農林水産省の有識者会議が検討していた、海外の日本食レストランに与える認証制度の創設は政府関与を止め、民間の「推奨制度」に修正したと3月発表された。権威に弱い日本人は(お上が発行するお墨付きなら欧米人も有難がるだろう)と思ったのだろうが、どっこい、私の知っているニューヨーカーなどは政府の推薦するレストランなど冷笑して行かない気がする。むしろニューヨーク・タイムズやザガット・サーベイのレストランガイドの方を信用するだろう。ニューヨークの和食レストラン関係者にも聞いてみたがやはりこの制度は意味がないという意見だった。


 世界的な和食ブームの中で「日本食とは呼べないようなレストランが海外で目に付くからと松岡農水相が提唱したものだというが、例えばインド政府が「こんなのカレーじゃない!」と日本のカレー店に認証制度を設けようとか、フランス政府が「これはフランス料理ではない!」と干渉してくるだろうか。今までもなかったし、これからもないに違いない。

 昨年末の政府予算編成で松岡農水相は既に同事業に投じる2億7600万円也の予算を確保しているというが、予算計上の是非なども今後、国会で議論されるという。海外にお金を落としてお節介を焼くよりは日本のレストランの禁煙徹底にでも使った方がよほどいいと私は思うのだが。

 または、国内のレストランの質の向上の為、海外からのツーリストが頼れる日本語版と英語版のしっかりしたレストランガイドでも出して欲しい。もちろん政府はお金を出すだけで取材、編集は民間。それを無料でインターネット上で公開。とにかく2億以上の金がうやむやにならないように願いたい。

 日本の雑誌のヨイショ記事を信用して出向いてとんでもない味だったり写真とは似ても似つかない内装だったりしてがっかりさせられた事が何度あるだろう。おかげで私は「日本のグルメ雑誌及びガイドブックは信用できない症候群」に陥り、その手の雑誌は2度と買わない。

 そうこうしているうちに、今年の11月にはフランスのミシュランが日本の各種レストランのガイドブックを本国で出すという。格付けは星だから、一目瞭然。グルメ大国のガイドブック、待ち遠しい。

でもこんな本も ↓
裏ミシュラン―ヴェールを剥がれた美食の権威/パスカル レミ
¥1,365
Amazon.co.jp

AD

 英米での調査に使われた結婚生活の幸せ度のチェックリストというのを見た事がある。既婚男性諸氏が幸せと感ずる内容を20項目の中から拾ってみると・・

★家に帰るのが楽しい
★妻がよく笑う
★夫婦共働きである
★妻を可愛いと思うことがある
★妻とメールでやり取りしている
★ ここ三ヶ月は医者にかかったことがない
などなど。これらはすべて男が幸せと感じるか否かであって女性が幸せと感ずるかどうかは蚊帳の外。

そこで、私はこれを妻側に置き換えてみた。

★夫が家に帰ってくると嬉しいか
★夫はよく笑う、又は笑わせてくれるか
★夫婦共働きで、夫はよく家事を手伝ってくれるか
★ 夫はEメールが使えるか
★夫の体調不良を感じ、医者に行く事を勧めるとすぐに行ってくれるか
★ 夫を素敵だと思うことがあるか
★ 夫は料理が出来るか、または手伝いをしてくれるか

  ちなみにチェックリストを見た「東京家族ラボ」の池内ひろ美氏いわく、「これまでに見てきた二千組の夫婦で本当に素敵だと思えたのは5組だけ。お互いを認 め合って過剰に干渉せず、なおかつ関心を持ちつづける、こんな理想的な夫婦はほんの一握り」「幸せな結婚生活を送るために必要なのは本人が人生を楽しむこ と。夫は男性としての魅力を持ちつづけることが大切」

全く同感。

 こんな結婚ならしてもいいなと思える「ロールモデル」はなかなかいない。自分の両親が本来そうなるべきなのだろうが残念ながらほど遠い。

  ぐうたらで料理も出来ず、ごみ溜めみたいな家に男の同居人と一緒に住んでいた知り合いの女性A、引越したので消息が途絶えていたが、友人にばったり会って わかったのは、ルックスも性格も良く、料理が出来て高収入の男性と結婚し、大層幸せに暮らしているというのだ。Aは「宝くじに当ったようなもの」とホクホ クだそうだ。一方、頑張り屋で料理も上手い、控え目な女性Bは、さんざんいがみ合った末に離婚して今は厳しいパート生活。幸せはなぜか男性によってもたら される事が多いようだ。そして不幸も。

AD
 今日のTVで見たニュース。

上海のモーターショー2つ。名前もそっくりなら開催地もすぐ近く。開催日も2日ずれてるだけで、訪れる人が混乱しているとか。
マネされたと本家本元の方は怒ってるらしいけど...

ハロー!

中国ってマネやコピーの好きな国じゃなかった?


関連記事  上海モーターショーは「脱そっくりさん大会」!?

