宇宙旅行(そろそろ地球に帰ろうかなぁ)

日々は未知との出会いの連続。毎日の発見をどう幸せに結び付けられるだろう。


テーマ:

NY到着後、まずは主人のアパートへ。荷物の整理をしたら「Welcome Veuve Cliequot!」これ我が家の定例行事。笑。

バスダブにゆっくり浸かって旅の疲れを癒したら、早速マンハッタン中心地へまずは「あなたに似合いそうな新作が着てるから是非寄ってくださいね。」ってメールをくれたバーニーズの店員さんのところへ。差し出してくれた新作2点はどれも超好みだったので早速ドカ買い。む。

続いてバーグドルフに向かい、地下の化粧品コーナーへ直行。bahamaに持って行きたいバス周りのお気に入りを調達。Jo Malone のAmber & Lavender のバスオイルとシャワージェルとボディローション三点セットでゲット。滞在するホテルのバスルームもこれで楽しめそう。

ここで心がぐらっ。ウィンドーを飾るクロムハーツのホワイトデニムに心惹かれてしまった。白いデニムに同じく星型をした白いレザーがいっぱい散りばめられている。きゃ!かわいい。「今回の旅はお買い物が目的ではないぞ・・・。」と心を諫めつつ売り場へ。「ああ。あのデニムね!最高にクールでしょ?でも最新作で実際の入荷は再来週ごろなのよ。」むー。心苦しい思いはあるけど思わず予約してしまった。げげ!

さてさて、そろそろ早めの夕食。五番街666まで下がって地下鉄で14thストリート駅へ。駅から3分ほどの角にある「コーナービストロ」まだ6時前だと言うのに既に満席状態。私たち二人が待たずに座れた最後のおきゃくさまになりました。まずはサムエルアダムス(ビール)をフレンチフライで一杯。のどを潤してからお目当ての「ビストロバーガー」とワイン(シャルドネ)をオーダー。

ここは古びたBAR&BISTRO。老若男女さまざまな人種の人々が集まる超カジュアルなお店。でも見た目は地味でもここのハンバーガーはマジですごい。ものすごくシンプルなパテをグリルしてトマト、オニオン、レタス、ピクルス、チーズ、カリカリベーコンを挟んだだけのオーソドックスなものなのだけど、最高に美味しい。NYに来たら必ずここには寄ることにしている。どのように美味しいか。皆さんにお知らせしたいのだけれど、表現する言葉が見つからない。ごめんなさい。グルメ情報を発信しているNY滞在の友人のここのお店評は「世界一美味しいハンバーガー!まずはお試しあれ!」

ただし、決してボリュームが売りのお店ではないのだが、NYサイズは私にはちょっとでかい。これまで数十回来たのだけれど、一度も全部食べきったことがない。でも今日は体調も絶好調!いざ今度こそ!と意気込んで望みましたが。敢え無く挫折。がーーーん。

私以外の人は全員ぺロッっと食べきっていると言うのに、またしても…。ううううう。くやしいな。

NYを尋ねる機会があったらぜひ挑戦してごらんあれ。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

一日早く連休入り。

ちょっと家族の事情があって、今日からお休みにしてもらいました。


8日間仕事を離れるだけで何だか罪悪感・・・。日頃一日一日でやりきっていないってことかな。反省。


そういえば転職って結構素敵な副産物のご利益があるんですよ。仕事をしているとなかなか取れない長期休暇。これが取れるんです。私の場合三ヶ月まるまる休暇を取り、主人と2人アメリカ、ヨーロッパのゴージャスな旅をする機会ができましたよ。随分意味深いおまけでした。


今回はそんな優雅なものではないけれど、まずは主人のいるNYへ→そしてバハマ→もう一度NYに戻り帰国の段取り。初めての国への旅は何だかんだと旅していてもまた新たにわくわくそわそわします。


リフレッシュと新しい思いで作り良い形でできるかしら?


