奇跡の伊豆ツーリング【1日目】

 
 
 
 
 
 
すみません、タイトルをまんまパクリました。テヘ 


前々回、ちらっと報告した1泊2日の伊豆ツーレポです。 


でも、「奇跡」だなんて大袈裟!? 


「雨」だという予報だったけど降らなかった。 


簡単に言えば天気予報が外れた、 

ただそれだけのこと。 


そんなのはよくある話です。   (特に最近はねー笑顔) 


だけど。 


「曇りのち雨(1日目)」 と 「一日中 雨(2日目)」という予報を見て 


どんよりした曇り空の下や、曇曇曇 

雨の中を走る事しか想定していなかった(覚悟していた)私たちにとって、雨 

雨が降らないどころかこの2日間に見えた青空は 

まさに“奇跡”に思えたのです。 



11月8日(土) 





出発の朝。 


奇跡が起ころうとは露知らず苦笑 

出かける直前に確認した2日目の雨予報で最終決断、 

セローで行く事にする。 


(いちお、どっちでもいけるように準備はしていました^^;) 


行きは首都高カットの下道で。 

まだ真っ暗なゲートブリッジを渡って、国1~横浜新道~西湘BP。 





朝から どんよりと雲が立ち込めている・・・ 

今日は一日中、こんな天気なんだろうなぁー溜息 





湯河原のファミレスで、まずは やんべさん白ボル子さんと合流。 

朝ご飯を食べた後、朝一椿へ。 





もう一つの待ち合わせ場所、大観山にて 

samuさん&相方さん夫婦JIJIさん&GAGAさん夫婦と無事に合流。 





今回のメンバー、 ♂4人&♀4人@8台 勢揃いしました! 

2日間、よろしくお願いしまーす♪♥akn♥ 





まずは椿ラインを下っていきます。 


せん越ながら (*ノω<*) 

私の先導にて女子が前を行き、 

その後ろを やんべさんを先頭にした男衆が続きます。 





山の中を南下して箱根を離れ、伊豆に入った辺りから、 

どんよりした雲の下を抜け、青空が広がってきました! 






うひゃーーー♪ 







全くの予想外の青空に、 

みんなテンションあげあげー♪Up 






ここまで晴れるとは~~~akn 





道の駅・伊東マリンタウンでトイレ休憩した後、 

国道から反れて海沿いの県道へ。 





城ヶ崎にやって来ました♪ 





何度見ても迫力の断崖だ~~~うへへ。 


自分が行くより、他の人が端っこに行くのを見るほうが 

なんか、ドキドキするードキドキ 





吊り橋と断崖を堪能して 





13時40分、旅の駅ぐらんばる にて遅めの昼食。 

夜に備えて軽めにね♪ 


私たちは海鮮塩焼きそばと金目バーガー、 

それと無料配布していた アラ汁をいただきました♪ 





食事の後は、西側へ向かうべく 

伊豆を横断いたしますー。 





国414から国136に出た辺りで、 

またまた せん越ながら私の先導にて、今度は殿方が前に来て 

後ろはKAZU弥次が女子を引っ張ります。 





国136から県411へ。 





途中で ちょこっとクルクル回って 





いつもの県410を下って国136。 


松崎で給油して、薄暗くなってしまった彫刻ラインを走って 

17時過ぎ、本日のお宿、雲見温泉 “自涌泉”に到着しましたー 


このお宿はバイクに嬉しいガレージ付きです♪ 

(雲見にはこういうとこ多いねー^^) 


そして私たちのお部屋もこの上、2階と3階。 

離れになっているので、騒ぎ放題?(笑) 





荷物を部屋に上げて温泉へ♪ 


一足先にお風呂から上がった男性陣が配膳も済ませてくれました。ありがとう 






いゃっほーーーい♪♪♪ 






全員揃ったところで、乾杯ーー♪ 





宴はそのまま夜遅くまで続くのでありました。。。 



1日目の走行距離 



324.5kmあしあと(うち高速走行 21.4km)でしたしゃきーん 


今回は私たちが一番近いので、当然、距離も一番短いです^^; 

(samuさんたち=宇都宮 JIJIさんたち=福島県いわき) 


朝早く遠くから、お疲れ様でした。 


1日目はどうにか崩れず・・・どころか、 

晴れ間が見えてよかったー♪ 


2日目も、どうかなるべく降りませんように。祈 

降っても小雨とかでありますように。祈 


いや、できれば伊豆にいる間は、降りませんように!祈 


そんな風に願いつつ、就寝。 




↓↓読んだ印にお手数ですが ポチッ と応援↑↑お願いしますブタ 
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
女性ライダーブログランキング

励みになります (*´∇`)ノ 



2日目につづきます。 



 
 
 
 
梅 肉球
AD

コメント(16)