MotoshopGoodSpeed ぽんこつ侍

千葉県柏市藤ヶ谷1860-2にありますバイク屋
MotoshopGoodSpeedのブログです。
何かございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。


テーマ:

 なんだかレースウイークに入って色々忙しくなってきたのですが、なんとかレースを迎えることができそうです。 

明日の練習でこけなければw 

本当は水曜日に練習予定だったのですが、死に程雨降りまして…。 
前回それで走って骨折ったのでもう雨の日は乗りませんw 
それで急遽前日に練習することになったのですが、無理せず、安全第一に最終確認をしようと思います。 
今のツナギでも初めての練習ですしね。 

エアバッグ付きのツナギを買ったので、車体側にも装置を付けなければいけません。 

ツナギとこの装置がワイヤーでくっついて、転倒時等にそのワイヤーが引っ張られることによってエアバッグが作動します。 


つまり、エアバッグの事を忘れてしまってバイクから降りてしまうと…。 


絶対やると思うw 

今回ツナギを作るにあたりお世話になったRSタイチさんがステッカー沢山くれたのでもりもりアッピール作業。 

コクピット回りも配置を変えたり足したり修理したりしました。 


満足。 

さて、場所ですが、陣地は前回のガレージの並びです。 


ガレージ番号で言うと1番と2番ですね。


場所はここです。 


ボンさんお写真頂きました(;^ω^) 

僕のレースはFrontier2(FT2)というクラスで、予選10時10分、本戦14時50分です。
ただ、それ以外もいろいろ用事があるので殆ど陣地にはいないかもしれません。 
特にレース時間前後は殆どいないと思います。すいません。 

チケットを取りに来られる方はLine、メッセンジャー等で連絡ください。都合つかずに返信できない場合もございます。ご理解お願いします。 
僕のガレージの場所はチケットがなくても入れる場所なのですが、駐車券は必要なのでご注意お願いします。 

さー頑張るぞー。


テーマ:

 今回の手術で自分の体が全身麻酔ができない体だと完全に理解したので、全身麻酔が必要な手術からなるべく回避するようエアバッグを導入することにしました。 

今あるツナギの上からベストを着るというのが一番安上がりなのですが、デザインで選んだツナギのデザインが半分見えなくなってしまうあの見た目があんまり好きじゃないのです。ということでエアバック付きのツナギを購入することにしました。 

エアバック付きのツナギを探すといくつか選択肢はありましたが、検討していたブランドは交渉中にメールをシカトされたりとお客さん商売としてどうなのかなぁというところもあり、今着ているRSタイチさんが12月に新型のエアバック付きのGP-EVOを発売したので検討してみました。 


転倒センサーが反応し、 


着地するまでにスーツの中のエアバックが膨らみマッチョに見える、motoGP等でおなじみのシステムです。 


お値段ざっくり50万くらい? 
スポンサード価格でも40万くらい? 

うーん。 

発売直後で周りで誰も着てないから全く評判もわかりません。 
タイチのスーツ自体は超好きでずっとタイチなので問題ないかと思うのですが、新システムは不安なのです。 

で、結構前から実績のある、首元を保護してくれるT-RAPSにしました。 


タイチの担当さんはとても親切で、電話でもメールでも丁寧に対応していただけました。企業としては当たり前なのですが、バイク業界ではこういうところが雑なショップが少なくありません。 


対応が素晴らしかったので、ブーツもグローブもタイチで揃えました。 
何よりも嬉しいのは、カラーオーダーしたにもかかわらず3か月ちょっとで届けてくださったことです。しかも、ブーツもグローブも含めてものすごく値引いてくれまして…。 


事前の完成予想図にかなり忠実でした。 


メーカーが同じなので赤の発色がブーツとグローブで全く違和感ありません。 


僕のようなファッションライダーにはとても嬉しいですw 

お客さんを完全に放置して早速着ました。 


彼女が書いてくれた僕の名前もばっちりと貼り付けられております。


そして素敵なおまけも! 


これ高くて買えなかった奴や!