昨日宿泊していたホテルで、ルームサービスを頼んだときにきてくれた顔なじみの外人のスタッフと話していたら、彼の祖国には海がないんですって。今年日本に来て5年目でようやく初めて沖縄にいけそうだって楽しそうに話していました。

そういう風に何かを目標にして何年も間努力して実現する旅はきっと感動も大きいでしょうね。


私の今回の旅は偶然みたいなものだけど、せっかくの時間。自分のテンションを上げて楽しんで来なくっちゃ。


それではこれから出かけます。

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

母という言葉から連想すること。それは人間の底力と大らかさ。私の母は本当に強い、しかも天然のとてつもない大らかさを備えていると思う。店をやっている家庭に嫁いだ母は若いころから朝3時4時に起きて家業を支えてきた。仕事の勘が抜群で需要予測(売上を予測して生産量をコントロールすること)などには天性の能力を発揮して、誰にも任せられなくなった。

老いが始まった60代の前半、ある夜入浴していた母が風呂から頭を抱え顔を顰めて出てきた。「あたし頭の血管が切れたみたい。」救急車で運ばれた後、重度のくも膜下出血と診断され生命の維持が可能か不可能化は本人の回復力頼りで医学的には保証できないと言われた。また、たとえ回復したとしても、右半身に重度な障害が残るであろう。と。

だが、母は復活してしまった。障害もない。あるとすれば天性の強さと大らかさが度を越えてきたことくらい。70も過ぎて足元が怪しくなってきたこともあって昨年散歩中に転び顔面から着地して顔に大怪我を負った。目撃していた近隣の知人が電話で家に連絡をしてきたが、本人は歩いて帰ってきた。しかも医者にも行かないと言い張る。引きずるようにしてかかりつけの医者に連れて行ったが、今度はガンとして自分以外を診察質に入れない。顔だけで「13針」縫った。更に母は「もしも鼻の色が紫から直らなかったら、鼻を取り替えるんだって。」・・・。整形手術の必要もあるということか?

その後も母は朝3時4時に起きて仕事をしている。もう底力に勘服するしかないのだ。


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

4月25日


05:00 起床

メールチェック&返信。

会議資料チェック。


06:00 入浴

ラベンダーの香り。うーん。さわやか。

6月には北海道も良いなあなんて空想・・・。


07:30 出勤

GW間近になり、先週と比べて車の数が急増。

絵画館前の銀杏並木、新緑が眩しい。


08:30 会議~連続2件

発言者が少ない。

議題。これで良いのか?


11:00 メールチェック、メール返信・送信

某企業とコラボしたいと相談があった。

早速心当たりの知人にメール。

「お願い、橋渡しして!」こういうときに知人はありがたい。


13:00 ランチを兼ねて外出。郵便局へ

振込みなど2~3の手続き、処理。

25日に来たほうが悪いのだが、待ち人数23人。

うーむ。

証券会社はネット証券に一本化した方がいいかも。

数千円の手数料振込みに40分は痛い。


14:30 出張のため羽田へ

社中、何案件かをディスカッション。

会議よりよっぽど早い。効率的だ。

気持ちよく空港に到着。


17;40 目的地空港に到着

市内への移動時間を使い電話3件。

2件は業務指示。

一つは私用。母の日のプレゼントをオーダー。


18:10 現地到着早速会議

社員教育に関する案件2(1時間)

ハードウエア購入に関する案件1(2時間)

もうちょっとサクサク進められると良いのだけれど。


21:20 ホテルへ移動

ホテルの食事も飽きた・・・。

至近のスーパーで夕飯&飲み物調達。

安い!


22:00 仕事

マウスPADそばにワインを置いて仕事

特別セミナーの進行組み立て、あら原稿

モチベーションUPのために施策 アイデアフラッシュ

さっき送った「お願い、橋渡しして!」メールに返信あり。

やっぱり・・・。うまく運べそうだ。丁寧に長めのお礼メール早速返信。


00:00 入浴

うーーむ。ローズの香りのバブルバス。

バブルは良いけど、ローズはちょっ甘まったるいかも。


00:40 TVをみながらクールダウン


13:30 就寝

ワインのおかげでぐっすり。


4月26日


05:00 起床

メールチェック、ニュース、日経新聞などなど。

えっと今日の予定は??


