メロメロパーク
2007-03-05 23:25:15

本島中南部&慶良間回想記 その五(ヒズシビーチ @阿嘉島)

テーマ:島旅-本島ケラマ回想記'07冬
阿嘉港から海沿いを西向きにテクテク。パーラーみやまを越え、集落を過ぎ、坂を上って丘を越えると、ヒズシビーチの入り口が見えてきます。
hizushi3


ここからビーチへの下り坂は、草木が鬱蒼と茂って足元が見えない(汗)。

hizushi4

滑らないようにソロソロと進むと、少しずつ視界が開けてきて・・・
hizushi2


夏でも静かだというこちらのビーチ。2月中旬のこの時期、お昼前でしたが人っ子一人いませんでした。

hizushi1
波の音だけが響いて・・・

こういう周りを丘に囲まれたビーチは、座っていても「守られてる」感じがして好きです♪
晴れていたら夕日も綺麗でしょうね~。
AD
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)
2007-03-02 00:20:22

本島中南部&慶良間回想記 その四(「ペンション・ゲルマ」)

テーマ:島旅-本島ケラマ回想記'07冬
今回、一泊目に宿泊したのは慶留間(げるま)島の「ペンション・ゲルマ 」でした。

昨夏に日帰りで阿嘉島を訪れた際、ケラマジカに遭遇したのが、この慶留間島。(そのときの記事はこちら→ )このときは時間がなく島内を見て回ることができなかったので、今回再訪できて嬉しかったです。

実は・・・最初は那覇に3連泊しようとしていたのですが、連休初日の土曜日は激混みでどこも×。それならば慶良間の行ったことのない島に!と渡嘉敷や座間味の宿も当たりましたが、これも全滅。(日曜日に渡嘉敷マラソンがあったからかも?) 阿嘉島も軒並み×で、慶良間は諦めるしかないか~と思っていたところ、「そうだ、慶留間には宿があったはず!」とひらめき、電話したら拍子抜けするほど簡単にOK。みんな~、こんな良い宿見落としちゃダメヨ~。

阿嘉港にはご主人が迎えに来て下さっていました。
「昨日まで暑かったのにね~。今日は冬に戻っちゃったね~。」
そうなのです、昼間の那覇は結構暖かかったのに夕方に向けてどんどん気温が下がってきて、雲は厚くなるわ、海は荒れてるわで、1年前の波照間航路 を髣髴とさせる船旅だったのでありました。

さて、「ペンション慶留間」へは港から阿嘉大橋を渡り車で5分ほど。あっという間に到着です。

入り口

geruma1
3階建てで、島で一番高い建物なんだそうです。
ちっちゃくワンちゃんが写ってるの、わかりますか?(^m^)


geruma2
花や浮き玉が可愛いらしい。
このワンちゃん、最高に人懐こくってラブリーなのです。(この子を見て、私はまちゃこさん の愛犬リク君を思い出しました。^^)

これは路地からペンションを見たところ
geruma3


室内の写真は撮り忘れてしまったのですが、洋室の2ベッドルームで、テレビ・エアコン・トイレ・シャワー(ユニットバスではありません)各室に完備。これ、結構ポイント高かったりします♪ 無いと思っていたタオル、歯ブラシセット、ドライヤーも全部あり、快適に過ごすことができましたヨ。

そして何より、ここの最大の魅力は食事です!!

この日の夕食
geruma4
(これは2人分です^^)
カツオとイカの刺身、シイラ(白身魚)のフライ、牛肉の炒めもの、ロールキャベツ、具だくさんお味噌汁

ボリューム満点なだけでなく、どれも家庭の味で美味しいのです。
奥様のお料理の腕に惚れでリピーターになる方も多いそうで、ほんと納得です。

特に、漁師でもあるご主人自ら釣り上げてきた魚は絶品。
お客さんの多い夏場は、一度に200キロ(!)分の魚を採ってくることもあるそうですよー。
ご主人はダイビングのガイドもされるそうで、3足のわらじ。
「島では色々やらないと暮らせないからね~」と笑う姿が素敵でした。

