宇宙旅行(そろそろ地球に帰ろうかなぁ)

日々は未知との出会いの連続。毎日の発見をどう幸せに結び付けられるだろう。


テーマ:

最近、お気に入りのゴヤール。今年6月にホワイトラインが新登場するぞっ!って早くからお知らせをいただいたので、GWの予約販売で早速購入!うきうき6月を待っていました。でも現実には・・・。どうも注文が殺到したらしく一ヶ月以上遅れて先月末にやっと入荷。


それからペイントに入ったので、昨日やっと出来上がって来ましたぁ~。やったぁ~。



このデザイン確かぷりんさんが赤をお持ちでしたよね。とってもお似合いでした。私もこの形気になっていたのですが、荷物が多いので使えないかなぁ~と思って手に入れていませんでした。でも予約会でホワイトを見たらすっごくきれいで一目ぼれ!!

得意の3秒買いです。笑。

ペイントのカラーも3秒決め!!ホワイトにネイビーすっきりさわやかBAGにしようと。

ちょっとアクセント&お遊びでこんなペイントもオーダー。



うふふ。ちょっとおしゃれでしょう?


仕事の時にはPC抱えて動くんで、使えませんが、食事に行くときなど使うのが楽しみです。


でも、白って気持ち良いし、さわやかだし、潔いし、尚且つ使い方によってはとっても力強い色にもなるし、大好きです。


ってことで、きれいな白い歯にはこれ!



人気のソニッケア。音波の振動で隅々まできれいな歯!

これも大のお気に入り。


大満足なんだけど、一つだけ欠陥が・・・・。換えブラシが高い!な・な・なんと石丸電気でも二個で6000円!!!がーーーん!


あれ?関係なかったですね。失礼!

AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

テーマ:

以前マカロンさんフランさんがフランスの素敵な下着のお話をされていました。実はわたしも下着好きなのでとても楽しく拝見させていただきました。


昨年、仕事にかこつけて一ヶ月以上掛けて世界各国の下着のリサーチをしましたが、本当に国々で文化が異なっていてとても面白かったです。特に人種の坩堝のアメリカでは、際立ってその違いが出ていて非常に興味深かったです。アメリカ最大の下着ブランドはリミテッドグループのお馴染みヴィクトリアズシークレット。これに代表されるように、セクシー系とシンプル系の使い分けが一般的なようです。ヨーロッパほどエレガンスを貫くわけではなさそうです。


ヴィクトリア  ヴィクトリア


驚いたのはコリアンタウンの下着やさんを訪れたときのこと。何とずべてがベージュ、しかも殆どがモールド系でした。何でも韓国では胸を強調することはタブーのようで、あくまでも地味に目立たないことがつましいこととして定着しているのだそうです。それに胸にぴったりのものではなくて、少し緩めを買うのが一般的だそうで、アンダーゆったりを選ぶため、流通するサイズが異なるそうです。


各国それぞれに特徴がありますが、私自身はやはりヨーロッパ系を選んでいます。今最も気に入っているのが、「ERES(仏)」。10年ほど前にシャネルが買収し、その後海外への進出など積極的なマーケティングを進め、2003年後半には日本でも販売を開始しましたので、より気軽に買うことができるようになりました。


eres


ERESの魅力は水着で培った、一人ひとりのボディの美しさを際立たせる大胆なカットと美しいライン。シンプルで現代的なスタイルは、広告を使わずともセレブリティの口コミによって自然に広がって行きました。


私はこのブランドの持つ何気ない少年っぽさがあるところです。グラマラスな表現を避け華奢な少年のような魅力を引き出しています。あくまでもシンプルで品質の高さと磨かれたヨーロッパの新しいエレガンスをセンスよく表現しています。


日常に一番活躍しているのは、「LA PRELA(伊)」です。様々なラインがあるのでバリエーションが豊富のも魅力です。


ペルラ


こちらは洗練されたデザインと使い心地の良さで選んでいます。とは言っても日本で下着を買うときにはずっと同じお店同じ方から購入しています。私の体型、好みを完全に掌握してくださっているので、今日うかがいますねって連絡をすると、10~15種類ほどあらかじめ選んでくれています。私は接客ができる広い試着室に直行して彼女が選んでくれたものの中から、ポイポイ気に入ったものをチョイスするだけなんでです。