スーツのカバーもいただけました。 
ステッカーも沢山。 


はい、沢山貼りますです! 
これだけあって30万しないだなんて…。コスパ良すぎる。 

一足先にHYODでオーダーで作ってた雁ちゃんにようやく追いつきました。 


実は雁ちゃんが青白で作ったから僕は赤黒で作ったんですよね。 
特にスポンサー企業様が他にいないのでワッペンがありませんw

求むスポンサー様! 何でも使いますw
俺も胸にGOODSPEED入れればよかったなぁ。 

今まではLのスリムを着ていたのですが、今回のは胸部パットの分も考えてLのレギュラーにしました。ちょうどいい感じになりました。 
なんか毎年ツナギ代わってますが、練習用とかを持つ余裕もあまりないのでこれでこの黒灰はお役御免となりますね。 


去年のDE耐でデビューだったので、ちょうど一年ですね。 


1年間ありがとう!


テーマ:

 すっかりアホみたいに硬いIRCのバイアスタイヤ交換も慣れましたw 
4月21日のレースまであと2週間程度となりました。ベストを出そうと思うと集中力と体力が続かずアベレージが落ちてしまうという決定的な実力不足に悩みながらも、先輩方のアドバイスをいただきながらようやく何かをつかみかけてきております。 
ベストは11.642で、何度か11秒台が出るようになってきました。目標タイムまであと1.3秒。中年頑張っております。 

今回の動画です。 
 

いつもカウルステーにGoProを付けていたのですが、動画がぶれてぶれて見ていると気持ち悪くなってしまい、走行中の回転数もわからないのでステムマウントにするためのステーを今回雁ちゃんに造ってもらいました。 


おかげで相変わらずカウルはぶれてますが、カメラはしっかりと固定されております。超見やすい!また動画編集する気力が湧きましたw 

僕が走れるクラスは400ccまでのレーサー及び市販車なので、何回か走ると顔見知りができてきます。そして、クラス分けされているレースで戦う相手も当然このクラスなのです。 
いつも一緒に練習してくれるG先輩。 


ちょっと一人にしちゃうとすぐ拗ねますw 


毎回毎回走り終えた後死体みたいになってる僕を支えてくれていて感謝しています。 

前回のレースまで一緒のクラスだったDさん。 
今回からはラジアルタイヤのクラスになります。 


結局同じクラスでは勝てませんでした…。 

どんな時に走りに行ってもほぼ走っている女性の方。 


2ヘアの立ち上がりとストレートの速さで、前に出られるとなかなか抜けません。どんどん上手になっていて、練習は嘘つかないんだなぁといつも思っています。 
そんな感じで攻めあぐねていたら、ここんちの監督さんに 
「女のけつばっか追っかけてるから駄目なんだよこのへっぽこ!」 
と言葉責めされてグッチョリですw 

言葉責めと言えばスパーダの元の持ち主のRYUさんもいつもアドバイスをくれます。 


「あのコーナリングでなんで11秒台出てるのかわかんねぇ!全部駄目全部w」 
と、本日もアドバイザーのおじさんと共に僕を言葉責めしてくれましたw 
みんな俺より超速いから全部身になる為になる! 

そしてCBRカップのKさん。 


劇団motoGPのお一人ですw 
頼もしい広いお背中w 


125から250のCBRに乗り換えたAさんもいらしてましたが、午後の走行の為走りは見れませんでした。残念。 

今回はたまたま幡多ピヨ子先輩がNSFで筑波初走行らしくて見に行ったらカントリーマァムクリスピー味をくれました。餌付けされちまった。 
RYUさんとKさんと一緒に走行を見ていましたが、はっや。 


速すぎてちょっとよく分かりませんが、スーパーサイヤ人がブルーになったのをただただ見ているヤムチャくらいの差があります。 
私の戦闘力は53です。 



帰宅すると彼女からの誕生日プレゼントが届いておりました。 


ありがたやありがたや…。大事に使います。 
RSタイチさんにグローブSかMかわかんねぇって言ったら両方送ってくれて、試してからいらない方を送り返してくださいとの神対応。 
これで上から下まで全部タイチ。コミネマンならぬタイチマン!あ、ヘルメット違うや…。 

さて、レースまで練習は後二回。12日と18日です。

イケんのか俺!(パクり)


テーマ:

 去年最終戦だけ出た筑波TT(年間3戦)に今回は初戦から出てみたいってことになり、その上での懸念事項を一つずつ潰していきました。 

1.脱腸の手術 
鼠径ヘルニアという病気で、お腹に二つ大きなコブができてしまっていたのでそれを手術して取り除きます。このコブがコーナリング中に押されて、コーナーの度にお腹から「ブリュルルルル」という音が鳴っていたり鈍痛がして少なからず影響がありました。 

