たぶん夢のレプリカだから水滴のいっぱいついた刺草(いらくさ)を抱く

                                                 加藤治郎「マイ・ロマンサー」より

 「夢が叶う」「夢を追う」「夢の力」そんなイメージの歌を探してみた。でも、何故か、そう言う歌を見つけられなかった。恋の歌なら、夢をかなえたい的な歌は確にある。しかし、夢に向かってゆく、そう言う歌を見つけられなかった。
 夢落ちの短歌は、時々、いや結構見かける。なのに、夢に向かって進んでいるような歌は無いのかなぁ?
どちらかと言えば、夢を見るなんてこととは、無縁の世界観が短歌なのかしらん?そんな風に思ってしまうほど、短歌における夢は、儚すぎてむしろ悲しい。悲しいからこそ短歌たる所以なのか?
 他にも夢と言う文字の入った歌はある。しかし、眠っている時(妄想であっても)に見た夢の中の出来事が圧倒的に多い。この歌自体も夢に向かっていると言うよりは、その夢が現実ではない、レプリカであるからと言う、非常に屈折した構造になっている。それでも、この歌を選んでしまったのは、微かでも夢に対して前向きなものを感じたから。例えそれがレプリカであったとしても、どこか奥底で本物の存在を感じている気がする。夢現の境目を行き来するような感覚を刺激する為の水滴のいっぱいついた刺草。たぶんと言ってしまいながら、何処かで現実を求めているその可愛さみたいなものを感じた。単なる夢物語ではない切実さがこの一首には詰まっていると感じるのだが、それはあくまでも危うさの中でのみ成立する感情なのだ。明日を希求してやまない煮え滾る情熱ではない。そもそも、夢がレプリカだったらいくつでも作れてしまうではないか。いや、叶わない夢だからこそ、レプリカを作れてしまうのかも知れない。だから結果として危うさとしての微熱は感じても、マグマが爆発するような情熱は感じられない。
 う~ん・・・それが、短歌における「夢」の現実なのかなぁ?青臭くて照れくさくてバカじゃねぇのって思うけど、心をガシガシ掴んで離さない、そんな夢を追いかけているような一首は無いのかな・・・・・・この手で地球を、いや、宇宙を変えてやるよ!くらいに明日を目指す歌。その思想そのものがポエジーみたいな歌って無いのかなぁ~。
 どうしても、短歌ってマイナスイメージがないと秀歌と呼ばれない気がしていて・・・人の不幸は、何とかじゃないけれど、負の要素のある歌は人の心に何かを残してしまう。逆に、明るすぎる歌は、“あぁ、ソウネ“と通り過ぎてしまうことが多い。でも、でも、たまには明るすぎる歌があっても良いじゃないかな、とも思う。そんなわけで探してみだけれど、心にメガヒットする夢の歌を見つけられなかったのでした。
 あ、今の気持ちはこんな感じ。

 ゆめは夢を食らいつくしてうつつやみ兵どもの地平遥けき

(文法、合ってる?)
AD
 今年の2月、お気に入りの東京都写真美術館を訪れた。閉館間際だけれど、何か行かなくちゃ行けない!そんな思いに駆られ、写真美術館に入った。今回は、予定に無かった行動なので、何をやっているのかは、まったく知らなかった。ところが、ホールに入って、チラシをあれこれ見ていたら、「文学の触覚」と言う文字が目に飛び込んできた。文学?写真美術館で?と疑問に思っていたら、穂村弘と言う文字が目に止まった。ん?んん?穂村・・・弘・・・?え?穂村さん?チラシを1枚つかむと、文学の触覚と題された会場のある地下へ向かった。

 入り口を入ると、ゲーム機のDSが数台並び、DSで読む文学が公開されていた。また、白壁には、小説や詩が投影されていた。その中に混じって、穂村さんの短歌が白壁に黒の文字で描かれていた。
 それは、まさに描かれていたと呼ぶにふさわしい。書かれたと言うより、文字がひとつのグラフィック作品のように描かれた文字として作品が壁から浮き出ているかのように感じられた。もちろん、それは、白壁に黒文字と言うマジックなのかも知れないが。
 それぞれの作品を見ながら、面白い試みだと思った。文学という”読むもの”と言う意識を”見せる”ものにしている点では、斬新な企画だと思った。だが、逆に、文学をアートとしている点は、賛否が分かれるだろうとも思った。特に小説や詩は、読むものであると言う意識が強い。読みにくいものは、やはり、文学としてのジャンル分けには入りにくい。読んでもらってナンボのところがあると思うからだ。ネット詩などは、ネットと言う特殊な空間でこその部分はある。文字が回ったり、消えたり伸びたり縮んだりするのは、ネットならのものでもある。それは、紙の上では難しい。だが、この企画は、この会場の作品そのものが、ひとつの大きなネット詩のような空間の広がりを作り出そうとしたのではないかと感じられた。そう言う意味ではとても面白く斬新な企画だと思う。しかし、これが、これ一回きりで終わってしまっているように思える。賞を取ったから終わりではなく、ここから更に高みを目指し、文学の触覚を伸ばしていって欲しいと思う。それでこそ、文学の触覚なのだから。