翌朝の朝食
geruma5
沖縄の家庭の朝、という感じですね。(^^)
シンプルで、とても美味しい朝ご飯でした。シアワセ。

宿泊料金は民宿より少しお高めでしたけど、部屋の快適さと食事の美味しさから考えたらリーズナブル。長期滞在できたら幸せだろうなあ。

P.S.
離島の星空を眺めることが長年の夢である私。
これまで悪天候によりことごとく破れ散ってきました。
そして今回も・・・。滞在中この日だけです、夜に雲がかかってたのは。キィーー!
またもや次回に持ち越しです。(;_;)

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2007-02-26 23:38:15

本島中南部&慶良間回想記 その三(「パーラーみやま」再び @阿嘉島)

テーマ:島旅-本島ケラマ回想記'07冬
夏にも訪れた、阿嘉島の「パーラーみやま」。
そのときの記事はこちら→

海の目の前というロケーションと、食事の素朴な美味しさにハートを打ち抜かれ、すっかり惚れこんでしまったワタクシ。今回めでたく再訪してまいりました。

さすがに海の鮮やかさは夏には及ばないものの、雲から太陽が顔を覗かせるたびにサっと光が差し込む様子は見飽きることがありません。

miyama1

曇ると寒く上着必須、晴れると暑くて半袖でOK、という忙しい日ではありましたが、ここに来たら屋外の席に限ります!お気に入りのタコライスと、はぴこさん のオススメということで気になっていたカレーライスを外のテーブルでいただきました。(^^)

miyama2

タコライスは言わずもがな、カレーライスもとっても好きな味でした。
何とコンビーフ入り! でも全然重たくなくて、むしろあっさりでマイルド。
ウマウマでございました~。(家でもコンビーフ入れてみようかしらねー☆)

夏になったら、今度はぜんざいを食べに行きたいです。
AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2007-02-21 23:45:48

本島中南部&慶良間回想記 その二(「花ごよみ」@壷屋)

テーマ:島旅-本島ケラマ回想記'07冬
初日、那覇に到着したのが12時前。慶良間行きの船は15時発。
この間の数時間を使って、気になっていたおそば屋さんに行って来ました。

気になっていたお店とは、壷屋通りとひめゆり通り(330号線)がぶつかるところにある「花ごよみ」
きじむな~さんとナコさんが絶賛されていたのが、ずっと頭から離れなくて。(^^)

空港から牧志までゆいレールに乗り、歩くこと約10分で「花ごよみ」に到着。
お店には女将さんしかいなくて、ちょうどランチ中だったよう。(お食事の邪魔をしてしまいました...ゴメンナサーイ)
店内ではテレビが流れ、誰かの家に遊びにきたようなアットホームな雰囲気です。

こちらは私が注文した沖縄そば
hanagoyomi1


噂にたがわず本当に美味しかったです。
スープは薄めであっさりしているのですが、ダシがよく効いていて、色(透明感?)が何ともきれい。
麺は細めでスープとの相性バツグン。カマボコも美味でした♪
シンプルなおそばだけど、間違いなく記憶に残る味です!


黙々と食べていたら「沖縄そば初めてですか~?」と聞かれてしまいました。(笑) ガッついていたのでしょうねー。恥ずかしー。

そして食後には・・・温かい黒豆ぜんざいをいただきました。

hanagoyomi2

甘さ控えめでどんどん入ります。
黒豆は宮古島産(女将さんが宮古島出身なのだそうです)。
甘味が強そうに見えますが、実はとてもあっさりしていて本当に美味しい♪
今度は冷たいぜんざいも食べてみたいな~。

予想以上に暖かかったこの日の那覇。しかも風邪の治りかけだったここともあって、温かいそばとぜんざいをいただいているうちに額から汗がタラー。さらにホットコーヒーのサービスまでしていただいて、さらに汗がタラタラー(拭き拭き..)。これがよかったのかどうかわかりませんが、この後、風邪が急激に回復していったのであります。

こちらのお店、外観は一見おそば屋さんだと分かりづらく(写真撮り忘れました(;_;))、知らなかったら素通りしてしまったかも。
きじむな~さん、ナコさん、教えてくださって感謝です!

