新しいメガネがほしい!

テーマ:

毎日使ってるメガネがへたってきたので、新しいのがほしいです!


そしたらプレスブログでこんなの見つけました。


Zoff 50 colors


なんと50色もあるみたいです。


50色ってすごいですね。


いっつも同じメガネをかけてる自分としては


7つくらいほしいなーと思います。


曜日毎にメガネがちがう、みたいな。


月曜は赤、火曜は黒、水曜は白、…って感じで。


でもその人のパーソナルカラーっていうか


その人に似合う色って決まってるらしいです。


顔の形によって似合うメガネのフレーム形状も違いますよね。


てことは、


月曜のアイツはイケメンで、水曜のアイツは普通、金曜のアイツはビミョー、


みたいに周りから思われそうですよね。



ちなみに私がほしいのは


5 Naples Yellow ☆


オレンジ色好きなんですよね。


このメガネと、


オレンジのラケバと、


夏合宿のTシャツで、


試合の集合場所に行ってみたい。


みんなにどんな反応されることやら…



雑誌「EYESCREAM」9月号とのコラボしてるらしいです。


このメガネ買うと


「EYESCREAM×AYUSE KOZUE×Zoff」スペシャルリーフレット


プレゼントだって。


メガネにあわせた着こなしできたら最高ですね!



AD

怒涛の週末を終えて

テーマ:

今日、ようやくひと段落。


月曜の夜、第一志望の会社から内定をいただきました。


最終面接では緊張のあまり頭が真っ白になりました。


それでも内定をいただけたのは、やはり「ご縁」なのでしょうか。


土日は淡路島で不安な夜を過ごしていました。


おじいちゃん、喜寿おめでとう。


内定お祝いと称してOPと理工飲みにぶっこみ、


2人とも記憶をぶっ飛ばして


気づいたらうちの布団で仲良く寝てました。


なぜかOPは血だらけで、財布の中身は空っぽでした。


ボロボロになるまで私を祝福してくれた彼には、本当に感謝しています。


そしてゼミのお別れ飲みでまたもや飲み、


久しぶりに麻雀をやって大負けする。


終電で帰って、今日はある会社の役員面接。


飛ぶ鳥を落とす勢いで急成長中のIT企業。


その創業メンバーの方との面接。


しかし、


お前には興味ないよオーラが出まくっていたので、


こっちも同じオーラを出したら20分で面接終了。


当たり前か。


こっちだって質問考えてきてるんだから誠意を持って答えてほしいな。



さて、私が内定した会社は、


まだまだ世間では無名のベンチャー企業です。


「そんな会社だいじょうぶ??」


と心配されますが、大丈夫です。


5年後には誰もが知る会社へ、成長できると信じています。


それだけのメンバーが、ここにはいます。


私も一日も早く結果を出して会社の成長に貢献し、


ゆくゆくは会社の将来を担う人間になってみせます。


私の決断を、私の恩人たちが快く思っていないのは承知しています。


恩を仇で返すような感じになって申し訳ないのですが、


どうか、もう少し長い目で見ていただきたい。



さて、本の衝動買いをしてしまったので、読んだ本がいくつか。


マーカス・バッキンガム

『最高のリーダー、マネージャーがいつも考えているたったひとつのこと』


リーダーとマネージャーは違う!という話に始まり、


それぞれに活躍する人が必ずもっている共通の特徴とは何か


ということを分析した本。


前半はかなりおもしろい。


北尾吉孝『何のために働くのか』


就活中に聴いた講演の中で最も感銘を受けた


SBIホールディングスの北尾CEOの新刊。


若者に「何のために働くのか」を説いた本。


個人的にはすごく好きだけど、


共感できない人は読むのが耐えられないと思う。


渡辺明日香・飯島淳代

『世界No.1セールスウーマン2人が書いた営業のバイブル』


就活中のGDで私の班が企画した新規事業を


実際にやっているベンチャーがあって驚いた。


そこのトップ2人が書いた、営業のバイブル。


しかも、内定先の社長の友人だとか。


営業経験のない私には実感が湧かなかった。


営業で悩んだら、もう一度読もう。


バイトしてないんだから、本の買いすぎに注意。

AD

気が乗らないときほど

テーマ:

就活で外に出るといいことがある。


こう思ったのは、一度や二度ではない。


エントリーしただけで、テレアポで面談を求められる。


先方の都合で2回の時間変更。


道玄坂の怪しげな雑居ビル。


選考でもないのに、1対1の面談。


これでは、全く魅力を感じない。


でも、


最終面接の前日にこの人に会えてよかった。


これも縁なのかな、運がいい。


明日の面接で、バッチリ生かせそう。


その人に薦められた本。


平野日出木『「物語力」で人を動かせ!』


面接で悩んでいるときに、大きな力になる。


ロジカルシンキングを越えて


「私という人間の物語」


をいきいきと語ることができる本。


面接官によっては嫌われる可能性もあるけど。


面接であえて失敗体験を語る必要はない


なんて大ウソ。


その失敗から何を学び、どう乗り越えたか


そこにこそ、相手の共感を引き出す力がある。


という考えに賛同できるなら、読んで損はないかな。


明日は最終面接。


絶対内定してみせる。

AD

このところだらけがちなので

テーマ:

