穂村弘の歌会

テーマ:
今月は、朝日カルチャーで穂村弘さんの歌会があります。
参加してきます。
報告は後ほど。

439


枯れ際のはなびらひとつくちづけてさされた棘のいのちにふれる
AD
365   4月の月例会の結果です。

http://ftanka.net/t7/c-bbs.cgi

09:朝のひかりさしこむ駅のぎんいろの手すり ゆうるりしめりはじめる


時間の経過が少し気になりましたが、明るい朝の駅の点景に惹かれます ○さよこ

手すりが日に当たって光っている状態を想像しました。手すりが「しめりはじめる」となると、ただ光っているだけではなく、人間の肌触りも感じられます。人間に満たされてゆく駅の呼吸のようなものを感じました。 ○しぐなす

今日は雨かな。 階段を駈け上がり行く人の影の絶えし瞬間、手すりは光る。 もぐら

朝のひかり→しめりはじめる、というつながりがとても面白いと思いました。しめってゆくのは、光が明るさを増してゆくからか、人の気配が増してゆくからか。朝のひかりと銀色の手すり、というのは案外異質なものなのかもしれませんね。 ゆらゆら

結句がいいですね。 しかし、結句を生かすには「ぎんいろの」がちょっと邪魔なような気がする。かわりに、もう少し情景が具体的になる表現があった方がいいようにも。 希理子

おもしろい。光が湿気ているということに、不思議と説得力がありました。 ○摂津

着眼が繊細でいいと思いました。ただ、展開のさせ方で、結句にオチのような役割を与えてしまっているのは、少し損をしているかなと感じました。すべてをこの結句で受けきるような性格の情景ではないでしょうから。 皆瀬

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

17:のびやかに〈雨〉軒さきディスクたたいてる しゃららんソラはつぶつぶのおと

おしゃれな雨だなあ。明るくて軽やかな雨音ですね。もし同じ雨が降ってきても、
我が家に落ちてきたら、ばらばらどみどって感じかも(笑)。住んでいる人の人格が
左右することなのかなあ。こういうふうに詠んで貰えると雨も幸せですね。どんな
ディスクなのかは、しゃららんから想像すればいいんでしょうね。 ○かめい

騒音公害雨。 古CD軒先に吊し、何やらのまじなひしゐるお宅の多し。 もぐら

上の句、特に二句三句めをどう受け取ればよいのか分かりませんでした。 ゆらゆら

上の句の「ディスク」がイメージできなかったのですが、下の句、おもしろいですね。 皆瀬

合評会では、09の歌を批評していただきました。
着眼点が良いと言う意見と、最後の口調が変わるところがよくもあり、悪くもあると言う意見がありました。
また、人肌を感じさせる部分もあり、官能的だととも。
みなさんはいかがですか?

AD
360

 穂村弘さんにとっていただきました。
 

 今回は、やり取りもいたしまして、歌がこのように変わりました。

 実際のやり取りは、本誌をご覧下さいませ。 
 よろしくお願いします。



初稿:かぐわしき芳香剤に酔うゆうべトイレの窓にみかづきともり

改稿:ながれだすピーチフローラに酔うゆうべトイレの窓にみかづきともり



どんな感想をお持ちになりましたか?
よろしければお聞かせ下さいませ。
AD

月例会に参加してきました

テーマ:
3月に参加したネット歌会の結果です。

http://ftanka.net/t7/c-bbs.cgi

347


05:もぐりこむひまわり畑は片羽のアゲハ咲く東京パノラマ

迷路のようで。
地下駐車場に揚羽の蝶ゐたり、東京確かに春ではあるが。 もぐら

アゲハが「咲く」というのは綺麗な表現だと思います。
羽根が片方ないのは何かの比喩と思いますが、そうするとせっかくの綺麗な「咲く」の魅力が半減しちゃう。勿体ない。
ひまわり畑と東京のつながりも、何か禍々しいような比喩なのかそれとも東京でそういう風景を見かけるのか、迷うところ。 ベティ

うーん。それぞれの材料の繋がり、それをどう鑑賞してよいのかわかりませんでした。すいません。四句目も定型にのっていたほうが、リズムよく音読できるかもしれませんね。作者の心情を示すのではなく、素材を提示して何かを伝えようとする作品であるとすれば、そういう点をもっと大切にしてもよいかも。 ゆらゆら


