アスリートフットクリーンの 森永徹朗さんが発見したこの水虫アッサリ開放宣言の方法


 

中身がめちゃくちゃ気になりますよね。

 


 

 

使用する物質のネタバレはこちらからどうぞ  

 


 

 

アスリートフットクリーンの水虫アッサリ開放宣言の内容

 


 

 

水虫菌ってなによ?有毒生物か?

 

ちがいます。

 

角質層や爪や髪の毛などを分解して自然界へ戻してくれるカビなんです。ある意味、とてもありがたい存在なんですね。皮膚につくとやっかいですが、決して毒物ではありません。

 

それに、爪や皮膚をけずるとかは一切いたしません。

 


 

 

水虫菌が足のどこに住み着いているかがピンポイントで見えていれば有効かもしれません。でなければ、そういう方法はあまり意味はないですよね。

 

そんなわけで、物理的にも安全です。 ⇒水虫アッサリ追放宣言  

 


 

 

そして、私の方法では、水虫菌が付着していそうな場所そのものを一網打尽にします。

 


 

 

通常、皮膚の表面には毛穴がありますよね。毛穴からは皮脂が分泌されて、皮膚表面が皮脂で水をはじく性質が生まれます。ところが、手のひらや足の裏は、毛穴がありません。

 


 

 

「ヒトでは毛穴のない部分では皮脂が出ません。足の裏、指先、手のひらなどがそうです。・・・中略・・・皮脂はなくなった。そういう部分では水が容易に染み込むので、長風呂すると皮膚、実際は角層ですが、これが水を吸収してふやけます。そして水になじみやすい場所には菌類が繁殖しやすい。角層に生えるカビ、つまり水虫に侵される場所は皮脂のない部分です。」

 

たとえば、足の水虫であれば、くるぶしから下を一網打尽にするんです。

 

くるぶしから下って皮脂がある部分も含まれていますが、
そこは皮脂によりその物質ははじかれます。

 


 

 

水虫に侵される場所=皮脂のない部分を一網打尽にするんです。

 

そして、実はこれ、普通の皮膚の水虫だけではなく爪水虫さえもあっけなく治す方法でもあるんです。

 


 

 

本編ダウンロードはこちらから  

 


 

 

本当に精神的にもいろいろな面でつらい水虫を速攻で改善していきましょう。

 

お読みくださりありがとうございました。

 


 


AD