10000を超える家族との会話で理解った! 勉強できる子、できない子

あなたのお子さんは本当にできない子?19年間で10000を超える家族に、やる気力・理解力・習慣力を身につけてもらい、子供の勉強ギライを克服してきた、家庭教育アドバイザー長谷川が家庭学習ノウハウを公開します。

NEW !
テーマ:

本をたくさん読めば、

読解力がつきますか?

 

 

 

 

しかし、本好きでなければ

お子さんからは読まないものです。

お子さんはあなたの思い通りには、

動いてくれません。

 

 

 

それよりもお子さんと一緒に

本の読み合わせ

をおすすめします。

「読み合わせ」とは、

お子さんとあなたが交代で本を読むことです。

お芝居のように役割を決めて読むと良いです。

 

 

 

内容は何でもかまいませんが

できたら国語の教科書の問題文を使うと

テストにも役立つのでいいと思います。

やってみるとわかりますが

内容を理解して読んでいるか、

よくわからずに読んでいるかが、

すぐに判別できます。

 

 

たとえば、 主人公がつらい気持ちかな?

とすぐわかる場面でも

楽しそうに読んでいるとか、、

そんな時は「違う!」と否定せずに、

お子さんが想像力を働かせる手助け、

をしてあげましょう。

 

 

 

例えば、このシーンは雨がふってる、

あなたが何か失敗した日、

雨が降ってきて、

自分だけ傘がなかったらどんな気持ちになる?

というようにリアルな情景を

イメージさせて下さい。

 

 

あと読んだあとで、

お子さんに感想を自由にしゃべってもらう、

これもおもしろいです。

大人が思いつかない独創的な解釈だったりしますが、

これも決して否定をせずに

笑いながら聞いてあげてください。

自由な解釈の否定は、

お子さんの想像力そのものの否定につながるからです。

 

 

それと 絵が好きなお子さんなら、

文章を絵に描いてみるのも良い方法です。

描いてみると語り手の視点や

人物どうしの関係などを

注意深く読み取るクセが付きます。

初めのうちは難しく

時間がかかるかもしれませんが

だんだん慣れてくるので、

主人公のAちゃんは、この景色をどこから見ている?

BさんとCさんは、どんな表情をしてる?

と声をかけて正確に表現する手助け、

をしてあげてください。

 

 

 

逆に、

絵や写真を文章にしてみるのも、

「書く力」を付ける

よいトレーニングになります。

 

 

ぜひ、親子で試してみることを

オススメします♪

最後までお読みいただき
ありがとうございました!

 

自分から勉強する子に育つ
やる気力がアップする!

7日間メール講座はこちら

⬇︎

http://ameblo.jp/popura12/entry-12191860401.html

 

 

定期テスト応援キャンペーンはこちら

⬇︎

http://ameblo.jp/popura12/entry-12173947492.html


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

やる気力・理解力・習慣力、
3つの力を高め
自分で勉強する子に育てる
家庭学習アドバイザー長谷川です。




スマホ、ネットが便利になり、
どんな情報でも手に入る時代。
しかし重要な情報は記憶しておかないと、
せっかく手に入れたのに
無駄になってしまいます。



今日は
「暗記のコツ」
についてお伝えします。



 
覚える量を減らそう



一度に覚える量を少なくすること、
が大切です。

覚える量が少なくなれば
より気軽に取り組め、
暗記が楽になります。

例えば
10個の英単語が暗記できない場合、

半分の5個に絞り込んで専念します。
そうすれば10個の時より
暗記がとても楽になります。





でも
10個全部覚えなければいけないんです!
と思われるかもしれませんが
だからこそ減らすのです。
覚えるためには
「繰り返し」が不可欠ですから
いったんは覚える量を減らしてでも
回数を多く繰り返した方が
覚えられるからです。

そこからだんだんと
量を多くしていけばいいのです。

まさに「急がばまわれ」です。






ワーキングメモリーを利用する
 

ワーキングメモリーとは
「その場(短期)の記憶」です。
例えば、
会話の最中の話題を覚えている、

相手が何を発言したかを覚えている、
など、何か考えたり行動したりしている時に
常に働いています。    




その場(短期)といえども記憶は記憶、
ワーキングメモリーにあるうちに繰り返せば
楽に記憶を定着することができます。
しかしワーキングメモリーには
容量の制限があります。
その容量は数字にしろアルファベットにしろ
5-9個、

