生物学の実験で、ヒトの白血球をひたすら顕微鏡で観察した。

早く終わらせようと頑張りすぎて、目が乾いて涙が出た。


お昼のタマリが、なぜか2年の園だった。

ステディー時代の終焉を知った。


フランス語の授業は、やはり秋学期になってわからなくなった。

ここが正念場と思ったが、いつもどおり爆睡。


英語の授業に出たら、自分を含め6人しかいなかった。

春学期再履修のWがいなくなって、秋学期の履修は7人らしい。


毎週金曜はエグみたっぷり。

その後、明日から10月ということで心機一転をはかってみた。


ツタヤで『着信アリ』を借りた。そして観た。

うん、いまいち。柴咲コウはよかったけど。


ポストに入っていたので、国勢調査をやった。

意外とあっさり。さっくり終了。


AD

審判ってエグいね。

テーマ:

残念ながら新人戦は準々決勝で負けてしまったので、今日は関東団体戦の応援。

1アップで行ったので、残念ながらカイザーの試合が見れなかった。

選手の皆さん、お疲れ様です。


会場についてすぐに審判に入り、その後ずっと審判台に座ってた。

最後のS1の試合がかなりやばかった。

とりあえずボールが早すぎて見えん。


2セット目の途中で集中力が限界に達し、

カウントを忘れ、ジャッジをミスり、相手にヤジられ、味方にPOPが逆ギレしたと笑われ、

頭の中がてんやわんやのお祭り騒ぎだった。


S1で頑張ってたTMR、申し訳ない。

公式戦の審判を何試合も連続でやるのは危険やね。

でも選手に審判やらせるわけにはいかんから、やっぱ応援の人がやらんと。

塾内団体戦はみんなで応援に行きましょう!!


AD

塾内新人戦でベスト8に入りました。

相手のレベルもどんどん高くなっていくので、この週末セレクで鍛え直してきます。


今日はとても疲れているし、明日も予定があるので早く寝ようかと思ったのですが…。

S見さんのマン喫に行ける最後の日ということで、あるまっとやH河さんが誘ってくれました。

暇人は誘ってもらえるととってもうれしいので、これから顔出してきます。

AD

只今活字中毒

テーマ:

綾辻行人『十角館の殺人』

綾辻行人『十角館の殺人』

綾辻行人のデビュー作とのこと。

といっても綾辻作品を読んだのはこれが初めて。

アガサ・クリスティの『そして誰もいなくなった』を下敷きにしてるみたいだけど、

残念ながらその本を読んだことがない…。

社会派ミステリとは違って、トリック一本勝負って感じが逆に新鮮でよかった。



はやみねかおる『笛吹き男とサクセス塾の秘密』

はやみねかおる『笛吹き男とサクセス塾の秘密』

夢水清志郎シリーズの第12作。

明らかに小学生向けかも…。

でも大学生のお兄さんが読んでも十分おもしろいです。



横山秀夫『ルパンの消息』

横山秀夫『ルパンの消息』

横山秀夫といえば、『半落ち』がおもしろいって去年聞いたのにいまだに読めてない。

彼の作品も読んだのは初めて。

話の軸である「ルパン作戦」と三億円事件との関わりが、

驚きでもあり、ちょっとがっかりであったりもした。

いつか『半落ち』も読みたい。


ヒマなので読書漬け

テーマ:

相変わらず実家はヒマです。

今日は 図書館→車の運転→読書 で一日が終了。

書くネタもないので、とりあえず読んだ本の紹介でも。



真保裕一『連鎖』

真保裕一『連鎖』

実家でまず最初に読んだ小説。

真保裕一といえば『ホワイトアウト』の原作者だが、

話の構成がすごく緻密で、最後にいろいろな要素が全部つながるのがすごい。

あまりにも鮮やかすぎる。

『連鎖』はちょっとハードボイルドすぎる感があったけど、十分楽しめた。

主人公の食品Gメンって職業が馴染み薄すぎだけど。

『ホワイトアウト』はすごくおもしろいので、ぜひ。

禁断症状。

無性にテニスがしたくなって、高校の友達を無理矢理連れだした。

高校時代にテニス部をさっさと投げ出した自分。

そんな僕の誘いにもかかわらず、3人の同期が応えてくれた。


大学でテニサーに入って、いままでそれなりにテニスしてきたと自負していたのに、

なのに、彼らとの差はあまり埋まっていなかった。

実際差を感じたのはストロークだけなんだけれども。

そこの差がかなり、でかい。

もっと頑張らなくては。


3人ともサークルやクラブでテニス続けてるようだ。

テニスの後、そのうちのひとりとサシ飲み。

テニサーの悩みって、どこも似たようなものだな。

特に彼のサークルはうちとそっくりだった。

うちの方が人間関係に寛大かな、と感じてちょっとうれしかった。

お久しぶりです。

いろいろな人に「ブログみてるよ~」とか、「早く更新しろ!」とか言われながら、

ブログを放置してなんともはや2ヶ月がたってしまいました。

月日が経つのは早いものですね。


部内戦以来サークルには顔を出せていないのですが、

どうやらいろいろ起こってるみたいですね。

早く復帰したくてうずうずしています。


さて、サークルに顔を出さずに何をやってたかといいますと、

とあるコンテストに参加してまして、

9日間、代々木のオリンピックセンターに監禁されていたのです。

総勢100人をこえる、今まで全く面識のない学生と接し、

その中の何人かとチームを組み、まさに寝食を共にしながら、

ひたすら政策案を練ってました。


今までの生活はサークル一辺倒だったけど、

全く新しい世界で、自分とは全く違う生き方をしている人と出会って、

とてもいい刺激をもらいました。

たまにはいいです、こういうの。


ここ数日は実家に帰って車の運転に励んでいます。

が、車線変更が怖くてできません。

山形の道が全部一本道だったせいだ、絶対。

さらに困ったことに、駐車場に車をとめられません。

泣きそうです。頑張ります…