やはり下着はプロのアドバイスを受けた方が確実ですね。


さて、日本のメジャーなラインは、機能満載のキャンペーン商品ですね。これらは私には興味外。日本製ではなかなかエレガントなものが少なくて、寂しいなあと思っていました。でも最近になってワコールさんが、とても嬉しい新ブランドを出してくれたんです。「DIA(日)」早速ギンザのお店に伺い、感動しました。待っていた大人の女性のエレガントな下着。洗練されながらも日本人独特の「かわいらしさ」を程よく散りばめている逸品そろいです。


DIA


胸の中心にあるちょっとしたアクセサリーもロングタイプなどバリエーションがあるんです。全体のコンセプトにチュールのイメージを置いて、なかなか夢のあるお店作りも素敵です。これで私の下着にも日本製を追加することができそうです。



AD
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんなのにしようかと。


休日スタイル


麻のニット。ジョセフ

ブレザー。ドルチェ&ガッパーナ (お決まりの派手な裏地。笑。)

Gンズ。ルール (アバクロの大人版新ブランド。まだNJに一軒しかない。良いお店。)

BAG ゴヤール (おちさんもこの秋ブレークするって書いてましたね。)

赤いメッシュサンダル。サンローラン 


こういう風にシンプルな基本色の組み合わせ、結構好きです。


中のニットはこんな感じ。

インナー


かわいいでしょ?



AD
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

テーマ:

飛行機に乗り遅れました。がーーーーーーーん!

電車で夜10時に出る便があったんで夜行でいきます。げげ!

一週間の出張。結構悩みましたけど、とりあえずきちんとした格好が必要な株主総会用にはこれにしました。



シャネルのジャケットにラルフローレンのパンツ。これなら、ちゃんとした会社って感じでしょぅ?

実はシャネルのジャケットよちパンツの方が高い!!!げげげげげげげ!

忘れたかったけど、思い出しちちゃいましたです。


ジャケット


このジャケットは優れものです。いざと言うときにj結構お世話になってます。ただし、ウエストが60センチ以上ある人にはボタンはまりまへんで。見た目よりずっと絞ってますわ。


生地もよくって、重宝しますです。


でも、



36サイズって頑張りすぎかも。

満腹になったらウエスト60センチあっという間に超えてるかも。げ。ぎゃああ!

でも良いんです。はい。


どうしよう、ミーティングの時間が狂い、終電ならぬ、最終便に乗り遅れてしまった。リベンジには夜行列車しかないです。・・・・げ!


二等車しかなかったらどうしよう。やば!でも行かねばならん、どんなことがあっても明日の朝、8:00には絶対に会議室におらんとあかんのや。

げ・げ・げ。


ちんどいわぁ~。


いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

テーマ:

ノードストロム。靴屋さんから全米有数のデパートになってしまった会社。一時業務提携をしていたこともあり、シアトルの本店、HQ初め何だかんだとお付き合いをさせていただいてきました。


このデパートは「サービスが伝説に変わるとき」などの著書でも有名なカスタマーサービスの権化といった位置づけです。でも原点はなんと言っても靴。全米にチェーン化された多くのノードストロムでは、とても広い面積を靴売り場に裂き、優秀な人材を配置しています。特に妙齢のベテラン販売員さんの接客には痺れます。この靴売り場からノードストロムの経営幹部が何人輩出されたことか・・・。私の尊敬するゲイルコットルももちろんこの靴売り場から育ち、その後、企画生産系の子会社の社長に上り詰めました。


初めて転職を決意したとき、彼女は「グッドディシジョン!」と迷いもなく言ってくれました。そんなご縁もあって、アメリカでNY以外に滞在するときには、必ずノードストロムを尋ねます。


シカゴの町をリサーチしていたときも、真っ先にノードストロムの靴売り場へ行きました。魅力的な靴がたくさんあって、何を買おうかと迷っていたとき、60歳手前くらいの紳士(店員さん)が私に声をかけてくれました。

「あなたにはパワーがあるから、個性的な靴が一番似合うに決まってる。当社は少々地味だから他で選んだ方があなたにぴったりの靴に出会えるかもしれないよ。」


おぉぉぉぉ!そうきたか。やっぱりノードストロム。さすがだ。


私はお言葉に甘えて、ノードストロムを後にし、サックスフィフスやバーニーズなど散策に行った。途中出くわしたワイツマンのお店でドカ買いし、夕刻ノードストロムに戻ったときには8足ほどの靴を抱えていました。遠慮もなく店にはいるとさっきのおじいさまが声をかけてくれた。「あなたが去ってからくっとどれを勧めようかと考えながら仕事をしていたんだよ。」。


