※このブログのイラストの著作権は放棄していません。 画像の使用、転載等一切禁止します。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
2012年04月08日(日) 22時28分12秒

【お】覚える

テーマ:【あいうえお】

覚えることがヘタです。

人の名前や顔、

英単語に歴史年号。。。

あの頃の気持。


最近気に入って週1くらいで通っている小さなバー、

行く度に、

「前回これを飲んだので、今回こちらはいかがですか」

とか

お気に入りのグラスを覚えていてくれて、

何もいわずにそのグラスで毎回出してくれたり。


そういうこと大事にする仕事、

すごいですね接客の人って。


覚えていてもらえると、ちょっとうれしい。


私も好きな人たちの

ささいなことを覚えていられる人間になりたいなぁ。

誕生日さえ覚えられないけど、

メモするなりなんなりね。


楽しいことよりも、

忘れてしまいたいことばかり覚えて容量をくっている脳

もったいないなぁ。

その半分くらいは幸せな記憶を入れても、

バチはあたらないだろうな、きっと。


あ、【お】はおひとり様の「お」でもありますね。

一人飲みも慣れたもので。

お一人さま旅行も、

お一人さま飲食もあたりまえ。

わいわいするくらいなら、

一人でぼんやり飲みたいと思う。


おとなになったよね、の「お」ですねニコ


テレビもないし、同居の家族もいないし、

どんどん世間から遠ざかって、

いつか仙人になれるんじゃないか?

なんて期待しつつ・・・。

ね。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2012年04月01日(日) 18時26分51秒

【え】絵

テーマ:【あいうえお】

昨日は美味しいものを4人で食べにいって、

知人のライブを見てきました。

気がまわらない私は、花束のひとつも用意しないで、

手ぶらでいってしまい。

だめですねぇ。ほかの子はみんなプレゼント用意してきてました。

ごめんなさい。


で、クールビューティーな知人の歌、

ピアノやギターで弾き語る、

すてきな夜。

楽器ができるってかっこいいなぁ!

そして歌詞がやっぱりというか、

うれしいことに恋愛がテーマなものが多く。

恋愛なんてしなくても生きていける、という人もわりといる中で、

歌に恋をのせることがあまりにも素敵なことに思えて、

少し泣きそうになりました。


私も、絵に恋心をのせたい!と思い。

いい刺激が。

思い返してみれば、

パンダとかうさぎとか、そんな絵は描いてきたけれど。

大好きな恋愛を絵にすることは少なかったり。

唯一記憶にあるのがこれ↓



ぷくぷくな日々


これはその昔、

まだ誰かを好きだったころの絵。

私にこの絵は響く。

まだ、手をはなさずにいた頃の気持が、

かすか~に思い出される。

描いておいてよかった。


絵がうまい人はいくらでもいて、

見れば見るほどうっとりするような素敵な絵を描く人たちがいて。

上も下もみればキリがない。


愛を、恋を描きたい。

それを感じ、創造できる人になりたい。


絵を仕事にしたいわけでも、

どこかに展示したいわけでもない。


何年後かの自分のために。


また、今見守ってくれる読者の方と気持を共有できたら、

なんて、おおげさですかね。


私はブログをやってるいることは、

まわりの誰にもいっていません。

そして、絵を描くこともあまり人には言っていない。

ひみつの多い女ですかね^^


あ、あとは、水彩画で川の魚を描けるようになるのが、

ちょっとした夢です。

イワナ、ヤマメ、オショロコマ、ニジマス・・・

川の魚は美しく。

ただ、その違いを絵で表せるほど詳しくないのと、

うまくないのとで。


いつか水彩画をならいたいなぁと思うのでした。


AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2012年03月27日(火) 18時06分37秒

【う】動く

テーマ:【あいうえお】

【う】は、運命とか、裏切りとか、色々書きたくなる単語がいつくつあるのですが、

実は私の心が始動しはじめて。

なので「動く」で。


春の助走?

