今回は少し、短歌の周辺の事を書いてみようと思う。 

 うちが、短歌を書き始めて丸2年ちょっとになる。そんな中で最近「短歌の風景」と言うことを強く考えるようになってきている。
 書き始めのころは、とりあえず猿真似的に従来の基本形を軸にしながらも自分の想いをその中に込めてきた。それが、さまざまな歌人さんの本を読むにつれ、自分の表現としての言葉を選び始め、自分なりの工夫をするようになってきたと思う。
 しかしまだ「短歌そのものの風景」と言うことまでは考えが及んではいなかった。だから、目先の面白さとかに目を奪われていたように思う。
 それが、枡野さんの本を読んでいて、短歌には「短歌の背景」があるのだと気づかされたのである。それは何か?と言うと、短歌には短歌でなければならない表現があり、「短歌だからこそ出来る表現」があるのだと言うこと。
 適材適所という言葉があるが、まさにそれと同じで「短歌だからこそ出来ること」「短歌でなければ出来ないこと」があるのだと。
 音楽だからこそ出来ること、映画だからこそ出来ること、漫画だからこそ出来ること、舞台だからこそ出来ること、小説だからこそ出来ること、詩だからこそ出来ること、写真だから出来ること、絵だから出来ること等々数限りない表現方法があるのだ。
 言い換えるならば「短歌でなければ出来ないこと」を探すことが「短歌としての言葉を生かすこと」なのではないかと思うようになった。
 そう思って短歌を読んでいると「この風景は、短歌じゃなくても良いじゃないか?」と感じるようになってきた。これは、映画やテレビドラマでも他の媒体での置き換えが可能であり、そっちの方が面白い表現になるだろうと思えるものがある。
 その辺りの、背景の混在が短歌を面白くないものにし、画一化した、単なる写生描写の歌にしてしまっているのではないかと思うのである。

 例えば、自分の歌で下記の作品がある。(これは、初期も初期に書いた作品)

「ぷりぷり ぷりてぃ~ プリンちゃん 今日も今日とて ぷりんぷりん(意味なし) 」
「ひと目合った その日から! 恋の花は満開で 瞳はきらきらお星様 ☆ヾ 池田理代子も適わない オスカル おぉ アンドレ ヒッシっとな(字余り)」

 短歌を知らない人からは、結構と受けた作品ではあるが、この作品に短歌的な背景があるか、もしくは短歌的な背景を加えられるか?と言ったら、答えはノーだろう。
 では、短歌でなければならない、短歌だからこその表現は一体何なのだろう?
 残念なことに、自分自身にとってのこの答えは、まだ実は出ていない。当分出ないかもしれない。しかし、常に考えながら最近は短歌を作っている。ただ沸いてきた言葉を57577の流れに乗せるだけではなくて、どういう風景ならば、短歌としての背景を持たせつつ面白い表現が出来るのかを考えている。そんなチャレンジを繰り返しながら、いつかこれだ!と明確に言える日が来ると思っている。

 もしひとつ、ヒントとなるものがあるとしたならば、それは写真ではないか?と思ってはいる。写真と言うのは、まさに一瞬の空気感を切り取ってくる。その切り取った、切り取られた中に無限の可能性と言うか、イマジネーションを広げてゆかなければならないし、広げさせなければならない。この「一瞬を切り取る」と言う部分が、短歌が写真と似ていると感じる。切り取った部分から何を見せるか?何を見せられるか?なのだと、写真を撮りながら思うのである。
 写真を撮ってみれば?とは言わないが、見るだけでもいい勉強になるのではないだろうか。

「さよなら三角 また来て四角 じゃんけんぽいぽい あっちこっちむいて じゃあねまたあした!」
AD

036:探偵

282 投稿歌

「憧れていた探偵物語はスクーターだったのかもしれない」

以下候補作

探偵ばかりの街では嘘つきになるハッピーセット&スマイル
ごっこ遊びのお仕舞いは泥棒と探偵だった月夜の「さよなら」

やっぱりやっぱり、次もミテイなのだ。

メモ:過去ログ90
完走おめでとう!

飛永京さん

21「くれぐれもご注意召されうたた寝の猫柳には気づかれぬよう」

うたたねの猫柳って言う表現が好きです。可愛いなぁ~

24「チョコレート細工のようにバリトンの黒百合の歌とろけ纏わり」

バリトンの声っていいですよね。心地良いです。

62「暑邪(しょじゃ)燥邪(そうじゃ)風邪(ふうじゃ)寒邪(かんじゃ)火邪(かじゃ )厚邪(こうじゃ)邪神の花見はなんじゃもんじゃで」

これは、うちの中のツボです。こういう言葉遊びみたいなものは大好きです。

66「毒消しになればなったでつまらない山葵をおろすひとの舌先」

これ、チョット意味が良く取れなかったんですが、気になる歌だったので選びました。

全体的に、花を一緒に読み込まれたのですね。100首を通して、知らない花もありましたが、雰囲気は良かったと思います。

返歌「なじゃもんじゃ しょじょじたぬきをじゃらじゃらとじらしてじらすじゃしんはにゃんこ」

中村悦子 さん

20「和音にはなれなかった 楽章を出ていくね #くっつけたまま」

シャープをつけたまま楽章を出て行ってしまうって言うとらえ方が良いなぁ~と思いました。

23「言語野にずっと飼ってた銀うさぎいなくなったの彗星の夜」

言語野という言葉が気に入りました。

返歌「チクタクック 和音とびこし銀うさぎ三ケ月ゆらし彗星は、しっぽ」

麻生智矩 さん

42「++++++官僚+++++++  何に付いてるタグだったかな」

これは、無条件に好き。こういう表現は、おぉ!っと思います。

57「制服のままでしようよ明日からは自由なんだしもう会わないし」

ん?え?え~っと。。。。。良いのか?それ?!って感じですね。学生なのか、OLなのか、色々と想像が膨らんでしまいました。

73「つやつやとまるまっている膝頭に微熱の額あてて笑った」

これは、自分自身なのか、それとも彼(彼女)なのか、どちらだろう?それによって、淋しい歌になったり、ふふって幸せなイメージになったりと、両方のイメージで詠める歌だと思いました。

91「さようなら暖かいひと 耳奥に雨はしきりに降っているけど」

何となく、どこかで似たような歌を見た気がするのだけれど、こういう雰囲気に弱いもので、選んでしまいました。

返歌「ひざがしらきみの涙をすいこんだ つるつるほっぺがぺたんとふれて」

以上です。

035:禁

278 投稿歌

「禁固刑100年の楽しみ方を一時間で読み終えてしまう」

以下候補作

ねじ切れたゼンマイ指を切りつけた マリオネットの呪禁のように
「ここから先は立ち入り禁止」ふりそそぐ春が立てる桜予約席

どれにしようか、迷いに迷った。

次回は、う~んやっぱり、やっぱり「MITEI」なのです。

メモ:過去ログ89