義肢装具士(義足・義手・装具製作)「沖野敦郎」のブログ・・・

義手や義足や装具なんかを作っているオッキーの日常です。

日常とはいえ、ほとんど陸上競技の話です。

仕事の話も少しはのせるかなー。


テーマ:

私の予想とは裏腹に、反響がソコソコあったので、中学生編に引き続き高校生編を書きたいと思った沖野です。








平野中学校の池野憲一郎先生から卒業時に頂いた




「人生マラソン 我慢すること」




のお言葉は、今の私を形成している言葉の一つとなっています。








さて、中学時代は走高跳びと混成競技(100m・砲丸投げ・走高跳びの三種競技Aで、現在は四種競技になっている)をやらせていただいていた沖野ですが、心境に変化が生じます。




全てが自己責任である(と当時は考えていた)個人種目の陸上競技を選んだ中学生の沖野ですが、仲間と共に助け合い、共に高みを目指して挑戦していく楽しみを覚えます。




その気持ちは、種目の選択にも影響を及ぼします。




「みんなでリレーを走りたい!!」








しかし、走高跳びにはさほど疾走能力は関係ないので、中学時代はそれほど走る練習をしませんでした。




毎日ピョンピョン跳びまくっていました。




その影響か?!元々たいして脚は速くなかったので、中学時代でもあまり脚は速くはなりませんでした。




また、走高跳びで自分の目線以上のバーを越えるのに恐怖心が芽生えてしまいました。




その結果、中学生最後の試合は高校生と一緒に試合だったのですが、開始時の高さが170cmであったため、記録なしという結果に終わってしまいました。








「高校に入ったら種目を変えよう。」








走高跳びで培った跳躍力(垂直跳び、あまり跳べませんが)を活かし、かつ走力が必要になる「走幅跳び」に種目を変更しました。




すべてはリレーを走るために・・・。








高校は「兵庫県立北須磨高等学校」。




ありふれた公立高校です。




部員こそ少なかったものの、そこでも100m10秒台の先輩がいたり、中学時代に全国大会に出場した同級生がいたりと、競技レベルは決して低くはありませんでした。




中学時代の練習メニューは先生が決めて、それをこなしていましたが、高校時代の練習メニューは3年生が決めて、それを昼休みに五島昇先生に相談してから最終的にメニューが決まりました。








「走幅跳び」と並行して、競技人口の少ない「三段跳び」にも挑戦しました。




この「三段跳び」ですが、あまり中学生はやりません。




といいますか、中学生の大会では三段跳び自体があまりありませんでした(1990年代のお話し)。




おそらくですが、三段跳びは関節、特に腰に大きな負担が加わるので、身体の形成が不十分な中学生には負担が大きすぎたのであまり実施されなかったのではと個人的には思います(中学の同級生数人が三段跳びをやると腰が痛いと言っていましたから・・・)。




ちなみに、全日本中学校陸上競技選手権大会でも未だに三段跳びはありません(槍投げ、ハンマー投げ、円盤投げなどもありません)。








順調に練習に励んでいましたが、高校1年生の冬に事件が起こります。




1月17日に「阪神淡路大震災」が発生しました。




部活動どころか、学校は数か月休校。




その間、私はボランティアで救援物資の仕分けはしていたものの、陸上競技の練習は全くしていませんでした。




そのため、高校2年生になるころには競技力がガタ落ち・・・。




日々の積み重ねって大事ですね。




2か月何もしなかったら、本当に普通の人になってしまいました。




沖野はその恐怖心が今でも残っており、長期で練習を休むのに抵抗があります。








土曜日は午前中で授業が終わり、急いで学食で昼食にすうどん(具のない汁と麺だけの安いうどん)を食べ、一生懸命消化してから午後の練習を行ったり、時には昼食のメニュー選択を間違ってカレーを腹一杯食べてしまい、吐きそうになるのをグッと我慢したり我慢できずに吐いたりしながら練習したおかげで、100mはそこそこ速くなったので、ついに4✖100mリレーでは3走をまかされることになりました。




念願のリレーです!!