AD

謝らなくなった日本人

テーマ:
 日本人とは、自分が悪くなくとも「すみません」を連発し、ポストが赤いのも自分のせい、というマゾヒスティックな冗談まであったぐらいだ。

 田舎に住む私の母や姉もよく謝る。先日帰省し、温泉旅行をした。バスの終点から送迎のマイクロバスが出ていた。母の横に夫婦連れの夫の方が立っているのを見て妻が補助席に座ってはどうかとしきりに勧め、母の席の横に付いている補助席を自分で倒し、腰掛けた。ホテルに着くと、その男性は補助席を元に戻さずにさっさと降りて行った。母や他の乗客も外に出るには補助席を戻さなければ出られない。妻も戻そうとしない。母は高齢である。私がやりたくても手が届かない。ムッとして妻である人に向って言った。「あら、補助席を戻さないで行きましたよ、自分が座ったのだから戻すのが本当じゃないですか」と。

そんな時でさえ、私の母は「スミマセンねえ」と愛想笑いをしてその60代妻に謝るのである。

 東京人にこんな人はいない。昔はいただろうが、近頃は様変わりして謝らない人々が目に付く。自分に非があろうが注意される事に我慢ができないのだ。私の周りにも謝れないまま、友人を次々と無くしてしまう女性がいた。謝ってくれれば許そうとこちらは思っているのに、意地を張って彼女が得た物は何だったのだろうか。

 東京の予備校生の兄が短大生の妹を切断して殺害した事件でも、中日新聞に「兄に謝ってくれさえすれば」という囲み記事が出ており、両親が発表した手記には「(20才の娘は)大変気が強く、自分から非を認め謝ることのできない子だった」とつづっている。「あの時、亜澄が『ごめんなさい』と兄に謝ってさえくれれば、凶行に至らずに済んだのではないか」と心境を吐露している。

 歌手の森進一の「おふくろさん」の件についても、TVの番組司会者は「ちょっと謝れば済むのに」とコメントしていた。

 慰安婦問題についても日本政府は国際的に非難の矢面に立たされている。3月6日付のニューヨークタイムズには「かつての日本軍の性奴隷問題について、安倍晋三はいったいどの点がそんなにも難しくて理解できず、率直に謝るということに難渋しているのが不思議だとしか言いようがない」とある。

 ありがとうもごめんなさいも言えない/言わない知人男性がいた。謝らないのは単に強情なのか、それとも男の沽券にかかわるとか、悪い事をしたと感じないほど鈍感なのか、謝るのはカッコ悪いと思っているのか、自分の心情を吐露する人ではないのでよくわからないが、安倍首相の場合はどうなのだろう。政府が関与していたのかいないのか、どちらにしてもいい加減、戦中、戦後の問題にははっきりとケリを付けてもらいたいものだ。
 インターネット上でとかくの噂のあるSという出版社がある。知人Aがそこに自費出版を頼んだと昨日聞き、内心(あああ)と思った。既に手付けを27万円支払い済みで、返金不可なので私が何を言っても後の祭りである。どうして多少は出版界の事を知っている私に相談しなかったのかと言うと、大学卒の私に、学歴のない自分が相談しても笑われると思ったそうだ。最初から相談していれば27万円は損せずに済んだのだ。

 137万円支払って500部刷り、本人に50部渡し、後は書店に売り込みをかけるという事なので詐欺ではないだろうが、あとの450部は失礼ながら売れるとは思われない。自分史などは売れ筋ではないのだ。それでは1冊が2万7千円に付く事になる。本人が引き取らない限り(その場合7掛けだそうだ。既に支払い済みだろうに)廃棄になるだろう。

 合計137万ほどの明細書もないのにも驚くが、Aにも驚かされる。出版契約書などもよく読まず、私があれこれ聞いても契約内容を全く把握していない。日頃ケチケチして「金がない」を繰り返し、携帯電話もキャンセルしたような人が、大手の新聞に広告を出しているからとすぐに信用し、ぽんと大金を支払う。私の経験では何の因果かケチな人ほどこうしてむざむざと大金をどぶに捨てている。

 Aの動機がまた不可解である。自分史を出したい気持ちはわかる。が、本は誰に売るでもあげるでもなく手元に置いておくのだそうだ。残りの450部が売れると思ったというが、インターネットも使わず(契約していないのだ)、自分で努力もせず、出版社が素人の「稚拙な文章(と他の出版社に言われたそうだ)」でつづった自分史を熱心に営業する訳がない。事実インターネット上にほとんど営業していないという情報が載っている。

 私が本を出版した時にはメールマガジンの読者やブログの読者にいくら熱心に呼びかけても300部も売れなかった。読者の1%しか買ってくれないのが相場だそうで、それにしてはよく売れた方だと思う。

 よしんばAの本が売れたとしても印税は7%だそうで、100万以上の金額など断言してもいいが、手元に入ってこない。元は取れないのだ。なぜ出版したいのか、よくよく聞いてみれば、それは儲かるかもしれないという欲と自己満足のためである。自己満足代135万が惜しくないという人はいいかもしれないが、前述したように彼はケチなのだ。惜しくない訳がない。

