のんびり行きませんか

 ~ ロードバイクで目指せアンチエイジング

NEW !
テーマ:

めずらしく2日連続の更新です。

 

昨日に続きJRのさわやかウォーキングに参加してきました。

隣町の岩波駅スタート&ゴールのものに仲間うちが参加するとのことでしたが、近場のコースのため特に魅力を感じず・・・

というより、ウォーキングと称したランニングな彼らにリハビリ中のオイラはついていけないので、あえて清水駅スタート&ゴールを選択。

 

清水駅で受付後、まずは日の出ふ頭まで移動。

 

 

水上バスで三保へ渡り、そこから本格的にウォーキングのスタート。

 

 

 

300人以上が乗船できる船で上陸したため、三保の松原までの遊歩道ではウォーキングというより行列の更新です。

 

 

三保の松原からの富士山の眺望が世界文化遺産の構成資産となっていますが・・・残念。

 

 

天女が羽衣をかけたという伝説の「羽衣の松」は三代目のもの。

 

 

天女が羽衣をかけた松が二代目、三代目って・・・おかしいでしょ。

ちなみに二代目はこちら。

 

 

青虫にやられて枯れてしまったため、世界遺産に決まった後に伐られてしまいました。

 

国鉄清水港線の旧三保駅は「三保ふれあい広場」として整備され、当時のホームとディーゼル機関車が保存されています。

 

 

 

それより、桜がまだ咲いていたことに驚きました。

 

帰りは水上バスで三保桟橋からJR清水駅近くの江尻桟橋に向かうはずがこの行列。

 

 

仕方がないので再び大型船で日の出ふ頭に行き、徒歩でJR清水駅まで歩くことを選択しました。

 

 

おっと、最後に雲の切れ間から富士山が。

 

 

わかります?

 

ということで、2度目のさわやかウォーキングも無事終了。

今回はカミさんがいなかったので、右手が不自由なことが結構堪えたなぁ~。

でも、当分自転車には乗れそうもないし車の運転も無理みたいなので、息抜きにまた参加してみたいですね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

あいかわらずリハビリの日々ですが、

そのリハビリのひとつで続けているウォーキングも、さすがに少々飽きてきました。

 

そこで、めったに乗らない電車に乗って、

 

 

伊豆長岡にやって来ました。

 

 

JR東海の”さわやかウォーキング”

コースマップに従って所定の時間までに帰ってくれば参加賞名のスタンプがもらえます。

 

 

あれっ、なんかブルベにちょっと似てるかも?

それはさておき、何分右手が不自由の身、カミさんに同行してもらっての参加。

 

 

健康ブームとはいえ、参加者の多さにはビックリ!

皆さん元気ですねぇ~。

 

 

狩野川沿いを歩き、江間でいちごを食べたり、

 

 

古奈温泉で足湯につかったり、

 

 

 

途中コースを離脱しておみやげに温泉まんじゅうを買ったり・・・

 

 

 

ひとりぼっちで歩くのと違い、まわりに大勢の参加者がいたことやカミさんが一緒だったことで、飽きることなく楽しくゴールすることができました。

 

心配していた右肩の痛みも気にするほどではなかったため、おかわりウォーキングで韮山反射炉を見学。

 

 

久しぶりに訪れましたが、さすがに世界遺産。

いつの間にやらガイダンスセンターや資料館が整備されていて、大型バスでやって来た多くの観光客で賑わっていました。

 

さて、モチベーション維持のため参加したさわやかウォーキング。

じいさん・ばあさんの集まりで果たして楽しいのだろうかとの疑問もありましたが、完全に勘違いしていました。

若い人もチラホラ見かけたし、参加者の方は皆さんとってもお元気!