無事手術し、今までお腹のコブがあってタンクに荷重がかけ切れていなかったようで、コブの分前に座ることができるようになり、今までよりも深く体を内側に入れられるようになりました。これによりコーナリング中のフォームを一からどうのこうの。 

2.エンジンのリフレッシュ 
なんだかストレートが遅いので雁ちゃんにエンジンを見てもらい、バラバラだったバルタイのクリアランスを均一にしてもらう。 

3.カウルステーの溶接 
なんだか走るたびにカウルが取れるので雁ちゃんに見てもらい、ステーが折れているのを発見。直してもらう。 

4.ピットクルーの確保 
二人いないとしんどいというのが身に染みてわかったので二人用意することに。 
祐司とトミンで仲良くなった聖吾の確保に成功。 

5.MFJライセンス 
筑波のライセンスだけでも大丈夫だけど、国内からフレッシュマンに降格させてもらう。
更新の時フレッシュマンにするを選択するだけでOKだった。マジか。 

6.ガレージの確保 
レース当日、場外にある貸しガレージを借りることに。安くて便利すぎてもうここなしでは生きていけない。あと、朝一で場内に荷物を運んだりするのはもうやりたくないw 
で、一人で借りるのもアレなので仲間を3人ゲットして4人でワイワイガヤガヤやります。 

7.お金 
働いたりする。 

という事で、体もある程度大丈夫になり準備もオッケーで、マシンのコンディションも整ってさぁ走れるぞ、となったのでレース参戦決定です。受理書っていつ来るんだろう。 

今回もバイアスタイヤ使用の250ccツインエンジン限定のレースです。 

バイアスタイヤが、IRC RX-01 SPEC-Rというタイヤほぼ一強でこの数年きたようなのですが、そのIRCが数年ぶりに進化するそうで、今回のレースには間に合わなそうですが、次回のレースからはおそらくそのタイヤで皆出るんだろうなぁと思っております。 
このパターンが 


こんなに進化! 


とってもブリ〇ストン(禁句) 
一応今回のために01を練習用2セット、決勝用1セット買いましたが、練習用は1セットで終わる可能性が高いですw 

そしてツインエンジン限定というとどんなのがあるのか、という事なのですが、今は250のツインが沢山各メーカーから出ています。 
値段順に書きますと、 
ホンダだとCBR250RR 


カワサキだとNinja250 


ヤマハだとYZF-R25 


スズキだとGSX-R250 


そんな中で僕が乗っているVT250スパーダは実は1988年発売のモデル。何ともう30歳w
こんなんです。 


めっちゃレトロw 可愛いwww

人間でも0歳のかわいらしい赤ちゃんが若干婚期を逃した独身女性か、社会になじめず引きこもりになってアニメばっかり見て親のすねをかじっている万年無精ひげおじさんになってるかもしれない年齢です。かもしれないです。あくまでも。 
しかし機械の30年はあまりにも長い。バイクは進化が車ほど早くはないのですが、それでも30年という期間は結構な差を生み出しました。 
わかりやすく言うとアンパンマン VS アイアンマンみたいなもんです。 
しかしこの2.3年の新型モデル投入でそろそろアンパンマンで勝負は難しくなってきております。 
このクラスはこのアンパンマンであるスパーダ先生が勝負できる最後のクラスと言っても過言ではないのです。頑張れ先生! 







本音を言うと、立場上簡単に最新モデルは手に入るからそっちで楽して勝ちたい!スパーダとかぶっこ抜きたいw 
でも僕のスパーダの前のオーナーはちゃんとスパーダでチャンピオンになってから新型に乗り換えているので、僕も表彰台に立つか、前オーナーの記録1分10.04秒を抜かないと次には進めないと考えています。 
実際走ってみて、その記録が途方もねぇ記録だという事を実感しておりますが、何とか達成したいと思っております。できれば今のタイヤのうちにやっておきたかったなぁ。今日走ってみてアベレージ12秒台、狙って11秒台と成長してきてはおりますが、あとひと月で達成するのは難しいかなと思っています。でも最大限努力しようと思います。今のベスト1分11秒774をどこまで伸ばせるかがとても楽しみです。 

まぁそんなこんなで、来月、4月21日土曜日、筑波ツーリストトロフィにGOODSPEEDwith平井義典&DCMで出ますのでぜひ応援よろしくお願いします!