平均すると7個です。




マジックナンバーセブン、
という言葉を聞いたことがありますか?
7個以上のことを一度に覚えるのは難しい
という意味です。

7個以上を一度に覚えようとすると
頭がパニックになって
覚えることに集中できないのです。





まとめ


中学生なら一度に覚える単語は7個、
を目安に暗記していきましょう

無理のない分量なので、
ストレスなく暗記に集中できますよ♪
ぜひお試し下さい。

最後までお読みいただき
ありがとうございました!


自分から勉強する子に育つ
やる気力がアップする!

7日間メール講座はこちら

⬇︎

http://ameblo.jp/popura12/entry-12191860401.html



定期テスト応援キャンペーンはこちら

⬇︎

http://ameblo.jp/popura12/entry-12173947492.html







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「やる気力・理解力・習慣力」
3つの成長力を高め
自分で勉強する子を育てる
家庭学習アドバイザー
長谷川です。

 

 

今日は

社会の成績がアップする!

歴史年表の作り方

を紹介します。

 

 

 

用意するものは、

ノートと鉛筆。

 

 

 

年表をつくる3つのポイント

 

 

❶単語ではなく流れをつかむ

 

 

まず、

単語や年表の暗記をする、

という思い込みを捨てましょう。

なぜその事件は起きたのか?

誰が関わっているのか?

そういった歴史の流れ、

をつかんでいくのです。

歴史はノンフィクションのドラマ、

だからです。

 

 

 

❷時代ごとに重要な単語を書き出す

 

時代ごとに見開きを作りながら

学校の教科書やワークを読み、

重要な単語をノートに書き出していきましょう。

自分なりの、

教科書の「まとめ」 を作るのです。

あとで単語を追加したりするので、

まとまりとまとまりの間には

一定の空白を取りましょう。

 

 

 

❸問題を解いてみる

 

年表ノートが完成したら

問題を解いてみて、

理解度を確認していきましょう。

もし年表ノートに書かれていない事が出てきたら、

ノートの空白に付け足していきます。

何度も間違えてしまう事項には

線を引いたりして

重要である事、

が分かるようにしましょう。

 

 

簡単なので

試してみることをオススメします。

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

 

自分から勉強する子に育つ
やる気力がアップする!

7日間メール講座はこちら

⬇︎

http://ameblo.jp/popura12/entry-12191860401.html

 

 

定期テスト応援キャンペーンはこちら

⬇︎

http://ameblo.jp/popura12/entry-12173947492.html

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「やる気力・理解力・習慣力」
3つの成長力を高め
自分で勉強する子を育てる
家庭学習アドバイザー
長谷川です。



勉強しなさい💢
と毎日くちが酸っぱくなるくらい
言っているのに、、、
うちの子はなぜ勉強しないの、、、
その原因は、もしかしたら
あなたにあるかもしれません。



親の過保護と過干渉はセット


部活から帰ってきて、
お子さんが脱いだものを、
片付けない。

「早く片付けなさい!」
「さっさとしなさい!」
「何度言ったらわかるの!」
ところが注意は左耳から右耳へ抜けて、
全く片付ける気配なし。




なぜ、お子さんは
このような態度をとるのでしょうか?



お子さんは自分がやらなければ
親がやってくれる
と、ちゃんとわかっているからです。
だからわざとやらないのです。



それで、
「いつも、こうなんやから!」
と文句タラタラ言いながら
お母さんが片付け始めると、
子どもの計画通りに
事が進んだことになります。


この時「片付けなさい」
と言っても手を出さなければ、
過干渉にはなりません。
でも親が片付けてしまったことは、
過保護、
そして子どもへの指示は
結果的に過干渉になります。



過保護と過干渉はとっても仲良しで、
セットになりやすいです。
同じような例はたくさんあります。
例えば

お子さんの忘れものに気付いて、
慌てて学校に届けるお母さん。

お子さんが靴を揃えないことを
「なんで揃えへんの!」
と怒りながらその靴を揃えるお母さん。

高校生になっても
大学生になって独り暮らしをしても、
お子さんにモーニングコールをするお母さん。

 






過保護のせいで
お子さんの成長が止まる


過干渉な親は、
口やかましく注意します。
そして、子どもが困らないように
先回りしてアドバイスします。

これが過保護です。


例えば、
「時間がない」
「散らかっているから
 私が片付けた方が早い」
「寝坊して遅刻したら大変」
「忘れ物をして子どもが可哀想」
そもそも、
この考え方が
NGです。





助長
という言葉をご存知でしょうか?


