メディアから更新。

OPがアメブロでHP作った。さっそく読者になった。栄えることを願ってやまない。

AD

日曜日、それは飲み会の翌日

テーマ:

早慶戦をテレビで応援していたのだがその甲斐もなく負けてしまった。ということは明日学校。大急ぎで明日のプレゼンの文献を読み、レジュメを作り…期限を30分オーバーしながらもメンバーにメールで送信。文献がわかりづら過ぎ。発題者自ら仮説や問いを立てておきながら、それに対する検証や答えが不明瞭。自分の解釈が正しいのか相当不安である。1時間後、先生からメール。

>発題Ⅳのレジメを受け取りました。恐らく、先週の演習を休んだのだ

 と思いますが、先週は議論が活発にあったお陰で予定が繰り延べに

 なりましたので、済みませんが、発題Ⅳは11月7日に報告をして下さ

 い。宜しくお願いします。

必死でレジュメ作った意味なし。しかもメンバー全員に「私は先週授業サボりました!!」とメールを送る間抜けっぷり。とりあえず先生に謝罪のメールだけ送っといた。

気を取り直して夕飯をつくることにする。じゃがいもとソーセージを炒めて、そこにパスタととろけるチーズをぶち込む。パスタに味がつかなかった。今日はなにをやってもうまくいかない日なのさ、きっと。


AD

今日は寝すぎた。おかげで特に何も出来事がなかったので、スキンを変えてみる。昔バイトしてた○Kでおでんが全品30円だったので、恥をしのんで久々に行ってしまった。

AD

りんごのおすそわけ

テーマ:

結局眠れたのは朝6時。起きればもう昼。とりあえずたまりに行き、約束どおりCHろにりんごをもらう。3個もくれた。それから帰って冷蔵庫の中にあった白菜、ウインナー、うどん、焼肉のたれで、かなり怪しい上にさしておいしくもない焼きうどんをつくり、何にもしないでぼーっとしてたら5時になった。

6時から横浜に用事があったので家を出る。用事といっても派遣バイトの登録。事務所があるのは、そこは春休みに海外旅行のためのトラベラーズ・チェックをつくりにいった銀行の入っているビルだった。そういえばヨーロッパ一人旅ブログはどうなったのだろう。確かローマに着いたか着いてないかで止まってるはずだ。再開のめどは相変わらず立っていない。電話でお姉さんに言われたとおりダイヤモンド地下街の南8番出口を上がると、思いがけずちょっとした思い出の場所に出た。事務所で簡単な説明を受け、いざ個別面談となったのだが、自分の前の男が「えっと今大分から遊びに来ててー、今月の31日には大分に帰ろうかと思ってるんですけどー、その間だけ仕事紹介してもらえませんかー?」とのたまい、面接の人を慌てさせたため自分の番がなかなか回ってこなかった。こっちに遊びにきてまでバイトに精を出すなんて、よっぽど金欠で帰る金もないか、よっぽど大分の時給が低いかどっちかだろう。ダイヤモンド地下街の古本フェアで吉川英治「宮本武蔵」が全巻まとめて500円なのを発見し、別に読みたいわけでもないのに買ってしまった。絶対最後まで読めないと思う。

日吉に戻ってスーパーへ行き、冷蔵庫の中にまだ残っている白菜の使い道をあれこれ考えていたところ、どういうわけか大量の具材を買い込みクリームシチューをつくる羽目になった。結構上手にできたのだが、ちょっとコストパフォーマンスが低すぎる。デザートにCHろのりんごをいただく。甘くて瑞々しく、とてもおいしかった。CHろありがとう。

今日思ったこと。塾内の応援ってただ自分が行きたいから行くんだよね。別に語学切って応援に行くことがそんなにすごいことでもないし、応援に行かなかった人に対して文句を言えるほどえらいわけでもない。そこらへんを自分は少々勘違いしてたかもしれないから気をつけよう。

住めば都と云うけれど

テーマ:

せっかくうとうとしていたのに、上の階の住人が友人を連れて帰宅し、窓を開け放って大音量でベースとドラムのきいた音楽をかけるので、とても寝てはいられない状況になってしまいました。いらいらします。友人連れ込んで騒ぐのはお互い様なので注意するわけにもいかないですしね。昼間、家の周りを作業着姿のおじさんたちが測量していました。ついにコーポA木の大家さんも建て替えに向けて動き出したようです。後5ヶ月でこの部屋を出てゆかねばなりません。僕の思い出がいっぱいつまったこのアパートもがれきの山になり、やがてなんの変哲もないこぎれいな賃貸マンションが建つのでしょう。しみじみ。。