テーマ:

 僕の今回の入院の一般的な流れはこちら。 
https://www.jbh.or.jp/departments/geka/type/baptist-version.html 
引用日本バプテスト病院HPより 

~入院3日目~ 

 術後、長い夜が明けて飲食解禁です。 
朝ご飯を食べて、夜眠れなかった反動がきたのかいつの間にか眠ってしまいました。 
暫くして看護師さんが来て、 
「体拭きますね。あとお小水の管抜いちゃいますね」 
体を使い捨てのボディタオルで拭いてくれます。テレビとかと同じ感じで、ごしごしではなくサッとひと拭きで終わりです。モノか俺はw 
おしっこの管抜くときはすげぇ痛いのですが、ここもハイ行きますよーっとズルズルっと抜かれました。一瞬なのですがやっぱり何回やっても痛い。先っちょからレバーのような血がドロッと出ます。そしてこの後数日は尿道が痛いんですよね。技術の進歩希望! 

服を着せてくれるんですが、ちょうどズボンの腰部分のゴムの所が手術痕なのですがそこにズボンをバチンとやられました。配慮が足らねぇぞお前とキレる事もなく悶絶しながら着替え終了。 

ちょっとしてから別の看護師が 
「歩いてみましょう」 
と言って歩行練習をさせようとしに来ました。 
しかし、左足の付け根に凄まじい違和感。 
左足をつくとぎっくり腰みたいな痛みが走り、まともに歩けません。 
「歩ける気がしねぇんだけど」 
というと、 
「もっと大きい手術の人だって歩いてるんだから!ハイ歩く!」 
と聞きません。その人達は人工関節でも膠原病でもないんだろうなぁと思いつつ、面倒くさいしこっちだって早く歩きたいので黙って従いました。 

そして痛みに負けて貧血で立ってられなくなりました。ほら!ほらねw 

それを見た看護師はやべぇと思ったのか突然優しくなり、以降退院まで歩行練習を急かす人は誰もいませんでしたw 

暫くして、おなかが張って張って仕方ないので頑張ってトイレに行ってみることに。 
何とか車いすに座らせてもらい、トイレに連れて行ってもらいますが、ちょうど腹筋に力が入るところでうんこを出すパワーが出せません。屁こいて帰ることになりました。 

その日の夜、痰が絡み咳をする度に傷口に激痛が走ります。あかんこれあかん。 
夕方から翌朝まで何度も何度も喘息のような発作が起き、どんどん熱が上がり、色々と処置をされました。 

~入院4日目~ 
朝熱は39度に。 
ほとんど眠れず、朝食後うつらうつらしていると主治医がきてインフル検査。 
鼻綿棒はいりまーす。 
鼻綿棒はすぐ結果がわかるらしく、結果が出るまでに採血検査。 
採血終わったらもうインフル検査の結果出ました。 
THE陰性。 
まぁ免疫のほうの病気的な発熱だと思うんですよと告げると、 
「それもあるとは思うんですが、熱が出る原因の一つに、体内の手術で使ったメッシュシートに菌があったら免疫がない場合膿むことがあるんです」 
「うむ」 
「もしそうなったらそれを取り除くことになります」 
「え?再オペ?」 
「はい。そうならないようにガンガン抗生物質を点滴して化膿を抑えます」 

こっわ。 
普通の人は明日には退院ですが、ここで僕の退院日は未定となりました。 

CTを撮ったりして患部の状態をよく確認する検査をして、部屋でうとうとしていると向かいに入院しているおじいさんにお見舞いが来ました。 
お見舞いの人が 
「神様、Sさんの目をおなおしください。完全に見えるようにお導きください」 
的なことを10分くらいずっと言ってて、言われてる爺さんも困惑しており面白かったです。入院あるあるですね。 

待望のうんこちゃんが産まれました。沢山産まれました。 

 彼女は今回の入院中毎日来てくれたのですが、その日は2時間連続で起きていることができずせっかく来てくれているのに寝てしまいました。 

夜になっても熱はあまり引かず、咳と痛みで寝ように眠れず、寝るのを諦めてここ数日と同様入院前携帯にダウンロードしてきたアニメを見ました。 
ジパングを観終わり東京喰種も見終わり、キングダムを見始めたころで朝になりました。