持久力はなかったので、4✖400mリレーは予選要員として、予選を走ったり走らなかったりでした。




走幅跳び、三段跳び、4✖100mリレーの成績は、神戸市の大会は突破できたものの、兵庫県大会を勝ち抜くことはできませんでした。




ちなみに、同級生の主将はなんでもできる選手で、高校3年生の神戸市予選から三段跳びを始めたのですが、瞬殺で負けました・・・。




練習だけでは才能には勝てないんだと、そのときに認識しました・・・。




・・・が、それでも未だに走り跳び続けているのは、本当に陸上競技が好きだからなんでしょうね・・・。







インターハイ兵庫大会が終わると、近畿大会に進めた主将や高校駅伝がある長距離選手以外の高校3年生は引退ですが、4✖100mリレーのメンバーを半ば無理矢理誘って、社会人や大学生も出場する「兵庫県陸上競技選手権大会」にも出場しました。







その後は、みんなは受験勉強にまっしぐらでしたが、沖野はやり切った感が得られなかったので、こっそり9月まで試合に出ていました。




受験勉強をせずに部活をやっていることを親にばれないように、外にスパイクやウエアを隠したりしていました(当時は体操着で部活動も行っていたので、体操着を学校の体育で使うといって洗濯してもらっていましたが、おそらくバレていたと思います・・・)。








「現状維持は衰退以外のなにものでもない」




五島昇先生のおっしゃっていた言葉です。








そんな高校時代も不完全燃焼な沖野は、大学生編へコマをすすめるのであった・・・


AD
いいね!(4)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

息子(跳郎)が現在1歳5か月になりますが、いまだに立つことはできても数歩しか歩けず、大丈夫かいなと思う反面、今しかできないハイハイを楽しんでくれたらエエかな~っと思っている沖野です。


ハイハイは今しかできませんからね~。




はいはい、今回は日常用義手を使用しているユーザーさんの体験談です。


このユーザーさんは肘下を切断しており、前腕義手を使用しています。


農作業を行う時は作業用義手(手先具がフック状になっている義手)を使用しますが、普段の日常は装飾用義手を使用します。


image



これが装飾用義手です。


装飾用義手とは、機能よりも外観(見た目)の再現性を重視しており、基本的に手先は動きません。


外観を良くするため、シリコンで覆っています。




このユーザーさんは、車を運転する際は、左手が義手なので右手でハンドルを握ります。


ワイパーは義手で操作して、ウインカーを出すときは右手の小指で操作します。


最近、カーナビはもちろんのことエアコン操作までタッチパネル式の最新の車に買い替えました。




そこで悲劇はおこります。


通常は右ハンドルであれば、カーナビやエアコン操作は左手で行います。


このユーザーさんも左手で操作を行います。


義手側で操作を行います。


義手でタッチパネルを操作します・・・。


義手でタッチパネルにタッチします・・・。




・・・。




動かへん・・・。




義手でタッチパネルを押した際、パネルが反応しなかったようです。


ですので、エアコンを操作する場合は左手の義手でハンドルを押さえ、右手をクロスさせて右手でタッチパネルを押しているそうです。


非常にやりにくいとおっしゃってました。




タッチパネルには大きく分けて「抵抗膜方式」と「静電容量方式」に分けられますが、この車は「静電容量方式」だったようで、義手で押しても反応しなかったようです。


様々なシーンで目にするタッチパネル、誰もが使いやすいと認識しているタッチパネルですが、万人に使いやすいとは言い難いですね。




ちなみに、全盲の知り合いもタッチパネルは触っても凹凸がないから全くボタンの場所がわからないと言っていました。

AD
いいね!(11)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
少し前の話の画像になりますが、東京体育館のグランドからふと外を見ると、国立競技場があった場所が緑で覆い茂っており、作業も何も進んでいない様子が垣間見え、少し寂しい気持ちになった沖野です。

思い出の地であり、陸上競技の聖地である「国立競技場」・・・。

個人的には球技専用競技場にはなってほしくないですね・・・。

image





さて、日本パラ陸上の400mの動画をアップして欲しいと要望がありましたので、公開します。

T44の池田幹生選手中心です。



結果です。

T44 池田幹生 1分01秒69

T42 手塚圭太 1分21秒57



5月5日の練習in葛飾区総合運動公園

15分JOG

第3コーナーからSD30×3、120×2

円盤ターン練習


AD
いいね!(10)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
GWの初っ端は鳥取県のコカ・コーラウエストスポーツパークにて「第27回日本パラ陸上競技選手権大会」が開催されたので、観戦に行ってきましたが、鳥取県全面バックアップの効果で観客多数、報道陣多数、出店多数の上、さらには好記録多数の非常に有意義な大会だったと感じた沖野です。

大会新記録・日本新記録・アジア新記録・世界新記録が誕生しましたから!!



