日はまた昇る 〜元プロボクサー行政書士 太田宏樹のブログ〜

元A級プロボクサー行政書士が、ざっくばらんに日々の出来事を綴っていきます。


テーマ:
なんとなく久々の更新です。

確定申告も含め、あれやこれやとやることがあるのに気付けばネット見たりして現実逃避中です・・・

今の時期は行政書士試験に合格された方々が開業に向けて悶々とされている時期でしょうか(⌒¬⌒*)

なぜかそういった方々のブログが気になったりして拝見させていただいたりしていました。


私も気付けば行政書士登録してから4年(独立開業したからは3年半)経ち、事務所も構えることができたし、それなりに形になってきたかな~といった感じです。


開業したての頃はそれこそ右も左もわからずにやみくもに動いていた感じでした。
チラシまきをしたり、今思い出せば恥ずかしい感じの飛び込み営業とかもしたりと、とにかく毎日何かしら動いていないと不安で不安で仕方なかったです。

問い合わせがあったらあったで、何を聞かれるのか不安だったし、仕事を受注出来たら出来たでどうやってこなせば良いのか不安だったし(笑)

今でも不安は尽きませんが、新規業務の相談であってもお客さんとの対応でビビることはなくなりました。

わからないことはわからないと素直に答え、後日調べてお答えするような姿勢であれば仕事を取り逃すわけではないのだということもわかってきたし、知識が豊富な方とお話しする場合であってもこちらも虚勢を張って知ったかぶりをするのではなく、相手の話に同調するような姿勢で臨めば、決して悪い印象は与えないのではないのだということもわかってきました。


だから業務知識不足により集客にブレーキをかけてしまうことは本当にもったいないですね。

業務知識の習得と集客は事務所経営の両輪だと思います。
業務遂行に必要な知識が「10」だとしたら、本やネットに係れていることは「3」程度ではないでしょうか?
地方ルールなどもあり、現実は本にかかれていることとかい離している場合もありますし、本当に業務遂行に必要な知識は、同業の先輩や役所に直接聞きにいくことで補完する必要性はあります。
また、それぞれの業務独特の業界話などでのお客様とのやりとりは実務の中でしか身に付かないと思います。

そういったものを全部組み合わせてお客様の満足を得られれば、それは「10」のサービスといえるのではないでしょうか。
さらに私は「12」は目指したいですね。




まとめ


依頼を受けた時、答えは「YES」「はい」しかない。
(※違法な依頼は除く)
出来なかったら出来るようにするだけ!!

AD
いいね!(23)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨年は本当にたくさんんお方々にお世話になりました。

色々なお客様方と出会い、色々なご相談を受けました。

中には業際にひっかかり自分の行政書士のお仕事の範疇から外れてしまい、結果的に他士業の方へのお取次という形を取らざるを得なかったお客様もいらっしゃいます。
また最初から、「お仕事として受けていただけるかわからないことなのですが・・・」

と遠慮がちにご相談をいただく方もいらっしゃいますがそのようなことは一切気兼ねしないでご相談いただきたいです。

たとえお仕事にならないようなご相談内容であったとしても結果的に自分自身の知識が増えたり、思わぬ方との繋がりが出来たりすることもあったりして、たとえ自分自身のお仕事として受託することが出来なかったとしてもこちらとしてもかえってありがたいことなのです。


また昨年は同業者の方々にも大変お世話になりました。

同支部内では顔見知りの行政書士の先輩方もかなり増え、親しくさせていただくようになりました。

私自身のわからない業務についても親身にご指導頂いたり、お仕事をご紹介いただいたことによって、事務所の経営も大きく変化し、向上致しました。


北海道外の行政書士の方々ともつながりが出来ました。

業務によっては北海道外の行政書士の方からお仕事のご依頼を受けることも増えてきました。

昨年末には、思わぬ経緯から知り合った他県の行政書士の先生ともお会いして、一緒に飲みにいくことが出来ました。

同期の同業者であることから話も盛り上がり、とても楽しい時間を過ごすことが出来ました。

急にご連絡さしあげたにもかかわらず、お会いしていただき本当にありがとうございました!!

