たくさんのブログの中からご訪問ありがとうございます ラブラブ



皆様の日々が愛と喜びと共にありますように☆







  • 20 Feb
    • 信濃に来た海の民

      こんばんは。今日は信濃が語る古代氏族と天皇 という本からです。 信濃には北部の九州から、日本を代表する海の民が逃げてやってきている。なぜ逃げてきたのかは諸説あり、正直読んでもピンとこないので書かないでおこう。 やってきたのは古代の海洋氏族である安曇氏。安曇氏が住んだから安曇野だという。 古事記では ワタツミ(綿津見神)の末裔が安曇氏とあるそうだ。 ワタツミというと私は 「きけワダツミのこえ 」という太平洋戦争で亡くなった学徒兵たちの手記を思い出してしまうんですが。。。   そして安曇氏が祀ってきた神社が穂高神社だ。 この神社には御船を主役に用いたした有名な祭がある。 ちなみに諏訪大社の御祭神のタケミナカタのお妃のヤサカトメは海神ワタツミの娘だそう。タケミナカタと安曇氏は強く結ばれているんだそうだ。    また安曇氏には関係なくとも信濃って海の民にちなんだ名前の土地や名字がたくさん残されている。本当に不思議で仕方がない。昔は海の中だったとも言うが。。 私自身も海のエネルギーを感じるとよく言われるのだ。先日は 貝のエネルギーって言われて。。それはそれで違和感はないのですが。 山と海の結びつきはどういう意味があるんだろう。 お互いに引き付けあうものがあるのでしょうね。私も海が好きだしなあ。でももっと山が好きだけど。笑 なんだか意味不明になってきたので、今日はここまで。 いい夢見ましょう。おやすみなさい。ありがとうございます。    

      NEW!

      1
      テーマ:
  • 19 Feb
    • コノハナヤサクヤ姫と口噛み酒

      こんばんは。日本の神話伝説という本を読んでます。その中で気になったこと書きますね。映画 君の名は の中で、三葉と四葉が巫女舞をして口噛み酒を作るというご神事のシーンがありました。 私あれから口噛み酒が気になって調べると、太古から口噛み酒ってあって、アイヌや琉球でもつくられていたとのことでした。 神話の中でも、スサノオとアマテラスの誓約の時 スサノオの剣から生まれたという宗像三女神。剣を噛むという表現になっているけど、原文だと口噛み酒を作り吹いて女神たちが誕生したらしい。 ヤマタノオロチの退治の時 スサノオがテナヅチとアシナヅチに頼み作らせた酒も口噛み酒。その酒を飲んで寝てしまったオロチを退治して奇稲田姫とスサノオは結ばれる。スサノオとアマテラス。クシナダとスサノオ。どちらも男女の交わりの時に出てくるのよ。口噛み酒って。興味深いなあ。 君の名はだって三葉と瀧くんの重要な再会のシーンの伏線になってたものね。   あとコノハナサクヤ姫についても日本書記にはこんな記述があるそうです。コノハナさんは別名カムアタカシツヒメというそうでこの姫は酒造りの神様。彼女が神聖な田をト定して「狭名田(さなだ)」とし、その田の稲で天甜酒(あめのたむけざけ)をかみ、ご飯を炊いて新嘗の祭を行ったことが天孫降臨後の地上における最初の新嘗祭となったそうです。天つ神の瓊瓊杵命が天孫降臨して娶ったのが国つ神の娘 コノハナ姫なわけで、この姫がお酒をつくったというのが興味深い。稲作や酒造りは天と地の結びとなり神の妻として奉仕の形なんだなあと思うわけでした。君の名はって深いなあ。と思った今日この頃です。 ありがとうございます。

      3
      テーマ:
  • 18 Feb
    • アサマと アイヌ語との考察です

      こんばんは。浅間山信仰の歴史という本の中にアサマの語源についていくつか書いてありました。まあー諸説あるようですが、   アサマはアイヌ語のアッサムで、火をふくの意である。。 これは英国人考古学者マンローの説。   浅間の語源はアイヌ語に出でたりと推定せらる。アサマは底地の義にてアサム、サクと連接すれば、底無しの義となり。 これは地元の方の説。   実際どうなのかはわからないけど。 日本の地名はアイヌ語のものが多いというのは興味深い。アサマを普通に日本語で読み解こうしても、火をふくとか 底無しなんて出てこないもんね。 でもアイヌ語=縄文語と書いてる人の文なども見て、なるほどなあと思った。 つまり古代に使われていたエネルギーの言葉がそのまま残っているのがアイヌ語ってことなのかなあと。だから北海道の地名とか聞くと懐かしいような気持ちになるのは日本人のDNAが知っているからなのかなあと。   昔 明治時代 八甲田山で陸軍が冬中行軍を強行して200名近い人が遭難して亡くなってしまった事件があった時、大勢で捜索しても見つからず、困ってアイヌ人たちに救助要請したら、アイヌ人は地名で地形を判断して避難場所を推定して探し当てたんだそう。つまりアイヌ語で地名を読み解くとその地形などが適切にわかったということだ。すごいぞ、アイヌ語は。そして日本はちゃんと土地の力や地形などを地名としてついてるってことだ。すごいぞ日本。 現代みたいに区画整理して例えば美しが丘なんて名前つけちゃえば意味わからなくなりますね。笑   今日もお読みいただいた方ありがとうございます。  