体調も悪いし胃も痛むのに、なんだか飲みたい気分です。週末の早慶飲みまで我慢我慢。それまでに完全復活を目指します。そういえば来週は誕生日の人が多いようですね。2日の夜に誕生日飲みが計画されていると耳にはさみました。誕生日飲みは去年やってもらってうれしかったので、とてもいい企画だと思います。次の日はきっと二日酔いですね。


メンバーの皆さん、団体戦お疲れ様です。今日は男子の試合に行けなくて申し訳ありませんでした。きちんと体調管理して、次の試合は応援に行きたいと思います。

今日は30分ほど英語の授業に出た以外は家で大人しくしていたが、お陰でかなり体調が回復した。胃腸はまだしくしく痛んで僕を悲しい気持ちにさせるが、うれしいことに普通に食事できるようになったようだ。夕食に家にあったツナ缶とパスタソースでちゃちゃっとスパゲッティをつくったら、ぺろりと平らげてしまった。

風邪で一日中家にいると、寝てるか本を読んでるかぐらいしかすることがないわけで。宮部みゆき『龍は眠る』とカフカ『変身』を読み終えた。両方とも交通量調査の休憩時間に洗足池の古本屋で購入。そういえば洗足池がこの前深夜3時頃にテレビで紹介されていた。勝海舟の墓があるとは知らなかったが、やはり池以外には何もないという印象を拭い去ることはできなかった。

宮部みゆき『龍は眠る』

『龍は眠る』は風邪をひいた時くらい好きな作家をということで選んだのだが、『火車 』ほどおもしろくないな、というのが正直な感想。この作品や『クロスファイア』といった超常能力者モノは自分には合わないのかもしれない。と考えてふと『火車』のストーリーをすっかり忘れてしまっていることに気づいた。お気に入りの小説というのも案外その程度なのかもしれない。

カフカ『変身』

『変身』は少しづつ電車の中などで読み進めていたのだが、この機会に読んでしまった。ああ、そういう終わり方をするのか…と驚いた。裏表紙に「第一次大戦直後のドイツの精神的危機、破局の意識から来る絶叫、忘我、新しきものの待望などを変身した男に託して描き、現在実存主義文学の先駆をなす傑作。」とある。が、残念ながら己の読解力はそれらを本文から微塵も感じ取ることが出来なかった。

今気づいたけどこの2冊って装丁が似てる気がする。

これも日常の範囲内か

テーマ:

Yすおにタイブレの末、負けた。

今日1日、1円も使わずに暮らした。それだけ何もしなかった、ということかもしれない。英語の時間に僕がエドワード・サイードを知っていたというだけで先生が特別に2ポイントくれた。『戦争とプロパガンダ』を途中で投げ出し、『オリエンタリズム』に至っては最初の4ページで本を閉じた自分がポイントをもらってしまって、故サイード氏に申し訳なく感じた。冷蔵庫にあった先日の残りで手早く夕食をすませ、洗い物をしながらお湯を沸かし、コーヒーを淹れて読書に興ずる。そんな夜も悪くないのかもしれない。ちなみに冒頭のタイブレの件は、マリオテニスでの話。実戦ならみんなによくやったとほめてもらえるのだろうが。

そんな夜に山田詠美「風葬の教室」。

山田詠美『風葬の教室』

この前OPとの会話の中で出てきた作家だが、今までまったく興味がなかったのでとりあえずメディアで一冊借りてみた。自分が一気に読んでしまったのと同じように、作者も一気に書き上げたのではないかと思わせる、切れ目のない文章。読んでる間どっぷり浸れるという意味ではおもしろいのだが、最近適当に選んだ小説に明るい話が少ないのはなぜだろうか。主人公は小学生の女の子なのに。 小学生のいじめという題材を道徳の教科書のようなお決まりの話に着地させず、クールに書ききっているのには脱帽。

飲ま飲まイェイ♪

テーマ:

只今帰宅。起きたら午後3時半。布団から出たのは5時。当然授業にも出ず。食費節約のため夕食は自炊。

メディアでK合ちゃんに会ったらなぜか驚かれた。こう見えて自分結構メディアを利用するんだけど。銀玉でKじさん、鮎に遭遇。その後DM、GSの4人の先輩も加わり7人で飲み。日付が変わり鮎も抜けた後、カラオケへ。恋のマイアヒで飲んで飲んで飲みまくり。叫んで踊ってやりたい放題。上との遊びは結構半端ない。とりあえず飲む、オールを厭わないパワー。バカといわれればそれまでだが、タメと遊ぶ楽しさとはまた違う楽しさ。日吉民の最大の利点、それはフットワークの軽さだと改めて思った。

果たして今から情処のレポートが書けるのだろうか。