地元と違って景色も新鮮だし十分に楽しむことができました。

機会があればまた参加してみたいものです。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

肘の抜釘手術から一週間が経過。

傷口の痛みはまだ残るものの、順調な回復を実感できています。

一方、肩回りの方はサッパリ。

24時間痛みから解放されることがないためリハビリもなかなか進まず先が見えない状態。

最初の手術から4ヵ月も経っているというのに。。。

 

診察だけでなくリハビリの時にもちょくちょく顔を出して、触診しながら励ましてくれる主治医の先生には感謝しているます。

でも、一向に回復の兆しが見えないことで生まれた不信感は日に日に増すばかり。

そんな中、看護師さんなどから主治医の上司の先生への受診を勧められました。

 

セカンドオピニオン?

 

主治医との関係悪化が心配で言い出せなかったのですが、自分の手術にも立ち会っている先生で、”主治医と共に治療を選択する”ということがセカンドオピニオンの前提との話を聞き決断しました。

 

 

診断によると、痛みは鎖骨の先端が神経に触れているため。

手術で切除した鎖骨の先端はしっかり処理されてあるが、長期間肩を吊っていたことで肩が内側に入り込んでしまっていることがその原因。

リハビリで正常な位置に戻れば痛みは消えるが、場合によっては再手術で鎖骨を切り足す必要もあるとのこと。

結局、手術はなるべく避けた方がいいので、しばらく様子を見たうえで判断するということになりました。

 

いずれにしても、このままでは日常生活が不便で仕方がありません。

特に田舎に住んでいると車が運転できないのは致命傷です。

一日も早く普通の生活ができるようになりたいので、再手術は好まないけれど、早めの対応をお願いしたいものです。

 

まだしばらくは自分の足のみが頼りということで、リハビリ後、桜見物を兼ねて近所をウォーキングしてきました。

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

このところまるで梅雨のような連日の雨降り。

うっとうしい毎日が続いていますね。

 

うっとうしいといえば、昨年12月の落車事故以来、自転車復帰どころかいまだに治療の日々が続いて生活も一変、うっとうしいといったらありゃしない。

そんな中、2泊3日で右肘の抜釘手術をしてきました。

 

 

抜釘手術そのものは大したことじゃないのですが、問題は右肩関節の拘縮。

右肘頭骨折に加え右肩回り複数個所骨折および右肩鎖関節脱臼だったことから、右肩関節の拘縮が進行してしまいかなり深刻。

診断の結果、とにかくリハビリを頑張るしかないみたい(´・ω・`)

 

リハビリの時以外でもなるべく日頃から肩回りを動かすためにもウォーキングはいいかな?と、先日、万歩計を再購入したのですが、こう雨降りが続いちゃねぇ~。

車の運転でもできれば体育館とかインドア施設でのウォーキングって手もあるのですが・・・ヽ(;´Д`)ノ

 

中年オヤジのアンチエイジングに励む自転車中心のブログのはずが、手術だのリハビリだのって・・・なんだかなぁ~。

ブログタイトル変えようかな?

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

遅れていた桜のたよりも4月に入りようやく各地から開花情報が届き始めていますね。

近所の桜の開花はまだ少し先のようですが、今日4月2日、気象庁より静岡でも開花が発表されたこともあり、一輪でも咲いている桜を求めて散歩に出かけてきました。

 

昨日に続き今今にも雨が降り出しそうなはっきりしない天気のなか、歩いけども歩けども桜は咲いていません。

もう引き返そうかと思って歩いていると、神山復生病院であと少しで開花しそうな蕾を発見。

 

 

ここまで来たのだから時之栖ならきっと咲いている桜が見れるに違いないと思い歩いていくと・・・

咲いてました!

 


ただし咲いていたのはこの1本だけ(たぶん)。

 

 

自転車でならほんのひとっ走りの距離ですが、歩きとなると結構時間がかかるものです。

とはいえ、さんざん歩いて空振りなんてことにならず、今シーズン初めて桜を見ることが出来て満足です。

 

 

ずいぶん頑張って歩いたもんだなぁ~。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

久しぶりの更新です。

 

昨年12月の落車事故以来、入院・手術を経て地道にリハビリを続けていますが、相変わらず自転車はおろか車の運転もできない始末。

気がつけば今日から4月だというのに、いったいいつになったら普通の生活に戻れるのやら。。。(ノ_-。)

