Powered by NINJA TOOLS




pokoandpokoをフォローしましょう




目次左矢印お役立ち記事のみピックアップ)


アメーバお知らせ

ブログ、Twitter、動画等の更新(配信)は2023年までお休み予定です。コメント欄もブログの休眠期間中は閉じさせていただいています。休眠中にもかかわらず、たまにこのブログをのぞいてくださっている皆様、検索ではじめましての皆様、更新ペースゆっくりのブログですが、みなさまのご訪問にいつも感謝しています。ちっぽけなブログですが、どうぞ末永く宜しくお願いいたします。




皆様に感謝 
ぽこより
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年07月12日

【近畿大学法学部 通信課程】図書館司書資格を1年で取得する為のノウハウ

テーマ:図書館司書

今回は、図書館司書資格(近畿大学法学部通信課程)を1年以内に取得する為のノウハウについて、分かりやすく解説します。

 

1年の通信過程で司書資格取得までにかかる費用は、約13万円です。

しかし、私自身が受講を進めて行く過程で、これは1年で終わらない方がもしかしたら沢山いるんじゃないか?と思われましたので、学習を進めていく中でのポイントを2点ブログに掲載します。

 

このポイントというのは、実は、通信課程ならではの大きな罠です。

この罠にかかってしまうと、1年での卒業は、もう無理でしょう。

 

その罠とは、いったい何なんでしょうかビックリマーク

 

まず、一つ目の罠。ポーン

それは、入学後「すぐ」に取り組まなければいけない申請科目があります。期間が決められているので、のんびりしていると、確実に地獄をみます。

要するに、すぐに教材を確認したかしなかったかに左右される科目があるのですね・・・。

 

次に、二つめの罠です。滝汗

科目受験から受験科目の合否がでる迄に、一ヶ月ブランクが開けてあります。これは、毎月受験する科目を入学月から3科目から4科目にキープできないと、1年で終わるはずの受講期間が、2年目に突入する可能性がかなり高くなります。

 

では、この 2つの ビックリマーク について押さえていきましょうひらめき電球

罠さえおさえてしまえば、後は、のんびりと、必要最低限度の予算で勉強を楽しむことが出来ますよ。チョキ

 

 

さて、近畿大学法学部通信課程で図書館司書資格を取得する場合、入学課程は、法学部の科目等履修生となり、修行年限は、1年(最長受講年限2年)となります。

 

入学月は年に2回あり、4月と10月から開始されます。卒業月は3月と9月の正科生の卒業申請期に合わせて設定されてあります。私の場合は10月1日からはじめましたので、以下のように9月迄には卒業という形になっています。今回はポイント2点を押さえた勉強方法を行いましたので、6月末日迄の試験ですべての試験にクリアできました。この場合、月の月末に修了処理が大学事務側でなされ、事務処理が終われば、翌月に修了証書が自宅迄送付されます。(修了処理に手続きは必要ありません)

 

 

資格取得要件(図書館司書コース)は、上記単位をすべて取得したら修了です。

ここまでは、まだ大丈夫です。普通に頑張れば卒業できそうなイメージがわきますね。

 

しかし・・・ 

第一ポイントの罠にはまってしまった場合・・・、実力勝負一本で、1年で修了するのはもう無理でしょう。

 

 

まず、受講許可がおりると、大量に手元に教科書等が届きますが、一番最初に必ず確認しなければならない資料があります。しかし、「一番最初に確認お願いします。」なんていう警告文は添えてありません。

 

その冊子の名前は、「面接授業」です。

 

4月入学の場合は、いきなり4月1日から15日間だけ、10月入学の場合は、いきなり10月1日から15日間だけが履修申請期間になっています。履修出来なかったら、もう・・・ゲロー ハハハダウン

 

 

★重要 ポイント1

メディア受講:入学後「すぐ」に確認し、履修申請をビックリマークしないと、1年で卒業できない可能性がぐっと高くなります。(1科目の受講料は、12000円です。不合格で再受験の場合は、さらに12000円かかります。)

 

恐ろしいですね・・・。この申請期間の短さ、意図した何かを感じますね・・・。ドクロ

 

次にすぐ確認する資料は、「科目終末試験受験要項」ビックリマークです。

ページを開くと、1年 「も」 余裕がありそうな試験日程が書いてあるものの、そんな余裕は実はありません。滝汗 それは・・・

 

 

★余裕がなくなる理由 その1ひらめき電球

試験を受けてから合否が出るまでにひと月かかります。試験は1日がかりで午前と午後に2科目ずつの計4科目しか1回に受験出来ません。この場合、卒業迄にメディア授業含む13教科は必ず受験しなければなりませんから、毎月4科目ずつ受験して4ヶ月で終わりたいところ・・・。

 

★余裕がなくなる理由 その2ひらめき電球

受験資格を得るためには、1000字程度レポートを必ず書いて合格しなければなりません。

しかし、ココからが恐いところで、提出したレポートの採点にひと月以上かかる先生もいれば、1日で採点を返してくれる先生もいます。この為、その年に配属された担当教員によるがかなり大きく作用し、結局4科目受験したくても、3科目ずつしか受験出来なかったりします。※一番遅かったレポートは2ヶ月以上(1ヶ月以上待たされているレポートがあれば、事務局に電話するが吉)かかってましたダウン

