【polish-style jewelry】 スタッフblog-ダイヤ4

【ダイヤモンド】
象徴:清浄無垢


エンゲージリングの定番ダイヤモンド。きっかけは1474年、オーストリアの公爵が婚約者にダイヤモンドを贈ったのが始まりだそうです。以後、抜群の耐久性とその無垢な輝きから、永遠の愛の象徴とされ、エンゲージリングやマリッジリング、それに結婚記念日のプレゼントなどに欠かせない存在として愛されてきました。


ダイヤモンドのルーツは紀元前4世紀。インド人が河原で拾ったのが始まりと言われ、一番最初に身に着けたのはインド人といわれてます。その後徐々にヨーロッパへ広まり、いつしかダイヤモンドジュエリーを着けることが富裕層の間でブームになり、同時に権力の誇示ともなりました。


人類が最初にダイヤモンドを発見した当時は、現在のようにダイヤモンドを美しい宝石とは考えられておらず、「とても硬い石」として重用されていました。ダイヤモンドがあまりに硬すぎて加工できなかったのです。そのダイヤモンドが美しい宝石として世界に広まったのは15世紀、ダイヤモンドをダイヤモンドで磨く技術が発明されたことが理由です。その後17世紀の後半にダイヤモンドの輝きを最大限に引き出す、58面からなる「ブリリアントカット」が発明されました。その後、ダイヤモンドは世界中の人たちを魅了し、瞬く間に宝石の王様となりました。


ダイヤモンドは全ての鉱物の中で最高の硬さを誇ります。地底内部200~300キロの地中で、1500-2000度という高温と6万気圧もの高圧のマグマの中から誕生するという、気の遠くなるような時間と行程で作られる壮大なスケールの石で、中には20~30億年前にできたものもあるそうですよひらめき電球


ダイヤモンドは鉱物的にみるとなんと炭や鉛筆の芯とまったくおなじ成分ビックリマーク

炭素からできています。(性質は異なりますが・・・)


実際に、炭素が単一に無色透明の硬い結晶(=ダイヤモンド)になるまでに、約十億年という気の遠くなるような歳月と今述べた高温・高圧の条件必要といわれています。その産出量はとても少なく、1カラット(=0.2グラム)のダイヤモンドを得るためには、約4トンもの原石を必要とし、しかも宝飾用として使えるのはその内の4分の1程度といわれています。それ以外は工業用ダイヤモンドとして使用されます。

なぜダイヤモンドが高価なのか、分かる気がしますねあせる



原石自体は石ころのようなものですが、カットされ、研磨され、そして美しい輝きを放つようになります。
ダイヤモンドの語源はギリシャ語の【アダマス(従服されないもの)】からきています。和名は【金剛石(完全なるもの)】と呼ばれています。何年経っても輝き、形状、耐久性が失われず、美しさを永遠に保ち続けることが所以です宝石白


ダイヤモンドの硬度は10で、宝石中はもちろん、地球上でも一番硬い鉱物です。硬度が9のルビーやサファイヤと比較すると4倍以上の硬さがあるそうです。ダイヤモンドはダイヤモンドでしかキズをつけることは出来ません。


これだけ聞くとどんなに乱暴に取り扱っても大丈夫音譜

と思われがちですが、実際には割れることも、欠けることもありますから御注意をビックリマーク


また、ダイヤモンドには性質上の弱みがあるのです。実は、ある特定の方向に強い衝撃を与えると、いとも簡単に割れてしまうことがあります。(劈開性:へきかいせい)といいます。また、ダイヤモンドには油になじみやすい性質(油親性)があります。その性質のため手の油やほこりがつきやすく、それによって輝きが無くなったと勘違いするケースもあります。日頃使用後はそのままにしないで、柔らかい布などで拭く習慣をつけることが好ましいでしょう。特に汚れが気になる場合は、中性洗剤をぬるま湯で溶いて、柔らかな歯ブラシやハケなどで洗いましょう。汚れがなかなか落ちない場合は、液を少し濃くして1日浸けてから洗うのもいいでしょう。洗浄後はお湯でしっかり洗い乾燥させましょうひらめき電球


御存知の方もいるかと思いますがダイヤモンドには価値を決定づける4つのC(4C)というものがあります。それは、ポリッシュ・スタイル ジュエリーHPで紹介していますのでそちら をご覧下さい。



************************************************
【ポリッシュ・スタイル ジュエリー】
http://jewelry.polish-style.jp/  

思い出に残る世界で1つの結婚指輪・婚約指輪を製作しているオーダジュエリーショップのポリッシュ・スタイル ジュエリー【polish-style jewelry】洗練されたオシャレなデザインを提案します。
************************************************

AD