助長とは、
間違った薬選びは、
かえって健康を損ねる、
の損ねるの代わりに、
間違った薬選びは、
かえって不健康を助長する、
この様な悪い意味で使います。


助長の由来は、
苗を早く生長させようと思った人が
苗を引っ張って枯らしてしまった、
という孟子の故事からきています。
つまり、

不必要な力添えをして、
かえって害することです。
苗の生長を助けるということから、
助長という言葉が生まれたのです。



過保護も同じではないでしょうか?
余計なことをすると
子どもの成長を妨げてしまいます。
親が良かれと思って過干渉に口を出す。

または、子どもが困らないように
先回りして過保護に手を出す。




これでは、
なかなか独り立ちできません。
お子さんの成長の芽をつまないように、
そっとサポートしてあげたいものですね♪



最後までお読みいただき
ありがとうございました。



自分から勉強する子に育つ
やる気力がアップする!

7日間メール講座はこちら

⬇︎

http://ameblo.jp/popura12/entry-12191860401.html



定期テスト応援キャンペーンはこちら

⬇︎

http://ameblo.jp/popura12/entry-12173947492.html





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「やる気力・理解力・習慣力」
3つの成長力を高め
自分で勉強する子を育てる
家庭学習アドバイザー
長谷川です。

 

 

 

仕事でクタクタになり

家に帰ってきたら

お子さんがお菓子を食べながら

ゲームをしていました。

 

 

 

💢「宿題は終わったの?」

まだ・・

💢「今日は勉強したの?」

したけど・・

「ほんまにしたの?」

した!

 

 

お子さんのウソ、

を厳しく注意していませんか?

厳し過ぎるとトラウマになり

余計にウソをついてしまいます。

 

 

誰でも子供の時はウソの1つや2つ、

ついていたのではないでしょうか?

勉強しないわが子を見て

イライラする時は

自分の学生時代を思い出してみると

いいかもしれません。

優しくなれるかも。

 

 

 

 

子供のウソっぽい発言の時に

やってはいけないこと

 

 

「何でウソをつくんや! 」

と怒られても子どもは

上手にそれを説明できません。

大人もウソをつくように、

子どももウソをつくもんだ、

と思っておきましょう。

 

 

すぐに謝らせる

これをやると、

謝れば済む、

という悪習慣しか身につきません。    

 

 

 

 

どうすればいいの?

 

これがダメやったから、

次はここを気をつけよう!

と自分から反省させるように

もっていくことです。

 

 

例えば 食器が割れていて

「僕は知らない、妹が割った」

と言ったとします。

こんな時こそ、

「大丈夫?手を切っていない?ケガはない?」

と言いお子さんと一緒に片付けましょう。

すると罪悪感がでてきて、

自分から謝ってきます。

 

 

 

これって勉強と同じ、

だと思いませんか?

「勉強しなさい!」 

「ウソはついてはだめ! 」

 

 

ウソをつかなくていい、

勉強がしたくなる、

その様な環境をつくることを

オススメします。

 

 

今日も最後までお読みいただき

ありがとうございました。


 

自分から勉強する子に育つ
やる気力がアップする!

7日間メール講座はこちら

⬇︎

http://ameblo.jp/popura12/entry-12191860401.html

 

 

定期テスト応援キャンペーンはこちら

⬇︎

http://ameblo.jp/popura12/entry-12173947492.html

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

兄弟で一番勉強ギライの息子が、

塾から家庭教師に変えたとたん、

それまでの倍近い60点

を取ってきました   

 

 

 

お父様お母様、

受験勉強で、

こんな悩みをお持ちではありませんか?    