 実は私もこの会社に10年以上前に共同出版をもちかけられた事がある。けっこうな値段だった。文学賞に応募して落選した者に好意的な手紙を送り、出版をもちかける商法は、懸賞に落選した者に賞品だったものを割引して売るのに似ている。その後も月刊誌を出した時に、私の原稿を載せたい、ついては5万円(だったと思う)を支払って欲しい、その代わり、雑誌の売り上げ数によっていくばくかのお金を支払うとあったが、5万円には届かない微々たる額だった。私は愚弄されているようなイヤな気分になってその後そことは一切関わりを持たない。今頃になってようやく悪い噂やニュースとなっている事に(ずいぶん時間がかかるものだな…)とため息が出る。

わたし、怒ってます。

野菜を摂れと言いますが、買おうにもこんな問題が...

どうにかして!


国民の健康生活に寄与しない野菜のまとめ売りというシステム


「chef's V」というレストランのメニューに「30種サラダ」というのがあるそうだ。材料は次ぎの通り


揚げる野菜

赤パプリカ

黄パプリカ

ズッキーニ

なす

レンコン

さつまいも

かぼちゃ

エリンギ(これはきのこ)



茹でる野菜

ししとう

ヤングコーン

いんげん

モロッコいんげん

ブロッコリーカリフラワー

アビオス



生のまま

にんじんn

大根

グリーンカール

サニーレタス

取れビス

水菜

スプラウトブロッコリー

スプラウトマスタード

スプラウトレッドキャベツ

かいわれ

ベビーリーフ

ねぎ

みょうが

三つ葉

万能ネギ

エンダイブ



飾り

チャービル

イタリアンパセリ



ソース

バジル

大葉



ふー、これだけ買ったら一体いくらかかるやら。貧乏人には絶対ムリ。







「『脱たばこ』の旅 急加速」(SANKEI EXPRESS3月18日号)によると、東北、上越新幹線などJR東日本の新幹線と特急が18日から全面禁煙になるという。滅多に乗らない新幹線、今年1月に利用した時には禁煙車を指定した覚えはないのに禁煙だったのでとっくに全車両禁煙になっているとばかり思い込んでいた。

首都圏の小田急電鉄と東武鉄道も特急電車の喫煙車両を全廃するとあるから今までは喫煙車両があったのだ。知らなかった。また、管内のほぼすべてが禁煙となるが寝台列車は別。

健康増進法施行を受けて禁煙を進めて来たとあるが、この法律の施行は約5年前の2002年8月。あまりに遅きに失した措置ではある。禁煙の動きは西低東高らしく、JR東日本が全面禁煙に踏み切ったのに対してJR西日本の京阪神と山陰方面を結ぶ、運行時間が3時間を越える特急では喫煙車を残すそうだ。

飛行機は10時間を越えるような国際線でも全面禁煙なのに、この3時間という区切りが理解できない。ニコチン中毒者は3時間以上はタバコなしではいられないという事だろうか。

日本たばこ産業の2006年度の調査では成人の喫煙者数は26.3%に低下しているそうだが、内訳を見れば男性が41.3%、女性が12.4%で、女性が喫煙率を下げているのであって、男性に限れば中国や韓国よりは低いが先進国と比較すると非常に高い。喫煙率が過去最低と喜んでる場合じゃない。

マナーの悪い喫煙者のせいでイヤな気分になる事は多い。駅のホームの決められたところで喫煙しないし、吸殻をポイ捨てをするので掃除の手間と費用がかかる。車両内で喫煙すればヤニの汚れが付く。それでも料金が非喫煙者と一緒というのはナットクいかない。

7月に東海道、山陽新幹線に登場する新型車両は初めての全席禁煙車となるそうだが、16両編成の6ヶ所にご丁寧に喫煙ルームを設置、光触媒を使ったり、排煙装置を常時稼動させたりして「完全分煙化」を目指すという。実際に見てみないとわからないが、喫煙ルームがあるのでは全席禁煙と言ったってどこかに煙いエリアがあるのでは受動喫煙は100%防げないのではないか。

かつて禁煙化の黎明期に新幹線のグリーン車に乗ったら、禁煙席を指定したのに同じ車両内でタバコを吸っている人がいて、車掌さんに注意してくれるよう頼んだところ、車両の前3列ほどが禁煙席で、そこから後ろは喫煙席だと言われ、まるで詐欺に遭ったような気分になった。かつての国際線にしても密室の中、禁煙席と喫煙席が並存し、喫煙席のすぐ後ろの禁煙席に座らされて食事時に煙が流れて来て閉口した事もある。喫煙者サイドに立つ人々はこんな破廉恥なまやかしの論法を平気な顔で通そうとするのである。

「『脱たばこ』の旅 急加速」というタイトルは正しくない、「脱たばこの旅、ようやくエンジンかかる」ぐらいがちょうどぐらいではなかろうか。