さらに、レポートの再提出があるかどうかも運に左右される科目があり、再提出等による期間を含めると、4ヶ月以上かかるレポートもありますダウン

 

★余裕がなくなる理由 その3ひらめき電球

そんなこんなで、運に左右される科目がポツンポツンと必ず出てきますので、13教科/3科目受験をした場合でも、最短5ヶ月はかかります。次に、午前・午後に受験する教科が決まっているので、例えば、11月に受験した科目の合否は、12月受験前迄には出揃わない為、新しい教科をどんどん先送りで受験していく必要が出てきます。つまり、11月に受けた3教科とは別の科目を12月に3教科に取り組まなければなりません。もちろん、取りこぼし(受験をしても不合格科目)があれば、今進めている試験スケジュールに組み込みながら、受験を進めていく必要が出てきます。

 

★余裕がなくなる理由 その4ひらめき電球

ここまで順調に来て、約半年という月日が流れます。ここ迄で取りこぼしがなければ「まず」セーフですが・・・ ただ「セーフ」なだけで・・・滝汗 

続きがあるんですね・・・

 

では、ここからは私の例を見ていきましょう。下記画像の試験日程をご覧下さい。

私は10月入学なので、11月からの受験開始です。この場合、レポートを提出していても、レポートの合否が返却されない科目が出てくる為、結局3科目ずつしか受験できません。面接授業を含み、必ず単位をとらなければならない教科は13科目。取りこぼしなしでここまで順調に来たかのような感じがしますが、ところがどっこい、3月の試験を受け、4月に卒業となるところだったのに、取りこぼしが「1科目」だけ出てしまいました。

 

真顔 ・・・嫌な悪寒は的中するもので・・・ ゲッソリ

 

科目等履修生は、最終試験がない代わりに、学籍有効日となる9月期・3月期で修了証書が発行される為には、9月期において「7月期試験ですべて修得+レポートすべて合格」、3月期では「1月期試験ですべて修得+レポートすべて合格」が要件です。

 

そんな中、今回取りこぼしたテストは、運の悪い事に、「」に左右される教科のテストでした。事務に相談をあげると、追加履修という逃げ道があるという事でした。

このように、間違って、運に左右される科目に運悪く最後のさいごに当たってしまうと、救済策としては、もう追加履修をするしかなくなります。笑い泣き

 

そして、無事全科目の受験が終わり、9月期には卒業確定となりました・・・。

 

が、

 

運に左右される科目があるなんてナンセンスだ・・・ きっと1年で終わらなかった方々が沢山いるはずだ・・・ と直感的に感じまして、情報公開させていただきます。私はヒヤヒヤしながらの受講となりましたが、みなさまは楽しみながら受講してくださいね合格

 

 

★重要 ポイント2

レポート提出:ひと月に、3科目~4科目以上出してしまいましょう。(半強制)

テスト:土日に午前と午後とを利用して、4科目~3科目、受けれるだけ受験(1科目の受験料は、500円です。不合格の場合は受験の都度、500円かかります。)します。

 

今回ご紹介したポイントを2点だけ押さえておけば、楽しみながら受講できる大変よく出来たシステムだと思います。

 

費用的には、1年で卒業できれば、通信費約1000円、入学諸経費10万円、メディア授業12000円☓2教科、500円☓11教(追加履修1教科)=6000円、教科書代等で、卒業する迄に約131000円程で落ち着きます。

 

レポートは、入学時に冊子形式ですべての設題を一気に読めるため、どの教科のレポートを先に出したらいいのか予め計画が立てやすく、

 

 

期末試験においても、予め問題がすべて書いてある冊子が配付されますので、受験対策がしやすくなっていました。

 

 

また、入学時から卒業月まで毎月「梅信」という冊子が送られてくるため、勉強を進めていく上で様々な情報提供がなされていて、息抜きにもなります。

「通信授業科目要項」では履修する教科で求められる到達目標等が細かく記載されているので、履修する時やレポート提出時の参考になりました。

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

私はここ1年の間だけですが、10万冊の蔵書整理を某所にて一人で行っていましたので、書籍の電子リスト化を行うにあたり合わせて図書司書の資格をとりました。

ということは、1年で10万冊の蔵書整理がやっと片付いたという事ですね。

ボランティアとはいえ、よく頑張った1年でした。

 

 

すべて終了すると、以下のような修了証書が自宅まで送られてきます。

退学届けが入っているので、退学届けを提出して終了です。

 

 

図書館司書資格証明書が必要な場合は、別途料金が必要です。

 

 

成績表が必要な方も別途料金が必要になります。

 

 

インターネットですべて受験が出来るので「ノート持ち込み可」と同じです。

レベル的には小学6年生でも充分合格できるレベルですが、司書資格証の発行には、大学卒等の要件があるので、受講前に確認が必要です。全体的に、暗記しなければならないテストがあるのは「面接授業」のみですが、こちらも都度ノート等にポイントを整理しておけば問題ありませんでした。

 

今回の受講で私が購入した書籍は以下1冊だけです。

 

 

 

ISBN 9784930992222

図書館資料の目録と分類増訂第5版 [ 日本図書館研究会 ]

 

他はすべて公共図書館をフルに活用しました。

興味がある方は、是非チャレンジしてみてくださいね。

 

AD
 |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。