~入院5日目~ 
熱が引きません。 
寒くなったり暑くなったりを繰り返して6時間ごとに抗生剤を点滴します。 
ここでの入院の時にいつもお世話になっているリハビリの先生が今回も面倒を見てくれることになり、新しくなったリハビリ室に連れて行ってくれました。超広くてきれい。新築の病院最高。 
歩行練習をしてみましたが、荷重をかけると相変わらず左足の人工股関節の付け根に激痛が走ります。全く歩けませんが、最初の日に比べたら幾分か痛みが和らいでいるような気がします。 
痛いところを見てみると、ちょうどオペした場所が人工関節の付け根で、そこに干渉しているようです。ってことは腫れが落ち着いて行けば歩けるかなぁ。 
リハビリの先生は 
「うーん長引きそうだねぇ」 
と言っていました。まぁちょっとずつ治していこうはいつもの事なのでのんびりやります。 

この日ようやく尿道の痛みがなくなってきました。 
彼女に術後初めて頭を洗ってもらい、その日は久しぶりによく眠ることができました。 

~入院6日目~ 
 担当医ではない医師が朝やってきて、 
「実は、主治医の方が…インフルに…」 
「wwwwwwww」 
「彼女(担当医は女医さん)が出てくるまでは僕が診ます」 
お医者さん大変。 

尿道の痛みが引いた代わりにかゆみが出てきて嫌な感じです。 

リハビリでは昨日より明らかに痛みが引いたことを確認し、痛さに我慢しながら平行棒で6mほどつかまり歩きをしました。 

大体1日中キングダムを観て過ごしました。 
おもしれぇ。 

この日はようやく熱が平熱に戻りました。 

~入院7日目~ 
 この日から世間は土、日、月と三連休らしいです。となると病院はスタッフが大幅に減り、検査もなく、リハビリもなく、何もやることはありません。 
熱が落ち着いたので点滴と背中についていた痛み止めがようやく外れました。 

なので風呂に入ることにします。病院の風呂は歩けなくても入れる設備が整っていていいですね。 
病院のリハビリはないのでこれから三日間は自主トレです。 

ウィル・スミスの新作ブライトを観てこの日も快眠。 

~入院8日目~ 
 彼女のお母さんがお見舞いに来てくれました。同僚のお見舞いに来てみたら、僕の病室のすぐ近くの部屋だったというw 

キングダムを観終わり、NETFLIXのお試し期間中に観たかった8作品は全部見たので解約します。でも月最安で600円程度でこれだけ色々な作品が観れるなら、とてもいいサービスだなぁと思いました。 
見事にAmazonプライムとほとんど作品のかぶりがないですしね。 
発熱もなく、リハビリもまた前日よりも歩けるようになっていい一日でした。 

~入院9日目~ 
 たっぷり寝れました。 
この日でオペ後1週間。 
相変わらず何もない一日で、リハビリに励みました。 

~入院10日目~ 
 もう15年以上お世話になっている僕の生命保険の担当のおばちゃんが書類持ってきてくれました。 
久しぶりのリハビリ室では先週とは比べ物にならない程歩けるようになっておりましたが、筋力がものすごく落ちていてふくらはぎが痛くなってしまいました。 
リハビリから帰ってくると、今度は新しくベース民になるO窪さんがお見舞いに来てくれました。付き合い自体は何年にもなるのですが、二人っきりで話すのは今回が初めてで楽しかったです。 
彼女に自宅にある松葉杖を持ってきてもらいました。 

夜は【殿、利息でござる】を観ました。 
おもってた500倍くらいいい映画でびっくりしました。これもっと評価されるべき映画だろ。駆込み女と駆出し男もそうだったけど、こういうあまり殺し合いとかがない庶民的な時代劇って結構好きです。 

いい映画を見るとよく眠れます。 

~入院11日目~ 
主治医がインフルから復帰してきたので全力で馬鹿にしました。 
CT撮って採血して特に異常もなく、リハビリでも杖歩行なら2分くらいは歩けそうなので明日退院すると告げました。 
リハビリの先生以外はOKくれましたw 