選手はもちろんのこと、役員・審判・補助員・コーチ・トレーナー・観客・関係者全ての皆々様、お疲れ様でした。

image


大会終了後にキビキビと撤去作業にうつる補助員の学生さんです。

様々な方の支えがあっての大会だと改めて実感しました。



さて、例のごとく男女切断クラスの100mと、男子4×100mRの動画をアップしておきますので、お楽しみください。



男子T42(股・大腿切断クラス)100m



男子T44(下腿切断クラス)100m



男子T46(上腕切断クラス)・47(前腕切断、上肢装具クラス)100m



女子T42(大腿切断クラス)100m



女子T44(下腿切断クラス)・47(前腕切断クラス)100m



男子T44(下腿切断クラス)・47(前腕切断クラス)4×100mR




2日間の熱戦が繰り広げられましたが、このGWは5月3日に静岡国際陸上、7日に中部実業団陸上、8日に川崎セイコーグランプリで招待レースが行われます。

連戦ですが、上手く疲労を抜いて、怪我のないようにしてほしいものです。
いいね!(8)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「頑張っている」「忙しい」っていう尺度は人それぞれだと思いますが、「私とっても頑張っています!!」「私とっても忙しいんです!!」って主張してくる人はなんだか苦手やなーって感じる沖野です。


わざわざ言う必要あるんですかね?


褒めてほしいんですかね?


それ、誰のために行っていることなんですかね?


自分で好んで行っているんじゃないですかね?


やらされているんですかね?




さて、本日は疾走用義手の調整を行いました。


日本体育大学陸上競技部に所属する


「三須穂乃香」選手の義手です。


image


黄色いソケットと赤いパイプのコントラストが可愛いと思います。


三須選手は今週末に鳥取で開催される「第27回 日本パラ陸上競技選手権大会」に100mと200mに参加します。


リオパラリンピック選考大会はこの鳥取と6月4・5日に新潟で開催される「2016ジャパンパラ陸上競技大会」のみとなりました。


この義手をつけてから自己記録を更新している三須選手の更なる活躍に期待大です!!




4月26日の練習in夢の島


120m+40m+60m、Rest10分、2セット


15分JOG

いいね!(7)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

先週末に発生した九州地方の地震のため、呑気にブログを書くのは不謹慎かと思っていましたが、皆が皆暗くなってても仕方がないと思い、新たに更新した沖野です。




今回は「新日本製薬大分パラ陸上2016」を終え、大腿義足クラスで38m18cmと好調を取り戻してきた眞野雄輝選手(自己記録は39m22cmの現日本記録)の槍投げ用義足の改良を行いました。


image


こちらが改良前そしてこちらが・・・


image


改良後!!


何が変わったかわかりますか??


わかったあなたは義肢装具士になれる?!




そうです、パイプ部分を6mm短くしました。


眞野選手は右投げで左足が大腿義足なのですが、投擲時に上へ身体が浮き上がってしまうとのことだったので、今回は義足長を少し短くしました。


たかが6mm、されど6mmです。


このような微調整を繰り返して、最高の義足に選手と共に仕上げていくのが沖野の幸福です。


次回は40mOVERだっ!!

いいね!(5)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ひさびさにパラ陸上の試合を観に行き、やっぱ陸上はおもろいな~と再認識した沖野です。



義足・義手関係の男女100mの動画をのせておきます。

あまりにも差がある場合は、選手の方々には申し訳ありませんがトップグループを撮影しております。

今大会は選手が競えるように、タイム順で組み合わせをしてくれたようです。

そういう配慮は選手にとって非常にありがたいと思います。

男子が3組、女子が1組です。

結果は最下段にリンクを貼っておきます。











結果です。

http://oitaathletics.com
いいね!(6)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今週末は大分銀行ドームにて「新日本製薬大分パラ陸上2016」が開催されるのですが、私も久々に観戦しに行こうとワクワクドキドキしている沖野です。


もちろん工具も持参していきますよ!!




