たくさんのブログの中からご訪問ありがとうございます ラブラブ



皆様の日々が愛と喜びと共にありますように☆







  • 28 Sep
    • 御神崎 レイライン 光の通り道

      御神崎へ行きました。 台風前ということもあり強風でしたが、風光明媚な場所でした。 灯台です この場所は 夏至の日の出の時 神の島と呼ばれる久高島へとつながったり、 その他 富士山、三輪山、剣山など古代の霊峰とつながるレイラインのポイントの地だそうです。 詳しくは 日本とユダヤのハーモニーwww.historyjp.com/article.asp?kiji=255 をご参照ください。教えてくださったYさんありがとうございます。 御神崎 観音像 沈みゆく太陽が輝く サンセットは美しかったです。 視界が広くなる。枠が外れる感覚でした。 石垣島へ行ったことで、 もっと書くという自己表現を楽しみたいと思いました。 ブログもあんまり書いていなかったんですが、 表現することへの恐れから閉じていたのだと思います。 それと 自分自身ともっとつながる時間が必要だったんだと思います。 自分とつながらないと本当の意味では人とも誰ともつながれませんものね。 自分の繊細さ敏感さは大切にしたいし、愛してゆきたいですが、 これからは ハートの表現としてもっと言葉にしてつづりたいと 思うようになりました。 少しづつですが、言葉を大切につづってみます。 これからもよろしくお願いします。 お読みいただいてありがとうございます。  

      4
      テーマ:
    • 川平~ 母性のあふれる場所

      川平で来年行われることの打合せがありました。 歌の先生の先生はおんとし92歳 でもとってもお元気で、 ご一緒してるだけで温かい気持ちになる太陽みたいな 太古からのみんなのお母さんみたいな人。 私はハートが本当に満たされてぽかぽかとあたたかになりました。 この川平(かびら)という地名は 私の名前のアナグラムにも入っていて 魂の刻印がある場所で深いご縁を感じています。 川平は平家の落人が流れ着いた場所でもあるそうです。 川平湾 川平公園より海をみる 右の島はマジパナリ 鷲ゆんたの石碑のところ。  ありがとうございます。     

      テーマ:
    • 竹富島~南の海に癒されて

      竹富島へ行きました。 海を見てぼ~っとしてました。 何もしなくてもただいるだけで 満たされる。そんな感覚。 西桟橋からの海 集落の赤瓦 仲筋の井戸 竹富にはたくさんの唄がある。 安里屋節 まみど~ま 仲筋ぬぬべーま どれも大好きだああ。 ありがとう。

      テーマ:
    • 石垣島 富崎~ 魂のふるさとへ ただいま~

      こんにちは。 先日 石垣島へ行ってきました。 飛行機がついて 外をみて、、、、 ああ 帰ってきた ただいま~ って思って、じんわり涙があふれてきました。 ずっと昔、昔 はるか 太古のむかし 私は この地にいたんだと思いました。 たましいのふるさとだわ。私にとって子宮みたいな場所だ。 とっても、とっても安心感に包まれました。 富崎からみた 海 観音堂 今月の歌の勉強会で 新川の歌のルーツを調べました。 その新川の 富崎村の歌 富崎野ぬ牛なーまを調べていて この地と自分は縁が深いのだと思いました。 訪れることができて 嬉しかったです。 この大地にいるだけで 元気になります。 ありがとう。

      テーマ:
  • 19 Sep
    • 十六夜観月

      こんばんは。十六夜観月殿の俳句会で1時間の演奏させていただきました。5名でです。なんか十六夜に俳句を詠むなんてなんとも風流ですね。関係者の方のブログ見たら、なんと俳句会100年以上前から毎年行われているとか。すごい。沢山の方々の長年の思いのつまった素敵な会。お子さんからご年配の方まで集まっての地域の大切な行事なんだろうなと感じました。だからかな。とても演奏しやすくて歌いやすかったです。皆さんの丁寧で優しい心が伝わってきてほっこりとした気持ちになりました。ありがたかったです。月の歌を歌ったり、みんなで踊ったり、楽しかったです。来年も又来て下さいね。と言って喜んでくださって嬉しかったです。私は沖縄の古い歌を勉強するようになって俳句会の日で丁度14年目に突入しました。まだまだ未熟ではありますが、細く長〜くあきらめずにしつこく続けていったら見えてくる景色が、境地があるように思います。そこまで行くぞ。月を愛でて詠う。極上です。 今日もありがとうございます。   