 さて、穂村さんの作品「火よ、さわれるの」と題された13首。実に、興味深い。火は、触れない。いや、触っても構わないが、火傷を閣議せねばあるまい。しかし、文学と言うフィールドの上では、実にたやすく触れるのである。本物の火と同じように、時によっては、火傷をしてしまうこともあるのだが。
 文学の触覚は、触れそうで触れない部分に触れていると思う。逆を言えば、文学そのものが、触れそうで触れられないものに触れることが出来るのだと言っているようにも思えるのだ。穂村さんの作品も、その意図を受けるように作られているように感じた。その題材が「火」であったことが挙げられる。「火」の発見によって人類は、大きく進歩したと言われている。だから、作品の題材に「火」を持ってきたことで、この企画そのものが文学の進化だと言いたかったのではないかと思ったのだ。

 呼吸する色の不思議を見ていたら「火よ」と貴方は教えてくれる

 冒頭の1首であるが、火が呼吸している様子をうまく取られていて、それがまるで不思議な生き物のように感じている主体がいる。それに対し、それは「火である」と教える貴方がいる。人類が火を発見して行く過程のようにも思える。そして、最後の一首、

 一千九百八十一年冬の微笑がエスペラントの「火」のごとく燃ゆ

エスペラントは、希望する人と言う意味がある。文学と言う火は、人々の希望のように燃えているとも受け取れるのだ。まさに、この企画が今後の文学の希望の火でもあるかのように。
 一度燃やした火は、誰かが燃やし続けなければ、いつかは消えてしまう。文学と言う火を燃やしたなら、燃やし続けていって欲しいと思う。それが自分自身なのか、まったく違う他者なのかは分からない。しかし、この企画が、その小さな火種を起こそうとしたことは、間違いない事実だと思う。そして、それを象徴する穂村さんの作品だったと思うのだ。
 いささか、深読み、はたまた思い込みかも知れないのだが・・・・・文学が人々にとっての希望の火であって欲しい、と、そんなことを思いながら、閉館の時間を迎えたのであった。


     Popん?TANKA

AD

2008/12月

テーマ:
      おじさんたち
愛すべきALFEE
      
54歳なにをやってもギャグになる同級生の♂3人
ゆうぐれの会場前はゆらゆらと居並ぶひとの着メロルルル

「オリンピック選手並みの大回転をする高見沢俊彦」
                                    クリスマス・イブ
疾走は全速力で ふりそそぐ黄色い声の福音聖夜

「美声は今も櫻井賢」

怪獣も友達にするその声にあさき夢みし35年

買い込んだスィーツを消費しつくすには足りななすぎる、マラソンはイヤ

35年ALFEEとして存在すおじさんたちと不思議な暮らし
目の前の還暦よりももっと先 八十八夜の夢ドーム公演

「ギターを抱えていないと落ち着かない坂崎幸之助」
もう、すでにからだの一部やくそくのゆうやけのようあなたの音色


     Popん?TANKA

「短歌からTANKAへ」
-定型詩短歌をどのように英語におきかえるか-

 主催:日本歌人クラブ・The Tanka Journal 編集部

日時 平成20年11月16日(日)
13時30分~16:45分(13時10分より受付)
会場 中野サンプラザ研修室1(8階)
(JR中野駅北口徒歩1分・TEL03-3388-1151)
パネリスト
アーサービナード 神作幸一 勇気文
司会:成瀬知則(第一部) 間 ルリ(第二部)
朗読:タンカ・ジャーナル有志
会費 1500円 (当日会場にてお支払いください)
申し込み先 間ルリ etanka@hotmail.co.jp

※ 席に限りがございますため、必ず事前にお申し込みください。


うちは、用事があるので、参加できませんが、
興味のある方は、問い合わせてみてください。