皆様 こんにちは

 

私たちは、いつも目の前のこと、自分のことに意識を向け続けていますが、時に、自分を理解しょうと自分を振り返っていくと、気づかなったものが見えて、リラックスしています。

 

今日は、承認欲求について、ご紹介します。

 

承認欲求とは、「私」を認めて欲しいという欲求です。

誰でも持っている、人間の持つ基本的な欲求です。

 

いい悪いではなく、誰もが持っています。

 

で、やっかいな「承認欲求」とは、

承認欲求が強すぎるケースのこと。

 

承認欲求が強いと

他者から認められることを強く求めるので、

 

他人の目をとても気にする

他人の行動が気になる

自分を褒めない人を嫌う

自分より認められる人に嫌悪感を持つ

自分より他人を褒める人を嫌う

褒めることがとても重要と思い込む

自分の意見に同意しない人を嫌う

 

このような傾向があります。

 

また自己の範囲は

家族や仲間まで及ぶので

自分の家族や仲間を大事にします。

 

ただ、やっかいな状態では、

家族や仲間を

とても、とても大切にするので、

それら方がトラブルに巻き込まれると

冷静な対処ができません。

問題は人のせいにしがちです。

 

「承認欲求」は、

全ての人に備わっているものです。

 

やっかいな「承認欲求」は

成育の過程で

認められる体験が少なかったり

批判される体験が多かったり

他人との比較の中で育ったり、

プライドが高いなどがあると言われていますが、

 

原因を探すよりも

これから、どうするかだけ。

 

私がここ数日、頻繁にブログを更新するのも、やっかいな「承認欲求」だろうかと振り返りをしました。

 

そして、その振り返りから「承認欲求」をテーマに書いています。

 

承認欲求が強い人は、人から承認されること強く願うので支持してくれる人を望みます、お友達も多いでしょう、そして、精力的に仕事をします。

 

「自分がとにかく一番でいたい」気持ちで活動している方は、いつも賛辞という「承認」と、その気持ちが解りますよと「共感」を求めるので、それをする人は好き、それをしない人は嫌いとなるのでやっかい度が高くなります。

 

やっかいと言っても、褒めるが大好きな人たちですから、お互いが褒め続けていい気分を味わうと快適な毎日が続くでしょう。

 

承認欲求の強い方は「孤独感」を感じています。例えば。家庭で認められず、学校では別人のように快活に振る舞うもの当然の流れです。それでバランスをとっているのです。

 

「孤独感」や「強すぎる承認欲求」は自分を自分で認めていく作業で消えていくものです。

 

承認欲求が強い人は、他者からの承認を常に求めるので、宗教やカリスマ的な方へ崇拝、何かに狂信的になりやすい側面があると言われています。

 

ここで、お伝えしたいのは、承認欲求が強くいからダメではなく、承認欲求が強いから何ができるか、何をしたらいいのか、だけなのです。

 

親に愛された記憶がなくても、、比較されて育っても、否定されて育っても、認められなかった思い出ばかりあっても、私たちは自分で自分を愛することで敵のいない世界で生きることができます。

 

私たちは自分で敵を作りだしていることを知り、自分を受け入れ、平和のために何ができるかを考え行動するだけなのです。

 

私たちの本質は愛です。

承認欲求が強い人も愛で作られています。

 

「叱られたり、ほめられたりして育った人は、叱られたり、ほめられたりしないと行動しなくなる。そして、評価してくれない相手を、敵だと思うようになるのだ。アドラー心理學」

 

 

皆様 こんにちは

 

私たちは知らず知らず制限を自分に与えています。自分の制限に気づき、自分の制限を外すと楽しい私が現れます。

 

本来の私たちは「嬉しい、楽しい」を感じています。

 

先日、時間は未来から流れると説明しましたが、私たちが体験するのは今、この瞬間だけ。

 

私たちが生きているのは「この瞬間、今」だけなのです。

 

いつも、今、今、今、今の連続なのです。

 

嬉しい、楽しいも、今、ここだけで感じます。私たちが生きているのは「今」この瞬間なのです。

 

ですが、多くの方は過去や知識という記憶に影響を受け、今を楽しむことができません。

 

今日は「今を生きるあなた」を体感するために一つの情報をお伝えします。

 

私たちは他人を100%理解できません。

 

他人の行動の目的や土台となる信念・思考や感情をあなたが理解しても、他人を100%理解できません。1億人いたら1億人のパターンがあります。

 

あたなも自分の行動や思考、感情さえも100%理解していません。

 

物事も同じです。私たちは100%理解できません。

 

例えば、ある人が車のドアを大きな音を立てて閉めました。車から少し離れた場所で一人を囲んで少し大きな声で話しています。車から降りた人は、人が集まっている方向を見ました。ドアが閉まる音が響いた後に、囲んでいた人たちは一人から離れていきました。

 

それを車の近くから見ていた人が、「(車の人に)うるさい!ヤダ!」と不愉快になる。それもあり。

 

同じ場面をビルの上から見ていた人が「(車の人に)機転がきく!凄い!」と感動する。それもあり。

 

車のドアを閉めた方は、いつもの力で閉めてたのに、ドアの窓が開いていたから勢いがついて、大きな音が出てたことに驚いて、人が集まっている方向を見たのかもしれません。

 

少し離れた人たちはちょうど話しが終わって別れたのかもしれません。

 

現象は見る方の立ち位置によって見えるものが違うのです。


私たちは真実を理解していません。

 

これを理解すると、私たちからは決めつけが減っていきます。

 

相手や自分を○○な人と決めつける感覚が減っていきます。
あの場所は〇〇だという決めつけも。

その場で感じて、その場で終わります。

 

今に生きるあなたが始まりまります。
 

今、この場から「制限を外し」喜びの世界に生きるために、真実を理解していないことを理解しましょう。

 

今、あなたの制限が自動的に消えていくことを願っています。

 

 

皆様 こんにちは

 

今日は、何かの不安に怯える方に、

時間の流れを理解すると楽になる話をします。

 

時間は未来から流れてきます。

 

昨日、起きた事は、昨日の出来事。

昨日、起きた事が明日も同じように起きるとは限りません。

 

⇒明日⇒今日⇒昨日

⇒来年⇒今年⇒昨年

 

時間の流れを川の流れに例えます。

今日、川に花を流しました。

明日、同じ花が上流から流れ来るでしょうか。

 

もし、あなたが昨日、転んだとします。

明日、同じ場所で転ぶでしょうか?

 

このように具体的に考えると同じことは起きないと解ります。そして、転ぶことが不安であれば、自分に質問していきましょう。

 

例えば、転んだ体験を私の「健康的な未来」に活かすとしたら、何があるだろう?

 

例えば、転びやすい靴は履かない、考え事をしながら歩かない、よそ見して歩かない・・・など健康的な未来に活かす答えは、必ず、あなたの中にあります。

 

答えが出るとあなたは安心します。やってみてください。

 

同じように、人も流れの中で生きています。昨日と同じ人はいません。あの人は「こんな人」と決めつけるのはオカシナ話です。あなたも自分自身を過去の出来事になぞって、こんな人と自分の素晴らしい価値を認めないのもオカシナ話です。

 

自分らしく生きましょう。あなたにあるのは、今だけです。