彼が手にして私に示した靴がこれ。


ノードストロム


もう2年近くヘビロテで履いているので形も崩れっぱなしでへろへろです。

でも、マジでこれは活躍した。デニムを履いたときには一見してスニーカーにしか見えません。

でも正面からはどうみてもスニーカー。


デニムに真っ赤なスニーカー女にしか見えないけれど実は結構立派なヒール。


後姿


大好きな9センチなんです。

写真では見えないけれど、ヒールの真ん中部分はきれいなステッチが施されています。足周りのあたりはグログランでパイピングされています。


でも何度も言いますが、前からみたらスニーカーにしか見えません。



正面


まあ。この靴には何日お世話になったことか。

私のデニム度UPを予測して勧めてくれたのかしらってくらい、感動物です。


これもまた変な靴でしょう?(b^ー゚)


シカゴ、ノードストロムのおじちゃま。思いっきり愛用してますですよ!誉められ頻度もダントツです。ありがとう!!!ほんまに。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

靴には苦労してます。


例えば、フィレンツェで買ったこれ。


グッチ


グッチなんですけど、踵が収まらないでパーチーにはけません。友だちに頼んで直してはもらいましたが、2時間以上は無理。


模様


せっかくきれいなビーズ加工なのに残念。でも好きだから大事にしています。



それからこれ。

大好きなデザインなんですよ。夏物のブーツってなかなか見つかりませんよね。

これボッテガべネタのもの。


ボッテガ



麻素地。珍しい更に


ボッテガ


きめ細かディティールにすぐに惚れてしまいました。



それからあなどれないのがワイツマン。

これ、ハラコで作ったブーツなんですけど、シカゴではノードストロムの靴の重鎮にこれを100ドル代で買ったあなたは凄いとほめられちゃいました。



ワイツマン


ノードストロムで何を買ったかはまたUPします。

これ、さずがに靴の専門家だけあって大活躍ですし・・・・。



いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)

テーマ:

自分の一部を整形で変えとしたら何を変える?私は文句なく足です。だってでかすぎ!26センチもあるんですよ。あたしの足!

 

若い頃良く言われましたよ。「poochaはおしゃれだけど、靴はベーシックだね。」

そうそうしょうがないじゃない、日本では私の足に合う靴うってませんやろ。

 

でもNYにおうち持った頃から激変です。なんと私のサイズ8半から9はNYでは中サイズ。(主力サイズ)やめらまへんやん。

 

ってことでドカ買い。某お店では店員さんに「ファッションショーの準備ですか?」って言われるくらい、ドカ買いしてます。でもってNYソーホーにあるシャネルブティックで買ったのがこれ。

 

 くつ



ステッチが可愛い。足首に結ぶ紐が可愛い。・・・。


これ夏には良いですよ。

サックスブルーの麻のパンツとかにも合うし、ボディローションでしっとりした素足に見にスカートでおよろしい。ヒールもお好みの9センチなので歩きやすいし。

でもね。この靴って変?


poochaんちのイメルダ部屋を訪れてくれる友人はみんなこれって変な靴って言うの。

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

YONYONさんの「マイファースト エルメス♪」に勝手につながらせていただいて、私はキャラクターを反映してマイファンキーで参ります。


おばかエルメス


じゃーーん。これ。ビーチガウンざんす。


大事に大事にされているバスマットさんとは裏腹に、この子はかれこれ十数年ご愛用のため、洗濯機でぐるぐるされっぱなしで、かわいそうに、もうぼろぼろですけど。(写真でもはっきりはわりますね。(p_q))これ、バスマットと同じ生地でできているので、まあ、信じられないほどずっしり重いっす。特にビーチで濡れようものなら超重くてもう肩がこるほど。気合と覚悟と愛情がないと着ることできないです。

これ着ていると誰もエルメスとは思わないみたいで、「あら珍しい種類の派手好きなお方だこと」ってまなざしを感じます。


それでも海に連れて行けないときには無謀にも我が家でバスローブとして登場します。生地が厚いのでとってもデブに見えます。(*゚▽`)b


旅につれていこうとすると、これまた嵩張って大変です。

そういうときは「ぼろでかリモア」の登場。


でかリモア


うひー。ぼろい。ステッカーとかは一切張らない主義なんですが、はがしにくい航空会社が貼るステッカーだけで十分きっちゃなくなってしまいました。ちなみにこれ一生懸命ステッカー剥がしのお掃除した後のおめかし姿。このリモア最大サイズでも、このビーチガウンくんは4分の一のスペースを平気で占領します。たいした貫禄です。