●花ごよみ
沖縄県那覇市壷屋1-28-25
098-863-7281
11:00~19:30
定休日なし
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
2007-02-18 23:15:30

本島中南部&慶良間回想記 その一(中日ドラゴンズキャンプ@読谷)

テーマ:島旅-本島ケラマ回想記'07冬
もう1週間前になりますが、三連休+1日で、慶良間と本島中南部を旅してきました。
日光をたくさん浴びてパワーをもらってきました。日焼けのお土産つきですが(2月の冬空の下、季節はずれの皮剥け中・・・)。

前回の久米島のことも全然書き終わっていないので、2つの旅の回想記を同時進行で進めたいと思います。
マイペース更新になると思いますので、フラっと覗きにきていただければ嬉しいです。(^^)
まずは、記憶の新しいうちに、中日ドラゴンズのキャンプ見学記から。


以前にも書いたかもしればせんが、島夫は名古屋出身でもないのに大のドラゴンズファン。
その影響で私までドラゴンズに妙に詳しくなってしまいました。

最終日の昨日、飛行機が出発するまでの時間を使って、読谷の平和の森球場 まで足を伸ばしてきました。中日は、北谷と読谷でキャンプを張っており、主力打者はこの日読谷に集結していたのです。

車を停めて声のする方に歩いていくと、まず手前のグラウンドで若手投手陣とベテランの山本昌 がキャッチボールをしていました。フェンスもなく、至近距離に選手がいることにビックリ!

masa
手前が山本昌投手。フォームの特徴をとらえることができて嬉しい一枚。

お次は奥の球場に足を進めると、やってるやってる!立浪福留荒木井端英智 などなど、主力野手が一堂に会して内野守備の練習をしています。すぐそこに選手がいるなんて、なかなかないことです。

興奮した私は一生懸命写真を撮ったのですが、難しいものですね...。
動きのある被写体を上手にカメラに収めるのは至難の業。満足のいく写真は一枚も撮れませんでした。(悲) 

立浪
tatsunami

立浪、井端、あと1人は誰かな~
torio

しばらくすると外野手のフライ捕球練習が始まったので、今度は外野フェンスの方に移動。選手との距離は更に縮まり、話している内容まで全部聞こえるほど! 第2クール最終日で次の日はオフ、しかもランチ前の和やかな時間帯だったこともあるのでしょうが、和気藹々として良い雰囲気でした(^m^)。

ここでも熱心に写真を撮っていたら、ちょっとこちらを意識してカッコつけたりフザけたプレーをしてくれたり、難しい球を処理した福留選手が、

福: 「ナイスキャッチ! はい、拍手~!」
我々: パチパチパチ(笑)
福: 「イエース!」

なんて声をかけてくれたり、楽しかったー。観客の少ないキャンプならではですよね。

ワイワイ外野陣
outfielders

福留
fukudome1

英智
hidenori

ランチは球場裏の仮設プレハブで取る選手達。その近くで待っていると、汗を拭いた選手達がほんの1~2メートル先を歩いていきます。みんな本当に身体が大きい+TVで見るよりカッコイイ。( ̄∀ ̄)

ランチ前なのに大量のサインに応じる強面ながら心やさしき井上 選手とか、女性ファンの黄色い歓声を一番集めていたのは井端選手であるとか、意外(と言っては失礼?!)な一面も垣間見ることができました。

こんな感じで予想以上に楽しかったキャンプ見学。
これから毎年行きたいくらい!

・・・こうして私はまたドラゴンズに詳しくなりました。

●自分メモ
平和の森球場への行き方: 国道58号線を「喜名」交差点で左折、道なりに進み、「読谷村役場」の標識を左折
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。