06:00 入浴

ただのお湯につかる。気持ちよいよい。


07:00 朝食

スクランブルエッグ少し、グリーンサラダ少し。

コーヒー少し。

お水ガブガブ。


08:00 チェックアウト

部屋に忘れ物しちゃった。

お迎えの人待たせた。すみません。そそっかち。


08:30 今日の初仕事

パート社員50人を前にスピーチ。

なかなか反応いいぞ!やった!


09:00 プレゼンテーション

業務改善に関する提案を受ける3件

なかなかいいところに目をつけてくれている。よしよし。

ただ、まだまだ施策が甘いぞ。


11:00 会議

予算会議。実態はそこそこ。改善傾向が継続している。

うーーーん。ただ、時間がもったいない。

まだまだ指導不足。毎月同じと頃でうろうろ。時間ばっかり食う。

予算管理は一発で判断できるようでなくては駄目だ。

10秒ですべきことに1時間。

何とかせねば。


12:00 お弁当 メールチェック


12:30 ブログ(これ)


うーんと。13:15からまた会議、その後16:30からセミナーでレクチャー(1.5H)

18:00~人事案件検討 2時間で決めよう。

20:00JRで次の出張先に移動の予定。

23:30ホテル入りできるかな?


おっとそろそろ、行かなくては・・・。


ふぅ~。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

「今夜はサンマリノGPだよ。」そんなメールが夫から届いた。

彼は私がサンマリノだけは見たくないことをよ知っているので、「今回は大好きなジャックくん(Jacqes Villeneuve)が今7位で頑張っているんだよ。だから・・・。」と書いてある。きっと悲しい思い出を忘れて欲しいのね。

 

思えばF1GPのために、何年間鈴鹿には通っただろう。全身が痺れるようなエンジン音。何ともいえないガソリンとタイヤのゴムのの香り。これも五感をぎしぎし刺激する感覚だった。

初めて行ったときは雨の中、逆バンクの脇の泥んこの地べたで観戦してた。だんだんにチケットをゲットする方法にも慣れてきて、2コーナー1コーナーシケインなどいろいろなところで観戦を楽しんだ。そのうちに頑張ってグランドスタンドのチケットを入手できるようになって、はしゃいでいた。

 

私たちがグランドスタンドで観戦できるようになって間もなく、サンマリノでは事故が多発するようになって不安が募っていった。ベルガーの大やけどなど怖くて仕方がなかった。そんな不安の中あの事故は起こった。

 

ただただとにかく「どうして?ねえ。どうしてよ。」と朦朧としながら朝まで泣いていた。このことどうしても忘れられない。大好きだったF1が大嫌いなスポーツの一つにになった瞬間。

夢はいつも消えるものなの?

 

あれからもう12年?

もうそろそろ真っ直ぐに見てやれよ・・・。

主人のメールは心にずしり重い。

 

そうだよね。そろそろ・・・・。

せっかく夫婦共通の楽しみだったF1観戦。あの頃の10年ほどは毎年鈴鹿の秋を待っていた。いつモナコに観戦に行こうかとしょっちゅう2人で話し合っては楽しみにしていた。

そうだよね。そろそろサンマリノも一人で見ることができるようにならなきゃね。

 

悲しいことから逃げていたら、せっかくの2人の楽しみでさえもずとずっとなくなっちゃうよね。ごめんね。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

バンヤンSPA

 

先月末オープンした某リゾート施設内にあるバンヤンツリーSPAを開館前に夫婦で体験利用してみました。

残念ながら私は首を痛めているため、背中のマッサージをするとトラブルがおきやすいのです。事情と症状を説明してから、英語が片言のタイ人の若い女性に担当してもらいました。

ヨーロッパやアメリカのSPAと違い、やはりアジアのSPAは心から休まります。オイルと手のひらの感触がなんとも言えず、ほんとうに癒される実感があります。たどたどしい英語でのやり取りには少し戸惑いましたが、これまでのエステまがいの欧米系SPAとは完全に一線を介したサービスには満足です。

