$★concon diary★

創業明治40年
愛知・名古屋で有名な老舗魚屋が、
「味で勝負!」と満を持して東京に進出・出店された
魚屋の居酒屋 魚錠 八重洲店
オープン記念ブロガーレセプションに
ご招待いただき行ってまいりました音譜

$★concon diary★

オープンが3/24と震災の後だったこともあり、
市場の変化も実感されたそうですが、
オープンから1ヶ月たった店内の盛況ぶりに、
東京駅八重洲エリアで既に人気店に
なっていることを感じさせられましたビール
特別な宣伝もせずに、フロアにこれだけ
サラリーマンやOLさん達であふれているので、
やっぱりおいしくなくちゃ、リピートしないですものねアップ
しかも、この八重洲エリアには、サラリーマン向けの
居酒屋チェーンが並ぶように出店しているんですお酒

今回のレセプションでは、味の違いを比べてみようビックリマーク
と魚屋としての自信を感じさせられるイベントが行われましたグッド!

海老もイカもこのように生きた状態で輸送されるので
新鮮さを保つこと、おいしさをお客様にラブラブって姿勢が
随所に感じられましたドキドキ
 $★concon diary★

$★concon diary★

飲食店の裏側ってなかなか知れないし、利益だけを追求しがちですけど
「魚錠にいけば本物にあえる、だましがないクオリティと価格」という言葉通り、
店舗側が努力されていることを知って、食に対しての
誠実さや信頼のようなものを感じたお店でしたアップ

海老の食べ比べ

ピョンピョンはねる生きているボタン海老 
$★concon diary★


北海道から空輸された生きてはいない海老
$★concon diary★


鮮度が落ちてくると、殻のぬめりや光沢がなくなって
乳白色に変化して、海老臭さが強くなるそう。

これ↓上が生きているボタン海老の殻をむいた状態です。
$★concon diary★


上の方が透明感がありますね。色の違いでわかります。
食べてみても、ぷりっぷりしているのが上で
とろーりしたまろやかさ、うまみを感じたのが下でした。
私は、歯ごたえや食感に新鮮さを感じた上の方が好みでしたにこ

★ほたるいかの食べ比べ★
兵庫産(下)と富山産(上)
$★concon diary★


★マグロの食べ比べ★
メバチマグロ(宮崎)
$★concon diary★

本マグロ(和歌山)
$★concon diary★

キハダマグロ(紀州産)
$★concon diary★


これ↓上から メバチ、本まぐろ、キハダです。
$★concon diary★

キハダは、他のものより桜色というか、華やかさのある色ツヤがあって、
甘みと食感が一番好みでした。本マグロも人気ありましたニコ

次回に続きますうお座おんぷ

魚錠 うおじょう
東京都中央区八重洲1-4-21 
共同ビル1階
03-6265-1880

11-14:30
17-24:00
東京駅八重洲北口徒歩3分