Pon Polo Pooh♪な日々...

打楽器の「ポン♪」ギター・ウクレレの「ポロン♪」ハーモニカの「プー♪」から名付けられたこの名前...扉を開ければ、そこには...♪


テーマ:
ほっとほっとコンサート「石川征樹」が

昨日の夜、F&Pホールで開催された。。

昔は、鉄弦のアコギを使っていた彼だが

いま彼が使うギターはナイロン弦。

俗に言う「クラシックギター」だ。

ナイロン弦というのは

鉄弦に比べると音質も優しく

それだけで癒やされる。

コードの響きひとつとっても

強く弾いたときと

弱く弾いたときの音の表情が

まったく違ってて

彼の音楽世界にぴったりはまってる

感じがする。



MCが苦手な彼だが。。

それでも懸命に話そうとする姿が

なんか愉快で

思わず笑ってしまう場面も。。(失敬)

昨日は会場に

三点の絵が飾られた。。

いずれも有名画家の作品。

左から

■西田洋一郎「一樹」
■西房浩二 「エンジェル」
■益子佳苗 「カフェ~花~」

音楽と絵のコラボレーションだ。



これら展示の美術作品は

デジタルプリント技術の結晶ともいえる

超高精細の複製技法である

「ハイファイン・ジクレ」による複製画だ。

もちろん、ご本人達の目による

確認承諾を得、きちんとサインまで入っている。

それにしても美しい作品の数々。。

音楽との融合で

さらにその美しさがきわだっている。




「ハイファイン・ジクレ」


最先端の多焦点製版機器を活用して

凹凸や質感までリアルに表現したもの。

印刷美術で培った色修正・色補正の

職人的技術を駆使して

色彩や絵筆のタッチまで

原画の微細な再現を可能にした技術なんだそうです。

確かに、そのリアルさ

美しさは「印刷」とは思えない。


今回、これらの美術作品は

この「ジクレ」に力を注ぐ

地元、能登印刷(株)さんの協力を得ました。

能登印刷さんは

今後「絵のある暮らし」を提唱していくそうです。

クオリティの高い絵画が

「手軽に買える美術品」として

手元で鑑賞できるようになればいいよね。


「石川征樹の音世界とジクレ」

初の試み

なかなかの反応でした。

ニコニコニコニコニコニコ
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

かっちゃんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。