恋なんじゃないか?と思う人があらわれたのです。

でもこれは恋というより、

恋ができるようになる前の助走期間とでもいうのでしょうか。


つまり、ちょっぴりときめいてしまったのです。

どきーん。

ね、ぶーちゃん↓


ぷくぷくな日々


あらましは・・・あ、ここからただの一人恋バナになるので、

興味ないかたは、どうぞ、また遊びにきてください^^


以前バーに詳しいおじさんに連れて行ってもらったのがきっかけの、

本当に小さな看板も出ていないような、

何屋かわからない、

カウンター5席の小さなバーの、

店主さん、にときめいてしまいました~ハート

うっふん。


先日ふらりと一人で入ってみたら、

ちょうど他にお客さんがいなくて、

狭い店内に店主さんとふたり、

照明は薄暗く、

店主さんもよく見ると

「ヒゲモミ(ヒゲともみあげがつながっている人」)が素敵な男性で。


そこで、ブランデーとウィスキー入門をして、

色々飲み方を教えてもらい。

店主さんは、マスターと呼ぶには若く、

82年生まれの年下。


ブランデーをワイングラスに入れて

くるくるまわす手つきの、

こなれて繊細でセクシーなことといったら!


良心的なお店で、チャージなしで1杯おそらく800円程度。

3時間いて3杯しか飲まない、

女の一人客は扱いにくいだろうけど、

そこはプロ、なかなかなごませてくれます。

いや、もっともっとまだまだ飲めるし飲みたいのですが、

何度も通うためにはねぇ。


夕方5時から、朝の7時まで、年中無休を一人でやっているとのこと。

つきあっても旅行にもデートにもいけないじゃないか!!

という妄想なんかしている私ですが、

見る限り、私は完全な「客」・・・そうだよねぇ。


週に何度も通うのも金銭的にもきついし、

何よりがっついていると思われるのもなんだしなぁ。

プチ恋ですね。


私の心がようやく動き出したところ、

バーからの帰り道、

ケイさんから着信が。

ケイさんはメールも電話もほとんどしない人ですが、

お酒を飲むと、あちこちに電話をかけちらす男。

最近めっきりこなくなったのですが、

こういう日にかぎり、

なぜか泥酔してのお電話が。

釣りや仕事の話をふん、ふん、と聞いていて、

ケイさんからの電話はやっぱりうれしいなぁ、なんて思いながらも、

一瞬よぎる、マスターの顔。


ケイさんと電話をしていて、うわのそらになるのは初めてで。

いやぁ、女の恋は上書きっていうのはやっぱりほんとにそうよね~。

少しずつ、塗りかわってゆくのね。


ちなみにバーにきていた

素敵なおじさま、とお話をしていて、

私の好きなものが

釣り、雑草観察、ブルーノート、レゲエ、絵、小さな山に登る・・・

など話していたら、

まぁ、食いつきのいいこと。

私の趣味がおっさんくさいのか、

おじ様ウケはなかなかのものです。

年下であるマスターにはあんまり受けてないみたいだけれど。


というわけで、冬眠から覚めそうです!

動こう!動かそう!そうすれば何かと触れ合えるはず!


今週末は元同僚の人のライブにいきます!

タイ料理を食べてから^^

女子4人遊びってすごい私にはめずらしいことで。

楽しみ楽しみ~


客は客、

仕事に夢中。

そんな男に恋しちゃ実らないよなぁ。


お店をやるっていうことは、

色んな人のお世話になったり、

仲良くなったり、すごくひろがりのある仕事なんだなぁ。

たくさんの人々の中のひとりにすぎない私。

彼の心に入り込む根性や隙をみつける、

せつない恋選ぶのか、

それともこれから出会う誰かのための助走なのか?


お釣りを受け取るとき触れたマスターの手がつめたかった。



恋ってやっぱり苦しくて、どことなくにがくて、残り香が甘いなぁ。

ブランデーにそっくり。

お酒も恋も大好き!



AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2012年03月21日(水) 17時56分39秒

【い】命

テーマ:【あいうえお】

かれこれ10年くらい前、

精神的に病み始めのドロドロな時期に、

「命」シリーズをすごい勢いで読んでいた。

作者は柳美里。

病んでいるから求めたのか、

これを読むことで病んだのか・・・。

今ならおそろしくて手が出ない。

この人こわいもん。。


柳美里の本はもうほとんど売り払ってしまったけど、

もう一生読みたくないなぁ。

すぐ誰かと対立したり、

書かれる人のことを考えず、

本を書いたり。


でもこの頃、

この本とシンクロしていた私は、

相当まわりに迷惑をかけたり、

つらい思いをさせていた。


好きな作家や本を思い出してみると、

その当時の精神状態がわかる。

柳美里を読んでいた時期には、

チェルノブイリの事故を描いた小説や、

御巣鷹山日航機墜落事故のノンフィクション、

臨界事故で被爆した人のノンフィクションなどをせっせと読んでいて、

具合が悪くなって食事がとれなくなっていた。

何がしたかったのか・・・。

暗かった、とことん。

知ることは大事とはいえ、

知的欲求からくるものではなかったし。



今はもうほんと、

よく落ち着いてくれたもので、

田辺聖子と川上弘美と、

本ではないけどチェブラーシカを

読み返し、見なおし。それでとても満足。


「命」を思い出すと苦しくなる。

読んだことある人いるかな?

