メロメロパーク
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2006-07-20 00:15:53

宮古回想記 最終回(どらえもん @那覇)

テーマ:島旅-宮古回想記'06春
やらなければならないこととは、大急ぎで国際通りまで行ってご飯を食べてくること!
とにかく時間に余裕がないので、ゆいれーるの駅にダッシュで向かいました。初めてのゆいれーる。那覇空港駅です。
naha1

まだ新しくて綺麗でした。
naha2

ゆいれーるは、ちょうど帰宅時間に重なってちょっぴり混んでいました。最後尾の座席から見えるのはこんな景色。
naha3
ほとんど線路しか映っていないですね~(笑)。雨が降っていて物憂げな雰囲気です。

時計とにらめっこし、我々は、国際通りの入り口にあたる「県庁前」の駅で下車することにしました。いつもと違う街に降り立つのって何だかワクワクしますよね。夜風も気持ちよく感じられたりして。

↓国際通りの入り口
naha4

適当にタコスでも食べて帰ろうか~なんて言っていたのですが、偶然にも発見してしまったのです、私は。きじむな~さんの記事 を拝見して以来気になっていた「どらえもん」の文字を!どらマニアの血が騒ぐー。

きじむな~さんが行かれてたのは伊祖店ですが、国際通りにもお店があったとはウレシイ驚きでした(^^)。「美ら島物語 」によると、「どらえもん」という店名は、こちらの名物である宮古そばの、麺の下から具が現れる様子がドラえもんの四次元ポケットに似ている、という理由でつけられたそうです。

こちらが、ビルの2階にあるお店の入り口。
naha5

客は我々2人だけでした。
奥が、島夫の注文した「どらえもんそば」、手前が私の「宮古そば」。
naha6
どらえもんそばは、ソーキ、三枚肉、テビチが乗った豪華版!

宮古そばは、見た目はこのとおりネギが乗っているだけ。でも下からお肉やカマボコが現れるんですね~(写真に撮ればよかったー)。
両方とも細めの麺にカツオの効いたお出汁が美味しくて、ペロリと完食いたしました。



そうそう、厨房のカウンターにドラちゃんの人形が並んでいたんです。それが可愛くて記念撮影させていただいちゃいました。
dora でも後から確認したらナナメでピンぼけー(笑)。
←これ!


あわただしい一時でしたが、島旅の最後に楽しい1ページが加わりました。

この後「県庁前」までダッシュ...。
お腹の中でそばが踊っていました。
naha7

帰りのモノレールに乗った頃にはすっかり心も現実モードに。
飛行機では翌日からの仕事に備えて曝睡し、羽田からはちょっぴり贅沢をしてANAあいのりタクシー を使って帰りました。

これで2006年春宮古回想記は終わりです。遅々とした更新に長々とおつきあいいただき有り難うございました!もう3ヶ月以上前なんですよね、宮古に行ったの。次はいったいいつ島旅に出れるのでしょう。意外にもうすぐだったりして...とこれは希望的観測。

(完)
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2006-07-19 00:20:03

宮古回想記 その二十二(宮古から沖縄へ)

テーマ:島旅-宮古回想記'06春
池間島からビューンと市街地へ戻った我々は、名残惜しく通りを散策しました。もうすぐ去らなければならいとなると、見るものすべてが眩しく見えるもの。

道路にこんな埋め込みがあるのを見てはパチリ。
fish
(これは今見ても可愛い。)

こんなポスターを見つけてはパチリ。
zumi!
(トライアスロン大会までここにいれたらどんないいいかと夢想しつつ・・・)

そしてこの旅でやり残していた「島ネコさん撮影」も試みたのですが、こういう時に限って一匹も見当たらず。1日目には裏通りでたくさん見かけたのになあ~。とうとうこの日は島ネコさんに遭遇できずじまいでした。