 

 

✅ 受験勉強、

  何から手をつけていいか分からない

 

✅ 実力テストになると成績が下がる

 

✅ 暗記したはずなのに、

  試験になると思い出せない

 

✅ 落ちたらどうしようと心配ばかりで

  勉強がはかどらない      

 

 

もし一つでも当てはまれば

「模試トレ」

が悩みを解決してくれます。  

 

 

 

模試トレは、

中学3年分の復習を時間短縮し、

入試不安や過度な緊張対策に

絶大な効果を発揮します。    

 

 

 

 

テストは習うより慣れよう!

 

模試✖︎解き直し指導

「模試トレ」

 

入試本番で100%の力が発揮できる、

テスト勉強術が身につきます

 

 

 

  「模試トレ」って何ですか?

 

模試と解き直しが1日でできる、

復習トレーニングのことです。  

自分の間違えたところを

「解き直し」て、

「理解」に落とし込み、

知識としてしっかり定着させます。

 

 

 

 

模試、

受けっぱなしになっていませんか?

 

学校で「テストを見直せ!」

とよく言われるが、

具体的に一人ひとりに合わせた説明(解説)

まではしてくれません。  

間違えた問題、

できなかったところが

お子さんの伸びしろポイントです。

 

 

 

 

 

保護者様の感想

 

・今までに色んな塾に行かせましたが、

 模試の後にすぐ解き直しをしてくれたのは

 ぽぷらさんだけでした。

 本当に助かりました。    

 

・ほんの数週間でずいぶん成長したものだ

 と驚いています。

 これまで一生懸命やっていたとは言えない

 受験勉強を今回は限界まで

 頑張っていたと思います。    

 

・まだ始めたばかりなのですが

 その効果にびっくりしています。

 テストで30点台だった英語が

 50点台をキープできるようになりました。

 1番嬉しいのは自分で計画をしっかり立てて

 計画通りに学習をする習慣がついたことです。    

 

・ すごく集中して取り組んでいました。

 漢字や英単語を何度も書いて覚えるのが苦手で

 全然覚えられずに困っていましたが、

 この方法ならすぐに覚えた、

 と言ってとてもうれしそうでした。  

 

 

 

 

なぜ模試なのか?

 

 

1つは成績の把握、

もう一つは試験の雰囲気に慣れ

本番で過度な緊張をしないようにするためです。

「練習は本番のように、本番は練習のように」

こんな心構えが大切です。  

 

 

 

 

しかしテストに緊張はつきもの。

テストの直前に親から

「頑張った結果を出し切ってよ!」

「ケアレスミスに気をつけて!」

と力を込めて言われると

お子さんはプレッシャーを感じ、

緊張が高まってしまいます。    

 

 

 

いつもと違った雰囲気に心がのまれ、

普段できる問題ができないとか、

失敗をしてしまうお子さんはとても多いです。

なにぶん15歳前後の子供の受験なので、

大学受験以上にメンタル面の浮き沈みが

大きく関わっています。

問題を落ち着いてよく読むだけで、

20点アップするお子さんはたくさんいます。

 

 

   

試験の問題に向かった時、

予想以上の緊張状態になることを

お子さんに体験させておきましょう。

この緊張した経験が

入試本番に必ず活きてきますから。        

 

 

 

 

 

 

テストの解き直しは当日が大原則

模試トレで復習力が身につく!

3つの理由

 

 

 

 

❶ 当日に解き直すので、

  知識が定着する  

 

模試の復習は当日に行うのが鉄則。

その日だと間違えたショックが大きい分、

頭に入りやすいから。

しかし自分で×をつけるのはつらい、

でも点数と向き合うことで

「次は頑張ろう!」と思うのです。  

子供は何度も同じ形のミスをします。

だからこそすぐに復習をして弱点を知り、

ミスしやすいところを意識させること

が大切なのです。    

 

 

 

❷ 入試に出やすい良問で

  復習ができる  

 

「本番で似たような問題が出題された」

という評判を立てるべく、

専門家の方が過去問を分析して

「本番に出やすい良問」

を研究したテストなので、

無駄なく効率的に復習ができます。

 

 

 

 ❸ 1日で相当な復習ができる  

 

5教科の試験を受けるだけで

約5時間かかります。

しかもその間、多少の休憩があるとはいえ、

「とんでもなく集中して大量の復習」

をしています。

そこから見直しもするので

長時間の復習学習ができます。      

 

 

 

 

 

 

生徒体験談

 

中3 11月まで部活に打ちこんでも

志望校に合格できた

私の“模試活用法”

入試ではなく模試を目標にして

モチベーションアップしました!    