      7
      テーマ:
  • 10 Sep
    • 目に見えない存在からのサポート

      こんばんは。今日は 八重山の古い歌の勉強会でして、歌の内容で調べたことを発表しつつ、その歌をみんなで歌ったのです。少し早く着いて今日の担当の2人で観音堂へご挨拶して、打ち合わせをして歌も練習してから、会場へ行きました。 歌の背景を調べてゆくと、深掘りすればするほど、興味の対象は広がってゆく。広がって行きすぎるととりとめがなくなり又対象をしぼってゆく。今週はずっとその繰り返しだった。悲劇的と思っていた出来事にも光の側面があり、影も光も見方次第にすぎず、どんな風に捉えるかは自分次第だなってわかった。だとしたら、私は慈愛の視点を選択するぞ。 歌を作った時代や人に出会っていくことでその歌に対して愛着や敬愛を感じる。みんなで歌っていたら目に見えない存在のサポートを感じて温かい気持ちになった。 師匠に歌に対する尊敬の気持ちが三線の音にのって伝わってきて聞いていて心地よいと言われて嬉しかった。思いは確実に伝わるんだね。言葉で伝えるのが苦手って思ってたけど、音で伝わってたわ。 サポートしてくれたのは多分観音さまと八重山の神様だね。 ありがとうございます。  

      5
      テーマ:
  • 06 Sep
    • 新しいサイクルの魂の旅にでよう

      今日から新しいツォルキンのサイクルが始まりました。 週末に行われる2回目の音楽の歌のルーツを学ぶ会。 私は歌を調べて発表する当番なんですが、 なんか、ポイントが茫洋としたままーどうまとめてよいやら掴めずにおりましたが、 新しいサイクルに入ったお陰か、興味深い話しにヒットいたしまして、 なかなか楽しくなってまいりました。 歌の出来た背景を調べてゆくとその時代の人びとの暮らしや心情がリアルに感じる瞬間があって、歌が立体的かつ多次元に感じられてワクワクします。 歌のルーツをめぐる旅は新しい自分の魂との出会いでもありますわ。 先人たちに感謝してこの道を行こうと思います。 今日もありがとうございます。

      4
      テーマ:
  • 02 Sep
    • もう9月か~

      なんだか、本当に月日の経つのは早いなあ。と思う今日この頃です。 9月はどんな月になるでしょうか? マヤ暦の新しい260日周期もまもなくだ。9月6日から。。。。 もうすぐだなあ。 8月は音楽のお仲間さんたちと25分間の演奏を5回ほどさせていただく機会がありまして、 私は4月以来~で久しぶりでしたが、チームの持つ力というのを体感していました。 一人ではできない世界だから。 歌うのは楽しくもあり悩んだりそれはそれでいろいろですが。 でも一度の人生だからどんな体験も味わおうって思います。 10月まではいろいろと音楽関係の行事があって、 資料をつくったり、楽譜をかいたり、練習したり、ライブしたり、旅したり こころはいつも沖縄。。 金星のビーナスの女神とともに。。。かなあ。  それでは すてきな9月を~。               