今夜は気になっていた映画【グランドイリュージョン】と、去年時間の都合がつかずに観に行けなかった【グレートウォール】を観ました。 
グランドイリュージョンがあまりにも面白すぎて、グレートウォールが霞みました。 
この日も快眠。 

~入院12日目~ 
朝主治医にお礼を言って、9時に退院しました。。 
帰宅して犬にただいまを言うと、犬は興奮しすぎて吠えることもできず、耳を倒しながら飛びついてきました。 


普段の生活が一番のリハビリになるのでちょっとずつ元の生活を取り戻していこうと思います。 

 とまぁこんな感じで、間質性肺炎と皮膚筋炎と両人工股関節を持った人の、腹腔鏡ではない開腹での両側の鼠径ヘルニア手術という、あまり普通の人には縁のない体験談は終わりとなります。 
結局メッシュに感染はなく、普通に免疫の方の病気の発熱だったようです。 
僕の場合はとりあえず5年前には左側の脱腸の確認はできていたのですが、それが脱腸というものだったと知らずに5年経ち、右側も飛び出して痛みが出てからの手術だったので、これを読んだ人が鼠径ヘルニアというものを覚えていただけるだけでもこれを書いた意味はあるのかなぁと思います。 

今年はもう入院はしたくないなぁw 


テーマ:

 遂にオペ日です。 
昨晩21時から断食。 
10時からは飲み物も一切飲めません。 
なんだかんだで15時からオペスタート。 
不安そうな彼女に見送られて手術室へ向かいます。 


すごくきれいになった手術室を見てテンションが上がります。 
特に不安はなかったです。 

全裸になり、タオルで体をおおわれて、 
「じゃあ麻酔から打っていきますね」 
と言われて、おぉ、マジでまな板の上の鯉だなと覚悟を決めて 
「よろしくお願いします」 
と言うと、 
オペ台から 
ピーッ 
という音が鳴り始めました。 
なんや? 
どうやら壊れてしまったようです。 
「新品なのに!これ初期不良だろ」 
俺に言われても知らんしw 

なんだか直らなそうなので古い代えのオペ台に移動して、こっちはまた覚悟を決め直しましたがなんだかしらけちゃいましたw 

間質性肺炎が進んでいて全身麻酔が使えないので、先ず硬膜外麻酔というのをやった後腰椎麻酔をかけますが、昨日の動脈採血に比べたら痛みに関しては屁のようなものでした。

何回かオペをしたことがあるのですが、一番痛かったのは高速で事故って運ばれた時の皮や肉の飛び散った足と指の処置だと思うのですが、まぁ肉体的な痛さって数年たつと忘れるものじゃないですか。まぁ少なくとも僕はそうなのであんまりしんどい思い出じゃないんですよね。 
それよりも人工股関節の時の、痛みはないけれども意識のある状態でソーで大腿骨を切断され、自分の関節が外れる音を聞いたあのトラウマが僕の中では最悪最恐のトラウマだったので、今回も同じ腰椎麻酔で、おなかの中をぐちゃぐちゃされるんだと思うと結構怖かったんですよ。 

でも終わってみると、人工股関節の時が100だとすると今回のは15くらいでした。因みに親不知は20ですw 
なんか超あっけない。術中も麻酔科医と談笑したりしてましたし。 
途中なかに入れるメッシュがないとか言い出してマジかと思いましたが何とかなったようです。 
こんなもんかと2時間ちょいの手術(確か前回は7時間)は終わりました。 
僕の場合は腹腔鏡ではなく二か所開腹だったので腹腔鏡だったらもっと早く終わるかと思います。 

 しかし、真の試練はここからでした。 

帰って来てからは上半身は動くのですが下半身は全然動きません。 
痛み止めもバンバン点滴されているのですが、先ず背中に痛み止めの管、ちんちんにおしっこの管、手には点滴の管がある上に指先に血中酸素を計る機械がつながっていて動こうに動けないんです。 
そして水分が取れないので眠剤ももらえません。 
持病の為の薬の副作用で眠れないので、物理的に睡眠薬を飲まないと眠れないのですが、飲ませてもらえませんでした。 

