FTMな僕と発達障害でもきらきらキッズ-子供の足りないを応援-

子供の発達や心理学方面が好きな方、働いている方、そんな環境に従事している方、日々の勉強のためよろしくお願いします。悩み解決になるブログを目指して、、いけたらいいです^ ^


テーマ:

おはようございます😃

 
 

トゥクトゥクの国から無事に帰ってきたわけですが、帰ってきて早々に戸籍変更の書類を色々と集めて回っております。
 
 

へとへとゲロー
そして、金かかる。笑
 
 
 
 
 
 
 
 
 
とは言っても自分で決めたことだし、やると決めたことだし、やるだけやってダメならドンマイ!
気力の続く限りは頑張りたいと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さて、日本を離れている間も気がかりだったのは子ポリたちのこと。
 
 
 
 
 
子ポリたちは自閉傾向を持っているお子さんが多いので、担当が変わるなんてのは賭けのようなもの。笑
休みが入る=パニック誘発する気か?お前はってことになりかねない。
 
 
 
 
 
 
 
 
だからって自分のことも制限できないので、ドクターの意見を無視して、最短で復帰することを選びました。
 
 
 
 
 
 
それは、子ポリたちがポリスを必要としている以上に、ポリスが子ポリたちの顔を見たかったから。
 
 
 
 
 
 
 
 
丁度、運動会シーズンに休みに入るとゆう失態(己のことばかり考えていたのがよく分かる)をおかしたわけで、大パニックの子ポリが続出するハメになりましたガーン
 
 
 
 
 
 
 
対 子供のやり取りは保育園や学校、兄弟がいれば家で学んでいけます。運動会やお遊戯会などの行事の中での成長も大いにあり得ます。ただ、読めない出来事が多いので、リスクももちろんのこと。
 
 
 
対 大人については慣れや親しむ回数などによってケースバイケースです。経験の幅を大人が操作できる反面で、思いがけない事を経験させることが難しいのです。
 
 
 
 
 
 
知らないこと、やったことないことにチャレンジして行くことをポリスは学んで欲しいので、やりたいって子ポリたちが感じたこと、考えたことを、どうすれば思い描く答えへと導いていけるかを考えてあげれたらと思います。
 
 
 
 
 
失敗させることも敢えて取り入れるのは、人生が思い通りに行くばかりではないから。
失敗が経験になり自信になるまでには長く長く時間がかかります。
それに親御さん、子ポリ本人が耐えられるかどうかで2年後、3年後は未来が変わると思います。
 
 
 
 
 
 
 
題名にあるように、下のお子さんがいる場合には、下のお子さんの成長が、発達の遅れがある上のお子さんを追い抜いていくこともあります。
その時にどんなサポートをして、どんな言葉かけをして、どんな風に経験をさせるかは答えがありません。
 
 
なので、発達を一緒に見て行ってくれる専門の存在が重要になります。
もちろん、家族の方のストレスを緩和するためにも。
 
 
 
発達の遅れに縛られずに、お子さんを伸ばしていく術を身につけていけたら良いですニヤリ
 
 
 
 
それでは!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。