ひねもすのたり的日常

毎日の暮らしの中で感じた出来事や心の動きを、
つらつらと残しておきたいな…。
そんな気持ちではじめたブログです。

 

少し胸に溜まった気持ちを書きます

テーマは「浅田真央選手」。

文中、彼女を「真央」と書いていますが、

親戚のおばちゃんモード全開なので、

身内を呼ぶような感覚が強く、

どうしても、そうなってしまいます。

あしからず。

 

GPS、GPF終わりましたね。

 

年々、試合観戦に熱が入らず、

真央が出ていない試合はほぼ地上波はパス。
自分でも信じられないくらい
まとめてみることができなくなりました。

いらない情報が多すぎて・・・。

日本人なのに自国の番組をみるのが苦痛なんて・・・。


結局、いろんな思惑とは無縁のライスト観戦が主でした。

 

悲しいことに苦手な選手が増えてしまい
目にしないように構えることが増えました。
でも、そこがマスコミ押しだったりするので
目にするたびに、ぎょっとしてしまう。
そんな自分が嫌でさらに遠のく、そんなルーティンです。

 

今回のGPFは気になった選手の演技だけをつまみ食い。

ショーマのラベンダーを見て
マッチーのラベンダーにとんで
真央のラベンダーをヘビロテ。
そんなひと時に癒されたり、

 

 

カロのパーカッションオンリーのSPに感動して
真央のチェロスイートをヘビロテするなどという
「結果、まおじゃん」的な日々を過ごしていました。

 

 

 

 

闘う浅田選手が好きです。


「自分の信じた精一杯のスケートをする」という
ただそれだけを武器にずっと闘っている姿が好きです。
ラファコーチの「真央の武器は美しさだ」

という賞賛がずっと胸にあります。


容姿の美しさだけではなく、アスリートとしても
人としても美しい姿をずっと見ていたいです。


だから、彼女がその舞台で表現したいというなら
ずっと応援し続ける覚悟はあるのですが。

反面、来年のアイスレジェンドの話や、歌舞伎アイス
クリスマスオンアイスの話題を見ると
「もう、あの世界にいってもいいのじゃないかな」と思たりもします。

 

その世界の真央も、絶対素晴らしいと信じているからだし、
そうしたら、そちらで全力応援できるからです。

 

ジャッジのおかげで、
こんなにもすがすがしくないものになるなんて
おーまいがー!!!、ですほんとに。

 

全日本が徐々に近づいてきます。

そう思うだけで、ちょっと心拍数が上がる感じです。

こればかりは、見ない訳には行きません。


まじめにどこかの国でライストしてほしい感じです。

 

真央は元気に練習できているのかしら。

膝の調子はどうかしら。

 

 

こんなことを考える週末でした。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

 

この表情、本当に美しい。
フィン杯の時と
衣装とヘアスタイル、変わってるね。

 

結果を伝える記事を見ると、
GPF出場を危ぶむ論調が少し見受けられるけど、
それは、今の淺田選手に本当に必要だとは思えない。

彼女のキャリアを考えれば、
GPSやGPFのメダルはすでに必須ではない。

 

もちろん、ひたむきな彼女のことだから、
出場したい気持ちもあるかもしれない。

 

私達ファンだって、一回でも多く、
競技者としての淺田選手の滑りを観ていたいと
いう欲はもちろんある。

 

けれど、体に不調を抱えているのならば、無理は禁物。
無理しないでほしいと心から思っている
ファンがどれだけ多いことか。

フィギュアファンのTwitterを見れば一目瞭然だ。

 

もちろん、私もその一人。

 

 

今回のアメリカ大会を見て、

再確認できたことがある。

 

淺田選手の闘いかたは、
ほかのどの選手とも違っているということだ。

 