その後レンタカーを返却し、空港での時間を「うずまきパン 」をつまみながら過ごし、機上の人となった我々。窓から外を見ると整備の人が手を振っています。彼らにとっては仕事の一部とわかっていても、ついつい感傷に浸ってしまう一時。
miyako airport
また戻ってくるよ~。

それほどセカセカしたつもりはなかったのに、今回も振り返るとちょっぴり忙しげに動いていますね。頻繁に来れるわけではないので仕方ないのですが、今度はもっともっとのんびり、たとえば池間のビーチで海に入ったり昼寝したりしながら1日過ごしたりしてみたいなあ・・・。でも行ってみたい場所は尽きないワケで・・・。楽しい悩みは続きます。

それにしても那覇空港はいつも滑走路が混んでいますね。
この日も着陸の順番待ちで何度も旋回していました。我々は「今日だけはどうか早く着陸してくれ~」とヤキモキ。というのも、羽田行きの便が出るまでにやらなければならないこと(!?)があったからです。

続く
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-07-11 00:47:34

宮古回想記 その二十一(池間島のビーチ)

テーマ:島旅-宮古回想記'06春
池間島には、地図に載らない秘密(?)のビーチがあちこちに残っています。
最近はネットで穴場ビーチとして紹介され有名になっているようですが(そういう私もネットでビーチの存在を知ったのですが)、まだまだ訪れる人は少なく、自然に近い状態が維持されていると思います。

今回我々が訪れたのは2箇所。
まずは、ロープを伝って降りていくビーチ(通称:池間ロープ)です。
木にくくりつけられたロープを頼りに数メートルの崖を下りていくのですが、ちょっぴり滑りやすいので、ビーサンの方は足元注意!
ikema rope1

下りたところは、それは静かなビーチでした。
ikema rope2
太陽が隠れていたので薄暗く写ってしまいましたが、本来は鮮やかな宮古ブルーの海です。

砂浜は左右にかなり長く、端から端まで歩いてみましたが誰にも会いませんでした。

にもかかわらず賑やかな気がするのは何故でしょうー??
それは、これのせい。
ikema rope4
漂流物がですね、それはもうたくさん砂浜に打ち上げられていて、その数もさることながらバラエティの豊かさにびっくりしました。

中国語表記のものが多く、台湾あたりから流れ着くのでしょうか。ペットボトルやらお菓子の袋やら何かの部品やら。見ているのは面白いんですけど、あまりの多さに目が点(*_*)になってしまいました。




さて、もう一箇所立ち寄ったのは、池間ロープから一周道路を少し進んだところにあるビーチ。道路に車寄せスペースがあるのが気になって、何かあるらしいと停まってみたのです。

草むらに足をかけると・・・
ikema block1
この通りの美しい浜が!(ちょっと、ナナメになってしまいましたが^^;)
ここ、本当に気付いてよかった!!

ikema block2
池間ロープも綺麗でしたが、私の中でここの評価はそれ以上。
ちょうど晴れてくれたこともあって、絵葉書のような風景を堪能することができました。

沖に見えるのはマリンショップのシュノーケリング船ですが、ここはビーチエントリーでもすぐに元気なサンゴを見ることができるそうです(byはぴこ先生 )。今度はここにマイシュノーケリングセットを絶対持って来るのだ!と心に誓いました。


そういえばこのビーチでは地元のオバアに声をかけられたのですが、池間訛りが強くて残念ながらあまり聞き取れずノ。情けないわー。オバアごめんなさい。唯一、左側の方が綺麗だよとという意味のことを言ってくれているのが何となくわかったので、オススメに従い左の方も散策(^^)。それを見たオバアは満足そうに立ち去って行きました。ああ、語学留学しようかしらー、池間島に。

続く
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006-06-26 23:00:40

宮古回想記 その二十(池間大橋 @池間島)