10:にがあまいはるのつむじかぜふわふわとくしゃみをすればこねこのたんご

小犬のワルツというのはありますが。
くろ猫の持ち来たりける包開けて見たれば、CD「黒猫のタンゴ」。 もぐら

平仮名表記がふわふわと可愛いのですが、タンゴはカタカナがいいなあ。
結句だけ「子猫のタンゴ」とすると、そこに焦点が合って、ぐっと光るような気がします。 ベティ

結句がよく分かんないけど楽しそうな歌。 ○ぽっぽ

「黒猫のタンゴ」と関連づけて読めばいいのかなあ?初句から結句まで理解不能でしたが、でも楽しい感覚で読めました。 ○摂津

ひらがな表記で、文字通りふわふわと繋がってゆくだけに二句目でリズムを崩したくない気がしますね。なんとかならないかな。読むときにどうしても引っかかってしまう気がします。 ゆらゆら

と言う結果でした。
みなさんはどんな感想をお持ちになりましたか?

合評会では、10番の歌を批評していただきました。
修辞が上手いとの評にちょっとテレてしまいましたが、嬉しかったです。

毎日歌壇

テーマ:
337

毎日歌壇、加藤治郎さんに選歌していただきました。

みちたりてゆくいたみの海にしゃりしゃりと緑のようなきみを齧るよ


こう言うふうに、紙媒体に載るととても励みになります。
次回は、コメントがいただけるように頑張ります!
(*^_^*)
ふぁいと、ふぁいと!

みなさんは、どんな感想をお持ちになりましたか?

初めて.....(*^_^*)

テーマ:
342

短歌研究社うたクラブ 欄に投稿していた歌が載りました。

このうたクラブは、4人の講師(加藤治郎・穂村弘・小島ゆかり・栗木京子)が毎月入れ替わりで、選歌した歌について指導してくれるというものです。
うちは、今回で、2回目の応募でした。
直接のやり取りには選ばれませんでしたが、5首送ったうちの1首を、小島ゆかり講師が選んでくれました。
と言うか、今回も、メールが来ないから駄目だろうと思っていました。なので、ちっとも気にしていなかったのです。
それが、題詠マラソンで知りあった方から、載っていたよ。とコメントいただいて\(◎o◎)/!です。
嬉しいやら信じられないやらでいたのですが、本に自分の名前を発見した時には、なんだかくすぐったいような感じでした。

選んでいただいたのはこの雪の1首です。

ふりだしたゆきにとまどうゆうぐれはゆびさきがあいたいとさわぐよ

どんな感想をお持ちになりましたか?

紙面で見たい方は、ぜひ本屋さんへGO!

月例会に参加してきました

テーマ:
1月に参加したネット歌会の結果です。

http://ftanka.net/c-bbs7/c-bbs.cgi

345

今回は、2首で一組の歌と言うことで、お題はフリーでした。

参加詠

夜長には枝毛ばかりが目立ちすぎ......丸まる背中襲いに来てよ
夜長には深爪目立つ赤々く......丸まる背中襲いに行くよ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
みなさまからのご意見

二首が対になっているところは好きなのですが、二首が似すぎていて、
物足りませんでした。二首目の上句もちょっとこなれない感じがしまし
た。 しぐなす

 ねこさん?
患ふとうつつに知れど、恋ふ人の肌への色をゆめにこそ見れ。
煩ふと人知るべけれど、かへり見て己知らぬが悲しかりけり。
 情欲は怖いかも。 もぐら

下の句が対応しすぎていることがかえって面白さをそいでいるかな?という
印象がありました。それぞれの視点らしさを出したほうが二首の対比が生きる
のではないかと思います。それぞれ身体の一部(髪と爪)が傷んでいる、という
設定はよいと思いました。 ゆらゆら

2首くっつけて読むと面白い。ただ、余韻「・・・・・・」がちょい長い。
1スペースの空白とかの方が私は好きだなあ。文学的な云々ではなく、
あくまでも個人的な好みなので、逆にこの余韻が好きという方もいると思う。
今回の形式の中では、一番「ペアになっていてこそ」って気がする。 ☆ベティ

