山王戦で泣いてしまって

テーマ:

藤田晋『渋谷ではたらく社長の告白』を読む。


経営者の自伝はあまり読まないのだけれど


古本屋の2冊1200円キャンペーンにまんまと引っかかった。


読み物としては、かなりおもしろい。


自分が飛び込む世界が、なんとなくイメージできた。


恥ずかしながら、株式上場のメリットを今更知る。


選考が増えると色々な面接に出くわす。


必ずその裏には見たい能力があるのだけれど、


昨日のはそれを考える余裕すら与えられなかった。


カードをひいて、書かれているテーマについて2分間プレゼン。


僕が引いたのは「愛」。


他の人は「スターバックス」「音楽」なのに。


福引やくじでの引きは、昔から割と強い。


それがここでも発揮されてしまった。


というわけで、


妙に頭のキれる面接官と


2人の女子学生の前で


愛についてアツく語ってきた。


これで落ちてたら、泣く。


一つ感じたこと。


第一志望の企業に関してさえ、


きちんと企業研究をしていない人が多い。


ということは、企業研究するだけで


アドバンテージを得られる。



AD

コメント(3)