とりあえず仕事復帰はしているものの通勤の送迎は家族頼み。

自宅と職場と病院をぐるぐる回るだけの変化の無い日々が続き、ブログ更新もすっかり滞ってしまっていました。

 

さて、仲間うちのプチブームに乗っかり「新・平成の伊能忠敬」を使ってのウォーキングですが、先日から行方不明中。

落とした記憶はないので自宅のどこかにあると思うんですが・・・

知らない間に「伊能忠敬万歩計同好会」にメンバー登録されてることもあり、ここは思い切って再購入することにしました。

 

 

ということで、忠敬さまによる計測再開です。

初日は雨の影響で朝からウォーキングというわけには行きませんでしたが、それでも午後からプチ散歩に出かけてきました。

 

 

全国的に桜の開花が遅れているようですが、御厨の地もまだもう少し先のようですね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先週1/19(木)、昨年の12月の事故以来約1か月半ぶりで職場復帰を果たしました。

 

先日、状況が進展したら報告すると書きましたが、この間、痛みが辛くてとてもブログ更新どころじゃありませんでした。

今も決して痛みが楽になったわけではないのですが、明日からまた仕事に行くことを考えると多少無理してでも書いておこうかと。。。

 

実は年明けに主治医と職場復帰の日について相談した際には、仕事の状況などを考慮して1/16(月)と設定し、その旨を職場に連絡していました。

ところが、1/12(木)に鎖骨の固定ピンを抜いたことで鎖骨周りの痛みが酷くなり、かつなかなか治まりませんでした。

そこで急遽予定を変更、仕事のスケジュール上ギリギリまで待ってもらうこととしました。

おかげで初日からフル稼働、少しずつ慣らしていく余裕などなく、嵐のような2日間となりました。

 

 

日中は出勤している以上痛いなんて言っていられません。

顔で笑って心で泣いて。

でもその反動は帰宅後にやってきました。

初日は帰宅するや否や日中ずっと我慢していた痛みに耐えかねて即ベットイン。

2日目は食事や入浴こそ済ませたものの、横になることで却って痛みが増してしまうためとてもベットでは寝られないといった状態でした。

 

明日からまた分刻みで埋められたスケジュールをこなさなければならないことを考えるとゾッとします。

とても無事に一週間を乗り越えられる自信がありません。

正直言って厳しいッス。

ケガは自分自身が招いたもの、職場に席がまだあったことだけでも感謝して頑張るしかありませんけどね。

とはいえ、大丈夫か俺?

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

タイトルとしては初めてですが、これまでシューズカバー、ウィンドブレーカー、ヘルメット尾灯と紹介してきたので、「4」というわけね。

で、本日紹介するのはトップチューブバック。

 

ブルベは主催者が公開するキューシートに従って走るのが基本ですが、GARMINなどのGPS機能を持ったサイコンの普及によりキューシートすら持たずに走る人もいるのだとか。

時代は変わりましたねぇ。

自分の場合はキューシートでの走行を基本に保険の意味も兼ねてEdge800Jまたは1000Jを装着しています。

ここで問題になるのがバッテリー。

300km以上となるとさすがに本体バッテリーだけでは持ちません。

当然モバイルバッテリーのお世話になるのですが、その設置場所となるのがトップチューブバックというわけ。

 

これまではトピークのトライバッグという製品を使っていました。

 

 

レインカバーが付属されているため多少の雨なら凌げるのですが欠点が二つ。

一つ目は中味の重さでよれてしまい左右に傾いて膝にあたること。

その度に手で戻すのですが、煩わしいったらありゃしない。

二つ目は絶対的な容量不足。

モバイルバッテリー、スマホ、ブルベカード、それにちょっとした補給食が入ると嬉しいのですが、モバイルバッテリー、ブルベカードぐらいがいいところ。

スマホも入れるとなると左右に傾く率も上がりストレスも倍増。

 

そんなわけで、これまでの不満を解消すべくいろいろと物色。

ところが、なかなかこれというものが見つかりません。

迷った挙句購入したのがトピークフュエルタンク(Mサイズ)。

 