 

 

 

中3 11月まで吹奏楽部。

学校の行事にも全力で打ち込みました。

市内有数の強豪校でもあったため、

毎日くたくたになるまで練習がありました。    

特に中3の秋は、

最後の大会に向けて朝は7〜8時、

夕方も16〜18時で

ハードに練習をしていました。

 

 

 

その頃は合唱コンクールの練習もあったので

本当に忙しかったです。

志望校はあったのですが

「これでほんまに合格できるのかな・・・」

と不安になることもありました。    

 

 

 

忙しくても必ず定期的に受けていた

模試でペース作り

 

忙しい毎日でしたが、

模試だけは定期的に受けることにしていました。

模試のいいところは、

過去問と違って習った範囲から出るところ。

それに、入試本番と同じ形式だから、

問題のパターンに自然に慣れるし、

時間配分の練習にもなりました。    

 

 

遠い入試を目標にするのではなく、

「1週間後に模試があるから頑張ろう」

というように、

近い目標をいつももっていることで、

勉強のペースが自然とつかめました。

もちろん、ただ模試を受けていただけではありません。

 

 

 

模試で間違えたところを

1教科1冊の見直しノートを作って復習しました。

模試を受けたら当日に復習をしてくれるので、

弱点ポイントがすぐにつかめました。

ポイントは、書き込んだ数だけ、

ページにつけた☆マーク。

これでパッと見るだけで

自分の苦手な単元がわかるので、

対策が効率よく進めらました。    

 

 

部活引退までの積み重ねがあったから

秋以降に追い込んで合格!

 

きちんと復習さえしていれば、

自分の苦手なところや

間違えやすいポイントはわかります。

だから、今からでも巻き返せる!

そして、ハードな部活の練習に耐えられたのだから、

受験も絶対頑張れる。

そう信じてやり切りました。

結果は第一志望校合格。

自分の積み重ねてきたものが報われて、

最高にうれしかったです!  

 

 

 

 

「模試トレ」の流れ

 

ぽぷら指定会場にて

5教科の模試を受験します。

⬇︎

昼休憩

⬇︎

専任の講師と

解き直し学習を行います。

⬇︎

解散

⬇︎

後日(約2週間後)に

模試の結果(偏差値・志望校の合格判定)

を郵送でご自宅にお送りします。    

 

 

時間:9:00〜16:00

料金: 9,800円(税込)

初参加の方のみ 「お試し無料」

でご案内しています♪

 

*会場が遠い場合は

自宅模試をご案内できます

 

 

下記のスケジュールから

希望日時をお選びください

10月29日 (土)西脇市民会館   受付終了

10月29日 (土)加古川勤労会館 受付終了

10月30日 (土)神戸私学会館      受付終了

10月30日 (日)明石産業交流センター 受付終了

11月3日 (祝)姫路市民会館    

 

 

 

お申し込み・お問い合わせ

☎0120−307−579

受付時間:PM1:00〜9:00

担当の長谷川にお電話ください 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「やる気力・理解力・習慣力」
3つの成長力を高め
自分で勉強する子を育てる
家庭学習アドバイザー
長谷川です。

 

 

 

小中高校生に共通する

ゼッタイに使ってはいけないコトバ、

があります。

何だと思いますか?

残念なことに、

成績が伸び悩んでいる家庭ほど

頻繁に使われています。

 

 

 

このコトバを使うと甘えてしまい、 

成績があがるどころか、

下がってしまいます。

 

 

 

そのコトバとは

”平均点とれればいいから”

です。

このコトバに心当たりはありませんか?

もしかしたら

あなたも使っていたかもしれません。

これを使うと

もっとのびる可能性があっても

平均点レベルかそれ以下、

になってしまいます。

それだけの努力しかしなくなるからです。

 

 

そうなると上に行くエネルギーは、

全く出てきません。

まず、

”平均点とれればいいから”

を意識して口に出さないことをお薦めします♪

 

 

 

今日も最後までお読みいただき

ありがとうございました。


 

自分から勉強する子に育つ
やる気力がアップする!