上大岡トメ『キッパリ!』を読む。


・脱いだ靴は、そろえる。


に始まり、


・人と比べない。


とか


・迷ったときは、勇気がいるほうを選ぶ。


・「遅い」「今さら」「どうせ」は禁句にする。


・自分からあいさつをする。


といった、


人生を前向きに、明るく生きる心構えが満載。


ぱらぱらめくっているだけで、少し元気になれる。


前向きになりたいけど時間がないときに効くかも。


少しでも時間があれば


ウエイン・W・ダイアー『自分のための人生』


の方がいいかな。


さあ


前向きな気持ちで臨もう。


午後から面接だ。

山王戦で泣いてしまって

テーマ:

藤田晋『渋谷ではたらく社長の告白』を読む。


経営者の自伝はあまり読まないのだけれど


古本屋の2冊1200円キャンペーンにまんまと引っかかった。


読み物としては、かなりおもしろい。


自分が飛び込む世界が、なんとなくイメージできた。


恥ずかしながら、株式上場のメリットを今更知る。


選考が増えると色々な面接に出くわす。


必ずその裏には見たい能力があるのだけれど、


昨日のはそれを考える余裕すら与えられなかった。


カードをひいて、書かれているテーマについて2分間プレゼン。


僕が引いたのは「愛」。


他の人は「スターバックス」「音楽」なのに。


福引やくじでの引きは、昔から割と強い。


それがここでも発揮されてしまった。


というわけで、


妙に頭のキれる面接官と


2人の女子学生の前で


愛についてアツく語ってきた。


これで落ちてたら、泣く。


一つ感じたこと。


第一志望の企業に関してさえ、


きちんと企業研究をしていない人が多い。


ということは、企業研究するだけで


アドバンテージを得られる。



2冊の悪魔に出会って

テーマ:

1冊目。


ロバート・キヨサキ『金持ち父さん貧乏父さん』


言わずと知れたベストセラー。


お金に対する考え方が変わる。


読んでよかった。


ただ、就活が馬鹿らしくなってくる。


2冊目。


辻秀一『スラムダンク勝利学』


メンタルが強くなった気がする。


読んでよかった。


ただ、スラムダンクを全巻読み返したくなってくる。


明日は、ランチ。


今までの人生で一番気合を入れて臨む、ランチ。


第一志望の社員さん2名と、ランチ。

ジャケ買いした

テーマ:

荻原浩『メリーゴーランド』を読む。

大手家電メーカーから地元の市役所に転職した主人公が

大赤字の三セクレジャーランドの再生に

思いのほか頑張ってしまう話。

オープニングとエンディングが、いまいち。

先週は色々あった。

いい波が来ているようだ。

ある人材ベンチャーから内々定をいただいた。

第一志望の役員面接をパスし、次が最終。

失敗したと思っていた面接も次へ進めた。


SBIの北尾社長の講演は、とても勉強になった。

そして、弟が関西の最難関大学に見事合格。

早速お祝いに、ジョニーウォーカーの

なんと、ゴールドラベルを送る。

我ながら、大奮発。

弟は、果たしてウィスキーが飲めるのか。

てか、自分が飲みたい。


そうだ、京都行こう。


弟が一人暮らし始めたら、いい観光拠点になりそう。

嬉しい一方で、ES未提出が続出。

受けようと決めていた会社すら出さず。

これではいけない。

気を引き締めよう。

いい言葉を見つけたので

テーマ:

メモしておこう。



夢がある人には希望がある


希望がある人には計画がある


計画がある人には行動がある


行動がある人には結果がある


結果がある人には反省がある


反省がある人には進歩がある


進歩がある人には夢がある



第一志望にしている


某IT企業の役員の方のブログにて。


おそらく、


次の面接はこの方と対面することになろう。


なんとかして想いを伝えたい。


この会社で働きたい。


就職活動をしていて


初めて強く感じた。


まだ、自己分析が足りない。


上っ面を撫でているだけだ。


自分と向き合うのは、つらい。



もっと明確な形にしよう。


水曜日、


珍しく自分が主催して


同期と飲む。


以前、僕らが聖地と崇めた「やる茶」は


去年の暮れ、あっけなく廃業。


そんなこんなで渋谷に集まった同期


15人。


みんな、忙しい中ありがとう。


楽しかったです。


聞かれたら怒ると思うけど、


同期の人間は自分含め、


どうしようもないヤツばっかりだ、


と思う。


でもこいつらなら


なんかデカいことやってくれるんじゃないか


進む道は全然違っても、


きっとそれぞれ活躍してくれる


あの夜、そう思った。


社会人になっても


またこうして飲みたい。


そのときは


それぞれが両手一杯に


自慢話抱えてきてほしい。


自分も負けてられない。


飲みの途中、


丸いヤツと不覚にも意気投合してしまう。


話題は、リクナビのCM。


すごく共感できて、


少し笑えて、


でも最後は


少し泣ける。


個人的には


テーマソングが好き。



リクルートスーツに身をつつみ


明日の自分に会いに行こう


さあ


一歩踏み出そう、就職活動



スーツを着て会いに行くのは


「明日の自分」


いきなり進化はできなくても


ひとつひとつの経験が


新しい自分を形作っていく。


明日の自分は


今日の自分と


大して違わないように感じるかもしれない。


でも、就活が終わって振り返ったとき


自分が大きく成長したことを実感できると思う。


そう信じて、明日も頑張ろう。