彼女が謎にわざわざ見えるところに忘れていったGOKURIのピーチ味を横目に、のどの渇きや痛みに耐えます。 


24時くらいに下半身の麻酔が切れておなかのガス(屁)がバンバン出始めました。 
腸が動くのはいいことなので、最初は 
「祝砲や!」 
と喜んでいましたが、次第に 
「これ、うんこ漏れるんじゃねぇか」 
という恐怖に襲われ始めます。 
こんな動けないうちに我慢ができない便意に襲われたら、泣きながら看護師さんにおむつを頼んでその上でうんこして看護師さんにお尻を拭いてもらいながら再び枕を涙で濡らすという未来が待っています。 
そして空腹もピークに。 
おしっこの管も入ってるはずなんですが、謎に放尿感があったりして(普通は知らぬ間に出る)なんだかもやもやしておりました。 

事前に携帯にダウンロードしていた、かわぐちかいじのアニメのジパングを観ながら何とか朝を迎えることができました。 
結局20分ほどしか眠れませんでした。 

眠剤飲ませてくれればこんな目に合わずに済んだのになぁ。 

外が明るくなり、起床時間がやってきました。 
飲食解除の時間です。 
僕は迷わずこれを手にしました。 


テーマ:

 戦後まもなくできた位古かったおんぼろ病院が超近代化おシャンティ病院に今年生まれ変わり、できたてほやほやの新築で手術を迎える事となりました。 

とりあえず思いっきり地元なので彼女も毎日来てくれるそうなので荷物は少なめに。 
着替え4日分とBOXティッシュ、ウエットティッシュ、タオル5枚、小さくまとめたお風呂道具(洗顔料は荷物を減らすため最初から泡になるやつ)、紙コップ20個、薬類。 
食べ物系は飴ちゃんと一日10時、15時、22時に3粒と決めているチョコレート、ふりかけ2種類、本当は小分けのポン酢があれば最高だったのですがなかったのであきらめました。 
それと2リットルのお茶2本です。大体3日もつので毎日1本ずつ持ってきてもらいます。 
今回は入院中パソコンでの作業がメインとなると思うのでノートパソコンをリカバリからのセッティングしました。僕のはWi-Fi専用機なのでWindows8から8.1にするのに1日半くらいかかりました。 
よく聴く曲をパソコンに入れて、次はスマホの設定です。 
デビルマンのリメイクを観たくてお試しで入ったNetflixなのですが、ラインナップが最高。そして、スマホの容量が許す限りダウンロードもできるので、パケ代を気にせず入院中もガンガン観れます。 
Amazonプライムでも同様のサービスがあるのでそちらからもダウンロードしまくりました。 
実は入院で一番困るのがパケ代等の通信料なのですが、こちらはTRYWimaxという制度を利用します。 
本来ならWimaxが使えるかどうかを試せるサービスなのですが、15日間借りられるので短期入院ならこれでイケます。僕はWimaxの投入をガチで考えている一環で借りたんですけどね!ホンマやで! 
イヤホンを生まれて初めて買いましたが、最近のはすごいですね。安いし音いいし耳痛くならないし。 
PC作業には必須のブルーグラス軽減メガネも持って行きます。JINSのは軽くて疲れないので本当に重宝しております。 

準備はこんなもんです。 
犬は言葉がわからないのでしばらく会えないのは伝えられないのですが、入院前数日はいつもより長く一緒にいてあげました。辛い。 
入院前は好きなものをたらふく食べました。 

珍しい日曜日入院の月曜日手術ということで、病院はがらっがら。 
案内された病室は八階。 
新築なので何もかもきれい。 


今までの病院は6人部屋でぎゅうぎゅうでしたが、新しい部屋は4人部屋で一人一人のスペースが今までの病院の二倍くらいあります。トイレも部屋ごとに、洗面所も一部屋ごとにあります。 
きれいなシャワー室もあり、前の時は週に数回だった入浴も毎日可能です。都内の病院とそん色なくなりました。嬉しい。 
ささっと環境を整備してもう超豪華な漫喫状態です。 



凄く景色も良く、森を挟んだすぐ向こう側にこの手術を拒否った病院も見えますw 



いきなり彼女の目の前でパイパンにされました。 
採血は通常採血と動脈採血をされました。動脈採血超絶痛いです。耐えられないほどではないですが注射に慣れている僕でも超痛いくらいですからね。子供は泣きます。 