7日間メール講座はこちら

⬇︎

https://goo.gl/vddYt2

 

 

定期テスト応援キャンペーンはこちら

⬇︎

https://goo.gl/aDpNK2

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「やる気力・理解力・習慣力」
3つの成長力を高め
自分で勉強できる子を育てる
家庭教育アドバイザー長谷川です。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東洋大学付属姫路中学

をお考えの方へ

 

・中学受験の経験者

・中学受験生の指導経験者

現役大学生講師
をご紹介できます。

*予定が埋まり次第、募集終了となります

 

 

講師のタイプ:優しい、明るい、ユーモア

ここが違う:算数の文章問題を楽しく教えます♪

 

 

 

 

お問い合わせは

中学受験対策部 長谷川

➿ 0120-307-579

 

 

 



 

~中学受験体験談~


息子は5年生の7月

にぽぷらさんに入会しました。

勉強が苦手だったので、

最初はわからないことだらけ

だったようですが、

授業がとても面白いと言って、

いつも嬉しそうに興奮しながら

習ったことを話してくれていましたから、

心配はしませんでした。

 

 

 

成績が足りない状態の時から、

校風が気に入ったという理由で

志望校を決めていました。

勉強態度が志望校に見合わないので、

受験をやめるか志望校を変えるように

何度もカミナリを落としましたが、

決して折れることはありませんでした。

 

 

 

結果的に、

持ち偏差値から志望校を決めるのではなく、

志望校に自分の学力を合わせていった

意志の強さに驚くばかりです。

また、このように頑張れたのは、

ぽぷらさんの授業が

受験のためだけではなく

もっと奥深いもので、

息子の知的欲求を刺激してくれるものだった

からだと思います。

 

 

 

今までは面倒なことからはスッと逃げ出し、

努力が嫌いだった息子が、

ここまで成長できたことを

心から嬉しく思います。

きっと中学生になったら新たな目標を設定し、

しっかり目標を達成してくれると信じたいです。

詰め込みではない勉強の楽しさ

を息子に教えて下さった先生に

感謝の気持ちで一杯です。

 

 

 


最後までお読みいただき
ありがとうございました!

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「やる気力・理解力・習慣力」
3つの成長力を高め
自分で勉強できる子を育てる
家庭教育アドバイザー長谷川です。


 

淳心学院中学校

が第一志望の方へ

淳心学院中学出身で

医学部生の男性講師
をご紹介できます。

 

 

 

淳心学院中学出身、

神戸大学 医学部

に進学した
現役大学生男性講師が1名空いています。

(予定が埋まり次第、募集終了となります)

 

 

タイプ:明るい、ユーモア

ここが違う:理科を楽しく教えます♪

 

 

 

お問い合わせは

中学受験対策部

担当 長谷川

0120-307-579

(フリーダイヤル)

 

 



 

~中学受験体験談~


息子は5年生の7月

にぽぷらさんに入会しました。

勉強が苦手だったので、

最初はわからないことだらけ

だったようですが、

授業がとても面白いと言って、

いつも嬉しそうに興奮しながら

習ったことを話してくれていましたから、

心配はしませんでした。

 

 

 

成績が足りない状態の時から、

校風が気に入ったという理由で

志望校を決めていました。

勉強態度が志望校に見合わないので、

受験をやめるか志望校を変えるように

何度もカミナリを落としましたが、

決して折れることはありませんでした。

 

 

 

結果的に、

持ち偏差値から志望校を決めるのではなく、

志望校に自分の学力を合わせていった

意志の強さに驚くばかりです。

また、このように頑張れたのは、

ぽぷらさんの授業が

受験のためだけではなく

もっと奥深いもので、

息子の知的欲求を刺激してくれるものだった

からだと思います。

 

 

 

今までは面倒なことからはスッと逃げ出し、

努力が嫌いだった息子が、

ここまで成長できたことを

心から嬉しく思います。

きっと中学生になったら新たな目標を設定し、

しっかり目標を達成してくれると信じたいです。

詰め込みではない勉強の楽しさ

を息子に教えて下さった先生に

感謝の気持ちで一杯です。

 

 

 


最後までお読みいただき
ありがとうございました!