そして同期の同業者とお話することで、私もとても刺激を受け、ますます頑張らなければならないと年末、心に期した次第であります。

今後も他の地域の士業の方にお願いしなければ出来ないようなお仕事などがあれば、その地域の士業の方と提携してお仕事が出来るようなネットワークを築いていければと思います。


行政書士登録してから今年で早くも3年目となりました。

本当に早いものです。

新人と言ってもらえるのか微妙な年数ですね・・・

それゆえに自分自身の実力もそれ相応に磨いていかなければならないというプレッシャーも感じております。



「恐れず 奢らず 侮らず」


この言葉は埼玉県の花咲徳栄高校ボクシング部の部訓だと聞いたことがありますが、勝負の世界に限らず、行政書士となってからの業務への取り組み方を振り返った時にもよくあてはまる言葉です。
これに加えて関わってくださった皆様方への
感謝の気持ちを忘れずに40代に突入した今年も挑戦を続けて参りたいと思っておりますので今年も宜しくお願い申し上げます!

皆様方にとって良い一年となりますように!!

行政書士 太田 宏樹










AD
いいね!(29)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
プロフィールのとおりプロボクサーであったことを売りにしているわりには自分の中にずっとあったコンプレックス。

それは日本ランカーになれなかったことです。

もちろんその上には日本チャンピオンという目標もありましたが、ボクシングを始めた時から

「最低でも日本ランカーくらいにはなれるだろう」

という今となって思えばかなり甘い考えでボクシングを始めました。

何かをはじめるには根拠のない自信というのも大事なのですが、当然、ボクシングを続けるにつれ、それがどんなに大変なことなのかが身に染みてわかってきます。

それがわかりつつも勝ったり負けたりを繰り返しながらようやく「日本ランキング」に手が届く位置に来ました。

そんな時に巡ってきたチャンスというのが前日本チャンピオンで2階級制覇を目指している最中だった選手との試合でした。

もちろん勝てば日本ランキング入り。

実績から考えても明らかに格上の選手でしたが、勝てないとも思っていませんでした。

結局この試合は2Rで玉砕。

そしてこれが最初で最後の日本ランキング挑戦となってしまったのでした・・・


引退

試合に負けたことが直接の原因というよりは、むしろ負けたことで闘争心に更に火が付いていました。

しかしながらその後、私生活において色々な出来事が重なり、悩みに悩んだ末、引退という決断を選びました。


引退してからは結構辛かったです・・・

自身の唯一の拠り所だったボクシングがなくなってしまったのです。

その後の人生を考えてというのが表面上の理由だったかもしれませんが、その後の人生なんて考えられませんでした・・・

ボクシングを辞めた後の人生なんて「余生」とまで思っていました。

「自分は続けていればもっと上に行けたはず」
「あの選手と自分が試合したら勝てるはず」
「復帰しようかな~」


なんてことを引退してから8年もの間、悶々と考えながら生きていました。


そんな煮え切らない思いが消えたのは行政書士試験に受かった時でした。

新たな目標を見つけ、それを達成できた時、不思議とそれまでの悶々とした思いは消えていったのです。

あの合格がなければいまだに暗黒の日々は続いていたかもしれません。




そして行政書士となった今はおかげさまで充実した日々を過ごすことが出来ています。

ボクシングを引退したことは自分で決断したことですが、あの当時の自身の想いをあらためて振り返ると、口には出さなくても人のせいにしていたり、環境のせいにしていたり・・・

やりたい気持ちもあったのに何かを理由にして引退という決断をしたことについて。

「ボクシングを続けたいという想いはそこまでだったんじゃね~のか?」

ってようやく思えるようになりました。

その当時は色々なことががあって、悩みに悩んだ末に引退という決断をしたわけだけど、何が何でも続けたかったらなんとしてでも続ける道を選んだのではないかと思えるようになったのです。


ようやくそのように考えられるようになったのは時間が経ったせいなのか、自分が成長したということなのか・・・

今が充実していなければそんな風には考えないでもがいていたかもしれません。

ボクシングにしろ、ダイエットにしろ、試験勉強にしろ、起業にしろ、

それを達成するためには難関や誘惑がたくさんあります。

それでも目標を達成する人というのは誰に何を言われようが、周りの環境がどうであろうが、ピュアに目標を達成できることを信じて努力し続けられる人なのではないかと思う今日この頃です。

AD
いいね!(13)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日、大間原発差止め訴訟の口頭弁論が行われました。
他県の方にはイメージがわかないかもしれませんが、大間原発は函館から津軽海峡をを隔てた対岸地域が建設予定地で、晴れの日には函館山などからはっきりとその姿が見えます。



ここに原子力発電所が建てられたらどうなるのでしょうか?
万が一福島の原発と同じような事故が起こった場合、目に見えない放射能が隔てるものもなく襲ってくるのです。
函館市民としてはあれだけの震災を目の当たりにした後においても建設が続行されるのは当然容認できないでしょう。
電気による恩恵を受ける誰かのために、他の誰かが「原発」という大きなリスクに怯えながら生活しなければならないという電力供給の仕組みを変えるべく投じた大きな一石だと思います。