 

オイルの選び方も6種類のオイルから自分の気に入ったものを選べます。私は大地の香りを主人は木の香りをそれぞれ選び、ダブルの部屋の中ではそれらの香りが体温で漂って幻想的。足湯に散りばめられたオーキッドにも心癒され、その精神性の高さに驚きました。

アジアにはまだまだ沢山のSPAがあるのでしょう。これからの体験が楽しみです。

 

きれいになるためではなく、人としての心と身体の傷を癒すためのもの。上質を感じられる時間でした。

 

今週から行くバハマではちょっと無理な相談のようです。

それはそれで、こちらはこちらで楽しんでこようと思っています。

海外の旅行はいつも知らないこと、経験のないことを自然に教えてくれますね。

きっとまた新しい驚きをくれるのでしょう。 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

bahama

 

 

 

GWを利用して家族で「初BAHAMA」体験に行きます。バハマでの滞在は三泊のみなのであっと今だと思いますが、きれいな海でリフレッシュしてきたいと思います。

今回は初めてですし、使いなれたホテルチェーンのポピュラーなステイを選びました。現地の調査もまだまだで、日々の計画など全く駄目なのですが、これからカリブ海とどうお付き合いするのか、下調べとでも思ってのんびりしようと思います。いつも旅行バッグに入っているPCも今回はお留守番。何も考えないアナログな時間を過ごしたいと思います。

 

NY/Laguardia空港からからエアバスに乗ってCharlotteへ向かう。ここで乗り継いでバハマグランド島Freeport, Bahamas 。4時間弱の空の旅です。宿泊はルカヤ。真南を向いたビーチ。朝日も夕日も見えるかしら?今回は何もわからないながら、ナッソーではなくグランドバハマ島に向かうことにしました。GWなので少しでも日本人観光客だらけでなさそうなところへと思い、場所柄もたいして調査せず、何とかなるでしょってだけで決めました。いつも旅に出るたびに歴史や文化的な背景をもっと調べてくれば良かったと悔やむのですが、今回もまた性懲りもなくあきらかに準備不足。どうも私の人生はいっつも計画なしの衝動が多いようで、結婚も、就職も、二度の転職もみんなそうでした。ブログで現地を良く調べている皆さんを拝見すると、頭が下がります。

 

いつも未知のまま突っ込んでいくだけ。実際には調査していないとどこに行ったら良いのか解らないままに、その辺をうろうろして帰ってくるだけなんですけど。更には主人は旅先ではとりあえずガイドブック通りの「超観光客ノリ」それでも旅は旅。海や空気の違い、人々の違いそれだけだって十分な充電になります。

 

bahama

 

 

仕事に呆けて健康診断さえ長年していない、老化していく私の身体をカリブの海と太陽とが癒してくれることを願って・・・・。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

オリビエ

 

 

これはオリビエがデザインを担当しているロシャスの作品。

 

思えば、遡ること7~8年前、PARISコレクションで彼のショーを見たときには本当に感動した。真っ暗な会場に幻想的な音楽。ステージは砂漠のごとく一面に砂が積もっていた。

その中を、研ぎ澄まされた美しいボディラインのモデル達がギリギリに張り詰めたような面持ちで尚且つ凛とした厳しさを感じる表情でにこりともしないで力強く歩く。

 

彼が表現してくれる女性像を見て私は本当にこういう女性観を持つオリビエを称えたい気持ちでいっぱいだったし、また女性として生きていくこと大きな誇りを感じさせてもらった。

物凄くきれいな女性の体が際立つシルエット。なのにどこかに甘さを超えた強く逞しい女性観がにじみ出ている。そう。女性はもっと甘さから解放されて強い人間でいても良いのだ。男性にはそうした逞しくもしなやかな真剣に生きている女性を、敬い賛美する気持ちに満ちている。なんと素晴らしい時代が来たのか。そしてこの若者に感謝した。

 

心と言うのは通じるとよく言うが翌日ある展示会場でまだ若干23~4歳だったオリビエ少年に遭遇した。彼はファンタの瓶を持っておいしそうにごくごく飲みながらあどけない顔で笑って展示されたデザイナーたちの作品を見たり、ビジネスミーティングをしたりしていた。