この技で何点、このジャンプで何点というより、
今できるベストの演技をジャッジがどう見るか。


彼女はそういう闘い方をしている。

いわば、ジャッジとのガチンコ勝負。


それは、今の採点方法の主流ではない。

加点法で組み立てるプログラムではなく、
フィギュアの技術の随を集めた
総合芸術としての “表現” の高み。

顔の表情やポーズだけでなく

フィギュアの技術を使った身体表現。

それが、たぶん、

浅田選手が目指している高みなのだと思う。

 

それはエンターテインメントという
派手な “表現” の対極にあるものと言えるかもしれない。

 

その闘い方ができるのは選ばれた一握りの選手だけだ。


淺田選手は、絶えず、自分の理想と闘っている。

彼女の闘いは「孤高」。

 

 

今回のように、膝に故障を抱えて、
構成難度を落としていても、
きっと、その状態でのベストを目指している。


そのことを知っているファンは、一喜一憂せずに
彼女の競技人生の最後の最後の高みまで、
ついていきたいと思っているはず。

 

大切なのは全日本と世界選手権。
もっと大切なのは、オリンピック。

 

だから、今は彼女の望んでいる闘い方をしてほしい。
そして、ひとまず、ご苦労様さま。

 

今回のFPでは、
ルッツのエラーがとれ、スピンもレベル4。
残念ながら、ステップはレベル3。
あのステップでレベルとれないってなんでだろー。

 

進化がみられる演技だった。
やっぱり、目が離せない。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
少し前のお話です。

編集取材の行程をほぼ担当させてもらえている
フリーペーパーがあります。
ライターとしては、とても面白い仕事なのですが
制作期間は、やや、殺伐とした状態になります。

とくに、食事が...ね。

そんなある時、取材に出かけた中華料理屋さんでのことです。

撮影が思った後の料理を目の前に
「食べてみてほしいけど、
こんなに食べていけないでしょ」とご主人。

そこには、ラーメンとレバニラ、八宝菜が・・・。




すると「今日の夜、必ず食べてね」といいながら、
レバニラと八宝菜を包んでくれました。

お店ではラーメンをいただきました。

その日の夜、
いただいた八宝菜は中華丼風にして
レバニラと一緒にいただいた。



日中、取材に動いている期間は
夜に原稿を書いていることが多く、
食事も不規則になりがちなのですが、
この日は、野菜もたっぷりとれて
充実の晩ご飯になりました。

なんて言ってる割に「ビール飲んでるし」と
いうツッコミが聞こえてきそうですが、

「安心してください。ノンアルですよ」

こういうお心遣いがうれしくて、
いいエネルギーになる。
その度に、いい仕事だなと思える私は、幸せ者です。

けして、食べ物につられたわけではありません。




AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
少し前のこと。
五能線の「リゾートしらかみ」に乗って、弘前へ。

列車内&弘前市内で取材をする1泊二日旅。

二日目の取材の合間に時間が出来たので、
行ってみたかった雑貨屋さんへ。

そこで、見つけたのが、こぎん刺しのブックカバー。
いろんな種類のものが揃っていて、
あまりの美しさに、ちょっと震える感じを味わった。

最終的に選んだのが、このブックカバー。



こちらが裏側。
シンプル。


布と刺繍のコントラストが素敵。

お店の人に聞いたところ、
グレーは、弘前城の石垣。
そして、桜色はもちろん・・・。

実は、かなりがさつな私。
ブックカバーに珈琲をこぼさないか、
鞄の中にボンとつっこんで、何かに引っ掛けないか、
慌てて、おっことして汚さないか、などなど。
美しいもの、繊細なものを持つには
あまり相応しい性格とは言えないかもしれません。

ちょっとした緊張感を持って本を読む、日々。

弘前は、そぞろ歩きたくなるいい街だった。
今度、プライベートでゆっくり来てみたい。





いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
仕事がたまっていて、
テレビやネットからも離れていた昨日の夜。

一区切りつい夜中にネットニュースで
熊本の地震を知りました。

震度7。
強い余震が頻発しているようで、心配です。

九州にいる友人が気になってしょうがありません。

お大事になさってください。

早く余震が収まりますように。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。