夜、性愛に対する、枝毛、深爪、という言葉の組み合わせに既視感をおぼ
えるところが気になりました。欠如感を埋めたいと考える男女の気持ちは
共感をおぼえます。「来てよ」に対して「行くよ」と答える完結した感じ
よりも、「行きたい」という両者の気持ちは一致しているのに、果たして
現実はどうなるのか、という展開のほうが読者に与える感慨は強いかもし
れませんね。 皆瀬
340 http://ftanka.net/c-bbs7/c-bbs.cgi

ネット合評界にも参加、詳細は↑のアドにアップされるそうです。
お時間のある方はどうぞ。

06:あめのにおいにあいたくてきみのいえ ぶらうんしゅがーかりかりゆくよ
06: ◎ = 0 件
06: ○ = ぽっベテ 2 件
06: ☆ = ベテ 1 件

「あめ」は雨?飴なのかと思いつつ読みました。「ぶらうんしゅが」判らなくて。 さよこ

不思議な歌だなあ。
結句の「ゆくよ」は何でしょうね。軽くエロティック? ○ぽっぽ

カフェインを断ちたりけり、と君のいふ午後のカフェにマルガリータを。 もぐら

うーん。ひらがなだけで詠まれていて、どこかメルヘンチックなのですが。作者がどういうシーンを見せようという意図の下に詠まれているのかよく分かりませんでした。作中主体があめの匂いに会いたいのか、「ぶらうんしゅがー」が会いたいのかも不明なように感じます。雨と飴をかけてあるのかな?とは思いましたが。ムードに流れているように感じました。 ゆらゆら

破調ですべて平仮名という特異さが、ブラウンシュガーによく似合うと思います。においは「雨」主体でありながら、匂いたつのはカラメルの甘さ。お題をうまく活かしていると思います。 ○☆ベティ

仮名のみで語られる一首には、どこか童話的なやさしさ、繊細さを感じますね。ブラウンシュガーをかりかりかじりながら、君の家を訪れる。あまさを希求することの裏側にあるさびしさみたいなものも感じました。が、表記をふくめて全体に色調が整いすぎた感もあるかな。初句から二句への句またがり、あめ、が同音の雨も連想させるなどの屈託は感じますが、少し弱いかも知れませんね。逆に、幸せいっぱいの歌ならば、このあたりが邪魔になりそうですし。 皆瀬

15:ふゆのにおいひきつれてどあにたつひだまりのかたまり きみのこえ
15: ◎ = 0 件
15: ○ = ぽっ 1 件
15: ☆ = 0 件

15:ふゆのにおいひきつれてどあにたつひだまりのかたまり きみのこえ

「ひだまりのかたまり」に一票。 ○ぽっぽ

夢のやうに来た春。いつか夢のやうに消えた。匂いも残ってゐない。 もぐら

全部をひらがな表記にする場合は、リズムに気をつけたほうが読者に親切ではないかと思いました。読み辛さが意味の取りにくさに繋がって損をするように感じます。陽だまりの塊のような君、そして君の声なのでしょうね。冬の、と言いつつ冬の日差しの香りなのだと思いました。 ゆらゆら

意味は取ろうとせずに、君の声が一縷の希望であるような心情を受けとるという読み方をしました。この歌、一行にするより、複数行にわけて詩として読むほうがイメージが豊かに広がるかもしれません。少なくとも、「どあにたつ」のあとにスペースをいれて、ひだまりのかたまり、も分離してしまったほうが、私にはいい感じに思えました。 皆瀬

こういう結果でした。みなさんはどのように感じましたか?

写真展、無事終了です!

テーマ:
339


昨日、写真展は無事に終わりました。
最後に行きたかったのだけれど、残業が。。。。。

今日の夕方、写真の撤収に行ってきました。
ちょっとしみじみモードです。
みなさんが書いてくれたコメントを帰りの電車で繰り返し読んでしまいました。
ふつふつと、嬉しさがこみ上げてきます。
プレゼント用のフォトカードも、好みがはっきり分かれていて面白かったです。
自分としては、これはどうかなぁ?と思ったものが意外と人気があって意外に感じたり、自分の気に入っているものがあんまり人気が無かったりとしていました。

来年には、空の写真を基本にした写真展をしたいなぁ~なんて思ってみたり、これは、もう病み付きになりますねぇ。。。。。(^^ゞ

来場くださったみなさま、コメントを寄せてくださったみなさま、ありがとうございます。




いちばんにあいたいひとへあいにゆく こえにだかれるじかんをおよぐ