきうずまき

 

 

私、今年はカブトの絵皿を製作してみました。

 

直径26cmのリムなしプレート(メタ皿 )です。

 

まず、単色転写紙をカットして貼り焼成 。

 

更に、頭頂部には盛り加工をして2度目の焼成。

 

その上に金彩をじて3度目の焼成(金盛りの完成)

 

輪郭など、ラインを描き4度目の焼成で完成しました。アセアセ

 

派手過ぎないよう、落ち着いた渋い色に統一てみました。お祝い

 

インスタグラム   こちら

 

ミンネ        こちら

 

 

 

 

 

エルメス風?灰皿

テーマ:

灰皿なんですが

 

最近はタバコを吸う方も少なくなり

 

作っているメーカーもほとんど無くなってしまったようで・・・

 

大型灰皿などの白磁は、

 

  最近ではほとんど見かけなくなってしまいました。、

 

ところが、これをアクセサリ入れとして使う方が増え

 

灰皿を求めていらっしゃる方が意外に多いんですよ。

 

 

我が家も玄関のキーボックスとして使用しています。ウインク

 

ちょっと小ぶりですが灰皿らしくない灰皿があったので

 

アクセサリー入れを作ってみました。

  (もちろん、灰皿としても使えますけど・・・)

 

転写紙(サファリ)を使ってエルメス風に仕上げて

 

みたつもりです。゚(゚^∀^゚)゚。

 

使用した転写紙アップ

 

 

バックのグリーン(草原)はグラデーション転写紙です。

 

一見、単純な作品ですが、ちょっぴり手の込んだことをしてるんですよにやり

 

 

馬つながりでポロの転写紙を使ってぽってりフラワーニコニコ

 

 

 

これは大型の灰皿です(白磁は完売しました)

 

 

 

 

インスタグラム  こちら

ミンネ   こちら

バイオリン

テーマ:

こんな小物入れがあったら何を入れますか?

 

バイオリンをあしらった珍しい白磁を使った作品は

 

K.Y様の力作です。

 

 

細かい作業が得意なK・Yさん

 

賑やかで、とってもかわいい作品に仕上がりましたね。

 

 

内側も、こんな感じに可愛く貼られています。

このまま飾っておいてもかわいいし、

 

アクセサリーやちょっとした小物入れとしても

 

大活躍しそうですね。

 

 

インスタグラム   こちら

ミンネ        こちら

 

黒いお茶碗でダイエット

テーマ:

口笛  

先日、テレビ番組で、黒いお茶碗でご飯を食べると

 

ダイエット効果があると言ってました。

 

白い器に白いご飯を装うと

 

見た目で黒い器に装ったときより少なく感じるので

 

つい、多く装ってしまうのだという。

 

番組での実験でも

 

黒い器の方が少量でも多く見えることが実証されたんですびっくり

 

黒という色は、カップ  お茶碗  ソーサーはもちろん

 

喪のイメージがあって何かにつけて不向きという感じがありましたが

zzz(私だけかな)

 

最近では黒をつかって製作する作品も確かに増えてきました。

 

むしろ、引きしまった感じがあって、高級感が増すようです。

 

そこで私も早速あやかろうと、

 

久しぶりにお茶碗の全面貼りをやってみました。

 

もちろん、内外両面です。

 

せめて、外側だけでも金彩等で少し加飾しようかなって

 

思っていますが、先ずは真っ黒のお茶碗をご紹介。グラサン

 

転写紙の黒は比較的簡単にきれいに貼ることが出来ますよ。

 

久しぶりの忘れかけてた全面貼りでしたが

 

一度マスターした技(ワザ)は、

 

体が(手が)憶えているもんですねえニヒヒ

 

 

こちらも見てね照れ

インスタグラム  こちら

ミンネ       こちら

 

 

可愛い中華皿

テーマ:

まさしく世界にたった一つ!の中華皿をご紹介!です。ニコニコ

 

作者は、ポーセラーツ歴3回のU・Rさま

 

近々ご結婚の妹さまへプレゼントなのだそうです。

 

八角形の中華皿に、フェアリーの転写紙を使ってかわいく仕上げたあと

 

周りをベビーブルーのストライプ(2mm)で囲ってあります。

 

この作業は、なれない彼女にはかなり難しかったようです。

 

レンゲには、内側にめぐらせました。

 

こんなかわいい中華皿が他にほかにあるでしょうか?

 

 

「ポーセラーツならでは」の食器ですよね」

 

 

 

全部仕上げるのには、2時間半かかりましたが

 

満足度200%の仕上がりでした。

 

 

きっと妹さんにも喜んで使って頂けること、間違いなし! ですよね。ウインク

 

 

 

インスタグラム   こちら

ミンネ        こちら

 

 

 

昨年創刊 年3回発刊  神戸新聞総合出版センター発行

 

今回が第3号の「ワンダフル神戸」で紹介していただきました。

 

実は、先々月、取材を受けたんですが

 

記者さんだけでなく

 

本格的なプロのカメラマンまで同行してきて頂きました。

 

 

私、どんな本なのかさえ知らなかったんです。アセアセ

 

だから・・・

  できあがってきた本を見て感激!

 

表紙一つ見ても超豪華!

 

花びらの輪郭のラインは

 

彫りの深い型押しになって

 

立体的な特殊印刷なんですよ。ドキドキドキドキ 

 

記事中の写真も、さすがプロって感じです。

 

 

記事の内容もバラエティに富んでいて

 

美しい写真がいっぱい。

 

見るだけでも楽しそう・・・

 

医院や、美容院などの

 

  待合室に置いていただくと良さそうな内容です。キラキラ音譜

 

本屋さんで見つけたらちょっと覗いてみて下さいね。ドキドキニコニコ

 

はみんぐの紹介記事も、こんな感じ

 

 

 

 

インストラクターコースも大詰め。今日は
 
2度の焼成(を、必要とする)で作品を作るという課題です。
 
M様の作品はティーフォーワン。
 

まず、転写紙(ブルーブーケ)をカップとポットに
 
ソーサーと蓋には新柄のマーブルを貼って1回目の焼成ニコ
 
つづいて、ポットとカップのほぼ中央に、テープで
 
ブーケにはリキッドでそれぞれマスキングしてから
 
キングブルーとホワイトの絵の具を混色してスポンジング。
 
このときビックリマークびっくり
 
 持ち帰りの直前、うっかり絵の具に触れてしまい
 
「アウト!」ムキーッ しょんぼり
 
絵の具に手をこすった跡が・・・目笑い泣き
 
 
やり直しをして今度は慎重に・・・・・
 
密閉容器にポーセラーツキーパーを敷いてお持ち帰り。
 
ご自宅で2度めの焼成完了アセアセ
 
絵の具は、どんなに気をつけていても、
 
もしもっていうことがあるので
 
作品を窯に入れ火入れするまでは、パレットにラップかけて、
 
処分せずに、とっておきましょうね。って常々言ってることが
 
役に立った1日でした。
 
 
特に今回のように混色したときは
 
同じ色、同じ濃さを出すのは至難の業。
 
Mさま、身をもっての体験。無駄にしないでくださいね。
 
 
インスタグラム  こちら
ミンネ       こちら