      3
      テーマ:
  • 17 Feb
    • 真田と白山大権現と龍神と

      こんばんは。昨日の続きです。浅間山の御祭神が古くは白山大権現すなわち菊理姫だったという話しです。昨年の大河ドラマの真田丸を見ていて屋敷にいる真田昌幸の後ろにいつも白山大権現と書かれた掛け軸があって印象的でした。 真田の鎮守の山家神社の御祭神はヤマトタケル、伊邪那美命、菊理姫、オオクニヌシさんと祀られているそうで、奥宮は四阿山で山の頂に白山大権現 菊理姫が祀られているそうです。四阿山は修験者の山であり、上州や東北地方との情報交換もなされていた山だそうです。また四阿山といえば東信濃第一の作神信仰、雨水の神、水の神の山で、四阿山の菊理姫は上田市神川水域の人が降雨祈願すると花童子という小天狗が現れ、必ず雨が降ると伝えられ、雨水の神、水の神として厚く信仰されて、上田平に「彦龍、姫龍伝説」を残したそうです。さらにこの信仰は旱魃常襲地の川西から塩田平に広がって、その全域に菊理姫が祀られたそうです。 白山信仰は上田佐久地域を支配した滋野一族(海野、祢津、望月)(真田家も同族)に護り祀られ、浅間山麓にも広がっていったそうで、菊理姫という水の女神が火の山鎮護の浅間権現と崇められたのは自然の流れだったようです。   白山信仰の源流は九頭龍信仰、水神信仰だったとは私知りませんでした。でもなんだか腑に落ちます。白山信仰が深く民衆にひろまっていった意味がわかった気がしました。   今日は雨でした。水っぽい話しでしたがお読みいただいた方はありがとうございます。

      4
      テーマ:
  • 16 Feb
    • 浅間山信仰の女神たち

      こんばんは。浅間山信仰の歴史という本を読みました。 地元の方が書いた本でした。興味深かったことは浅間山の御祭神はイワナガ姫なのですが、明治の廃仏棄釈後周辺の神社も一斉に御祭神がイワナガ姫になったんだそうです。それ前はコノハナヤサクヤヒメが浅間山の女神だったそうです。コノハナヤサクヤ姫は富士山の女神さまですが、浅間山が大きな噴火を繰り返したため富士の女神を招致したのではないかということでした。では何故 イワナガ姫に変化したのかというと、   太古富士山と浅間山とが一夜にしてできた時、琵琶湖と諏訪湖ができた。これは伊勢の国に静まりますオオヤマツミ神が2人の娘を住まわせるために作ったもので、姉娘のイワナガヒメが浅間山に妹姫のコノハナヤサクヤ姫が富士山におられるそうだ。という神話が佐久にあったそうで、これは佐久のみに伝わるローカル神話なんだそうだ(;^_^A。   この神話を国学者の平田篤胤が古史傳という書物にのせたんだそうです。復古神道を体系化し、明治維新を推進した者たちの心の支えと言われた平田篤胤がつくった書物の話が影響していたからとは面白いなあと思いました。 しかし実はコノハナ姫さんの前は別の神様が浅間山の御祭神だったそうで。。。それはなんと菊理姫でした。この話しも面白いよ。でもどれもなんか 腑に落ちるところもある。 それでは今日はここまで。お休みなさい。今日もありがとうございます。

      7
      テーマ:
  • 15 Feb
    • 橿原神宮のお守り

      こんばんは。今年って紀元2677年だったんですね。ほおー。 橿原神宮のお守りが届いて知りました。橿原神宮は神武天皇が祀られています。   建国神話の中で熊野路を出て大和に入られた神武天皇が豪族長髄彦との最後の戦いに苦戦されている時、1羽の金色の鵄(とび)が飛来して天皇の軍を勝利に導いたと伝えられているそうで、そのためその瑞鳥にちなんだお守りがあるんだそうです。   金色の鵄かあ。格好いいな。 人は誰にもご眷属という動物の守護があるそうですが、私は、確かめたことはないんだけど、多分 鳥だと思ってる。ヤタカラスとかかなあと。今日もありがとうございます。  