命のリレー。


私は命を産み落とすことはないと思うけれど、

人は生まれたからには、

かならず死ななければならない、

っていう事実、痛感した。


先日、

親より先に死ぬのだけはやめてよね、

と母親がいっていた。

そうだね。

彼女にとって私は、

どういう色の命なんだろう?

子供を産むってどういうことなんだろう?

それを知らずに死ぬということも。

そう選択することになった自分の不思議も。



今日は何を成したかな?

答えは

「なにも」。

もう夕方だ!

ご飯は食べた、睡眠もよくとれた。

でもあともう一歩だけ、

前に進みたい。

外は薄暗くなってきた。

このまま今日を終わらせるのはもったいない。

動こうか。

どこへ?

何を?


自分が喜ぶことを、

自分でできるようになりたい。

つらくなった時、

むなしくなった時、

どうしてあげればラクになれるのか。

今日をどうやって楽しめるのか。

一日一日が命。

自分のことって意外とわからない。


うん、ま、とりあえずあれですよ。

いつもの、あれをね。

ごくごく、と。


あいうえおシリーズはまだ「い」だよ。

しばらくは楽しめそう。

では!では!



いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2012年03月19日(月) 20時15分41秒

【あ】アイデンティティー

テーマ:【あいうえお】

私は英語と数学がからっきしだめな人間でして。

アイデンティティーの意味は

うすぼんやりとしかわからないのですが。


自分というゆらぎないもの、的な意味でいいのかな?


この話をすると、たいていの人が

「あなたには自己表現手段としての絵があるのだから

どんどん描きなさい」

という。

どんどん描く描かないは私の自由だとしても、

自己表現をする手段があることに関しては、

あまり深く考えたこともなかった。

言われても、そうかな?くらいにしか思わなかった。

手段を持たない人、

持とうとする人ほど、

それを大事にしなさいという。


なにより私は自分の絵をヘタだと思っているし、

他の人の写真や絵を見て、

これなら描けるかも?と思ってまねてみることも少なくない。

ヘタなうえのパクリだ。

でも自分の絵が好きという、まぁ、しょうもないにんげん、です。

絵を描くにあたり何かを参考にするのも、

自分の絵が好きであることも、よくある話。


だから、想像してみた。

もし、自分というものに、

他者との違いがひとつも見出せなかったら?

こわい。

私の絵は下手だけど、私にしか描けない絵だ。

もし、絵がなかったら、

私はどれだけ怖い思いをして生きることになったんだろうと想像する。


でも、「自分というゆるぎないもの」は、

人に見えるように表現できるものばかりじゃないと思う。

誰もが自分が主人公の生を歩いている。

人生の観客は大抵自分ひとり。

よっぽど有名な人だって、観客はやっぱり自分ひとり。

一本の映画を作るために生きている。


もし平凡すぎてつまらない日々をすごしている人がいるとしたら、

とてもうらやましい。

普通の一日をすごせることは、

それだけで、奇跡だと思う。

精神面の安定も含めて。

ご飯を食べて仕事をして、少しのおしゃべりをして、涙せず、眠る。

もし毎日不自由なくそれができるのなら、

一緒にそうやって暮らせる人がいるのなら、

私は絵を手放してもいいかな、と思う。


たぶん、もうそこにある。

見えていないだけ。

見ようとしないだけ。

見つけても扱い方がわからないだけ。


そんなことについて、

誰かと語れたなら、

きっと楽しいだろうなぁ、と想像します。



ぷくぷくな日々


ショートカットにしたり、

パーマかけたりしたいな。

目が毛虫みたい!


自分ならすぐそこにあるよ。

きっとね。



ついったーやってます


リンク先がおかしいよ~という方はTwitterのサイトから「puku0puku」で検索かけてください^^


ぷくぷくな日々

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • トップブロガー
      • 芸能人

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。