さて、毎月第1水曜日は静岡市、第1木曜日は沼津市に出張巡回に行っています。


静岡市の巡回の後は、陸上競技下腿義足アスリートの「春田純」選手と共に練習しています。


今回は、この4月で改築工事が終了した「清水総合運動場陸上競技場」にて練習を行いました。


image


ブルータータンと青空がとてもマッチして、綺麗な競技場です。


写真には写ってはいませんが、車イス用トイレが併設しているだけでなく、車イスで正面スタンドに上がるために、大きなスロープがあります。


障がい者にやさしい・使いやすい施設って、つまりは誰もが使いやすい施設なんですよね。




4月6日の練習in清水総合運動場


走幅跳び全助走×6


スタートダッシュ(SD)30m×3、60m×2


MAX120m×1


15分JOG




今週末の大分陸上、春田選手も参加します。


同じ下腿義足アスリートの「佐藤圭太」「池田樹生」選手との対決が見ものですね!!


いいね!(5)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

4月から新年度がスタートし、私も義肢装具士になって12年目がスタートしますが、まだまだ若手だと思っていたら、いつの間にか会社の中で中堅クラスの仲間入り(社内の職員を経験年数順に並べた結果)を果たしており、時間が過ぎるのは早いな~と感じている沖野です。


偉大なる先輩のTさん、同期入社の齋藤拓君が辞めて、1年が経過しています。


1年なんてあっという間ですね・・・。




さて、今日は自分の陸上競技に対する考えの整理です。


あまり面白くないと思いますので、興味のある方だけどうぞ。


image


写真と本文は全く関係ありません・・・。


今年で38歳になる沖野(12月が誕生日なのでまだ37歳)。


12歳の中学1年生から陸上競技を始めて今年でなんと26年目!!




中学入学時はさほど足が速いわけでもなく、体育のスポーツテストの50m走で足の速い生徒達が陸上部の顧問の池野憲一郎先生に声をかけられるのを横目にして、何部に入ろうか悩んでいました。


当初は球技系や団体系を考えていましたが、備品にお金がかかるのと、自分の実力が勝敗に影響しにくい(団体競技だと自分の調子が悪くても試合に勝利する場合がある)のを考慮して、個人種目を選択。