嵩張るったらないってことは普段我が家で収納するんだって結構苦労します。仕方なくここ数年は丸まってガラクタ部屋に押し込まれています。

納戸のエルメス


なんともかわいそうなお姿のエルメスくんです。


(ん?深夜3時半になにやってるんですかね。とほほ。)

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

マックイーン


このコートNYのショップで何人にも驚かれた代物。

ベビーピンクのレザートレンチ。


写真では見えないけれど肩の辺りには凝ったカッティングとステッチが入っています。

また袖付けはややパフがついていて丸めです。

そうそう。アレキサンダーマックイーンの作品!

「キャー、素敵なマックイーンを着こなして、お似合いだわ。」等々

あっちこっちで誉められました。


・・・が実はこれ偽物。

ビクトリアシークレットからアクセスして買った、モーダインターナショナルのもの。

価格はマックイーンの本物の10分の一。でへへ。


以前は直接ハイファッションと関わっていたので偽物は着られませんでしたが、

今や関係ないさ!ってことでコピー物でも楽しんじゃいます。


それとは別に私って結構私レザー好き。

コートやブルゾン中心にパンツ・スカート・インナーに至るまで結構レザー物を着ていることが多いんです。

重かったりするのだけれど、皮そのものの質感が好きなのと、もう一つは使うほどに味が出るところが大好き。


ってことで今回の旅でもまたしてもレザー物ゲットしてしまいました。

↓これ!


ライダー


ぎゃはは!とろんとした上質のレザーのライダーJK。

これまた40をとっくに超えた私がこんなの着て良いのかよ!って代物ですが、

馴染みの店長さんに真っ先に薦められちゃってついついその気になってしまいました。


今朝のNYは摂氏にすると10度そこそこだったので、

紹介したTRUE RELIGIONにヴィンテージのディスニーTシャツを合わせて帰国時にはきて帰りましたです。しかもローライズなんでお腹出してるし・・・。


↓これこれ。ヴィンテージもののディズニーT
ビンテージ


↓これは背中の隅っこにちょっこりアクセントの目隠しミニーちゃん。

  スカートにあるラインストーンがポイント!可愛いでしょ?

背中

本当に自分でも考えちゃうなあ。

大のおばはんがこんな格好してて良いんでしょうか。

やっぱり駄目かなぁ~。


いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

オリビエ

 

 

これはオリビエがデザインを担当しているロシャスの作品。

 

思えば、遡ること7~8年前、PARISコレクションで彼のショーを見たときには本当に感動した。真っ暗な会場に幻想的な音楽。ステージは砂漠のごとく一面に砂が積もっていた。

その中を、研ぎ澄まされた美しいボディラインのモデル達がギリギリに張り詰めたような面持ちで尚且つ凛とした厳しさを感じる表情でにこりともしないで力強く歩く。

 

彼が表現してくれる女性像を見て私は本当にこういう女性観を持つオリビエを称えたい気持ちでいっぱいだったし、また女性として生きていくこと大きな誇りを感じさせてもらった。

物凄くきれいな女性の体が際立つシルエット。なのにどこかに甘さを超えた強く逞しい女性観がにじみ出ている。そう。女性はもっと甘さから解放されて強い人間でいても良いのだ。男性にはそうした逞しくもしなやかな真剣に生きている女性を、敬い賛美する気持ちに満ちている。なんと素晴らしい時代が来たのか。そしてこの若者に感謝した。

 

心と言うのは通じるとよく言うが翌日ある展示会場でまだ若干23~4歳だったオリビエ少年に遭遇した。彼はファンタの瓶を持っておいしそうにごくごく飲みながらあどけない顔で笑って展示されたデザイナーたちの作品を見たり、ビジネスミーティングをしたりしていた。

 

私はそれまで(今もだけど)どんな男性が好き?と聞かれたとき必ず「少年のような心を持った大人」と言っていた。彼の姿を見て、あれ?「大人の哲学を持ったあどけない少年」ってのも凄く魅力的だな。と思った。

 

今年の彼のコレクションも同じ感動をくれた。商業ファッションではない哲学的なアプローチをし続ける少年はいつの間にか逞しい大人になっていたようだ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。