ぽめルナぽめラルク日記

17歳になるポメラニアンの膵炎について綴っておきます。


テーマ:
案の定一晩中泣き腫らしてますえーん

目がぁぁ〜!目がぁぁ〜!ガーン(某ムスカさん)

少し寝ないといけないので改めて書き直しますねっアセアセ

昨夜初めて胃痙攣というものを体験しましたのでそれも話題に盛りこみたいですね

お手数ですがまたお越しくださいませ滝汗
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ラルクが逝ってから7ヶ月が経とうとしています。

 

夏ごろからこの日に更新しようと思っていました。

ですが思っていたよりも落ち着いていた悲しみが復活してしまいました。

フラッシュバックとでも言うのでしょうか?涙と胸が締め付けられる感覚がまた止まらなくなってしまいました。

 

10月26日

去年の今日、朝6時半頃にラルクがぐったりとしているのに気づく。

タクシーで病院に行くも開院前で、たまたま早く来ていた別の先生がざっくりと診察してくれた。

抗生物質の注射で様子を見るという事で一旦帰宅。

 

昼をすぎても様子が変わらなくぐったりとしたままなので、午後の診療16時に担当医に診察してもらう。

 

血液検査、超音波検査の結果、急性膵炎と診断された。

 

最後の戦いの幕開けとなってしまった日。

思いもよらぬ悲しみが込み上げてきています。

まさかここまでフラッシュバックするとは想定していませんでした・・・

 

明るい雰囲気で楽しかった思い出話でも出来れば良かったのですが私には無理のようです。

「去年の今頃は」というワードが私の中で響いてしまうのです。

命日を過ぎればきっと「去年の今頃はもう居なかった」というワードになり

良い意味で過去として語れるようになるかもしれません。

 

このブログは訪問された回数が分かるようになっていてずっと確認はしています。

どんな検索で来られているかも分かります。

心配でお困りになって訪れた方々に語りかけたい衝動が常にあります。

 

ですがやはり闘病については思い出すと気持ちが落ち込むので、あえて思い出さないようにしている感じです。

趣味に没頭して現実逃避している状況だと思います。

食欲もありますし、睡眠もちゃんとしています。

ヒステリー起こしたり、目に見える鬱症状は出ないので重度のペットロスでは無いと思っています。

 

愛するペットを失った方々は泣かずに語れるようになるのにどのくらいかかっているのでしょうか・・・?

 

ちなみに、ペットは現在もいません。

次の子を迎えても病気や事故、天寿を全うしようとも、最終的には死んでしまうと想像するだけで恐怖で飼えません。

もう失う悲しみは経験したくないのです・・・

 

只今朝6時半になりました。

去年の10月下旬もこんなに寒かったでしょうか?もし同じなら・・・

高齢犬なのに寒さ対策をまだ気にしていませんでした。

丈夫な子だと過信しすぎていましたね。暑がり屋でもありましたし。

活気のある子だったので高齢を実感してなかったのもありました。


毛皮を着ているこの子はまだ大丈夫と思ってはいけないですね。

暖房には時期が早いと言わずに高齢犬だからこそ暖かくしなくてはなのです。

 

今だからこそ言えます!みなさんお気をつけくださいね!

それではまた!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「見返り後に思う膵炎」で書きましたが
最後ラルクが示していった犯人についてです。


亡くなる5時間位前、
寝返りさせようとした所、体がダラリとしていた為に上手くいかず首を仰け反らせてしまいました。
その時に下唇が引いた状態になり下の前歯が露わになりました。ひどい歯肉炎です。
犬歯の根っこが見えるくらいのひどいもの…
食べれば食べるだけ、水をペチャペチャ飲むたびに濃厚な細菌が内臓に流れ込んでいたのです。
ゆっくりと時間をかけて、消化を助ける唾液をよく出させる為にスプーンかじらせて…
炎症治りかけの傷口に凶悪な細菌を流し込んでいたのです。
※歯茎からの血管を細菌が流れていくルートもあります。

膵炎がスッキリ治らない理由はこれではないか?

と、私が悩み続けた答えをラルクは最後に教えてくれた気がしました。


惨敗です。


見た時にはガックリと膝が落ちました…
どれだけ食事を試行錯誤したか…
膵炎がなぜこんなにも治らないのか…
この5時間後に息を引き取りました。

おそらく抗生物質投与もやめて敗血症を引き起こしていたせいなのか歯肉炎も重症のようで、
最後口臭がこれまでにない程ひどく臭ってました。
どうりで寝返りさせた後に、口があった場所に灰色の汚れがついていた訳だと…


今さら犯人が分かったところで………もう…


口を開けて一点を見てるのか見てないのかの状態で呆(ほう)けていました。

無念や後悔というよりも、完全な敗北感。


歯磨きはしていました。
ですが、今年に入り調子があまり良くなさそうな時は無理せず、ストレスを溜めないように歯磨きを休んだりしちゃってました。

そして、下の前歯…
5年ほど前に犬歯の内側一本が抜けてしまったのですが、それのせいでその部分は磨かせたり見られたりをずっと嫌がっていました。

磨き残しにより、抜けた歯茎の隙間に歯垢や歯石がたまり隣の犬歯を侵食していったのだと思われます。

嫌がるから見ない、見れない。
私は放置してしまったのです。

嫌がるからこそ何かある!と気にするべきでした。
歯石の細菌は怖い!
健康体でも吸い込めば肺炎になると聞いた事がある。
人の歯医者さんだって自分が細菌感染しない為にマスクしてるの知ってた。

膵炎発症する2カ月前くらいから
ウンチが異様に臭くなっていた!
気にして心臓の再診の時に先生に相談してみるべきだった!
急性症状が出る前に対策できていたはず。


この2点がラルクを苦しませて死なせるはめになった元凶。

食いしん坊で、お腹なんか壊した事が無いラルクが消化器に異常をきたすなんて思いもしなくて…
大事に大切に愛してきたのに…盲点が2つも…
失った悲しみは自業自得とも言えるでしょう。


膵炎がとても厄介な病気だということ
一般的な症状と違い、食欲が旺盛なままの個体もいるということ

歯肉炎は持病にかなり悪影響があるということ


検索でこられた皆様、本当に気をつけてください。
血液検査の中性脂肪の数値が少し高ければ、元気でも、食欲あっても警戒して病院で食事などの相談をしてみてください。

フィラリアや予防接種などの時、
ついでに歯を診てくれたりしますが全部の歯をちゃんと見てもらうといいです。
実際には上顎の犬歯と奥歯だけしか見てない事が多いように思います。


このブログを訪れる方々が
私のような思いをしないように…記しておきます。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。