 

 

追伸

家庭教師は対面式

マンツーマン指導なので、

お子さんの才能を

最大限に引き出します。

考える人が、未来をつくる。


詳しくはこちら
⬇︎

お問い合わせは

中学受験対策部

担当 長谷川

0120-307-579

(フリーダイヤル)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

高校入試に挑む受験生さん

が対象です

 

 

 

リスニングを制するものは英語を制する

基礎から学べる

ザ・英語リスニング

虎の巻

 

 

 

 

 

高校入試における、

英語リスニング問題の配点

をご存知でしょうか?

 

 

 

兵庫県 約25点

大阪府 約30点

4分の1はリスニングで決まります。

普段は塾でも各家庭でも対策しにくい

英語リスニング。

夏休みを利用して集中的に学びませんか?

 

 

 

 

 

こんなお悩みはありませんか?

 

✅ リスニング?ちんぷんかんぷんです

✅ リスニングを勉強する方法がわからない

✅ 英語の音が聞き取れない

✅ 何を言っているのか分からない

✅ 聞けても書き取れない

✅ リスニングで分からない単語が多い

✅ 短い文だと聞き取れるが、

  長い文になると理解できない

 

 

 

そのお悩み

ザ・英語リスニング 虎の巻

が解決します!

 

 

 

リスニング苦手の原因は ?

 

 

入試突破の鍵を握るリスニングですが

これを苦手にしているお子さんは多いです。

原因は主に次の2つ。

 

 

 

❶読まれた英語そのものが理解できない

 

 

読まれた英語がたとえ文字として

書かれていたとしても

・その内容がわからない

・当然聞いてもわからない

これはもリスニングが苦手というより

英語が苦手ということで、

基礎力を身につけることが重要です。

 

 

 

❷英語の音が聞き取れない

 

 

読まれた英語を文字にしてみればわかるのに

音声としては聞き取れない。

これは基本的な文型や会話表現

を頭では理解しているが

耳が英語の音に十分慣れていない

ということです。

 

 

 

リスニング苦手を脱却するには

リスニング用に耳を鍛え

英語耳を作る必要があります。

そのためには漠然と英語を聞くのではなく

英語の音の特徴をしっかりつかんで聞くことが

英語耳への近道です。

 

 

 

 

 

ザ・英語リスニング

で身につく力

 

 

 

英語の音の押さえどころがわかる、

英語耳を身につけます

 

CDを聴きながら

講師の発音を聞きながら

英語独特の音の知識を深め、

耳を鳴らす練習で

英語を聞き取るための英語耳を作っていきます。

また短い文を通して耳に流していくので

リスニング力が自然にアップします。

 

 

 

リスニングの効果的な攻略法が身につく

 

 

過去の入試リスニング問題を徹底分析し

よく出る問題パターンごとに

リスニングの攻略ポイントをマスターします。

入試リスニング突破の力を

短期間で効率よく身に付けることができます。

また、実際によく出される文型や

表現を練習するので

入試に直結した実践的な学習ができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

初歩の初歩からのんびりと、

私にあわせて教えてくれます。

私のレベルが低すぎて、

なかなか進まなかったですが、

週一で英語の音に触れるのは楽しいです♪

今後も定期的に私に合わせたレッスンをお願いします。

 

姫路市 M・Yさん

 

 

 

 

素敵な先生との出会い嬉しく感謝しています。

一回めのレッスン終わりました。

これから一週間に一度のレッスン、

楽しみです。

どれだけ身につくかは心配ですが

頑張れそうな気分になっています。  

応援よろしくお願いします。

 

神戸市 T・Yくん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他にも

・英検1級

・TOEIC900点

等々、

英語が得意なぽぷら認定講師を紹介できます。

 

 

 

場所:保護者様宅

期間:シフト制で4回指導(2時間/回)

   日程等は応相談

費用:29,800円(ワーク費込み)+交通費別

 

 

 

 

お申し込み、お問い合わせは

担当:長谷川

までお電話下さい。

⬇︎

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)