テーマ:島旅-宮古回想記'06春
今回はまだ大事な場所に行っていません。
それは池間大橋、そして池間島。
初めて宮古ブルーに出会い、計り知れない衝撃を受けた場所です。
残り少なくなった宮古での時間を過ごすには、やはりここしかありません。

すむばりを出て北進すると、ほどなく池間大橋が視界に入ってきます。この橋が見えた瞬間の風景が大好きです。海の色にハっとします。
↓これは、大橋手前の「世渡橋」からの眺め。
ikema bridge5

大橋たもとの駐車場からの眺めも、好き。
ikema bridge1


白く光る砂と、もずく漁の船。
時が止まったような風景です。






池間大橋を渡りきると必ず目に入ってくるのが、右手のお土産店群。中でもピンクの建物「海美来(かいみーる)」は目立ちます。ここの屋上は展望台になっていて、池間大橋はもちろんのこと、八重干瀬方面までずーっと見渡せるようになっています。

ikema bridge2

宮古島と池間大橋を望む。右手に伸びているのは、宮古島の西平安名崎です。







少し視線を左に移すと、大神島も。
ikema bridge3

さらに左に目を向けると、綺麗なビーチが。
ikema bridge4

この先に、八重干瀬があるのです。
またシュノーケリングしに行きたいなあ。







話は変わりますが、海美来の駐車場には、間近に迫ったトライアスロン大会に向けてこんな横断幕が掲げられていました。
triathelon
目指せ完走、松野康子先生!
池間島のアイアンレディー(?)松野先生、完走されたでしょうか?(^^)

続く
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2006-06-19 22:30:47

宮古回想記 その十九(すむばり @宮古島)

テーマ:島旅-宮古回想記'06春
前浜を堪能した後は、1年越しの夢をかなえるべく宮古島を一路北進。
目指すは、一年前にフラレてしまった アノ店。宮古島北部の狩俣地区、池間大橋から目と鼻の先にそれはあります。

その店とは、美味しいタコ料理が食べられると地元でも観光客にも人気の「すむばり 」。ウミンチュであるご主人が自らタコを採ってくるんだそうです。そうと聞いては気になりますよね。

駐車場を覗き込むとレンタカーも何台か見え、今日は開いている模様!やったー。
先客は、地元のおじちゃんグループと、観光客が2組くらい。
早速我々もお座敷に上がりこんで、名物「すむばりそば」と「タコ丼」を注文しました。

外が暑かったせいか、冷房の効いた店内のお座敷は非常に居心地よく・・・。
まったりしていると、ほどなく注文の品がやってまいりました!

こちらはすむばりそば。ようやく出会えた喜びよ。

sumubari soba
スープは海鮮だしの塩味。沖縄のそばにしては珍しいですよね。上に乗った具は、柔らかく煮たタコ、アーサ、アサリといった海の幸。そして卵焼き。

これ、冗談抜きで美味しかったです!!モンゼツ級です。タコは見た目よりかなりボリュームがあり食べても食べても出てくるわ出てくるわ。でもこれがいくらでもいけてしまうのです。

途方に暮れるほどメニュー豊富なすむばりですが、初めて行かれる方には、やはりこの「すむばりそば」を味わっていただきたいなー(って私は何者?)。

そしてこちらがタコ丼
tako don これもまた違った味わいで、ウマウマ~。
上に乗っているのは、甘辛く煮たタコを野菜と一緒に卵でとじたもの。ちょっぴり濃い味付けで、ゴハンも進みます。これまたタコのボリュームがすごいのですが、全然飽きません。

ああまだある~(^-^)と喜びに浸りつつ、いよいよ減ってくると本当に悲しくなりながら(;_;)いただきました。


これ以外にもメニューはたくさんあって、以前お世話になったシュノーケリングのインストラクターさんは、タコ墨焼きそばやタコフライ定食も美味しいよ~とおっしゃってました。

お店のサイトを見ては、次は何を頼もうか今から考えてしまいます。

続く
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。