大会で優勝して、「○○中が優勝!!」ではなく、「沖野優勝!!」と新聞に載りたくて個人種目を選んだという中学生的思考もありました・・・。


が、先ほども述べたように、私は特段かけっこが速いわけでもありません。


偶然にも、私が入部したのは公立の中学校なのに全国で総合優勝を何度もしているような名門陸上部(神戸市立平野中学校)です。


部員が3学年で100人以上います。


当然、試合になんて出られません。


来る日も来る日も走る練習をするものの、試合には出られません。


そんな日が入部してから数か月続きましたが、1年生の秋になって、部員の適正を調べるため他種目(跳躍や投擲)に挑戦するチャンスがありました。


当時から少し背が大きかったのと、ヒョロヒョロ体型(当時は細ネギみたいでした)なのが功を奏したのか、走高跳びの選手に抜擢されました。


対抗戦に出場できるのは1種目3人まで。


男子走高跳びブロックは先輩が1人で同級生が3人。


先輩1人は実力的に出場が確定しているので、残り2枠を同級生3人と争っていました。


争うといっても、お互いを蹴落とすのではなく、お互いを意識し合い、常に練習を全力でこなしていました。


切磋琢磨っていうやつですね。


毎試合1週間前に、部員全員の前で先生が誰がどの種目に出場するのかを発表します。


毎回ドキドキしながら発表を聞いていました。


出られる試合もあれば、出られない試合もありました。


ですので、沖野は試合に対して特別な感情があり、怪我等の事情がない限りは、試合を棄権するのは非常に抵抗がありました。


今でもあります。




通常の中学校では、下級生がグランド整備をしたり、試合等の遠征時には備品を運んだりしますが、平野中学校は違いました。


下級生は何も命じられることはなく、練習の準備は上級生が行います。


下級生は最初、何もわからないので、練習前でも平気で遊んでいます。


しかし、上級生がもくもくと準備をしています。


それを見て、結果として下級生が誰に命じられる事もなく、率先して上級生を手伝います。


そのため、短時間で準備が終わります。


命じられるままに行動するのではありません。


試合時も関係ありません。


私も何度か場所取りをしました。


中学生と高校生合同の試合では、あの西脇工業高校と場所の取り合いをしていたのを懐かしく思い出します。


中学2年生から走高跳びでレギュラーの座を射止め、混成競技(当時は100m・砲丸投げ・走高跳びの三種競技A)も始めました。


通常の練習では、日替わりで100mのために走って、走高跳びのために跳んで、それでは時間が足りないので、朝練習や通常練習後に砲丸投げのために投げる練習をしていました。


一人ではへこたれていたと思いますが、混成種目の仲間(三種競技A以外に400m・砲丸投げ・走幅跳びの三種競技Bがあります)がいたので、互いに意識しあいながら頑張れました。


この時、個人種目でありながらも、仲間と共に互いに助け合う精神の大切さを体感しました。




お盆休みも正月休みもなく、一心不乱に練習していました。


もちろん朝練から放課後練まで、日曜日以外の練習日には顧問の先生が指導してくださっていました。


昔、保護者から試合に出場させる費用がかかるとクレームが入ったのを機に、部員の試合参加費も全て先生が支払っていました(1種目500円程度ですが、全部員の金額となると1試合だけで数万円です)。


なので、私は高校に進学するまで、陸上競技の大会に出場する際に出場料がかかるなんて知りませんでしたから・・・。




今考えると、先生の情熱の熱さや懐の深さは、称賛に値するなんて文字では表せられません。




平々凡々な只の中学生だった私ですが、先生のご指導により、中学2年生時では区の大会で3位争いをしていたのが、中学3年生では県大会に行ける競技レベルにまでなりました。


が、同級生は県大会どころか近畿大会、全国大会、しまいには全国大会で上位入賞や優勝していました。


私は、部内では強い部類には入っていませんでした。



自分ももっともっと強くなって、速くなりたい!!跳びたい!!投げたい!!という強い思いから、高校でも陸上部に入部するのであった・・・。




少し長くなったので、また後日・・・。

いいね!(9)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

最近息子が夜まで起きているので、私が帰宅してもまだ起きており、触れ合う機会が増えたおかげで、やっとこさ?!ジャレついてくれるようになった沖野です。


いままでは「誰やこのおっさん??」っていう目で見られている気がしてましたから・・・。




さて、もうすぐ4月です。


そうです、陸上競技トラックシーズンインです。


2月からオーストラリアや3月のアジア・オセアニア選手権がドバイで開催されていますが、日本ではだいたい4月からがシーズンインになります。


この時期はアスリートも調整を多々行います。


義足の選手は、義足の適合(フィッティング)や角度(アライメント)調整を行います。


image  


遠路はるばる愛知県から、下腿義足アスリートの佐藤圭太選手(左)と池田樹生選手(真ん中)が調整に来てくれました。


本当は別日に義手アスリートの多川知希選手も来てくれたのですが、写真は恥ずかしいとのこと(笑)




4月9、10日は大分陸上があります。


九州へGOですね!!




3月25日の練習in葛西総合スポーツセンター


MAX200m×1


15分JOG




本来であれば200mをあと2本は行く予定だったのですが、2本目の途中で左内転筋に強い張りを感じたので、大事をとって辞めました。


普段仕事をしているとなかなか競技場へ行けないので、せっかく競技場に来たからにはガンガン練習したい!!という気持ちがある反面、違和感があるときは潔く辞めたほうが後々良いな~という気持ちのせめぎ合いで、いつも悩まされてしまいます。


しかし、この時期に無理して身体を痛めても仕方がないので、今回は練習を中断しました。


今週末は新潟にて「日本障がい者スポーツ学会」が開催され、発表をしてきます。


http://25thjsspdniigata.wix.com/25thjsspd


その間に内転筋が治ればええな~。

いいね!(11)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。