 

昨年の12月に一度だけですが試しに使ってみました。

 

 

その結果、容量的にはまずまず、ダンシング時に若干気になるものの許容範囲内。

この上にLサイズもありますが、これ以上の大きさではスポーティーな走りには邪魔でしょう。

バック本体がしっかりした造りのため左右に傾きにくく、Edgeへの給電コード用ホールや防水ジッパーなどの工夫が評価できます。

一方でその形状にはやや難あると思いました。

前部が高く後へいくにしたがって低くなるデザインにより、iPhone7にケースを付けるとギリギリで取り出しにくい。

また前部の高さは、ブルベの時にキューシートをステム上に配置する自分のレイアウトでは使いにくそう。

 

20160312ハンドル回り

 

MADONEはコラムカットしてないので飛び出しはほんの少しですだけですけど、コラムカットしてあるPINARELLOでは結構気になるかも?

 

いずれにしても、トライバックよりは使いやすいことは間違いなし。

ケガが治ったら使いながらいろいろ工夫してみようと思います。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

鎖骨の固定ピンの抜釘から2日、痛みは相変わらずですがリハビリのために病院へ。

うーん、毎日痛い、辛いじゃ気持ちが暗くなっちゃいますね。

なので、この話題はある程度状況が進展するまでお休みとしましょう。

 

ということで話題を変えまして、

実は先日紹介したシューズカバー、ウィンドブレーカー以外にも2017ブルベシーズンに向けて買い揃えたものがあります。

そのひとつ、今日は「ヘルメット尾灯」です。

 

朝練や夜練、トンネル通過、ロングライドなどで帰宅が遅くなってしまった場合などのため、ヘッドライトなどは、ほとんどのサイクリストの方は持っていますよね。

では、ヘルメット尾灯はどうでしょう?

さすがにそこまではという方が大半ではないでしょうか。

ところが、ブルベを楽しむ者にとっては必須アイテムのひとつ。

 

ヘルメット尾灯は、BRM規則では400km以上のブルベに参加する場合にその装備を義務付けていますが、主催者によってはローカルルールですべてのブルベで装備を義務付けていることから結果として必須のアイテムになっているわけです。

 

とはいえ、そういう自分もこれまで小型のテールライトを代用品として使ってきました。

 

 

ヘルメット尾灯は赤色で点滅すれば何でもいいのですがブルベに参加してみるとやはり定番商品はあるもの。

実用上は代用品でも問題ないとはいえ、見た目も大切ですね。

そこで、2017シーズンに向けて新たにヘルメット尾灯を購入することにしました。

 

 

これが一番利用者が多いような・・・Bikeguyのトライスター。

 

1,000円ちょっとの製品を買うのにずいぶん時間がかかってしまったものです。

性能・効果は利用者の多さから疑うまでもありませんが、いまだ未開封のまま。

そのあたりが気になる方は、ググってみると多くのレビューが見れますのでそちらをどうぞ。

 

それにしてもオイラには当分お試し機会がないのは残念だなぁ。

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨年の12月のMTBでの落車骨折以来、多方面の方々にご迷惑やらご心配をおかけしています。

もちろん仕事は休職中であります。

骨折箇所が肩・肘と複数であることでリハビリもなかなか進まず。

まったくもって情けない話であります。

 

そんな中、昨日鎖骨を固定していた2本の固定ピンを抜釘しました。

術後1か月目のことでした。

このことをすぐにでもブログにアップしたかったのですが、麻酔が切れた後の痛みに耐えられず今日になってしまいました。

 

ということで、昨日一日のことを振り返ってみます。

長文で文字ばかりとなってしまいますが何卒ご容赦ください。

 

患部の腫れが徐々に引いてくるに従って、新たに鎖骨に入っている2本の固定ピンが中から圧迫しているような感じの痛みに数日来悩まされていました。

安静にしていれば少しは楽なのですが寝てばかりもいられないので、午前中は軽いウォーキングに出かけることに。

気分転換の意味もあり、いつもの友愛パーク朝日ではなく市の中央公園へ。

 