今回の訴訟についてちょっと視点を変えます。
今回函館市は「行政事件訴訟法」に基づき、日本で初めて自治体が原告となって提訴しました。
原告適格の要件である「法律上の利益を有する者」として個人だけでなく自治体も含まれるかどうかが争点になりそうです。
「行政事件訴訟法」は行政書士試験の範囲であるために受験勉強中は必死で覚えたものです。
しかしながら実務からは程遠い法律でしたので忘れかけていましたが、「無効等確認訴訟」「差止め訴訟」など受験勉強時に覚えた訴訟体系の記憶が、あらためて身近な問題とし蘇ってきました。
今回の訴訟も何年か後には行政書士試験の問題として出題されるのではないでしょうか?
行政書士試験の受験勉強をされている方は今後もこの訴訟について注視された方が良いかと思います。


またまた視点を変えます。
次はボクサーとしての視点です。
今回の訴訟についてある弁護士が「今回の函館市の訴えはボディブローのように効いており・・・」という発言をしていた記事をみて少し違和感を覚えました。
一般的には「ボディブロー」はじわじわと効果をもたらすことについての比喩的表現として使われることが多いようなのですが、実はボディーは一発で効きます(笑)
特にプロ選手が練習生などを相手にする時にはボディブローで一発で悶絶させることが多いのではないでしょうか。
ボディを打たれ慣れていない選手が無防備にレバー(肝臓)でもパンチで抉られようものならば、耐えられる痛みと苦しみではないでしょう。

痛みや苦しみではなく、タイミングによって息が出来なくなってしまうようなボディブローもあります。
こうなると根性で耐えるとかいうレベルではないでしょう。
相手が息を吸うタイミング、パンチを引くタイミングでどんぴしゃでパンチが入った時です。
この場合も顎を打ち抜いた時と同じように、打った方にもあまり手ごたえがありません。

私自身はボディブローで倒されたことこそありませんが、効かされたことはあります。
それはじわじわと効かされたではなく、疲労困憊となった時に一発まともにもらった時です。
ボディによって体力が削られていったのではなく、体力がなくなったときに一発いいのをもらったから効いたのです。
倒されることはありませんでしたが、その後はボディーを触られるだけでも嫌なものでした。

いずれにせよボディブローによってじわじわと弱らせていくというよりは、経験的に一発で効かせられるパンチだと思っているので、一般的に使われている比喩表現にはどうも違和感を感じるのです。


またひねくれものの戯言でした・・・
いいね!(17)  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日のサッカーワールドカップは残念な結果に終わってしまいましたが、その試合は携帯電話のテレビで観戦しつつ、私は函館の五稜郭築造150年祭記念イベントにおいて開催されたギネス世界記録に挑戦の企画でスタッフとしてお手伝いさせていただきました。

これは参加者が手をつなぎ(厳密には手首と手首を摑みあう)で人間の鎖を作る人数のギネス世界記録に挑戦するというもの。
これまでの世界記録は東洋大の持つ1,026人という記録がありましたが、今回は150年にちなみ1,500人での記録達成を目指しましました。

海外からギネス認定員の方もお招きしてのギネス挑戦は、思っていたよりシビアで、本番中、会場内には立入禁止ゾーンも設けられて人の出入りもシャットアウト。
鎖が離れているかいないかをスチュワードと呼ばれるギネススタッフがチェックしてまわり、そのチェック用紙を見て厳正に審査するのです。

私はスタッフとして参加者の入場などをお手伝いさせていただきましたが、参加された皆様方のご協力のおかげで大きなトラブルもなく、スムーズに進みました。
会場は碁盤の目のようにきれいに仕切られれて番号が振られており、参加者は配布されたID番号どおりの升目に待機し、隣の方の手首を握り合うのですが、皆がそろって本番を開始するまでには時間もあったので空き番号が出来てしまう箇所もあって、急遽人員の補充に走り回ったり、穴埋めのためスタッフも私を含め何人かが急遽参加させていただいたくことになりました。
1分間ずっと手首を握り合っていなければならないのですが、こういう時には長く感じる1分間。
顔がかゆくても掻くこともできないので、ひたすらじっと手首を握り合って、1分が経過したところで「ストップ」の掛け声。
その後の厳正な確認・審査のもと、1,479人という記録を達成!!
会場の参加者が一体となっての歓声が上がりました!






この企画のために入念な事前準備に4奔走された実行委員会の方々には頭の下がる思いです。

なかなか立会うことの出来ないギネス記録達成の現場に立会うことが出来て本当に良かったです!!

いいね!(8)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。