 

私はそれまで(今もだけど)どんな男性が好き?と聞かれたとき必ず「少年のような心を持った大人」と言っていた。彼の姿を見て、あれ?「大人の哲学を持ったあどけない少年」ってのも凄く魅力的だな。と思った。

 

今年の彼のコレクションも同じ感動をくれた。商業ファッションではない哲学的なアプローチをし続ける少年はいつの間にか逞しい大人になっていたようだ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

間抜けでも良いから真っ直ぐに進みたい。下手でも良いから何度でもあきらめずに取り組みたい。多くの人に解ってもらえなくても良いから、いつも熱く語りかけ続けたい。不器用でもいいから真面目に一つ一つ重ねて行きたい。要領が悪くでも良いから失敗に負けないで小さなことで喜べる自分でありたい。そしていつか自分のことを段々に好きになって行きたい。大好きな私になれるまで出来れば生きていたいな。

 

子供の頃、とっても嬉しかった思い出が二つある。これまで挫けそうになるとこれを思い出して自分を元気付けてきた。

 

一つは小学生の頃、父の一番下の兄妹の叔母が交通事故で入院していたとき、心配で毎日お見舞いに行っていた。ある日おじいちゃんが大事に育てていた菜の花を数本失敬してお見舞いにもって行った。叔母は「あなたは本当に優しいわね」って涙目で言ってくれた。私はおじいちゃんに花を摘んだことで叱られるんじゃないかと思っていたのでその言葉が意外な気がして、とっても嬉しかった。

 

もう一つは大学生のとき、実家から通学するつもりで入った大学だったが、理工学部は思った以上にハードで遠距離通学は到底無理だと後でわかった。父方の叔母さんの家が近かったので急遽居候生活をさせてもらうことにした。叔母の家には同い年の息子と、三つ上のお姉さんがいた。決してスペースに余裕がある訳ではないのに私を受け入れてくれた。せめてもの恩返しと思って、週に一日私が夕飯を担当することにした。早めに学校から帰り、叔母に1000円程度のお金をもらい夕飯を準備する。

あるときから私が担当する夕飯の度に、本当に美味しいね、それに珍しい料理をしてくれるからとっても楽しみなの。それにあなたはみんなを楽しませようとして面白いお話で食事を盛り上げてくれる。本当にありがとうね。って言われるようになった。本気でうれしかった。

 

この二つだけで十分支えになった。

たいして誉められるような良いところもないわたしだったけど、叔母2人のお蔭で、何とか不安に潰されずに歩いてくることが出来た。あらためてほんとにありがとう。

私もこの分誰かに勇気をあげ続けるそう決めている。時々悲しい思いに挫けそうになる。でもそれも私自身。逃げないで前に進む。そうすればきっともう少し自分を好きになれると思うから。これが私の小さな自信。

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

ファッションの業界では今丁度秋冬のトレンドを捉えるために情報収集する時期です。3月中旬までパリコレなどの情報を集めまくりそれらを整理して丁度4月の声を聞くとトレンドを占うセミナーが盛んになります。

私のところでも多分にもれず先週行われたセミナーに10名ほど参加してもらいました。

 

ところがここでハプニングが・・・。

講師の先生は日本を代表するベテランジャーナリストさんなんですが、迂闊にも無謀な賭けに出てしまったらしいのです。

 

ディオールクロココート

 

 

この商品、クリスチャンディオールの作品なんですが、クロコダイルのコートなんでです。

セミナーに出ている人に値段あたるわけないと思ったらしく、誰か当たったら買ってあげますよ。と大見得切手しまったそうです。ところがどっこいうちのメンバーがたまたまばっちり当ててしまったのでした。

 

もちろん買ってくれるというお約束はなしです。とっても凡人に買える値段じゃないですもの。

 

お値段の答えはコメントに書いておきますね。

ちなみに本当がどうかはわかりません。あくまでも講師のジャーナリストが言った価格なので・・・。

 

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。