 

 

ここは運動公園ではないのでウォーキングやジョギングのためにゴムチップ舗装が施された専用コースなどはありません。

でも却ってゆったり散歩を楽しむことができるので、リハビリにはこちらの方がいいかも。

 

 

そして午後から診察&リハビリのため病院へ向かいました。

ここからが本題です。

まずは診察前に恒例のレントゲン撮影。

肩と肘を撮影するのですが、これがひと苦労。

患部にかなり負担のかかる角度を要求されるため、ここでの痛みが引くのに一日かかります。

ホント、勘弁してほしいっス。

 

続いてはドクターの診察です。

ドクター曰く「この先どんどん肩回りが固まってしまうので、早くリハビリに取り組めるように固定ピンを抜いた方がよい。」

抜くことによる影響を尋ねると、

「多少鎖骨が浮き上がってくるかもしれない。」とのお答え。

こんなに痛い思いをしてまで我慢してきたのに鎖骨が浮き上がるって、どれくらい浮き上がるのか尋ねると、

「わからないけど、ここで1~2週間遅らせたところで状況は変わらない。」だって。

固定ピンが入っていることの違和感は前述のとおりで、くわえて2本とも皮膚を突き破って傷口から飛び出していることもあってこれがまた痛い。

鎖骨が浮き上がりは心配ですが、ドクターの指示に従い渋々了解することにしました。

で、いつ抜くのか尋ねると、

「今ここで。」

 

エーッ!!!こ、ここでー、いまー???

 

というわけで、診察室の椅子に腰かけたまま患部に麻酔の注射を打たれ、メスで傷口を開いてラジオペンチのようなものでグイっと。。。

ドクターが力を込めてペンチを引くたびに体が揺れます。

ドクター「痛いですか?」って。

そりゃ痛いけど途中でやめるわけにはいかないでしょう。

大丈夫ですと答えるしかありません。

1本目は3回ほど、2本目は5回ほど引っ張ったでしょうか、何とも表現のしようのない音とともに固定ピンが引き抜かれました。

後は患部を消毒して防水テープで保護しておしまい。

ブロガーとして抜き取られたピンを撮影しておきたかったのですが、とてもそんな余裕なんかありませでした。

「じゃあ、もう一度レントゲンとってきてください。」

またレントゲンかよ!・・・こんなに痛いのにと内心穏やかではありません。

 

レントゲン撮影後、再び診察室で。

ドクター「今後は肘だけでなく徐々に肩も行うよう指示を出しておきます。2週間後にまた診察しますので、しばらくリハビリ頑張ってください。」

今日はこの後リハビリはどうするかと尋ねると、

「もちろん肘のみですがこの後やって帰ってください。」とのこと。

職場復帰について尋ねると、

「作業を伴わない仕事であれば、痛みが引けば自己判断でいいですよ。ただスーツを着るのは当分無理でしょうけど。」だって。

もうこれ以上質問する気力もなく、お礼を言って診察室を後にしたのでした。

 

リハビリの方は、鎖骨の固定ピンを抜いたばかりということを配慮していただけ、また麻酔が効いていたこともあり無事終了。

ただ会計を済ませ職場に電話で近況報告しているうちにだんだん痛みが戻ってきました。

職場復帰の日を来週月曜日からと思っていたのですが、あまりの痛さから来週半ばを目途に月曜日に再度連絡することに留めました。

 

帰宅後は最初に書いた通り、夕飯もロクにとらずひたすらベッドの中で痛みと格闘していました。

そして一夜明けた今日、昨日に比べるとやや楽になったものの痛みは引かず、とても外出できる状況にはなく終日安静にして過ごしております。

とにかくこの痛みが一日も早く引くことを祈るばかりです。

 

ということで、昨日からのことをつらつらと書いてみました。

関係者の方に現状が少しでも伝われば幸いです。

文字ばかりの長文・駄文にて失礼しました。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。