      3
      テーマ:
  • 14 Feb
    • ルルドのメダイとメッセージ

      こんばんは。ちょうど一年ほどまえに初めてお会いした方からメダイとメッセージをいただいた。こんな風にメッセージが届けられるって思いがけずでありがたいなあと思ったよ。ふと思い出したので書いてみたよ。   ルルドとマリア様とは魂のご縁を感じます。なんか懐かしい気分がする。   後ろを振り向く必要は無い。 後はあなたの糧となり力となるもの全てが後押ししてくれて前にはあなたを迎える光の道がある。 あなたの明日は何が起きたとしても光のシャワーが降り注ぎ毎瞬あなたに愛を届ける。 あなたはただ正直にまっすぐに心のままに進むだけ安心してね。大丈夫だよ。 あなたは何が起きても大丈夫。あなたがあなたの思いに耳を傾け進むだけ。光のシャワーはどんなときもあなたを守り支え続ける。   ありがとうございます。   それでは チャオ⭐︎        

      3
      テーマ:
  • 13 Feb
    • 民謡のルーツから感じた望郷とは

      こんばんは。昨日小諸節が江差追分へとつながっていった話しをかいた。 奈良平安時代に小諸で生まれた歌が、信濃追分宿で歌われていて、それが数百年を経て そこの飯盛女の歌う賑やかな酒宴の歌として追分節となり、越後に伝わり、船で北海道に伝わり江差追分という日本を代表する民謡として大成した経緯はとても興味深い。   信濃追分などの追分という場所は街道の分岐点、いまでいうとジャンクション的な感じの街。そこは文化や物流の交わる場所。信濃追分の場合は中山道と北国街道の分岐点。 十文字とか十の交差する点はエネルギーが強く働くのだという。そのボルテックスの中で培われた歌にはパワーがあったのだろう。又追分には 浅間神社がある。小諸節はその神社の神事歌であったわけだから、浅間山麓の神々のパワーも宿っていたんだろう。 追分は出会いの交点でもあったが、分かれる、別れの場でもあったわけで、モンゴルの人々の郷愁は旅人の郷愁と共鳴して、旅する人々に歌われて北国街道を北上して越後にたどり着く。そして船で北海道へ。蝦夷の人々も開拓などで元々の故郷から遠く離れて暮らしていたのだろうから、モンゴルの人々の郷愁、望郷は人一倍理解出来たのではないかなあ。だから江差というニシン漁が盛んでさまざまな物流の繁栄した場所で多くの人々が行き交う場所で、別れや出会いも沢山あったろう。ふと山を見て故郷を偲ぶというのは理解出来るなあと感じたのだった。山とは母性的でもあるのだ。歌うことで心は安らぎ思いは昇華されていくのだろうなあ。そんな思いが江差追分として洗練されて身を結んだとしたら。歌は暮らしと共に息づいて変容していく。生きているのだ。 思いついたこと書いてみました。今日もありがとうございます。      

      テーマ:
  • 12 Feb
    • 信濃の伝統音楽

      こんばんは。信濃の伝統音楽という本を読んでます。 その中に 正調小室節のことが少し書いてありました。 この本の中では 小室節ではなくて小諸節という表記になっています。 小諸節ということで そう小諸市に伝わる節歌なんですが、 小諸馬子唄の原曲とも言われています。小諸馬子唄は江戸時代に信濃追分から江戸へと伝わり、江戸の流行歌となったそうです。   奈良、平安時代に日本最大の牧場が御牧が原にあり、馬の飼育のために渡来してきた騎馬民族、モンゴルの帰化人が歌った望郷の唄が 浅間神社の神事唄となり、小諸の建速神社の神賄い唄となって 小諸節として成立したんだそうです。   日本の民謡の源流ではないかと言われていて、東洋人に共通する郷愁の情を表す格調高い叙情的な民謡と書いてありました。 私は牧歌的で浅間の雄大な景色とのどかな感じが好きです。 小諸節はその後新潟 越後に伝わり、北前船にのって北海道に伝わり、江差追分とう唄になっていきます。 小室節も江差追分もそれぞれ全国大会がある有名な民謡です。道や船の物流などで歌も伝播していくのは面白いですよね。 今日はハナタレナックス全国放送でした。知床の自然 雄大だなあと思い、楽しく見ました。北海道の自然を見ていると長野の自然も愛おしく思います。モンゴル人が故郷を歌った歌に古代の小諸の人も感じいって、地元への愛を感じて歌を作ったのも同じかなって思いました。今日もありがとうございます。

      3
      テーマ:
  • 11 Feb
    • 今日は建国記念の日

      建国記念日の意味、知ってる? ▼本日限定!ブログスタンプ あなたもスタンプをGETしよう     こんばんは。ブログスタンプ押してみた。 今日は満月なんですね〜〜   毎日にありがとうございます。

      2
      テーマ:

プロフィール

ひらめき☆ときめき アーティスト 花音

性別:
女性
お住まいの地域:
長野県

読者になる

AD

テーマ

一覧を見る

カレンダー

ランキング

総合ランキング
242100 位
総合月間
315216 位
癒しブログ
3845 位
中部
3082 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。