通常は腹腔鏡で手術なのですが僕の場合は全身麻酔ができないので開腹でやります。 
通常の人なら4日で退院できそうなのですが、僕の場合は元の病気との兼ね合いでどうなることやら…。 

スーパー肺炎なので寝る間はずっと酸素を計る機械で左手の自由を奪われます。 

あまり眠れなかったのでダウンロードしておいた東京喰種を観てました。アニメの方。面白かった。


初日は21時以降何も食べられず、翌日手術当日は一日絶食。水分は午前10時までです。オペは15時となるようです。 

今8時半。経験上空腹よりは水分取れない方がしんどいので10時までがっつり飲んどこうと思います。 

ではでは。


テーマ:

 朝電話の着信音で目が覚め、寝ぼけながら電話に出ると病院からでした。 
1月中にオペという話だったのであまりにも連絡がないので月曜日に電話したんですよどうなってんだって。 
そしたらもうかかってきました。これこっちから電話かけなかったらどうなってたんだろう。 

まぁ何はともあれ2月5日に手術が決まりました。 

全身麻酔が使えないので面倒くさいのと、免疫コントロールがまた面倒くさいのですがまぁ長引かないようにしっかり治してきます。 

いつも通り基本お見舞いはいらないです。 

まぁでも、本当時間ある人いらっしゃったら、ずっとバタバタしててこんな時くらいしかのんびり話もできないので、手ぶらで(ここ重要)遊びに来てくださいw 

入院準備も久しぶりなのですが慣れたもんですね。こんなもん慣れない方がいいのになぁ。 

ではでは。


テーマ:

 夕方ぼへーっと表で仕事をしていたら、ブロローンと我らがタウンメイトがやってきてうちの前に停まりました。 

「おぉ!どうも!お?ん?」 

あれ?知らない人だなw 
でも本当に知らない人なのかな?どっかで会った人かな?っていうかメイトだし僕が売ったお客さんかな? 
顔を見てもさっぱりわからない。 
どうしようどうしようとオタオタしていて挨拶すると、ブログを見ていらっしゃった方らしいです。 
「キャブのここのパーツが取れちゃったんですけど、もし余ってるパーツあったら売っていただきたくて…」 
余ってるパーツはないけど、余ってるメイトなら4台くらいあるので、その中で部品取りとして活躍しているメイトからキャブをぶっこ抜いて、キャブ丸ごとお買い上げいただきました。ありがとうございまーす。 

なんか久々に触ったなぁメイト。あの頃の情熱はいったいどこに行ったのだろうかw 


暇だしたまにはおこそうかなぁ。スペアのキャブあるし。


テーマ:

 僕が住んでるところは殆ど雪が降らないんですが、ここ数年たまにドカッと降るんですよね。 
今回も首都圏直撃。 
前もってわかっていたのですが、アルファードはサマータイヤのまま。 
寒いときはスタッドレス履いたハスラー乗るからいいんだ! 

そんな感じで特に用意もせず、、雪が降る予定の日は仕事は夕方まで仕事をして帰ろうと思っていたんですが、昼の思ったよりも早い時間に降ってきてしまいました。 


降り始めてから速攻で積もる感じになったので、スーパーで買いだめしたりしてとっとと帰りました。 

あれよあれよという間に積もってしまい、家に持ち帰った仕事も大体終わってしまったのでカレーを作りました。 


夜中に外に出てみましたがもう別世界でした。 


犬は最初雪にめちゃくちゃビビってましたが、何か琴線に触れるものがあったらしく、そのあと外に出してほしいと懇願してきたので出してみたら、何の迷いもなく雪の中にぶっこんで行って、途中で寒さに気づいたらしく動かなくなりましたw 
慌てて救助し風呂に放り込んで暖を取らせましたが、そのあとも外に出たがるバカなお犬様。 

一夜明けまして外を見てみるともうかなり溶けていました。 


犬はまた外に出たがるので出したものの、寒さに驚いて歩きたがらず。 
鼻水垂れてましたw 


ベースに行って雪による被害があるかどうかを確かめに行きましたが、特に問題なく安心しました。 


ベースから雪かき道具を持ってきて、日陰になっているアルファードの前と家の前の階段をきれいにしました。 

夜は犬とのんびり過ごして休日終了です。 


だいぶゆっくりできました。明日からまた頑張って働こう。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。