      4
      テーマ:
  • 29 Aug
    • 再びのイシスエッセンス

      こんにちは。 最近 また イシスのエッセンスを飲んでます。 なんか、、、またもや いろんなモヤモヤが浮上してきました。 うううう~。今回は実にきついなあ。 基本 ドM なのかもしれません。。。ほほほ。 ところで 北海道から戻ってきてからシンクロ三昧です。 偶然訪れた場所や気になっていた場所のほとんどが アイヌの聖地だったり、 北海道の龍脈のポイントの場所だったり。。。 そのことに 帰ってきてから、、わかったわけで、 アイヌ 白龍 北極星 開拓 大国主 そんなキーワードどんどんつながっていきました。 もともと、真田丸がはじまることで、大泉さんにものすごく 興味をもって、そこから 真田と白石(宮城)に札幌(白石区)とつながる不思議な縁に 気付いてどんどんはまっていった私。 まあ それは誰でも調べればわかる歴史の話なんだけど。 現地に行ったことで ストーリーやキーワードが立体的になったなあ。 でも わからないことも いろいろある。 わからなくてもいいんだろうけど。 深堀はしないよ。 私が感じたことが それが私にとっての答えで  同じ景色を見たとしても 思いや感じ方はそれぞれだから 気になる情報もあくまで参考程度にしようって思う。 ありがたいヒントだと感謝しつつ。 さて 大地の女神 イシスとつながって 今度は何を解放するんだろうか。。 ただいま混迷中なので、、 かなり大物な気がしますが。  「だけど、あなたのすべてを愛してほしい。 遠くから俯瞰してみてごらん。 すべてが愛だとわかるから」  そうだね~ 深いところではわかっているようだ。笑  今日もありがとうございます。           

      7
      テーマ:
  • 02 Aug
    • カムイユーカラ アイヌの文化に触れて

      こんにちは。 カムイユーカラとは アイヌの言葉で 神謡 のことだそうです。 神様への歌 ということでしょうか。叙事詩 物語のように口伝で伝える詩。 この言葉を聞いたとき とっても 魂が 反応したんです。 アイヌには興味がありましたが、 詳しいことは何も知らなかったのですが、 北海道へ行くと話していたら、そのことを聞きつけた方が 直前に 白老 という場所のこと あと、「唄めぐり」という 日本全国の古い民謡等の地を訪ねて 書いた方の本を貸してくださいました。 そこには アイヌの地を訪れての歌もありました。 そして 表題の カムイユーカラという言葉が書いてあったんです。 なんだろう、とても惹かれました。 それで、、、これは行ってみようと 急きょ行くことになりました。 導かれた感じがしたのです。 そして、白老にあるアイヌの民族博物館にゆきました。 通称白老のポロトコタンとは 「大きな湖の集落」 という意味だそうです。 そこには アイヌの民家などが移設してありました。 正直にいうと そこは 文化施設だったので、 アイヌの歌や踊りやお話をきいたけど、 楽しかったけど、アイヌのスピリットは感じませんでした。 だけど、考えてみたら 神社だって、、、神様のいらっしゃらない神社って 結構ありますものね。それとおんなじかな。 でも 私みたいに知らない人へ アイヌの文化を伝えてくれるって入り口としては とてもありがたいところですし、実際とても興味がわきました。 私が惹かれたのはアイヌの言葉と紋様でした。 イランカラッチ こんにちは この旗がたくさん立っていたんですがね。 なんか マヤの言葉の インラケッチ(あなたはもう一人の私)という あいさつの言葉を思い出したのですが、なんか似てませんかね? マヤとアイヌってエネルギーが似てる気がする。。。 まあ、ともあれ、 アイヌの言葉は 音にだしてみると とても懐かしく そして とてもパワフルで力がある感じがしました。 ことばがアイコンとなって アイヌの世界へいざなわれていくような気がしました。 私的には ポロトコタンにおとづれたことで アイヌの世界の精霊、神々に ごあいさつに今回 うかがった感覚がありました。 私は沖縄の八重山地方の古くからの民謡にひかれて ずっと学ばせていただいているわけですが、 神代の世界の歌やことばが好きなんだなあ。 そこにやどるスピリットの美しさに触れるのが好きなんだなあ。 あらためて そのことを思いました。 アイヌの文化に心より敬意を表します。 すべてに愛と光をおくります。 それでは。 ありがとう。

      7
      テーマ:

プロフィール

ひらめき☆ときめき アーティスト 花音

性別:
女性
お住まいの地域:
長野県

読者になる

AD

テーマ

一覧を見る

カレンダー

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ランキング

総合ランキング
266801 位
総合月間
396166 位
癒しブログ
4355 位
中部
3219 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。